黒猫:さてやってきました活字ラジオの時間です。こんばんは。今日も宣伝するものがあるんだろ?

作者:なんだよ、振りが雑じゃないか。さては付き人と喧嘩でもしたか。

黒猫:いや、なにも……。

作者:その顔はしたな。食器の洗い方にケチでもつけたのか?

黒猫:僕は他人のやり方をいちいち否定したりしない。

作者:ほう、それはそれは。じゃあなんで喧嘩を?

黒猫:ちょっと勝手に出張入れて……。

作者:勝手に出張を? そらいかん。事前申請しないと。

黒猫:だって大学が決めたことだからさ。

作者:ホウレンソウは社会人の基本だろう(溜息)

黒猫:まあ、たしかにうっかりしてた。

作者:何か考え事でもしてたのか?

黒猫:まあ、ちょっと新しい研究のことでね。

作者:なるほど。それで付き人ちゃんが激怒ぷんぷん丸になったわけだ。

黒猫:ぷんぷん丸とか、彼女に似合わない言葉を選ぶな!

作者:すまんすまん。ところで、さっき君が雑に振ってくれたとおり、宣伝はあるぞ。

黒猫:だろうね。これだろ?

 

 

作者:それだ! ただいま発売中! 講談社文庫の棚にて飼い主募集中。で、それに合わせて、ひとつ前の記事で、特典クイズやってます。http://ameblo.jp/millionmaro/?frm_id=v.mypage-ameblo--myblog--blog

黒猫:なるほど。クイズに答えると後日談が読めるのか。あの話の後日談ってちょっとすごそうだな。

作者:まだ書いてないけどね。

黒猫:書いてないのか!

作者:うん、だから今日のキミの態度次第では君も登場させる。

黒猫:やめろ。

作者:あ、態度わるい。決定。

黒猫:待て。

作者:どうしようかな。

黒猫:ごめん、あやまるから。

作者:じゃあさ、今すぐここで付き人に電話して。

黒猫:え、いま? 活字ラジオ中だぞ。

作者:できないんだぁ、じゃあしょうがないなぁ。

黒猫:わ、わかった。電話するから。

作者:あ、一つ条件。

黒猫:なんだよ…嫌な予感しかしない。

作者:赤ちゃん言葉でかけて。

黒猫:断る! ぜったいに……。

作者:いいんだぁ? 登場させていいんだ、そうかそうか…どうしようかな、殺される役にしようかな。

黒猫:ま、待て、待てって……卑怯だぞ!

作者:あと五秒、四、三…。

黒猫:だあああああああああ! やりますやります。(電話かける)あ、もしもし?

作者:もちもち、だろ。

黒猫:も、もちもち……(赤面中)。

作者:ほら、さっきは悪かったって言えよ。

黒猫:さ、さっきは悪かったでちゅ。事前に言うべきでちた。……うん、気を付けまちゅ。

作者:(電話切れたの確かめ)おめでとう! 許してもらえたじゃん。

黒猫:大いなる挫折感、敗北感……立ち直れそうにない……。

作者:大丈夫、付き人は今頃悶えているはずだ。

黒猫:そんなわけないだろう、泣いて爆笑してるに決まっている。

作者:マイナス思考だな。まあいい。とにかく、約束通り赤ちゃん言葉で電話もかけてくれたし、合格としよう。

黒猫:ほっ。

作者:合格。よって、正式に特典に君を登場させることに決定!

黒猫:な……なんだと!?

作者:いやあ、本当はさっきまで態度悪いから出すのやめようかと思ってたけど、これだけ頑張ってくれたからには出さないわけにはいかない。

黒猫:おかしいだろ! 言ってることが違う!

作者:わたくしはですね、『態度わるい、決定』と言ったのでありまして、ですね、あたかも、あたかもですね、わたしが嘘を言ったようなレッテル貼りはですね、やめていただきたいと……。

黒猫:その微妙な真似はやめろ! 話をそらすな!

作者:というわけでみなさん、特典クイズ、どんな形で黒猫が登場するのか、あるいはしないのか、ぜひ楽しみに、どしどしご応募してみてくださいませ~。

黒猫:ころす、もり、ぜったいころす!

作者:「ころちゅ」じゃないの? 黒猫ちゃん。

黒猫:ころす!ぜった…(ガムテープ貼られる)

作者:それではみなさん、今夜はこのへんで~。

 

AD

こんばんは。

 

飼い主を探しております。

 

今回探しているのは、講談社文庫より発売となりました

 

 

です。

 

全身整形、受けたら報酬1000万。

 

術後、「僕」を待ち受けていたのは、

 

首のない死体だった──。

 

装画は鈴木康士さん

 

装丁は西村弘美さん

 

スタイリッシュな、毛並のよい「子M」です。

 

きっと皆さんに懐いていないふりをして尻尾を振ってくれることでしょう。

 

ではでは、特典クイズ、行ってみましょう。

 

【クイズ】

M博士が愛好していてよく口ずさんでいる曲のタイトルは何?

カタカナでお答えください。

 

【応募期間】

2017年本日~2017年5月30日

 

【特典】

『M博士の比類なき実験』後日談PDFデータ

※データをダウンロードできるURLをお知らせしますので、

URL付きの文章が受信可能なあどれすからご応募くださいませ。

 

【宛先】

kuroneko.since2011@hotmail.com

 

【正解者への特典送信時期】

2017年5月中ごろより順次

 

多くのご応募、お待ちしております!!

 

 

 

AD

竜にまつわるイメージをかき集めるのだけれど

まず竜が何を食べるのかを知らないので

君が朝起きてトーストをかじるのを見つめるのだ

たとえばある朝、竜だって起きたくもない朝はあるだろうし

うろこの手入れだとか、うろこの入れ替えだとか

はたまた髭のカラーリングだとか

そんなことのためにやれやれと身を起こす

それから何を食べようと頭を悩ませる

「ねえなんでさっきから見つめているの?」

「いや竜がね」

「はい?」

「竜が」

「りゅう?」

「竜はトーストはかじらないよね」

「知らないわ。私竜じゃないから」

だろうね、僕はまったく無駄なことをしていたのだ

でもほかにどうしようもないじゃないか

いまこの部屋には君がいて

いまこの部屋でものを食べている

この部屋には竜がいなくてましてや竜の食べ物もない

「でも硬いものは避けるでしょうね」

「どうして?」

「どんな歯だっていずれは摩耗するもの。

竜って長生きするんでしょ? 何百年も何千年も生きていたら

歯がもたないわ」

「ああ」

「うむ」

それから僕らは題名のない音楽会なんかを見ながら

いそいそとセックスをする

いつもより長いのは竜のうろこを数えているから

「集中して」

竜になりすまして動き出した僕に彼女は説教をする

ここに竜はいないけれど

竜の調教師はいるようだ

ねえご主人さま、まず僕は何を噛んだらいいでしょう?

AD