'流行'になった芸能人自筆手紙、形式より重要なことは‘心’だ


さあ、これ位になればもう流行というに値する。

この前イ・ミンジョンとの交際事実を自筆手紙で明らかにした

イ・ビョンホンに続きグループ ティアラが'ファヨンいじめ説'に

対して公式謝罪を伝えた。

謝罪の形式は記者会見や公式報道資料でない'自筆手紙'公開であった。

これより先立ってティアラ所属会社コオミディオコンテンツキム・グァンス代表は

ファヨン契約解約と関連自筆手紙で公式謝ったことがある。


この他にも映画R2B所属会社は映画広報のために軍牧夫中のレイン(チョン・ジフン)の

自筆手紙を公開したりもしたし、多くの芸能人がファンクラブとの出会いや公式行事で

自筆手紙で心を伝えることが一度や二度ではなかった。


それなら芸能人はなぜ君私ということがなくこのように自筆手紙に精魂を込めるのだろうか?

ひょっとして本来からこれらは手紙書きの達人だったことであろうか? でなければ

ハンソク奉導泣いて行く名筆の所有者であることであろうか?

もちろんそうすること絶対無い。

(これらの趣味が手紙書きではないということに筆者の全財産を歩いても良い。)


自筆手紙まで公開したが...なぜティアラはまだ袋叩きにされるだろうか


報道機関と大衆を意識しても君~無意識した、自筆手紙の内容を調べれば

この手紙書きの目的も簡単に知ることが出来る。

ピの自筆手紙は多分映画広報のための目的性を浮かぶだけに論外でしよう.

