こんばんは。
昨日、21日は本来ならば活字ラジオの更新日でした。
ところが、私はあろうことか、前の記事にありますとおり、『黒猫の回帰あるいは千夜航路』の特典を発送ぎりぎりまで作っていたため、活字ラジオのことをまったく思い出しませんでした。
毎月の更新を待っていてくださった皆様にはたいへん申し訳ありませんでした。謹んでお詫び申し上げます。
でもですよ、作者としては言いたいじゃないですか。一緒に活字ラジオやってるんだから、黒猫が電話一本寄越してくれればいいじゃないかって。それがあの男ときたら何の連絡もしてこなかったのです。ですから、私は今朝彼を責めるべく電話を一本かけました。
以下はその際のやりとりです。

黒猫:もしもし……悪いが君とはとうぶん喋りたくないな。
作者:何だと? さては活字ラジオのことで電話もしてこなかったのは確信犯か!
黒猫:『回帰』を読んだよ。
作者:あ、そう。面白かった?
黒猫:あんなものを書かれたら、もう僕は表に出ていけない。しかもあんなラスト…。
作者:なるほど、『回帰』を読んでまさかあんなことまで書いてしまうと思わなかったわけだな。ふふ黒猫くん、俺を見くびったな。飼い主に手を噛まれるというやつだね。
黒猫:そもそもなんで飼い主が手を噛むんだ。だが、僕が怒っているのはそんなことではない。
作者:まだほかにもあるのか?
黒猫:特典を読んだ。
作者:げ……まさか、匿名で応募を?
黒猫:当たり前だ。君が僕たちの何を小説化しているのか知っておく必要があるからな。そして、決めた。もう君とは距離を置く。
作者:え! ガーン。
黒猫:嘘くさい。
作者:どうしてどうして?
黒猫:自分の胸に聞いてみろ。
作者:丹地先生の絵が素敵すぎた? あれすごいよね。眼鏡の付き人とかホントひと目見たいってずっと思ってたから感涙で感涙で。
黒猫:くっ…た、たしかに丹地先生の絵は素晴らしかったが、そしてちょっと僕が描かれたら困るところもいっぱいあった気がするが、ちがうそうじゃない。僕は君に怒っている!
作者:黒猫がココアを作るシーンが出てくるから?
黒猫:……それもそうだが、そんなことじゃなくてだな。僕の視点の断篇を書いて僕の思考を読者に可視化してしまったじゃないか。そのうえ、あんなシーンまで! 
作者:(鼻をつまみ)ピンポーン。おや、誰か来たみたいだ。宅急便かな? わるい、電話切るぞ。
黒猫:待て! 卑怯だぞ森! あんな断篇を書いてただで済むと……!
作者:(電話切る)

そんなわけで、私はしばらく黒猫と口をきいてもらえなさそうです。
理由をお知りになりたい方は、『回帰』をお読みになり、さらにぜひ前の記事の特典クイズにご応募ください。いやもう本当に丹地先生のイラストが素晴らしくスイーツですのでぜひ。
私の断篇は今回はリキュール的な硬質な刺激をと思っていたのですが、、、さてなぜ黒猫を怒らせる羽目になってしまったのか。ジャッジは皆さんに委ねたいと思います。
それでは、活字ラジオすっぽかしの言い訳の回をこれにて終わらせていただきます。

皆さん、良いお年を。
そして来年もここでお会いしましょう。
黒猫がへそを曲げているすきに「活字ラジオ」をリニューアルするのも一興ですね。
ではでは
AD
12月8日より『黒猫の回帰あるいは千夜航路』が全国発売となります。
※地域により発売日はことなります。ご容赦ください。

黒猫の回帰あるいは千夜行路/早川書房

¥1,728
Amazon.co.jp

内容的にも本作から入っていただいてシリーズまとめ読みをして
いただいたり、すでにずっとお読みいただいている皆様にも
改めてこの機会に周囲の方にお勧めしやすい、ある意味「節目」の一冊です。
また一話ごとのセルフライナー的なものも10日くらいにはアップしたいと思います。

さて、本日は特典クイズのお知らせです!

