イ・ムンシク、「帰ってきておじさん」特別出演。ピと野生ケミ予告



俳優イ・ムンシクがSBS「帰ってきておじさん」に特別出演して
チョン・ジフンと野生ケミを披露する。

29日SBS水木ドラマ「帰っててきおじさん」(脚本ノヒェヨウン・
演出シン・ユンソプ、製作シニョンイエンシ後ナスエンターテイメント)側が
イ・ムンシクの特別出演スチール写真を公開した。
イ・ムンシクは劇中未知の軽飛行機操縦士役を演じ、お茶の間にゴマ粒の
笑いをプレゼントする予定。

イ・ムンシクは来る3月2日放送される「帰ってきておじさん」の
3回から登場、イヘジュン(チョン・ジフン)と笑い満開無人島漂流記を
披露する。
二人は「現代版ロビンソン・クルーソー」に次ぐ姿で笑いをプレゼントする
見込みである。

イ・ムンシクが謎のパイロットに出た場面は去る20日から22日までの
合計2泊3日間、済州島と忠清道泰安で撮影された。
イ・ムンシクは初めての撮影にもかかわらず、自然ながらも当たり前の
ような演技で起きるようなパイロット役を完璧にせずに消化して、
製作陣を感心したという裏話だ。

製作会社側は「済州島と泰安を行き来する撮影強行軍の中でも輝く
甘草熱演を広げた俳優イ・ムンシクに感謝している。
イ・ムンシクとチョン・ジフンが披露されているシーンは、
短いがインパクトのある印象を残す。期待してもいい」と明らかにした。

一方、「帰ってきておじさん」は、毎週木、午後10時に放送される。
AD
ドラマ「帰ってきておじさん」、原作小説で読む



最近始まったSBS水木ドラマ「帰ってきておじさん」の原作小説。

デパートで万年課長に働いていた中年男性が仕事のストレスに
苦しんで脳内出血で突然死亡する。

あまりにも多くのことを残してこの世を去った彼は
死後の世界を支配する「中陰役所」というところから
ぴったり三日間生まれ変わりを許可される。
ただし、生前の姿とかけ離れた人物として登場しなければならない
条件をつけて。

ずば抜けた体つきの美人に生まれ変わっている彼は、
生前にができなかった宿題を解いてあの世に戻ることができますか?
AD
「帰ってきておじさん」中国にも起こったweibo1位



「帰ってきておじさん」がウェイボ検索ランキングでびっくり1位を占めた。

去る24日初放送されたSBS水木ドラマ「帰ってきておじさん」
(演出シン・ユンソプ脚本ノヒェヨウン)は、映画「シングルス」
「美女はつらいの」などで筆力を認められたノヒェヨウン作家の
初のドラマデビュー作であり、ドラマ「屋根部屋の皇太子」
「ブス注意報」などを通じて、優れた演出力を広げた
シン・ユンソプPDの復帰作である。

特に去る28日ウェイボには「帰ってきておじさん」が一気に1位を占めた。
一日が過ぎた現在までに320万回以上のクリックが続き、最上位圏に
位置している。ここで、ドラマの記事を中国語に翻訳してただけでなく、
コメントと共有、良い、また、1万回を遥かに超えただけでなく、
継続数値が増えている。


何よりも韓国と中国で人気を集めている「帰ってきておじさ​​ん」のおかげで、
原作の小説である「椿山課長の7日間」も書店に再登場して注目を浴びている。

SBSドラマ関係者は「帰ってきておじさん」が放送開始と韓国の視聴者の
心をとらえているだけでなく、中国の視聴者にもすでにうわさされた」とし
「本格的なストーリーが開始されると、さらに多くの方々が抜けながら
楽しむドラマになるだろう」と紹介した。

「帰ってきておじさ​​ん」は、「あの世同窓生」のキム・ヨンス(キム・イングォン)と
ハン・キタック(キム・スロ)がそれぞれ全く違う人物であるイヘジュン
(チョン・ジフン)としたホンナン(オ・ヨンソ)になり現世に戻って
再び世界を生きていくヒューマンファンタジーコミックドラマだ。

