心地よい風の流れる空間づくり*Mille Co Co*

今いる空間を「もっと心地よくしたい」と、思っているとしたら。
「もっと楽に、生きやすく」のしくみを作る*ライフオーガナイズ®︎*の考え方と手法を活かして、
片づけ・収納・リフォームのお手伝いをします。


   


北海道・札幌で、夫と共に地元密着工務店「㈲クワサコ住建」で働く、ライフオーガナイザー・インテリアコーディネーターです。

単なる片づけに終わらない、「もっと楽に、生きやすく」を目指すライフオーガナイズ。
学びはまず、自分自身のくらしと向き合う事から始まりました。
その手法を用いて、一人一人に合った暮らしの仕組みづくりを考える事は、本当の意味での上質空間を生み出してくれるでしょう。

目指すのは、「心地よい風が吹き抜ける」=「良い気が流れる」空間づくり。

テーマ:

急な寒暖の激変の多いこの春の札幌、

 

連休明け以来、肩と背中の痛みに悩まされ、

ついに久々の整体マッサージのお世話になりながら、

なんとか持ち直して来ました、

ライフオーガナイザー美流です。

 

体調がすっきりせずに、気分も沈みがち。

そんな時間も、

今起こっていることをちゃんと受け止めて、

自分の体をなだめて、癒してあげなくちゃね・・・

と、いろいろなことに目をつぶりながらやり過ごして来ていました。

 

けれど、今日は朝から、

今日は、鬱々とした気分でいちゃ〜いけないわ!

 

と思う、

ピーン!!というメッセージ着信音で、

1日が始まりましたビックリマークビックリマーク

 

朝の4時半頃のことです

 

image

スマホの画像。時間は投稿を書いている現在時刻表示中です悪しからず

 

 

実行委員として関わるのが三回目の

ライフオーガナイザー協会のオーガナイズの日チャリティイベント。

 

当日まであと3日、という本日、

北海道民愛読の地元新聞、

北海道新聞でイベントの紹介が掲載されました!!

 

駆け込みでの、お問い合わせ申し込みは、

ギリギリまで対応していただける模様音譜

ミルがお問い合わせをお受けします右矢印

 

 

・・・・

毎日の忙しさに追われて、

目の前のことに精一杯だったり、

なんだかわからないけどイライラしたり、

日々抱えているモヤモヤ・・・。

 

ともすると、自分は一体どうしたいんだろう?

を見失いがちな日常・・・。

 

私自身も、夫の仕事と3人の子育てを最優先するのが

一番大事だと思って過ごして来た20年余り・・・

 

「いつか」の日のために、なんて言い訳をしながらインテリアの資格を取ってみたり、

興味の湧いたことに参加してみたりはして来たけど、

 

「じゃあ一体みるさんは、何をしたいの、どうなりたいの?」

と質問された時、

 

「こうしたい」を

言葉にできませんでした・・・・

 

そんなモヤモヤをどうやってはらすの?

自分にできることって?

 

そんなふうに思っている人が、

 

きっと今日から変われる、

と思う内容のイベントです。

 

 

 

私宛のメッセージでも構いません、

どうぞ、これは!と思った方、お問い合わせください。

 

お問い合わせはこちら右矢印

 

 

 

今回、

「一般の方向けにお話しするのは、本当に久しぶり〜」とおっしゃる、

 

基調講演をしていただく

高原真由美・ライフオーガナイザー協会代表理事

からも

熱いメッセージが。

↓↓↓↓

 

ライフオーガナイザーが提唱している「ライフオーガナイズ」とは、暮らし・人生を最適化するための考え方・手法であり、片づけ・収納のノウハウではありません。

片づけられない、という方のほとんどは、ノウハウやテクニックを学んでも片づけられるようにはなりません。もっと根本的なことから学んだり考えたりすることなしで、片づけられるようにはなりません。

結果的に、片づけられるようになった!、使いやすく戻しやすい収納の仕組みがつくれるようになった、暮らしが劇的に変わった、家族が自発的に片づけるようになった、無駄な時間が減った、楽に暮らせるようになった、ストレスが軽減し生きやすくなった、という感想をいただくライフオーガナイザーのセミナーやワークショップ。

多数のLOの話がまとめておトクに聴ける機会は、そうそう多くはありません。

 