【飼い主様向け特典クイズのお知らせ】
飼い主の皆様へ。
この度、お飼(買)い上げいただいた皆様に
恒例となりました、私の断篇小説集PDFが当たる特典クイズをと思っておりました。
しかし……!!
衝撃のお知らせが舞い込みました。
何と、丹地陽子先生から追加特典としまして、
PDFデータ版『KURONEKO ILLUSTRATIONS SPECIAL』が!!!!
黒猫シリーズのほぼ描き下ろし新作の未公開イラストが
満腹になりすぎるほど収録されています。
先に拝見しまして、私はすっかり衝撃で歩けなくなってしまいました。
妄想力も何もかもがいろいろ充足してしまう
すごい破壊力です。このデータをもっているか
もっていないかは、けっこう違った年末年始になるのでは、と。

【特典】
というわけで、今回は特典が二つになりました。
一つは
私の書き下ろしになります、PDFデータ版「甘い二人をめぐる断篇集」
黒猫と付き人をめぐる断篇を、ぜんぶで10篇収録します。
すべての断篇をつなぎ合わせると、黒猫と付き人の
アナザーストーリーみたいに読めるようになるのでは、と(鋭意制作中)
そして、もう一つは
先ほど申し上げましたとおり
丹地陽子先生によるPDFデータ版『ILLUSTRATIONS SPECIAL』です。

【特典】
そういうわけで、破格の豪華特典となりましたので、ふだん私はあまりこういったお願いはしないのですが、ぜひとも飼い主におなりいただいた方にご応募いただきたく思います。
(特典クイズは基本、「飼い主の皆様向け」と毎度謳ってはいますが今回は特に、という意味です)何卒よろしくお願い申し上げます。

それでは問題です。
【問題】
『黒猫の回帰』のカバーをはがすと、本体の裏側に金色の猫がいます。
その猫が頭にのせているものは何でしょう?
本文の内容に添って具体的にお答えください。

【応募期間】
回答期間は12月20日から2月20日までです。
宛先はこちら

kuroneko.since2011@hotmail.com

(フライングで応募期間より前にご応募される方がいらっしゃいますが、応募は20日からお願いいたします)
お送りいただいた方には、48時間以内に特典PDFデータがダウンロードできるURL付のメールを送付させていただきます。※48時間過ぎてもメールがこない場合、メール送信エラーもしくは貴方様のメールが受信できていないおそれがありますので、ブログコメント欄やTwitterにてその旨お知らせください。期限を待ってから送信する形式だと、エラーの発見が遅れますので、このようなスタイルにさせていただければと思います。

【電子版をご検討されている方へ】
電子書籍は今月末頃の発売を予定しております。また、電子版には本のカバーを外した本体のデザインは含まれないため上記クイズにご参加いただけません。そのため、別種のクイズおよび期間を設定させていただきます。
【電子版飼い主様向けクイズ】
電子書籍版の奥付にある最後の一行を書いてください(記号含む)。
【電子版応募期間】
1月10日から3月10までです。
応募先や私からのプレゼント送付方法は上記と同じです。

【最後にお願い】
ご応募の際、丹地陽子先生に向けて何かメッセージや
私に向けての今後の要望(黒猫シリーズの今後や、それ以外であんな作品を書いてもらいたいetc)をいただければ、とても嬉しいです。

ではでは、多くの方のご応募お待ちしております!
AD
ゴムをこよなく愛するゴム工場の工場主よお願いだ
今宵の使用済みのゴムをどうかうまいこと加工してくれ
任務は極秘
高い精度をもってやってくれ
何でも新しいゴムに変えてしまうんだろう?
いつかの過ちも、なくしてしまった約束も
ぎゅうううっぱちん
こんな具合にね

またすぐ次の夜がきてしまうから工場主よお願いだ
今宵の味気なかった重なりを熱処理で加工してくれ
ぜんぶで三つ
失敗せぬよう気を張って頼む
可愛いヘアバンドに変えられるんだろう?
この胸の疼きも、あの日のあの子の輝きも
ぎゅうううっぱちん
こんな具合にね

急げよ急げよ工場主
また夜がくる夜がくる
胸をかきむしる何もかも詰め込んで
ゴムみたいにどこまでも引き伸ばして
ぎゅうううっぱちん
ぎゅうううっぱちん
朝にはそれで何もかもだめになるんだな

あの子の街に出荷できるかい工場主よお願いだ
記憶をなくして楽しくやっている俺に加工してくれ
みんなも達者で
とにかく大至急やってくれ
無駄骨だった俺の細胞があの子の髪を結ぶんだ
あの日の景色も、その肌の感触も
ぎゅうううっぱちん
こんな具合にね



AD