ドラマは毎週水、木曜日の夜10時放送される。
AD


SBS新しい水木ドラマ「帰ってきておじさん」の制作発表会が19日午後、
ソウル陽川区木洞SBSで開かれた。
この席には「帰ってきておじさん」の主役の俳優キム・スロ、キム・イングォン、
チェ・ウォニョン、チョン・ジフン、イ・ミンジョン、イ・ハニ、オ・ヨンソ、
ユンバクなどが一緒に行われた。

一方、SBS水木ドラマ「帰ってきておじさん」は、死の直前に戻って生きて
帰ってきた二人の男女の姿を描いたドラマで来る24日初放送予定だ。
「帰ってきておじさん」、なぜおじさんだけもどって来る

SBS水木ドラマ「帰ってきておじさん」は無念の死を受けた二人の男の
2ヶ月間の生まれ変わりを描く。

デパートのセール広報プラカードを修正しかける墜落死した
晩年課長キム・ヨンス(キム・イングォン)と暗い過去を
清算してばかりの新しい生活を始める予定だった瞬間の
元暴力団ハン・キタック(キム・スロ)が生まれ変わりの
主人公である。
これらは、それぞれ、愛する家族と恋人のために快適
「天国行きのチケット」も保留して現世での短い危険な帰還を選択する。

このうちいくつかのより多くの重量になり、証明されているのは、
キム・ヨンスの事情である。
ドラマは、彼の人生どれだけ激しく疲れたものだったかを詳細に描写する。
職場では、激務に苦しめられながらも、彼を無視する上司に轢かれて、
家庭では、仕事しか知らない彼を恨む家族に疎外感を感じるキム・ヨンスの
姿は、私たちの時代の肖像のように描かれる。
その同情は死神の前のピークに達する。
40代前半に脳梗塞、心筋梗塞、肝硬変、高血圧などの持病を開く
5種類ももつほど健康を放置したという死神の責任追及では、
かえってキム・ヨンス生の疲れが目立っている。
その対価は天国行き表に戻る。

問題は、ドラマの同情の視線にもかかわらず、キム・ヨンスより
彼の背景に退くの妻シンダヒェ(イ・ミンジョン)が残念に
感じられるという点である。
ドラマは会社の仕事で家庭に疎かするしかなかったキム・ヨンスの事情は、
念入りに描くが、未婚の頃デパートの広報モデルに選ばれるほど
キラキラ輝いていたシンダヒェが結婚と同時に不屈で粘着性おばさんになった
理由には、大きな関心を置かない。
久しぶりの外食で上司の親戚の葬儀に呼び出した夫を助けて文句もなく
食べ物を運び、「酒一杯に従ってください」は、昔の上司の暴力を黙々と
我慢エピソードもシンダヒェの心情ではなく、「ビンチョ」としての
美徳とその妻にごめんするキム・ヨンスの視点がより強調されるだけである。

その申し訳ない気持ちに妻を慰めるために転生を選んだあとの話さえも
徹底的に男性中心のファンタジーで展開される。
髪の毛寂しくて腹の出てきた中年のおじさんだったキム・ヨンスは、
生前に憧れていた「モムチャン花美男」に変身して帰ってきて、妻のそばを
ぐるぐる回る。
彼生まれ変わったイヘジュン(チョン・ジフン)は、外見と能力を兼ね備えた
財閥後継者として、いわばトレンディドラマ男主人公の典型的な特徴を
すべて備えたキャラクターだ。一見するとシンダヒェのファンタジーの
ようでもある。

しかし、シンダヒェがイヘジュンに惹かれるのは、「夫と他の「外見や
優しさからではなく、彼が継続して夫を連想させるからである。彼の
押し出す理由も同じである。純正を捧げるイケメン財閥を拒絶して、
自分自身に苦労と傷だけ渡した、それもすでにこの世を去った夫に
忠実に守る妻の姿こそ「ヒューマンファンタジーコミックドラマ」を
標榜するこの作品の最大のファンタジーであり、コメディだ。

考えてみれば、これまでの大衆文化は、厳しい時代に最もの危機に
瀕し証明し、その宝くじに力を加えてきた。
通貨危機当時の「父シンドローム」をはじめ、近年でKBSドラマ<家族同士なぜ以来>、
芸能番組<スーパーマンが帰ってきた」などを中心に増えてきた父性愛コード熱風が
代表的である。

「帰ってきておじさん」やはり疎外された最も名誉回復プロジェクトのように見える。
彼らは常に宝くじされている状況でも、女性たちの話は、まだ周りの背景だけで
留まっている。なぜしきりにおじさんだけもどって来る。
「帰ってきておじさん」撮影現場のビハインドカット大放出...






