TopGear

企画会社であるANAを背景に傷だらけの青春男女たちが音楽を介して
お互いの傷を癒し本当の愛を育てていくコミック感性の
ロマンチックラブファンタジードラマSBS「わたしにはとても愛らしい彼女」!

主人公のチョン·ジフンさんの4年ぶりのカムバック作であり、
女主人公のクリスタルと実際の年齢差が12歳差カップルで
放映前から話題になったんです。



芸能企画社を背景にしたドラマであるだけに、登場人物のほとんどが歌手登場!
チョン·ジフン、アレックス、クリスタル、エル、そしてヘリョンまで。


感性的なドラマであるだけに出演俳優たちのファッションも常に課題となっています。

特に企画会社代表役のチョン·ジフン氏は、今回のドラマを通じて、
スーツファッション、ニットファッションを正しく披露肩いじめという
愛称まで得たんです~!


会社では、キャラクターとぴったりスーツスーツファッションを披露
家の中ではいつも洗練されてすっきりとしたデザインのニットを着用して
すべての男性が応じて着たい、女性には彼氏着せたい
最近大勢彼氏ルックの象徴になったんです!



特に注目にするのはチョン·ジフンさんの私にはとても暖かく見えるニットスタイリング!

過去13回の放送では、配色がポイントである すっきりとしたナグランスタイルの
ニットを着用してくれたんですけど、 華やかなアイボリーカラーがすらりとした
外見である彼より一層引き立てました。

配色ポイントのおかげか、ニットだけでも、完璧な彼氏ルックを完成した
チョン·ジフンさん!

チョン·ジフンさんが着用したニットは、「トップギア(TopGear)」の商品です。

配色ポイントが引き立つすっきりとしたスタイルのニトロ 快適な装着感を
与える製品です。

デニムパンツやスラックスなどどこでも快適にマッチするお勧めします。


単独で着るもよしコートの中にインナーとして活用するのは良い
最近ぴったり着る良い利用率200%のニットアイテム!

活性と保温性、そしてスタイリッシュさまで備えたトップギアのニトロ
チョン·ジフンさんのように素敵な彼氏ルックスタイリングにチャレンジしてみて)




AD
「わたしにはとても愛らしい彼女」チョン・ジフン・クリスタル、胸がしびれた愛




「わたしにはとても愛らしい彼女」三角関係が始まった。


30日放送されたSBS水木ドラマ「わたしにはとても愛らしい彼女」
13回ではお互いを愛することはできない現実の前に痛く感じる
ユンセナ(クリスタル)とイ・ヒョヌク(チョン・ジフン)の姿が描かれた。


この日二人はお互いを愛することができないということに心痛めた。
ユン・セナはイ・ヒョヌクを懐かしがって携帯電話機の中の
写真をなでて夜を過ごし彼を思い出させて涙を見せた。
ヒョヌクもまた懐かしがって家の前でそわそわした。


苦しがるユン・セナに助けになろうとするイ・ヒョヌクの
心を熱心に断ってセナは胸が痛いといった。


最後に二人の姿を見守ったシウ(エル)がセナの手を握って
「もう思わず置いてほしいと」とヒョヌクに通知して
今後描かれる三人の話に対する期待値を高めた。

「わたしの彼女」クリスタル、ピ過去分かっても胸焼け相変わらず"顔を見たくて"





クリスタルが離別したレインに対する愛をついに
たたむことができなかった。


30日放送されたSBS「わたしにはとても愛らしい彼女」では
セナ(クリスタル)とヒョヌク(ピ)の関係が結局破局をむかえる
内容が描かれた。


ヒョヌクがセナの姐の過去恋人であったという事実を
知ることになったセナは背信と絶望感に捕われたし彼との別れを決心した。


しかしヒョヌクの苦しがる姿を見ることになったセナは
自身やはり作曲家でずっと努力するからそれはやはり
強靭だろうだと話して痛ましいということを表わした。


友達であるチュホン(イ・チョヒ)は数えていってヒョヌクと
別れた理由が彼の過去のためであることを知ることになった。
彼女はヒョヌクがセナ姉さんの過去恋人という事実を知って驚いた。
これに対しずっとANAでヒョヌクとあわなければならないセナの状況を心配した。