キム・グァンス代表とイ・ビョンホン、そしてティアラの自筆手紙では一つの共通点が

発見される。 すぐにこれらに対する大衆の視線だ。

キム・グァンス代表とグループ ティアラはファヨン事件がふくらんだ以後ネチズンに

袋叩きにされた。

これらが何の話をしても大衆が信じない状況が演出されたのだ。

イ・ビョンホンやはり異性問題、特に女性芸能人とのスキャンダルにおいては大衆の

まなざしがそんなにきれいでない。

イ・ミンジョンとの熱愛説がふくらんだ当時にも何回否認したこともある。


状況がこのようだと見るとこれらは自分たちが伝えようと思うメッセージに

'真正性'を浮上させるのを最初目標にするほかはない。

決して軽いと考えて明らかにした内容でなく、伝えようと思うメッセージが真心であることを

強調するために自筆手紙という’型式'を取ったのだ。


この頃一緒にインターネットが高い水準に発達された社会に郵便を通じて

手紙をやりとりする人はまれだ。

まして送ることもない、不特定多数を相手に手紙を書くことは殆どないと見ても関係ない。

だが、依然として紙にペンをギュウギュウ押して書いた手紙はなぜかその人の心を

心より代弁するようだし、また、一定部分情緒的接近を容易にさせる側面がある。

教頭と共感というコードにも自筆手紙がそのままインターネット掲示板やSNSに文を

載せることよりはるかに効果あるとみることができる。


だが、キム・グァンス代表に続き最近ティアラが公式謝罪文章の法式で発表した

自筆手紙はそんなに効果を上げられないようだ。

"なぜ一ヶ月が過ぎてこそ謝罪をするか"という批判と"これは謝罪でなく弁解"という

情緒が普遍的大衆の視線であるためだ。

その上9月予定されたカムバックを控えて発表した意図的謝罪文という点も自筆手紙の

足首を捕まえる要素だ。

恐らくティアラの自筆手紙公開を通じて世論反騰を期待したキム・グァンス代表としては

このような後日の暴風がとても理解し難いか分からない。

だが、そんなに難しいことがない。 なぜなら疎通にあって重要なことは’型式'より'心'であるためだ。

'真正性あるメッセージ'伝達しなければならない'対象'が違ったためだ

マスメディアを勉強する人々に有名な警句が一つある。

すぐにマーシャル・マクルーハンの"メディアがまもなくメッセージだ"という話だ。

この話の中には誰がどんな目的で文を書こうが結局その人が選択した媒体(メディア)の

含意を抜け出すことができないという意が含まれている。


心を伝える行為、意味を伝達しようとする行為皆が'何'により規定されることが

できるという意味でもある。

ここで重要なのは同じメッセージを入れても動画で写真でそしてSNSで、

自筆手紙で形式を別にすればそれを受け入れる立場では違った感じ、他の意味に

受け入れることができるということだ。


そのような意味でティアラの公開謝罪が自筆手紙という形式を取ったことは

結構賢い選択であることのように見られることができる。

しかし残念なことに彼らは形式にだけ重点を置いたあげく重要な写実するかを抜かした。

すぐにメッセージを伝達しなければならない対象だ。

彼らは自筆手紙に'謝罪'という気持ちを込めた。

しかし彼らの謝罪が向かわなければならない対象は大衆でなくファヨンだ。

ファヨンに向かわなければならないメッセージを大衆に伝達する格好になってしまったので、

誰がそのメッセージを心より受け入れるだろうか? ただ'見せる式'という批判に直面できない理由だ。


筆者はティアラ事件を囲んだ実体的真実に接近することはできない限界がある。

だからそれに対して是非を言うことはできない。

ただし、一つ程度ははっきりと話せる。 "メディアがまもなくメッセージだ"という話は

依然として有効だが、メディアを取捨選択できる状況ではメッセージも操作されることが

できるという事実だ。


疎通の時代では結局"心がまもなくメッセージ"がでないか? カムバック活動と

関係がなく本当にこれらが大衆でないファヨンに申し訳ない心があるならば、

あえて自筆手紙を公開しなくてもこれらの心は伝えられるだろう。

だからその真心が伝えられる時まではカムバックに対する性急なことはしばらく

下ろすのがどうだろうか。

AD

現代美術館5年の記憶を抱く



ミ~ハ~ミミのさんぽ路





文化芸術共同体の村'楮旨里(チョジリ)'の中心を守っている済州(チェジュ)

現代美術館(管掌キム・チャンウ)が開館5周年をむかえた。

都内・他芸術家を村に導いて'文化芸術クラスター'で作るのに現代美術館の5年が

一緒にしたこと。


済州(チェジュ)現代美術館がその間の時間を見て回って文化芸術とまた、

一度呼吸する席で開館5周年記念特別展を用意した。

9月1日から10月30日まで常設・第1期画展示室で進行される所蔵品特別展'

私たちは何で生きるのか'がすぐにそれ.


去る2007年神話を飲み込んだ島'済州(チェジュ)風景前'を開館前で初めて

デビューした後、中国現代美術'Crying','漫画-韓国漫画100年'巡回前、

存在の叫び声'Wind-Scape'前、パクチュンフム現代彫刻前、マグナム作家

グループの'生命の奇跡'全(前)などをひろげて芸術の香りをばらまいた

作品をもう一度会ってみることができる機会だ。

また'未公開作品'らまで総377点が道民・観光客の注目を楽しくする予定だ。


特に2012題主世界自然保全総会(WCC)開催を記念して、地域生態環境重要性を

知らせる生態美術プロジェクトも一緒にする。

美術館野外彫刻公園で道民・観光客が共に参加する美術館ミニチュア野生花気持ち

設置美術展示である'地球の巣'特別展.