毎年、このイベントが終わってから、「ライフオーガナイザーの方の話しがまとめて聴ける機会はありませんか?」という問い合わせが増えるという協会あるある…。(苦笑)

(高原理事のFacebook投稿より引用)

 

たくさんの人に来ていただけるよう、頑張りましょ〜

と。

 

参加していただいた方には、毎年、

 

手前味噌ですが、みなさんに

「楽しかった、来てよかった」

という感想をいただいているイベントです。

 

今日はこれから、

実行委員が全員揃っての最終打ち合わせ。

 

心を込めてお届けできるよう、

 

気を引き締めて参ります。

(あ、なんか元気が出て来た)

 

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

 

音譜住まいや働く空間を自分仕様にして元気になる音譜

 

音譜能率アップ、無駄な時間をなくして、自分時間を楽しむ音譜

 

そんな毎日を実現するmi-na-concieは

ラブラブお家と空間づくりのコンシェルジュですラブラブ

 

ラブラブ片付けも家づくりも、コンサル&ヒアリングが成功の決め手ですラブラブ

mi-na-concieと一緒になりたい暮らしを叶えませんか?

 

【収納と家づくりをトータルサポート】

バナーをクリックビックリマークビックリマーク

 

ラブラブ最後までお読みいただきありがとうございますラブラブ

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(2)

テーマ:
{A71F53E9-3031-41F4-A5AF-85AEC022A01A}
 
桜が咲いてから、不順なお天気が続いています、札幌です。
まだ朝晩の暖房が欲しい毎日・・・
 
 
連休最終日は、オットが独立してから毎年、お仲間と開催してきた恒例のお花見会、
 
@サッポロビール園でした。
 
写真の空の色が物語る・・・・
はっきり行って「寒い!」
 

 

{C92E84F7-B1AA-4D42-9710-A7AF08AA0BE3}

 

この由緒ある建物の中が、広大なジンギスカン会場^_^

 

{841D4C29-EF70-4225-8307-A5833E6D2812}

 

エントランスの見事な桜🌸を記念撮影しました。
とりあえず、桜は見ました。
 
 

いつもはこんなに早い時間からは混んでいない?

 
やはり今年は寒さと天気の悪さで、
屋内の宴会に切り替えた人が多かったのかもしれません。
{AEEA0B49-1465-46B3-9F4A-FFDB1CF0A580}
生ラムジンギスカンと、ビール等の食べ飲み放題💕
 
ビール園オリジナルのタレ(これが美味しい)でいただくあっさり味、
クセもあまりなくて、
勢いで、皆相当量食べて、そして飲んでしまいます。
 
{E3D093E1-32F2-4B5E-A9E9-265F75FC4D5B}
満腹になって外に出ると、夜桜がまた美しく。
 
 
{86294D2C-F58B-499F-8C10-A2500F6B51D7}
道を挟んだ向かい側には、
オシャレに楽しめるダイニングもあります。
 
ここでのお花見会は
数えて見たら、
もう、30回目⁈らしいです。
 
ずっと続けてこられたのは、
嬉しいことです。
 
そして、とてもありがたいな〜と。
 
参加メンバーは毎年、その時その時
かわってきていますが、
 
核となっている、オットの大親友とオットの絆を
改めてしみじみ感じた夜でした。
 
そして全国のライフオーガナイザーたちも
新たな絆を紡ぎながら今年で六回目のチャリティイベントを開催ビックリマーク
 
 
私も実行委員を務めさせていただいています、

ベル北海道のライフオーガナイザーたちが

力を合わせて皆さまにお届けするチャリティイベントベル

 

お申し込みフォーム

 
 
北海道・札幌会場では、単なる片付けに終わらない、
「やりたい」と「なりたい」を叶える
ライフオーガナイズに出会えます!!
 
会場で会いましょう〜ラブラブ
 
 

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

 

音譜住まいや働く空間を自分仕様にして元気になる音譜

 

音譜能率アップ、無駄な時間をなくして、自分時間を楽しむ音譜

 

そんな毎日を実現するmi-na-concieは

ラブラブお家と空間づくりのコンシェルジュですラブラブ

 

ラブラブ片付けも家づくりも、コンサル&ヒアリングが成功の決め手ですラブラブ

mi-na-concieと一緒になりたい暮らしを叶えませんか?