しかし本来セナはANAにずっと通ってこそヒョヌクの顔でも
見ることができるためそれに対する愛をたたむことができなかったことを表わした。


この日の放送では、シウ(エル)がヒョヌクにセナをおいてと
語る姿が描かれて注目を集めた。
「わたしの彼女」ハッピーのためのハッピーエンドではなくなるのを





試練と試練と試練の連続だ。
放映終了をただ3回だけを残している‘わたしの彼女’は
チョン・ジフンとチョン・スジョン カップルの涙もなく
見られない別れで一度危機を体験している。
結局はハッピーのためのハッピーエンドに
行くことになるだろうか。


去る30日放送されたSBS水木ドラマ‘わたしにはとても愛らしい彼女’
(ノジソル脚本、パク・ヒョンギ演出、以下内彼女) 13回では
すべての秘密を知るようになったユンセナ(チョン・スジョン)と
結局別れをむかえることになったイ・ヒョヌク(チョン・ジフン)の
姿が描かれた。
ただ3回を残した状況で‘わたしの彼女’はドラマの中最大危機を
追い立てて迎えている。


イ・ヒョヌクとユンセナ、過去がどうなった幸せなカップルだった。
イ・ヒョヌクはユン・セナが死んだガールフレンドの妹という
事実を知っていた。
その上ユン・セナが真実を分からないようにするために
離れようとしていたボストン行きも終えることができなかった。
中間に立ってジェヨン(キム・ジンウ)によりユン・セナが全てのことを
知るようになったため。


試練はこの時から始まった。
すでに真実を分かってしまったユン・セナはこれ以上イ・ヒョヌクとの
縁を継続できなかった。
結局別れだった。
二人は各自他の所でお互いを懐かしがった。
好きな心は続いたが現実的な障壁を思い出させた。
ユン・セナはイ・ヒョヌクに深い背信を感じたし二人の間は
引き続き遠ざかるが遠ざかることはできない姿であった。


ただ3回だけを残している状況で二人にすべての試練が集中した。
歴代級最も強い試練の登場にユン・セナとイ・ヒョヌクは
ある時間をあけるだろう涙があふれなければならなかった。
このおかげであったか。
ユン・セナとイ・ヒョヌクは“大変だ” “私がさらに大変だった”等と
全部表現された。
同じ場面が繰り返されるような感じもなく続いた。


いつのまにか‘わたしの彼女’はハッピーのためのハッピーエンドで
巡航している姿だ。
だが有能なプロデューサーで能力の代わりに愛を得たイ・ヒョヌク
キャラクターは残念な思いをしている。
また、3年を何もできないほど愛した女の妹を愛することになる
キャラクターも視聴者たちには残念な思いをしている状況だ。


それでも‘わたしの彼女’はハッピーエンドになるという予想の中に
‘自ら’巡航している。
ユン・セナとイ・ヒョヌクを遮っている試練は最終回に近づいて
‘どうせ’整理になると予想されているため。
ただし結末に達する過程が現在のように可能性ない展開であきれる
仕上げにならないことだけを望むだけだ。


序盤レインとクリスタルの出会い、そして‘ドクターチャンプ’
‘女性意向期’コンビの再会に関心を集めた‘わたしの彼女’は
現在苦戦をまぬがれなくなっている。
試練と試練の中に走って行っている‘わたしの彼女’がどうなろうと
最終回を控えているなかで結末のための結末、ハッピーのための
ハッピーエンドで仕上げされないだけを望むだけだ。
「わたしの彼女」チョン・スジョン、チョン·ジフンに冷静+冷ややか「このまま別れか」




「わたしにはとても愛らしい彼女」チョン・スジョンが
チョン·ジフンの正体を知って冷たい態度で一貫した。

30日放送されたSBS水木ドラマ「わたしにはとても愛らしい彼女」
(脚本ノジソル·演出パクヒョンギ、以下「わたしの彼女」)
13回でユンセナ(チョン・スジョン)は、姉とイ·ヒョヌク(チョン·ジフン)の
関係を知って米国留学をあきらめて家に帰ってきた。

