黒猫:今晩は、一日遅れで活字ラジオの時間です。

作者:皆さん、もう『人魚姫の椅子』の特典はダウンロードしていただけましたでしょうか? まだの方はぜひ帯袖のQRコードにスマホをかざしてバーコードリーダで読み込んでくださいませ。

 

人魚姫の椅子人魚姫の椅子
1,620円
Amazon

 

黒猫:君さ、毎回特典に僕を使うのはいかがなものかと思うよ。

作者:それで喜んでくれる人がいるうちはやればいい。いなければやめればいい。簡単な話じゃないか。それともあれか? 君はまさか飽きられるのが怖いとでも言うんじゃないだろうな?

黒猫:まさか…馬鹿なことを。

作者:まあ飼い主のみなさんに飽きられる前にせいぜい付き人に飽きられないように気をつけなさい。

黒猫:それはさすがに……。

作者:さすがに? え? さすがにない? すごい自信だな。

黒猫:なにも言ってないだろう。

作者:さて(無視)、ところでTwitterではすでに言っていることをここでも再度言っておきます。

次の書店さまにサイン本を作らせていただきました。※現在も在庫があるかどうかはわかりかねます。

【東京】

紀伊國屋書店新宿本店様/ブックファースト新宿店様/三省堂書店神保町本店様/ジュンク堂書店池袋店様/三省堂書店池袋本店様/ブックファーストアトレ吉祥寺店様/書泉ブックタワー秋葉原店様

【大阪】

梅田蔦屋書店様/ジュンク堂書店難波店様/紀伊國屋書店梅田本店様

また追加情報などありましたらお知らせしたいと思います。引き続きよろしくお願い致します。お読みになられたご感想もTwitterやブログに少しずつアップされており、これまで以上にしっかりと受け取っていただけているのを実感しております。これから年末に向けて一人でも多くの方の心に届きますように。

また、年末にご本人さま用以外にもご友人やご家族などにギフト用にお送りしたいとお考えの場合は、送り主さまとセットでご芳名の入ったメッセージカード2枚分のPDFデータを差し上げます。kuroneko.since2011@hotmail.comまでお飼いいただいた『人魚姫の椅子』(一冊で結構です)の写メとともにメールをお寄せください。年内いっぱい受け付けさせていただきます。

黒猫:そういえば、『偽恋愛小説家』のほうでも動きがあるんじゃなかったっけ?

作者:そうだった! たまには君もいいことを言う。
   
12月・1月の期間、福島県内のみどり書房さま5店舗(桑野店、イオンタウン郡山店、白河店、二本松店、福島南店)にて、『偽恋愛小説家』(朝日文庫)を大展開していただいています! 店店頭にて、今回のコーナー用に直筆POPなども飾っていただく予定なので、近くにお住まいの方はぜひチェックして「こいつ知ってる!Twitterで馬鹿なこと言ってる作家!」と周りに言いふらかしてください。

 

 

 

黒猫:そんな情報要らないだろ…。

作者:ふう……まあ師走とはよく言ったものだ。

黒猫:勝手に忙しくしている気もする。

作者:しかし君の特典、「黒猫のパフェ巡りまたは椅子講義」はなかなかいい役目を果たしたんだぞ。あれがあったから本編にはあまり蘊蓄を入れずに済んだ。

黒猫:まあ、本編で蘊蓄やったら僕の真似みたいになっちゃうからな。君もたいへんだ。しかし、『人魚姫の椅子』は付き人も読んだと言っていたよ。ずいぶん気に入っていた。とくに丹地先生のイラストを。

作者:中身は! 中身は!

黒猫:はは、忘れたな。

作者:嫉妬だな、みっともないぞ。

黒猫:誰が嫉妬するか。

作者:おっとそうだ、最後に。来年のことを言うと鬼が藁を編むというが…。

黒猫:「笑う」だ、「笑う」。

作者:まあしかし年末にもなればさすがに藁を編むこともあるまい。

黒猫:「笑う」な、「笑う」。

作者:というわけで、1月半ば頃、『僕が恋したカフカな彼女』が富士見L文庫から発売になります。

 

 

テイストとしては、『人魚姫の椅子』が物語を丁寧に追ったクラシックなつくりだとしたらこちらはポップ。と言っても「ああ、いつもの男女の、あの感じ」と思わないでいただきたい。この二人の関係性はこれまでとはだいぶ違うので。そこのところが、これまでの雰囲気を好んでくださった方にどう読まれるかはわからないところでもあるけれど、これまでまったく森晶麿を読んだことがない方々とどう対話するかをじっくり考えながら書いた話なので、これまでの読者は先輩風をふかせて見守っていただけたらと思います。

黒猫:カフカのテクストを扱うんだな?

作者:まあ、そうなる。だから作品解体をやるって意味では、黒猫シリーズに通じる味わいもある。でもこっちは二人とも高校生だからね。君らと張り合うのは無理があるし、高校生らしい解体をしていくと思うよ。

黒猫:なるほど。いずれにせよ楽しみだ。僕を特典に使わないならね。

作者:それはどうかな……。

黒猫:おい……まさか。

作者:あ、そういえば、本文に二か所、黒猫と付き人らしきカップルの出てくる場所があるんだよね。

黒猫:な、なんだって……? 人違いじゃないのか?

作者:いや、場所がねぇ、場所だからねぇ。

黒猫:……森、何を企んでいる?

作者:それでは今夜はこのへんで。みなさん、よいお年を~。

黒猫:ちょっと待て! 森ぃ!! 

 

※年末にもう一度ブログは更新すると思います。

AD

リブログ(1)