 

【収納と家づくりをトータルサポート】

バナーをクリックビックリマークビックリマーク

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日は、たくさんの方がブログを読んでくださったようで

・・・

ありがとうございます。

ちょっと戸惑っています。

庭の梅が咲きました。

 

極めて私的なことを長々と書いてしまいましたが、

 

なんで書いてしまったんだろうという思いが一方であり。

 

自分が覚悟を決めて踏み出す一歩だったのでしょうか?

記しておきたかったのかもしれません。

やったことないことをしてしまったので、

・・・・ひとごとみたいです。

 

 

なあ、そんなわけで、

色々な葛藤を経て、

昨年私にとってはとても大きな一つの仕事をやりきって、

 

その時得ることのできた信頼できるパートナーと

いく日も語り合い、

組んだユニットが、

 

mi-na-concie

ですビックリマーク

 

パートナーの麗眺さんのコーディネート・デザイン・提案力と

うちの工務店の機動力と技術と

二人に共通するライフオーガナイザー®️としての思いと力を合わせて、

 

空間づくりのトータルサポート

のおてつだいをしていきます。

 

 

ただいま、新メニューの準備中〜音譜ご期待ください

 

ライフオーガナイザー協会チャリティイベント・札幌会場に参加しませんか?

右矢印お申し込みフォーム

 

最後までお読みいただきありがとうございます

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

おはようございます。

 

連休後半、とても暖かくて、

「なつか?」な陽気になっています札幌です。

 

・・・と、季節の話を書いていて、思わずダラダラ前置きを書いてしまいましたが、

カットしました。

 

image

 

我が家の庭で、今カタクリが咲いています音譜

始め一株だったのが、種で増えてここまできましたラブラブ

 

 

さて、タイトルの件。

 

 

今朝、「今日はゆっくり寝ていよう」と思っていたのに、

 

最後に見ていた夢の中で、

夢の中で誰かが言った台詞なのか

自分が誰かに言った台詞なのか、

いきなり、

 

「夫の病気をブログに書く」

 

という言葉が意識の中にばっ

と出てきて、

 

飛び起きました。

 

 

何でしょう?この感覚。

 

 

自分に問いかけました。

「本当に書くの?」・・・と

 

で、とりあえず顔を洗って、

バソコンに向かっています。

 

・・・・・・

 

私は自分のことを話すのが苦手です。

小学生の時、親が離婚しているのですが、

思えば、そのことを7年間位、周りの友達誰にも言えず

思い起こせば、ひた隠しにしていました。

(親友、と思っていた人さえにもです)

 

やっと話せた時も、

言葉にするのが苦しくて、苦しくて。

 

ですが、

今日は何だかよくわからないけど、

 

夢のお告げ?に従って

書きます・・・

 

ノープランです。

どこから書いていいのやら・・・

 

・・・・・・

 

夫は9歳年上です。

 

職人として弟子入りするところから始まって、

独学で資格を取り、一代で建築会社をおこし、

バリバリ頑張ってきた人です。

 

現場管理もお金を計算するコンピューターもそろばんも

自分の頭の中?というような人でした。

私は当初は事務員で、電話番と言われた事務処理だけをする役割の人でした。

 

そんな人が、それまでになかったようなミスをしたり、

ややこしい案件を考えるのを後回しにしたりして、

結果お客様に迷惑をかけたり・・・。

(思い起こせば7、8年前くらいからのことでしょうか?)

 

・・・していても、

私は現場のことに全くタッチしていなかったので、

具体的なことはいろいろ後から知ることになります。

問題が起きても個別の案件として現象が出てくるので、

夫の全体的な問題として把握できるまでにタイムラグがあったように思います

 

ありがたいことに、

社員である現場の職人さんや

協力業者の方達が、

本当に優秀でいい方達ばかりで、

 

いろいろ心配しながらも、

たくさんフォローしてくださっていたようです。

 

いくら現場にタッチしていなかったと言っても、

処理する数字にもいろいろ現れてきます。

 

建築業界の流れも、法律的も、

厳しくなって

「今までのやり方じゃ、ムリ・・・」

私も実感として感じ始めていた頃でした。

 

 