俳優たちの笑いでいっぱいのSBS「帰ってきておじさん」の
撮影現場ビハインドカットが大放出された。

キム・スロ - チェ・ウォニョン - ラ・ミラン
キム・イングォン - チョン・ジフン - イ・ミンジョン
イ・ハニ - オ・ヨンソ - ユンバクなどは
SBS水木ドラマ「帰ってきておじさん」(脚本ノヒェヨウン、
演出シン・ユンソプ/制作シンヨンイエンシ、後ナスエンターテイメント)で、
それぞれのキャラクターに溶けている熱演を広げ、撮影に邁進している状況。
これと関連して笑いがいっぱいの「帰ってきておじさん」俳優たちの
愉快な撮影現場の雰囲気が込められた、ビハインドカットが電撃公開されて
視線を集中させている。

何よりも現場を特有のギャグ本能的に染めているキム・スロは、
床に倒れた場面を撮る前わざわざ中途半端な姿勢を取りながら
しらじらしく微笑んでスタッフを笑わせた。
キム・イングォンも平気な顔で膝を屈したままキム・スロ劣らない
滑稽なポーズで撮影現場の雰囲気を明るく盛り上げた。
さらに、キム・スロとキム・イングォンは撮影前の動作を合わせてより
リアルすぎる技術を披露し、スタッフを折り目にした。

ラ・ミランは寒さを参照して撮影をして待っての隙間が起こると
ホットパックで顔を溶かし幸せそうな姿で温かをかもし出した。
また、チェ・ウォニョンは冷酷な目つきでカリスマを発散し
悪役チャジェグク役を演じながらもカット音と同時にすぐにカメラに
走って行って、スタッフの間から顔を出すかわいい反転姿で目を引いた。

さらに、チョン・ジフンはパク・チョルミンと向き合う視線の
ままお互いを睨む神撮った中しきりに漏れ笑いのために
困惑を支払うこともした。続いてチョン・ジフンは
どうすることができず、笑いが起こると、ついにひざまずいて、
床を打つ姿に、見る人まで爆笑させた。

イ・ミンジョンとイ・ハニは自己発光女神笑顔で撮影現場を明るく
明らかにした。イ・ミンジョンは、事前リハーサル中台本上の銅線と
動作をあらかじめ取って見て愛嬌帯びた笑いを作って見せた。
イ・ハニは待機時間にスタッフたちと楽しい話に花を咲かせ、
トレードマークの窪みが明るく現われるクール笑顔で現場に活力を加えた。

一方、オ・ヨンソとユンバクは撮影現場でとんでもない面々に魅力を加えた。
オ・ヨンソは、地下鉄での撮影が一時的に停止されると、カメラに向かって
目を閉じて手を差し出す、まるで眠い子犬を連想させるラブリーな姿で
注目を集めた。ユンバクは撮影現場一方に立ってキム・イングォンに
両腕を交錯ああながらギャグ感に満たさ動作を披露するなど、普段撮影現場の
雰囲気メーカーの役割を正確にやり遂げている。

製作会社側は「視聴者の方々が送ってくれるの熱い呼応に力づけられて、
俳優たちが撮影現場でも、すべての現実の笑いを求め情熱を燃やしている」とし、
「過去2回で見られたチョン・ジフン、オ・ヨンソのコミック活躍は前哨戦に
過ぎない。 3回から本格的にどたばた」が稼動され、さらに大きな楽しさと
詰った感動が繰り広げられるだろう」と伝えた。

