「帰ってきておじさん」チョン・ジフン - ユンバク、トランスアジェダンス爆笑




俳優チョン・ジフンとユンバクがトランスアジェダンスバトルで
撮影現場を焦土化させた。

SBS水木ドラマ「帰ってきておじさん」(演出シン・ユンソプ
脚本ノヒェヨウン)の制作陣はイ・ミンジョンはなく、ハンナを置いて、
異なるコンセプトの踊りで競争を繰り広げる場面を盛り込んだスチールを公開した。

公開された写真の中のチョン・ジフンは白布の首の周りに結び
マイクともみあげまで動員したコミックダンスに笑いを造っている。
だけでなく、作り笑い顔をして見えると、二本の指で宙を突く
チョン・ジフン表アジェダンスを披露した。


一方、ユンバクは指でウォンを作ったまま両腕を大きく開いた
正体不明のダンスから妖艶な骨盤ダンス、高難度のブレイクダンスまで
踊る姿で爆笑させている。
派手な身振りとは異なり、初志一貫無表情を維持しており、笑いをかもし出している。

チョン・ジフンとユンバクのトランスアジェダンスシーンは、
過去29日京畿道坡州のセット場で撮影が行われた。
二人の俳優の撮影を控えてセット場に向かい合って​​コミックダンスの
忌憚のない上を開始しました。

チョン・ジフンとユンバクは、本撮影で最近話題に浮び上がっている
ガールグループのガールフレンドの「今​​日から私たちは」という歌に合わせて
ダンスコンテストを行った。
二人が躊躇せずに楽しいダンスパレードを約1時間ほど続いては、
もう一つの「コミック名場面」誕生させた。

製作会社は「チョン・ジフンとユンバクはドラマではライバル構図を形成が、
実際の撮影現場では、申し分ない知人を維持しており、その分、呼吸もよい。
二人のコミックダンスのおかげで、疲れている現場に活力素になった」とし
「今日放送される12回で披露チョン・ジフンとユンバクのダンスバトルを
期待してもいい」と伝えた。
AD


オーストラリアクイーンズランド州政府観光局の広報大使として活動中の「ピ」
- オーストラリアクイーンズランドに出かけよう! with RAIN
AD
俳優で歌手で... 「2年ぶりにワールドスター帰還」




レインのドラマ放映終了後、歌手としてカムバックする意思を明らかにした。

2年ぶりの「俳優」チョン・ジフンで「歌手」レイン宣言したもの。

31日芸能界関係者たちによればレインは最近放送されている
SBS水木ドラマ「帰ってきておじさん」放映終了後に新しいアルバムを発表予定を
伝えた。

続いて、「現在の歌手カムバックのために曲を収集し、アルバムの
準備中なのも正しい。しかし、5月には、マレーシアなど海外ツアー日程も
決まっている」とし「まだ正確なカムバックの日付が決まったわけではない」と
付け加えた。

先にレインは昨年1月6集Rain Effectを最後にアルバムを出さなかった。
以降、国内では着実にドラマに出演して演技者として多忙な日々を送った。
AD
5月カムバック未定、海外ツアー+アルバム作業中




歌手ピ側が5月カムバック時期について「未定」と強調した。

所属事務所レインカンパニーの関係者は31日午前OSENに
「レインがドラマ放映終了後、歌手としてカムバックする予定は確かだが、
5月カムバックは未定」と明らかにした。

続いて、「現在の歌手カムバックのために曲を収集し、
アルバムの準備中なのは正しい。しかし、5月には、マレーシアなど
海外ツアー日程も決まっている」とし、「まだ正確なカムバックの
日付が決まったわけではない」と説明した。

レインは現在、SBS水木ドラマ「帰ってきておじさん」に出演中だ。
5月の歌手カムバック? 「事実無根、時期的に困難」





歌手兼俳優のピ(本名チョン・ジフン)が、5月の歌手に復帰するという説について
「事実無根」と一蹴した。

レイン所属事務所レインカンパニーの関係者は31日、スターニュースに
「ドラマが終わったら、新しいアルバムを出す計画は持っているが、
時期的に5月には難しい。決まったことがない」とは、明らかにした。

レインは去る2014年1月6集Rain Effectを最後にアルバムを出さなかった。
以降、国内では「私にはとても愛らしい彼女」、「帰ってきておじさん」など
SBSドラマに相次いで出演して演技者としての歩みに専念した。

彼は昨年12月に公開する予定だった新曲もワールドツアーなどの忙しい
海外日程で先送りしている。

所属事務所の関係者は、「時々アルバムを準備してきたのは確かだが、
まだ完成にならない状況」とし「現在としては、具体的に日程を
言うことができない状況」と述べた。
RAIN(ピ)「5月カムバックNO ...アルバム作業開始段階」




歌手兼俳優レインが慎重にカムバックを準備している。

31日、非所属事務所レインカンパニーの関係者は、マイデイリーに
「レインが今年の歌手でカムバックをする予定だが、時期は
決まっていない」とし「現在の曲を受けるなど、アルバム作業開始段階で、
慎重かつ完全に作業してカムバックする」と明らかにした。


レインは去る2014年1月Rain Effectで活発に活動した。
現在SBS水木ドラマ「帰ってきておじさん」でイヘジュン役を
引き受けて熱演している。
「帰ってきておじさん」チョン・ジフン♥イ・ミンジョン、本格ロマンスの開始




「帰ってきておじさん」チョン・ジフンがイ・ミンジョンに自分の心を伝えた。
二人の本格的なロマンスが軌道に乗った。

30日SBSドラマ「帰ってきておじさん」でイヘジュン(チョン・ジフン)は、
シンダヘ(イ・ミンジョン)のためのサプライズパーティーを準備した。

イヘジュンはデパートの従業員を早目に早期帰宅させた後シンダヘとの
デートに出た。
あらかじめ準備しておいた素敵なドレスと靴をシンダヘに
プレゼントしたイヘジュンは「一度だけ私をもっと信じてくれ」と、
彼女の目を覆った。

やがて到着したところは、他でもないシンダヘの家。
しかし、父ギムノガプ(パク・イヌァン)と娘ハンナが一緒に
気持ちの良いパーティーを行った。
たとえ肉がよく未加工うえ突風まで吹き台無しになったりしたが、
四人は幸せなパーティーを楽しんだ。
特にイヘジュンとしては、まるでキム・ヨンス(キム・イングォン)として
生きて帰ってきたような幸せな夜だった。

これに先立ち、シンダヘは酔っ払ったままなホンナン(オ・ヨンソ)に
「イヘジュンさんは本当にかっこいい。しかし人を時に混乱させている」と
本音をいいと、イヘジュンの止められない密着スキンシップに
驚きハンナとギムノガプに「力をくれ」と訴えているなど、
心的な動揺を表わした。

シンダヘの心はすでにチョン・ジフン(ユンバク)を無視して
イヘジュンに注がれていた。
この日チョン・ジフンは「なぜイヘジュンはされて私はいけないが。
その私にしたい言葉があった」と訴えたが、シンダヘは「あなたと一緒に
座っていた私は嫌いだ。ジフンさん見る度に、その考えが出てとても難しい」と
明らかに彼の心を拒絶した。
その姿を目撃したイヘジュンは「いつもそばに言えるだろう」と改めて
強調しシンダヘの心を完全にとらえた。

一方、この日チョン・ジフンはカン・キタック(キム・スロ)の本当の妹が
シンダヘという事実も暴露した。
イヘジュンとホンナン、シンダヘをめぐる陰謀が進行している中で、
まるで別の世界のような二人のぎくしゃくしロマンスが視聴者たちの
関心を集めている。