いずれは本格的に仕事を手伝おうと思っていた私は、

「一人でやろうとしないで、自分でできないと思ったことや、やってほしいことは言って」

と伝え、事務所での仕事をそれまでより一緒に作業するように。

 

 

一方で、「どうして、こうなったの?」とトラブルの原因を聞いたら、

「ぼーっとして、お客さんの話を聞いていたら、いらいらする。

あの人の話し方は嫌いだ」と

「自分とあのお客さんが合わないからだ」的な・・・

 

「頭がぼーっとして調子が悪いと感じるのなら、病院で診てもらったら?」

と何度か言いますが、

 

「持病の腰のせい」と接骨院には行きますが、

一番しんどいのがなくなればフェードアウト。

「頭も見てもらったら?」の言葉は完全スルー

 

でも、一人で動いて、

「行き違いのトラブル」みたいなのが、

積み重なっていましたあせる

 

ワンマンなばかりに、それで成り立っていたばかりに、

いわゆる、ホウ・レン・ソウが全くないんですよねあせる

 

そんな夫が、

具合悪いも家族に(特に私に)言わないような人が、

 

「資格も取って、仕事を手伝ってほしい」

と、初めて言われたのが

4年半ほど前でした。

 

私はいよいよ危機感を感じて

模索を始めていたところでした。

 

春から私は資格を取るための勉強を開始することにしました。

(今やっている通信制大学に入りました)

 

と同時に、私は現場のことを全くと言っていいくらい知らない中

その年は消費税増税前と重なって

大きな案件がいくつか入ってきていて。

 

よく知らない私でも、

「これは夫一人では絶対無理」と感じ

現場監理をやってくれる人に来てもらうことに。

 

旧来の知人である有資格者の女性に、

運よく来てもらうことができました。

 

夫にとって、今までにない体制で仕事をする一年が始まりました。

私も新しく入ってくれた人と一緒に現場に行くようになりました。

 

その中で、問題?行動が次々明らかに・・・

調子には波があるようなのですが、

やはり、まずいと思ったでしょうか?

 

ようやく本人もその気になり、脳神経外科クリニックへ。

 

「年齢相応よりも脳が萎縮しています。今すぐ薬の服用を始めたほうがいい状態です」

まだ60歳前でした。

いわゆる「認知症」です。

末っ子はまだ中学生でした。

 

この時点では、まだ普通に車の運転もして、

生活リズムは、従来通りの普通?に仕事をしている時と同じ。

そんな状態でした。

 

診断を受け、

日常生活は何か変える必要は全くないと思ったけれど、

 

仕事のことは、

覚悟しなければならないこと

体制を整えねばならないことが

薄々思っていたことではありましたが、

一気に現実味を帯びたというか・・・

 

現場監理のために来てもらった方は、

女性でしたが有資格者で、私にとって非常に大切な人。

 

その方にも色々教わりながら、

仕事を進めようと頑張っていたのですが・・・

 

それが気に食わなかったのでしょうか?

夫は、その人をいじめるようになり、

感情的な対応ばかりが目立つようになりました

 

「社長に嫌われてしまっていて、同じ事務所にいるのはこれ以上は無理」

 

と、

最初は、「今月いっぱいで辞める」とのことが

そのあとで二人で車の中でもめて、

その日のうちに、やめて行かれました・・・

 

たくさんの嫌な思いをさせてしまって、

申し訳ないことをしました

 

それが一昨年の夏のことでした。

 

私は、すごく期待していた頼る人を失いました。

 

ほぼ、夫と二人だけで動く日々が始まりました。

(古くからのお客さんが多いので、そういうお客様のところへは、

私は秘書というか、細かい実務をサポートする人間として伺っています)

 

けれど、同時に、

それまで、来てもらっていた人に任せていた、

職人さんとや、協力業者の方達とのコミュニケーションが

始まりました。

 

長年の付き合いの皆様、

夫の状態も良く知ってくださっていて、

こんな私に、色々わからないことを教えてくれ、

親切にしていただき、支えてくださっています。

これは夫が築き上げて来たご縁のおかげだと思います。

 

その頃から夫は、体力的にも弱り、

現場での力仕事も難しくなって来ました。

 

ストレスもダイレクトに腰にくる様子。

 

無理ができなくなったぶん、

仕事に対しても私に任せるような感じになっって来ました。

 