一方、去る25日放送された2回分はしてくれた(チョン・ジフン)と
ホンナン(オ・ヨンソ)が帰還最初の日から、それぞれの危機にぶつかった様子が
描かれて好奇心を最高潮に引き上げた。
ヘジュンがマヤから生まれ変わった自分の外見が先進グループの
チャ会長(アン・ソックァン)の次男であり、実在する人物であると
まったく同じだということを聞き、驚愕を禁じえなかった。
また、ホンナンは、自分自身を信じていないイヨン(イ・ハニ)に
生前キタク(キム・スロ)のトラックの事故事件を取り出し、
助けるために訪れたことを打ち明けた。果たしててヘジュンと
ホンナンが難関を潜り抜けられるか、一寸先を予測することはできない
帰還ストーリーに関心が集まっている。

笑いと感動、共感3拍子をすべて備えたSBS水木ドラマ「帰ってきておじさん」は、
毎週水、木曜日の午後10時に放送される。
ソウルキノコカルグクス、「帰ってきておじさん」ピ・「太陽の末裔」ソン・ジュンギが探しているグルメ




ソウルキノコカルグクス社長がスタジオに直接出て秘法を伝授した。

27日午後放送されたSBS芸能番組「土曜日がいい - ベクジョンウォンの3天王」
(以下、3天王)でベクジョンウォンが「麺」特集を迎え、全国麺グルメを探しに出た。

この日、ソウルキノコカルグクス社長が直接出てソウルキノコカルグクスに秘法を伝授した。

続いて社長は「私たちのお店はレイン、ソン・チュンギ、チャン・ドンゴンなどの
トップスターたちが頻繁に訪れるグルメで有名だ」と伝えて目を引いた。

一方、3天王は毎週土曜日の夜6時10分に放送される。
「帰ってきておじさ​​ん」、チョン・ジフン・オ・ヨンソと見る...ファンの反応爆発



俳優チョン・ジフンとオ・ヨンソが自分たちが出演しているSBSの新しい
水木ドラマ「帰ってきておじさん」(脚本ノヒェヨウン、演出シン・ユンソプ)、
リアルタイムで表示に参加した。

去る25日「帰ってきておじさ​​ん」2回が放送された時、劇中デパート万年課長
キム・ヨンス(キム・イングォン)が転生したイヘジュン役の
チョン・ジフンとギャング出身シェフハン・キタック(キム・スロ)が
転生したホンナン役のオ・ヨンソがSBS公式フェイスでは、実施した
「フェイスブックLive Q&A」に参加して爆発的な反応を引き出した。

去る24日初放送時金ヨンス役の​​キム・イングォンとハン・キタック役の
キム・スロが参加ポータル検索語1位まで上がった「フェイスブックLive Q&A」は、
その後瞬く間に口コミが広がった。
おかげで、今回の2回では、チョン・ジフンとオ・ヨンソが「本邦死守リアルタイムで
表示イベント」に参加するというニュースが続いてネチズンたちの間で注目を集めたもの。

二人は夜10時「帰ってきておじさ​​ん」2回と同時に行われた「フェイスブック
LIVE Q&A」で、自分たちが登場するシーンの撮影エピソードを楽に話したり、
リアルタイムで上がってくる質問に親切に答えていく時間を持った。

特に2回目の放送の中でチョン・ジフンが幻想的な腹筋を披露、
ファンの歓声が続いたオ・ヨンソが路上追撃シーンで「撮影当日はあまりにも
寒かったが、2km以上を走った」というエピソードを公開し暖かい
応援が走った。
このように、約70分間続いた今回の「LIVE Q&A」のイベントは、
二人の主人公たちの才覚あふれる話し方のおかげで終始温かさと笑いで
進行されることができた。

SBS公式フェイスブック運営関係者は「キム・スロとキム・イングォンに続き、
チョン・ジフンとオ・ヨンソまで忙しいスケジュールにもかかわらず、
快くファンとの出会いに応じてくださっ心から感謝する」とし、
「このように「帰ってきておじさ​​ん」は、主人公たちの楽しさと感動、
ヒーリングと共感を和えた熱演とファンとのホットなコミュニケーションの
おかげで、ますます大きな人気を集めるだろう」と明らかにした。

一方、「帰ってきておじさ​​ん」は、「あの世同窓生」キム・イングォンと
キム・スロがそれぞれ全く違う人物であるチョン・ジフンとオ・ヨンソになり
現世に戻って再び世界を生きていくヒューマンファンタジーコミックドラマだ。
毎週水、木曜日の夜10時に放送される。