香港雑誌にショーケース記事が ( ̄▽+ ̄*)

載るのは嬉しいが・・
上のほうに余計な写真がシラー
まあどれとは言うまい(笑)
AD
「群盗」キャラクタートレーラー公開、ハ·ジョンウvsカン·ドンウォンの対決'期待感↑'




‘群盗:騒動の時代’キャラクター予告篇が最初公開された。

朝鮮末期、貪官汚吏が幅きかす滅びる世の中を痛快にひっくり返す
義賊のアクションアクション映画‘群盗:騒動の時代’の
キャラクター予告篇がネイバー映画サービスを通じて最初公開されて話題だ。

1次予告篇よりさらに強烈な‘群盗:騒動の時代’のキャラクター予告篇は
朝鮮地図を背景に、実存した朝鮮3台義賊、ホン・ギルドン-イム・コックジョン-
張吉山(チャンギルサン)、そして19世紀哲宗年間全羅道(チョルラド)と
慶尚道(キョンサンド)、忠清道(チュンチョンド)一帯の3男地方を
主舞台で活躍した朝鮮の代表的な群盗、智異山(チリサン)醜説で軽快に続く。

これは映画の中主人公である‘群盗’が映画的虚構でなく、朝鮮末期から
日帝強制占領期間までその歴史が100余年以上続いた実存した朝鮮の
代表的盗賊団であり義賊である智異山(チリサン)醜説に基づいている
ことが分かるようにする。

双刃ドチ(ハ・ジョンウ)、頭領の労使長テホ(イ・ソンミン)、
総締のテンチュ(イ・ギョンヨン)、戦略家テギ(チョ・ジヌン)、
怪力チョンボ(マ・ドンソク)、名弓マヒャン(ユン・ジへ)、
速功クムサン(キム・ジェヨン) など、各者の特徴と武器、
‘智異山追設’内での役目に見当をつけることができる場面は、
劇中の群盗の活躍に対して期待している。

チョ・ユン(カン・ドンウォンの方)また‘民の敵’らしい
恐ろしさと一が共存する引き立って見える場面でより一層強烈な実体を表わした。
“紙親父に禁輸だけでもできない取り扱いを受けて育った奴なのにその
どんなことでもできないでしょうか?”という一がソリン大使を怒りを
押さえ込んだトンで、鋭い目つきと共に吐きだすチョ・ユヌィの姿は
期待感をより一層倍増させる。

一緒に‘踏まれた草は必ず立ち上がる’ということを見せるように、
鉄白丁の無力な涙を後にしたまま力いっぱいペア刃物を抜いて入る
群盗の新巨星ドチの姿は、民が主人である真実の世の中に向かっていく
‘群盗’とチョ・ユンで代表される民の敵の間の強烈な対決を
予告していて期待感を高調させている。

ここに“君はウドルとこの大業を一緒にするだろうか?”という
労使長テホのせりふで、当時の国民らに、そして観客に同時に
話しかけていて快感が痛快に生きているアクション活劇‘群盗’だけの
魅力を察するようにする。

一方群島の10人10色キャラクターの面々を見て深く覗いて見ることができる
キャラクター予告篇を公開した‘群盗:騒動の時代’は来る7月23日封切り予定だ。
ピ側"デザイナーパクさんの名誉毀損、もう大目に見ることができず"




歌手ピ(実名チョン·ジフン)が裁判所に証人の身分で出席、
名誉毀損の疑いで起訴されたデザイナーパク某氏に対する処罰を強く促した。

レインは去る28日、ソウル中央地裁刑事23単独の審理で開かれた公判に出席し、
パク氏が長年に渡って自分の名誉を毀損したと主張した。

これと関連し、レイン所属事務所キューブDC側関係者は30日マイデイリーに
「レインが自分の名誉毀損の疑いで起訴されたデザイナーパク某氏の
結審公判に証人の身分で参加した」と明らかにした。

レインが所有した建物に入居した借家人であったパク氏は
契約が終わった後にも引き払わないで、家賃も支給しなくて
訴訟にまきこまれた。
この訴訟でパク氏が敗訴したが彼は持続的にピの名誉を
傷つけようとする意図で誹謗を継続したし告訴をするなどの行動を見せた。
これに対しレインは結局パク氏を名誉毀損で告訴した。


レイン側は「持続的で深刻な名誉毀損で苦痛が深刻だった。
これ以上は見過ごせない状況だ」と苦しさを訴えた。

一方、パク氏の宣告公判は来る7月4日行われる予定だ。