そんな中、一昨年暮、大きなリノベーションの仕事をいただきました。

 

社長である夫が、「やりたい」と言ったので、

紹介の方が話を進めてくださいました。

 

私は、デザイン・プランを助けてもらう方をお願いしました。

チャンスがあったら一緒に仕事をしてみたいと思っていた人であり、

色々教えてもらいたいと思っていた人です。

 

 

社長である夫に了解を取るために紹介して、

具体的に私と彼女が動き始めると、

 

またまた、夫の感情的パフォーマンス

が始まりました。

 

その時に私は覚悟を決めました。

 

「もう、夫の気持ちを優先するのはやめよう、精神的に切り離して、仕事をしよう」

と。

 

夫の反応は、

「考え」ではなく、「感情・気持ち」に過ぎない。

 

そう捉えることで、

仕事にとってマイナスなのですから、

もう、スルーすることに決めました。

 

私なりに、

この仕事(現場)にとって大事なことは?

を考えながら、やるしかない。

 

そんなわけで、昨年は、10ヶ月勉強を休止して

新しく得ることができた強力なパートナーとその現場を完成させ、

駆け抜けた1年でした。

 

大変なことだったのかもしれないけど、

とても充実していました。

 

去年から、工務店での私の状況は、

事実上「社長代理」

 

ですね(笑)

 

 

アウトドア大好きの夫と、キャンプ、山菜採り、釣り、庭づくり畑作り

を経験して来ての今。

 

子供のかなり重度なアレルギーや化学物質過敏と食養や暮らしの改善、

いわゆる障がいと呼ばれるボーダーライン上にいる子どもの子育て、

を経験して来ての今。

 

現在進行形の夫の病気。

 

どの経験も私の糧。

そして私の経験が、どなたかのお役にたてたなら嬉しく。

 

私は、

夫と出会って、話すようになって、

4ヶ月後にプロポーズされたのですが、

 

その時、夫と仕事をしている未来が、

映像として見えたんですね。

なので、ほぼ即答で、 OKしていました。

 

ですので、出会ってご縁を得た

「家づくり」という仕事を

やり切っていこうと思っています。

私なりの形を模索しながら。

 

 

夫の病気の現在の状態は、

一般的にみてゆっくりなのか、早いのか?

わかりませんが、

(そこを調べる気にもならないし、第一そんなことを考えている暇がありません)

 

生活の基本的なことは

ほぼ自分でやっております。

 

でも良い状況の日もあるし、

いダメな日だと、

着替えすらも???なことをやっていたりする。

 

この間、

結婚してからこれまで、

わざわざ土地を買ってまでやっていた畑作りを、

 

今年はもう「しない」と

夫は言いました。

 

そんなことで、私は何かの節目を感じているのかもしれません。

 

昨日、庭の花の写真を撮ろうと

久しぶりに庭の中を歩いたら(そんな余裕すらも失っていた)

これまで通りの庭仕事ができなくなった夫の痕跡だらけで、

とっても悲しく、寂しくなりました。

 

病気であろうと、できなくなってしまうことへの

腹立たしさと、悲しさ。

これはきっと本人が一番感じていること。

 

と頭でわかっている私は、

 

自分がその気持ちになってしまうことを、

どこかで許していませんでした。

 

昨日の庭で初めて、

ふっと、ちゃんとさみしいって感んじておこう、って

自分に対して思えました。

 

そしての、今朝です。

 

 

去年の終わり頃から、

 

自分で自覚が足りなかったのですが、

実はものすごい疲労感と煮詰まった感で、

体がガチガチになったり、

勉強を再開させようと思っても焦りばかりが募って前に進まない、

ブログを書こうとしても、パソコンの前で手が止まりっぱなし・・・

 

負の感情と負の言葉を、

蓋をして、ねじ伏せまくっていたなあ・・

 

今そんなことをぼんやり思っています。

 

 

朝から、ここまで書くのに、5時間かかりました。

 

 

 

連休に特に大きなな予定を入れていないミル家、

ですが、

今日は娘が仕事がお休み。

家族で映画を観に行く予定です。

 

観に行くのは、「三月のライオン・後編」ラブラブ

 

長くなりました。

最後までお読みいただいた方へ。

ありがとうございます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。