「いち瑠」の着物着方教室の中級コース(4月スタート)が修了しました。その修了イベントに参加させていただきました。

会場には、「辻が花染め」の作家・樋熊哲也先生の作品が展示・販売されていました。(何と、樋熊先生ご本人もいらっしゃいました)。

樋熊先生は、小林真央さんが市川海老蔵さんと結婚された際に着られた総絞りを作られたことで有名で、それと同様の振り袖を観せていただくこともできました。

いち瑠
http://www.ichiru.net/lesson.html



AD


「いち瑠」の着物着方教室の中級コース(4月スタート)が修了しました。その修了イベントに参加させていただきました。

これは、「キモノクリニック」で、着物のクリーニングの準備をしていただいている様子です。
右が京都の「山安」さんの杉浦先生、左が「いち瑠」心斎橋店の大坪店長です。

有限会社 山安
http://kyoto-yamayasu.sakura.ne.jp/index.html

いち瑠
http://www.ichiru.net/lesson.html
AD

2011「きもの学」のおすすめ♪

テーマ:
 10月に実施される「きもの文化検定」のための資料をインターネットで探していたところ、9月に「きもの学」というセミナーが開かれることを知りました。
 これは「きもの文化検定」のための勉強会ではありませんが、毎年、東京と京都で、着物文化の振興のために開催されているとのこと。また、このセミナーの主催者である「社団法人 全日本きもの振興会」のホームページには、「きもの文化検定」の案内が掲載されている上、セミナーのテキストは「きもの文化検定」の公式教本Ⅰ「きものの基本」で、この「きものの基本」を企画編集したのが「社団法人 全日本きもの振興会」です。

 昨年は、「きもの文化検定」の公式受験対策セミナーが開かれたそうですが、希望者が多いと受講できなかったり、逆に希望者が少ないと中止になったり、……ということで、受講できるかどうか少し心配していました。
 そんなこともあって、この「きもの学」を受講させていただきたいと思ったのです。

 「きもの学」は、2011年9月8日~9月15日まで、JR京都駅近くの「キャンパスプラザ京都」で開催されます。
 詳しくは、下記のサイトをご覧くださいませ。

 http://www.kimono-net.or.jp/study/kyoto/index.html
AD


 「日本和装」では、「きものマスター検定」という検定試験を実施していて、ただ今、「きものジュニアマスター検定」「きものミドルマスター検定」の受験の申し込みの受付をしています音譜

 この検定に合格すると、優先的に「日本和装」主催のイベントの案内をもらえたり、シミ抜きの料金を割り引きしてもらえたりなどの特典があるそうです音譜
 わたくしは、10月に実施される「きもの文化検定」を受験するつもりですので、その勉強も兼ねて、受験することにしました。

 この検定は、段階式になっていて、まず「きもの基礎マスター」証を取得し、「きものジュニアマスター検定」、「きものミドルマスター検定」、そして最後に「きものマスター検定」を受験できるというシステムになっています。
 「きもの基礎マスター」証は、「日本和装」の着付教室の修了生はだれでも申し込みができるようになっています。

 今回の締め切りは、2011年5月31日になっていますので、ご興味がおありの方はお早めに申し込まれることをお勧めします音譜

追伸 なぜか、「日本和装」のホームページの検定のページが更新されておらず、昨年募集を締め切ったままになっていますのが、お電話かFAXなら申し込みができます電話


「日本和装」 TEL 0120-154-829


ただいま、「日本民族衣裳振興協会」が無料きもの着付教室5・6月開講の受講生を募集しています音譜

いろいろなフリーペーパーなどに募集広告が掲載されていて、わたくしは、「Pretty」2011年5月号で見ました本

「日本民族衣裳振興協会」無料きもの着付教室のキャッチコピーは「20分で着られる喜びをあなたに。」で、確かに、わたくしも、同じクラスの方も、20分くらいで着られる­ようになりました音譜(ただし、ただ「着られる」だけで、「きれに着られる」にはかなり努力と継続が必要だと思います。)

「50代からのきものカルチャーコース」という講座も、同時に無料で募集していますので、ご興味がおありの方はお問い合わせされてはいかがでしょうかニコニコ