32年前のこの日、東京で長女( ゆい )を出産しました。
20歳の時でした。



パパは21歳。



私の陣痛が微弱だったので、
病院にいるのが退屈になったらしく
お昼過ぎからパチンコに行ってそのまま家に帰ってしまったパパ。


当時は 携帯もスマホもないから連絡手段は家電のみ。

家電が繋がったのは20時頃で
「もう遅いんで、明日の朝行きます」って伝言を看護師さんから聞いて、、



おいっっ!!

15時過ぎに産まれてたんですけど〜 笑笑







微弱陣痛と逆児のせいで、彼女は仮死状態でした。


さらに、両肩と両肘が動かない、、
分娩麻痺という病名がつきました。

彼女は、総合病院に入院することになりました。





私が、初めて彼女を抱いたのは、出産から3週間ほど経過してからでした。




命があるだけでありがたい!!

腕の中で眠っている ゆいちゃんを見てると、自然とそう思えたのです。





両腕に麻痺は残っていたので
その日から週3回、治療とリハビリのための通院が始まりました。


パパの実家も 私の実家も岡山なので、
周りに頼れる人は誰もいませんでした。


電車を乗り継いでの通院は、今思えば大変だったと思います。


でも、ゆいちゃんが可愛かったんです。



いつもとってもいい子で、よく眠ってくれました。

お布団が大好きだったので、
病院の待合室でも ベビーベットに寝かせると、いい子にしてくれるのです。






1歳になる頃には
右手は動くようになりました。
左手の肘も動くようになりましたが、
左肩は今もまだ動きません。




いつもニコニコしているゆいちゃんが、
21歳の私に、愛や勇気を与えてくれました。





パパは、たまに無断外泊ってやつをしてました。
その当時、イケメンで人気者だったし、、需要があったんだから仕方ない。笑



今なら そう思えるんですが、
当時は 自分だけが被害者のような錯覚をしていました。




でも、そんな時も、私に愛と勇気を与えてくれたのは、ゆいちゃんでした。


{3B12296E-F87E-4815-9741-7C0EFA427805}


そんな ゆいちゃんが、32歳になりました。




今も、相変わらず 長女に助けてもらっています。




というのも、うちには まだ11歳の三女がいます。
長女と20歳違いです。


昨日も、私が帰るまで、三女を預かってくれたのは長女でした。

三女は、ママには内緒の相談を時々長女にしているようです。






本日、長女が元気で
32歳のお誕生日を迎えたこと、本当にありがたいです。

「ギャー!!白髪が1本生えた〜!!」と
そんなことでワーワー騒いでる彼女の姿を見てると、本当に嬉しく思うのです。




彼女が、私の娘として生まれてきてくれたことに感謝しています。



最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます!!








AD
1月15日、昨日は倉敷でスキルアップセミナーでした。



その前日、天気予報によると「日曜日は雪」だったのです。


雪が降ったら中止の予定でした。

私が雪道を運転するなんて考えられない。
なにしろ、過去に 事故で廃車にした経験、、4台ですから( ̄▽ ̄)



雪が降ったら困るわけです。




だけど、その雪を待ち望んでいた うちの子供達。

夜寝る前に、スノボのウェアを出してきて
「明日、雪だるま作ろうな」とワクワクしながら眠っているのです。





その時の私は
「雪が降っても、降らなくてもOK!」




「スキルアップセミナーは出来なくても、子供達が喜ぶんだったら、、いっか。」と思っていました。


ここまでは、ごくごく普通の考え方。





夜遅くに、インストラクターのもとこさんから
「明日 雪が降ったら、スキルアップセミナーをWEBでするのはどう?」
と提案をいただきました。


早速 試してみたんですが、、

ビジー状態で、なかなか繋がらなかったり

設定がうまく出来なくて、
画像も音声も微妙、、


これは ムリだなぁということになり、






そこからの 私ともとこさんの会話。

ちょっと普通じゃない 笑笑

「スキルアップセミナー、やっぱり倉敷でやりなさいってことだね。」と、、私。



もとこさんは
「そうだね〜。私、その気になればお天気だって変えること出来るわよ。」



「でも、うちの子供達、明日の雪を楽しみにしてるから、、雪は降って欲しいんだよね。

雪も降って欲しいし、スキルアップセミナーもやりたい。

3ステップで、両方とも仕込もう!

明日の開始時刻を1時間遅らせてもらおうか?」



「そうしよう!そうしよう!」



「じゃ 私は、スタットレス履いてる なみちゃんに 乗せてもらうようにお願いしてみる。
これで双方良し、三方良し、四方良しだね。」




「そうだ。そうだ。それで四方良しだ。
じゃ、3ステップ仕込んで安心して寝よう。」




そして、朝。
雪は天気予報通り積もっていました。

{D855696E-A751-4FCE-87C6-A05245D921DB}



子供達の嬉しそうな笑顔。

{DAA9CC8D-2231-4D4F-93AB-0284413B4941}





スキルアップセミナーも

{12E0BB9C-E26D-4A85-92A3-4E6A09DFBFE7}



美味しいお菓子と

{613DB549-8864-4ABC-8CFA-F8B8BD123A3B}


皆様の素敵な笑顔。


{3B751B1B-A936-4289-A09E-F9FB9DD76040}


両方、叶っちゃった〜!!!




おかげさまで、充実した大満足な一日を過ごすことができました。

もう感謝でいっぱいです!!



