どんなシーンの撮影なのかな~

気になる ( ´艸`)
AD
カン・ドンウォン、日本リメイク「ゴールデンスランバー」チームトップ主演キャスティング




'牛のように熱に働く俳優'カン・ドンウォンが
追跡スリラー映画「ゴールデンスランバー」(ノ・ドンソク監督、
映画会社家制作)に出演し、活発な動きを続けていく。

最近、複数の映画関係者は、スポーツ朝鮮で「カン・ドンウォンが
長い間呼吸を合わせた映画会社家のイ・ユジン代表と来年にも
意気投合することに決めた。映画会社家が制作する
新作「ゴールデンスランバー」に出演する」と伝えた
ある関係者は、「カン・ドンウォンは、今年の2月に公開された
「検査外伝」(イイルヒョン監督、映画会社月光・男・ピクチャーズ制作)を
皮切りに、11月に「隠された時間」(オム太和監督、E&A製作)、
12月に「マスター「(ジョウイソク監督、映画会社家制作)を介して忙しく
観客を探す。
そんな彼の次の行動も息つく暇がない。イ・チャンドン監督の
新作「バーニング」、キム・ジウン監督の「人狼」などの撮影を
控えた新作が並んでいる状態ます。

しかし、二つの作品に先立ってカン・ドンウォンは、
最初に「ゴールデンスランバー」を撮影して、来年のラインナップを
開始する計画である。
「ゴールデンスランバー」「バーニング」「人狼」の順に撮影を続け、
来年忙しい一年を送る」と耳打ちした。

カン・ドンウォンの次期作「ゴールデンスランバー」は、2010年に
公開された同名映画をリメークした映画だ。
平凡な小市民宅配便の男が権力の陰謀に巻き込まれ、首相暗殺犯に
なってしまう話。
吹き付ける警察の追撃に、自分がなぜ暗殺犯に囲ま書くなったのか
考える暇もなく、必死に逃げなければならない人の心理と彼を助ける
周辺人物たちの関係をきっちり描かれた追跡スリラーだ。
カン・ドンウォンは劇中主人公の宅配便の男を務める。
日本原作では名優堺雅人が熱演を広げた役割である。

前カン・ドンウォンは映画会社家の創立作「あいつの声」
(07、パク・ジンピョ監督)であいつの声に特別出演したのを皮切りに
「チョン・ウチ」(09、チェ・ドンフン監督)「超能力者」
(10、キム・ミンソク監督)「ドキドキ私の人生」(14、イ・ジェヨン監督)
「黒い司祭」(15、ジャンジェヒョン監督)まで一緒にした。

特にカン・ドンウォンは、今年の冬の期待作である「マスター」も合流し、
それこそ映画会社家のペルソナとして定着した。映画会社家となんと
六作品を共にしたカン・ドンウォンが「ゴールデンスランバー」で
第七縁を継続することになった。

何よりもカン・ドンウォンは、これまでのツートップや名品俳優たちが
大挙登場したマルチキャスト作品に主に参加した、今回の作品では、
一人で2時間を入力する必要がワントップ主演を務めることも目を引く。
2012年除隊後に休む暇なく、観客を見つけるカン・ドンウォン。
「ゴールデンスランバー」で水分を吸い上げた全盛期を継続する見込みである。

一方、「ゴールデンスランバー」は、「私たちに明日はない」
「第三の目」「マイ・ジェネレーション」のノ・ドンソク監督が
メガホンを取る。 CJエンターテイメントが投資・配給を引き受けて、
今年の下半期州・助演キャスティングを終えた後、来年上半期クランクインする
予定である。


他の記事を見ると、まだ未確定とのことなんですが・・
この小説大好きなので、ぜひともドンウォン君主演で映画化して欲しいです!
AD