ここに去る5年間展示などに参加した60人余りの作家の'文化メッセナ運動'も

より増した。

これらは'今日の作家前'(第2期画展示室)を進めた後展示作を販売、収益金一部を

農漁村地域学校文化芸術図書購入で支援する予定だ。

安い価格に'良い作品'らを購入したかった愛好家の心をとらえる席にも目を引く。


芸術の香りに導く展示はその開始も派手だ。

海軍軍楽隊が2012済州(チェジュ)WCC開催を祝って用意した演奏会が1日

午後7時美術館野外舞台で繰り広げられて、クラシック演奏はもちろん演芸兵士である

歌手ピ・KCM・アンタッチャブルの舞台に会ってみることができる。


AD

空軍'ブラックイーグル エアショー'開催



ミ~ハ~ミミのさんぽ路

空軍は明日(1日)城南(ソンナム)、ソウル空港で一般国民と空軍将兵、

政府関係者など5千200人余りが参加した中で'国民と共にする

ブラックイーグル エアショー'を開催すると明らかにしました。

最近英国エアショーで最優秀賞と人気賞を受賞した空軍特殊飛行チーム

'ブラックイーグル'は国内ファンたちに派手な空中起動をリリースする予定です。

この日行事にはF-15KとKF-16等空軍主な戦闘機の祝い飛行と共に

軍楽・儀仗隊公演、ブラックイーグル操縦士サイン会などが開く予定です。

AD

'ブラックイーグル'エアショー来月1日開かれて…見どころ風成



大韓民国空軍と国民が共に'航空強国大韓民国'に対する夢と希望を共有する祭りが開かれる。


空軍は9月1日ソウル空港で一般国民、空軍各級部隊将兵および軍務員、

政府・国会・防衛産業関連企業関係者など5200人余りが参加した中で

'国民と共にするブラックイーグル エアショー'を開催する。


空軍特殊飛行チーム ブラックイーグルは去る6月30日(現地時間)から

7月15日まで英国のワディントン(Waddington),リアート(RIAT:Royal International Air Tattoo),

パンボで(Farnborough)等海外で開催された国際エアショーに初めて参加して

見慣れない環境、時差などの色々な不利な条件を克服しながら世界有数の

特殊飛行チームと堂々と競争した結果最優秀賞と人気賞を席巻して、

大韓民国空軍と国産航空機T-50の優秀性を世界に知らせた。


'夢! 希望!! より大きい大韓民国!!!'をテーマでするこの日行事はブラックイーグル

英国エアショー参加経過報告、ブラックイーグル エアショー、フン・表彰授与、

航空機祝い飛行などの順序に進行される。


特に、行事のハイライト ブラックイーグル エアショーでは海外観客を感動させた

新しい空中起動がリリースされる、F-15K、KF-16,F-4E、F-5E/F、T-50,E-737ピース

子供など空軍の主な航空機が皆参加する祝い飛行は青い空を格好良く数を数えて

大韓民国と国民の希望に満ちた将来を祝福することになる。


この他にも国防広報支援対チョン・ジフン一等兵(歌手'ピ')の祝い公演、軍楽・儀仗隊公演、

ブラックイーグル操縦士サイン会、空軍広報館運営など豊かな見どころと多様な

イベントが用意される予定だ。


一方、今回の行事にはロンドンオリンピック アーチェリー男個人戦

金メダリスト オ・ジンヒョク選手とイム・ドンヒョン、キム法民(以上団体戦銅メダル)選手が

参加して同じ英国で世界を席巻したブラックイーグルと喜びを分けて、

小・中・高校生2,500人余りも席を共にしながら未来の卵が'より大きい大韓民国'を

夢見られるようにする予定だ。


空軍、明日ソウル空港で'ブラックイーグル エアショー'開催


空軍は来月1日城南(ソンナム)、ソウル空港で一般国民と空軍将兵、

政府および防衛産業関連企業関係者など5千200人余りが参加した中で

'国民と共にするブラックイーグル エアショー'を開催すると31日明らかにした。


空軍特殊飛行チーム ブラックイーグルは去る6月30日から7月15日まで

ワディントン、リアート、パンボでなどの地で開催された英国エアショーに

初めて参加して最優秀賞と人気賞を受賞したことがある。


この日行事は▲ブラックイーグル英国エアショー参加経過報告

▲ブラックイーグル エアショー▲フン・表彰授与▲航空機祝い飛行などの

順序に進行される。


超音速航空機であるT-50B 8期で編成されたブラックイーグルは

英国エアショーで海外観客を感動させた公衆(空中)起動を再演する予定だ。

F-15K、KF-16,F-4E、F-5E/F、T-50,E-737ピース子供など空軍の主な

