私自身の新人時代

テーマ:
Miiuraですニコニコ

連休明け2日目。

まだまだ早起きは辛いです

が、生徒の方が辛そうです…今日もみんなぐったりでした

なので、今朝の朝礼はゴールデンウィークにちょっと遊びに行った街のお話をしました。

生徒もよく知っている場所だったのですが、穴場的なスポットの話をしたので、眠そうにしながらよく聞いてくれたように思います照れ


さて、五月になり、新人の方は五月病にかかる時期ですねハートブレイク

実は後輩がなかなか入ってこなかったので、私はかなり長い間、所謂「新人」扱いでした。

先輩方は皆さん優しく、かなり甘やかされて教員生活をスタートさせました。

ここ数年でやっと「新人」「後輩」と呼べる存在が増えてきました。

やっと先輩になれましたニヤリ

今年の新任の先生たちはやる気に満ち溢れていて、四月からかなり頑張っているように思います。


見ていて、私も初心にかえるような気持ちになります。

仕事もソツなくこなす人が多く、すごいなぁと思います。



〜私の新人の頃はといえば…〜

前置きがかなり長くなりましたが、今日は新人時代のお話です。

働く前から決めていたことがあります。

それは職場では絶対泣かない!ということです。

泣いてしまって、大変な仕事や難しい仕事を任せてもらえなくなることを恐れました。

他の人が泣くことに対しては何も思わないというか、(なんてこった!助けてあげなきゃ!)とおろおろしてしまうだけなのですが…

とにかく、自分は職場では決して泣かないでおこうと心に決めて就職しました。

でも、実際のところは失敗ばかりで、うまくできないことばかりで、更衣室やトイレでこっそり泣いていました笑

空き時間に更衣室に駆け込んで、(10分めそめそして、赤みが引くのに15分…)とか考えて泣いてましたえーん

本当に気づかれていなかったのかはわかりませんが、ある日とんでも無いことがあり、どうしても我慢できず少し涙したことがありました。

後にも先にも職場で人前で泣いたのはこの一回笑

そのときにみんながかなりギョッびっくりとしていて、いつもより、より優しくされた気がします笑

やはり、泣くのはよくなかったなと思いますが、周りの先生方の優しさがありがたかった出来事です…照れ

泣いてはいけない!と言いたいのではありません。

ただ、仕事は仕事なので、あまり感情的にならないようにしたいと私自身の戒めです。

本日もお読みくださり、ありがとうございます照れ

↓ランキングに参加しています!

クリックお願いしますランニング


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
AD