以来、近所で偶然イ·ヒョヌク(チョン·ジフン)と出会った
ユンセナは「久しぶりだね、よくやっているか?」という
ヒョヌクの挨拶に「そうですよ」と冷たく答えた。

続いてユンセナは「ダルボンがこんにちは」とヒョヌクの
犬にのみ親しい挨拶を渡した後、冷たく席を立っ。

一方、イ·ヒョヌクはセナがすべての事実を知ったことを
自責するシンヘユン(チャ·イェリョン)に「どうせわかることだったんだ」と
途方に暮れた。


ヒョヌクは「あなたじゃなくても他の人を介してしることになったんだ」としながらも、
「それが怖くて逃げたかった。卑怯なことだと思うけど仕方がなかったよ」と
セナの深い心を表わし切なさを催した。
「わたしの彼女」クリスタル、チョン·ジフンに「近づかないで」



「わたしにはとても愛らしい彼女」のクリスタルが
チョン·ジフンを拒否した。

30日放送されたSBS水木ドラマ「わたしにはとても愛らしい彼女」では
ユンセナ(クリスタル)がイ·ヒョヌク(チョン·ジフン)と
姉ユンソウン(イシア)との関係を知ることになった。

この日ユンセナはソジェヨウンPD(キム·ジンウ)が教えてくれた
お店に向かい、そこからイ·ヒョヌクと親しいポーズを取っている
姉ユンソウンの写真を見て衝撃を受けた。

すべてのことを知ったユンセナはイ·ヒョヌクと合うと
「最初から知っていたか?私は誰なのか。答えて。私を、
最初から知っていたか」と残念な気持ちで彼に叫んでしまった。

ユンセナの質問にイ·ヒョヌクがそう答えると、
「なぜ言わなかったのか。どのようにこのようなことがあるのか。
最初から話したら、私はおじさん好きでもなかっただろうし、
好きになってはいけないと思ったのに」と自分に近づいてきた
イ·ヒョヌクに「私に近づかないで」という言葉で彼を突き放した。
「わたしの彼女」、一触即発「世俗的なカップル」の愛の危機!




去る29日の夜放送されたSBS水木ドラマ「わたしにはとても愛らしい彼女」は
一触即発「現世カップル」の愛の危機を前面に出して終始切なさを催した。

セナ(クリスタル)がすぐにでも、すべてのことを知ってしまうだけのような
不安感にヒョヌク(チョン·ジフン)は、彼女をより一層切なくてて、
その後、なおさらセナがそのようなヒョヌクに深く入っていく姿で
いつ破局に至るかどうか分からない愛の危機感がそのまま伝わっ。

一方でヒョヌクに対する反感に意図的にセナに接近し、
死んだ姉の「過去」を一つずつ知らせる悪い男ジェヨン(キム·ジンウ)により
姉の人のためのセナの疑問はさらに大きくなっていく状況が演出された。
最終的には崖っぷちに追い込まれたヒョヌクが選択した最後のカードは、
セナとの愛の逃避。
しかし、これも最後の瞬間ジェヨンの陰謀とも同じ卑劣な策略で
水の泡になってしまう状況を迎えて切なさを加えた。

12部の先端部分でセナがジェヨンのねじれに姉が働いていたバーに
訪ねて行って、そこから姉とヒョヌクが一緒に撮った写真を見た瞬間、
衝撃で凍りつくシーンは視聴者の目を離さないようにした。
瞬間走馬灯のように頭の中をかすめて行く過去を思い出させて
衝撃に取りつかれているセナの姿では愛の破局を思い浮かべるしかなかった。

一方、セナの心の中にあるヒョヌクの存在を知りながらも、
彼女にはすでに深く陥ってしまったシウ(エル)が「これ以上もうお前を
入れて与えることができない」というようにセナを抱きしめている姿もまた、
他の愛の痛みに近づいてきた。

息もつけないほどの愛の危機に追い込まれたチョン·ジフンとクリスタル。
30日の夜10時に放送される「わたしにはとても愛らしい彼女」13部で、
どのように崖っぷちの状況を乗り越えていくか注目される。