航空機が皆参加する祝い飛行も続く。


この外に国防広報支援対所属歌手ピの祝い公演と軍楽・儀仗隊公演、

ブラックイーグル操縦士サイン会などのイベントも用意される。


 空軍‘ブラックイーグル’、9月1日ソウル空港でエアショー


ミ~ハ~ミミのさんぽ路

初めての海外エアショーに参加して大韓民国空軍の優秀性を立証した

空軍特殊飛行チーム‘ブラックイーグル’が国民に派手な曲芸飛行をリリースする。

空軍は9月1日ソウル空港で空軍各級部隊将兵および軍務員、政府・国会・防衛

産業関連企業関係者、市民など5200人余りが参加した中で'国民と共にする

ブラックイーグル エアショー'を開催すると31日明らかにした。


ブラックイーグルは今年6月30日(現地時間)から7月15日まで英国のワディントン、

リアート(RIAT),パンボでなど国際エアショーに初めて参加して最優秀賞と

人気賞を席巻して空軍と国産航空機T-50の優秀性を世界に知らせた。

空軍関係者は“今回のエアショーを通じて国民の声援に感謝を伝えられ

英国での光栄と歓喜の瞬間をもう一度再演する予定だ”として“この日行事は

'夢! 希望!! より大きい大韓民国!!!'をテーマでブラックイーグル英国エアショー

参加経過報告、ブラックイーグル エアショー、フン・表彰授与、航空機祝い飛行などの

順序に進行される”と説明した。


空軍特殊飛行チーム ブラックイーグル. (空軍本部提供) News1特に行事の

ハイライト ブラックイーグル エアショーでは海外観客を感動させた新しい空中起動を

リリースする。

またF-15K、KF-16,F-4E、F-5E/F、T-50,E-737ピース子供など空軍の主な航空機が

参加する祝い飛行も繰り広げられる。


また、国防広報支援対チョン・ジフン一等兵(歌手ピ)の祝い公演と軍楽・儀仗隊公演、

ブラックイーグル操縦士サイン会、空軍広報館運営など豊かな見どころと多様な

イベントも用意された。


今回の行事にはロンドンオリンピック アーチェリー男個人戦(個展)金メダリスト

オ・ジンヒョク選手とイム・ドンヒョン、キム法民(以上団体戦銅メダル)選手も参加する予定だ。


空軍特殊飛行チームは1953年10月1日空軍最初に私的推薦飛行場でF-51 4台で

編隊飛行をしたのを始め1967~1978年F-5A 6ギガ編隊を成し遂げて‘ブラック イーグルス’

チーム(Black Eagles Team)で運営された。

以後15年間機種老朽化で運営が中断されて1995年A-37 6期編隊で再創設されたし

2007年ソウルエアショーで告別飛行後翌年1月T-50国産超音速訓練機で再誕生した。

引き続き2009年8月239特殊飛行大隊で昇格して2010年12月にはT-50B 10台を導入したし、

その間‘ブラックこの文’または‘ブラック イーグルス’と呼ばれたチーム名を去る

8月'ブラックこの文(Black Eagle)'で統一した。

離れた席もきれいなどの空軍パイロットの日記帳

人間は誰でも死ぬ。しかし、棺のふたを覆うときに私は請託(淸浊)の音は

それぞれ違う。



最近公開された戦闘機のパイロットたちの哀歓を描いた映画 "R2B"を報告した

空軍愛護団体の集まりで聴いたどの殉職操縦士の話が浮上した。


の主人公は、2010年3月2日新人パイロットの飛行訓練を支援するために

F-5 / F戦闘機に同乗したが墜落事故で殉職した故(故)オチュンヒョン空軍大佐である。


彼は工事(38期)を首席で卒業した人材であり誘導も上手だった。

また、祝儀袋には、常に "大韓民国空軍中佐オチュンヒョン"と書くほど空軍に

対する自負心が強く、飛行時間も2792時間ものベテランパイロットであった。

彼は空軍の歴史に飛行訓練中殉職した最初の飛行隊隊長として記録されただけ

率先垂範と責任の精神が透徹した指揮官だった。

何よりも私を粛然とさせたのは彼の日記<下写真>である。

人間は意識が言語を主管して、言語が行動を支配する。

私ああ大佐の日記に注目したのもそのためだ。
彼は1992年12月の同僚の葬儀場を訪れてきて、まるで18年後にある自分の

遺言のように日記を書いた。


ミ~ハ~ミミのさんぽ路

ミ~ハ~ミミのさんぽ路

ミ~ハ~ミミのさんぽ路

ミ~ハ~ミミのさんぽ路


立ち寄ったお土産屋さんで・・・


ジフンさん見つけた~~~~~^^


ジフンさん見つけれただけで立ち寄ったかいがあったというもの(笑)

いやツアー参加だったので強制的に連れていかれたんだけどねにひひ


結構、ジフンさんグッズがあって嬉しくなりました

買わなかったけどあせるあせる