送り迎えをしてくださった、なみちゃん。

夜遅くまでお付き合いしてくださった、もとこさん。

参加してくださった皆さま。
美味しいお土産を持ってきてくださりありがとうございました!!



皆さまのおかげで 最幸の1日でした。

ありがとうございます。








AD

94 「禁断の3ステップ」

テーマ:
1月12日の「禁断の3ステップ講座」を受講させていただきました。


どんなに、この講座を楽しみにしていたか、、

朝8時に家を出て、岡山駅で待ち合わせ、新大阪には10時過ぎに到着。
講座が始まるのは13時からなのに。

気合い入ってます〜 笑




新幹線は自由席、
でも予定通り 3人横並びで最前列をゲット〜。
私の思い込み通りです。

最前列が好きなのは、iPhoneの充電したいし、テーブルがデカイから。



そんな最幸の浮かれ気分で参加させていただきました。

{1BFA2928-3321-4557-A5C2-1CE9F6E438D2}




「なるほど〜!!」と

「やっぱりそうだったんだ!!」 です。





外的要因に感情を揺らされないこと。




、、って言われても、、
、、わかっているけど、、

不安や恐怖
やっぱり感じてしまいます。






そんな時は
マインドフルネス(ミラクル)タッピング®︎と
リミットブレイク®︎で
ひたすら 外しまくる必要があると感じました。




今ある状況、環境の中で感謝することで
「今ここ」の幸せを感じること。




今の時代に生きている、平和な日本に生きている、それって凄く幸せなことなのに、、当たり前って、つい思いがちですよね。



当たり前は、「大当たりが目の前にある」



2009年に 初めてカンボジアに行った時、
ゴミ山のテントの中で暮らしている子供達や、バサックスラムや孤児院で暮らしてる子供達を見た時に、私は、日本に生まれたというだけで幸せなんだと感じました。
(感じ方はそれぞれだと思いますが、私はそう感じたのです)


彼らの前で、経済的な不満を口にすることはできないと感じました。


お金がなくても、みんな靴は持ってるし。裸足の日本人なんて見たことないです。

ゴミ山でテント張って暮らしてる家族も見たことないです。

飢え死になんて考えたことすらないですよね。



私たちは幸せです。





自己受容



毎朝、鏡の前で
「ありがとう。愛してる。」

目を見ながら丁寧にやっていると
自己受容は必ず上がります。





「在り方」を整えること

そして「引き寄せのコツは、コツコツ」だと、、



やっぱりそうだった〜!!!





ワクワクしながら 3ステップも仕込みました〜



大阪からの新幹線、自由席満席ですが、座れました。思っただけで引き寄せてます。
とってもありがたいです。


ここまでは、よくあることなんですが、、


さらに自由席、
座れた席は通路側だったので「充電できない〜」って思ってたら、お隣の方が
「よければ奥の席にどうぞ」と言ってくださり、しっかり充電もできました。



引き寄せを超える 超引き寄せ、
こうなったらいいな〜が起こりました!!!



毎日、起こっています!!




今日も 朝まで泳いでた車海老のプリプリ海老フライ、
「美味しい〜!まだ食べたいな〜!」って思ってたら

{7877F22C-0987-4682-AC4B-1C998E294EE7}



「おかわり いりますか?」って聞いてもらって

「はいっ!!」手をあげて即答!!


2匹もサービスしてくださいました(๑>◡<๑)




ただ ただ 感謝です!!


禁断の3ステップ、、素晴らしいメソッドです!

いつもありがとうございます!!








AD
今、とても尊敬している女性がいます。
私が一番憧れている女性でもあります。


彼女は、3人のお子様を持ち、
医学博士であり 現役のドクターでもあり、
英語も教えているという、、

とてもナチュラルで
明るくて、、


私のないものをたくさ〜ん持ってる
そんなハイパー素敵な女性を、
心友だと、、思っている私です(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎ 思うのは、私の自由!!!!




その彼女は
「子供は地球の宝だからね〜。そう思いながら育ててるよ〜。」



子供は地球の宝!



そんな子育てを実践されているのです。






素敵な人がやってることは

TTP

そう!
徹底的にパクる!!





ということで、、

我が家にも、宇宙からお預かりしている「地球の宝」がいます。


1学期も 2学期も 個性を発揮しまくってた三女ですが、


3学期は 何をして驚かせてくれるのでしょうか?笑


{A97ED84E-AAE9-405E-8AD9-25B7C497308F}



親として伝えたいことは、ただ
「自分らしく在りなさい」




周りに何を言われても、、
そんなノイズに振り回されることなく

三女が三女らしく在ることを 心から望んでいます。





勉強は、、
「やりたければやりなさい」



それよりも
「人と比べることなく、ありのままを受け入れなさい」



人はみんな同じではありません。
むしろ同じである必要はありません。


決められた枠に入る必要もありません。



自分もジャッジせず、
他人もジャッジしない。





人は迷惑をかけ合いながら生きているのです。
助け合いながら、頼ったり頼られたりしながら生きているのです。






「泣きたい時は泣きなさい。」

「怒りたい時は怒りなさい。」

「弱音が吐きたくなったら吐きなさい。」

歯を食いしばって頑張らなくてもいいんです。



「自分の感情に素直になりなさい。」



「自分を大切にしなさい。」

自分を大切にできる人だけが、人を大切にできるのです。




そんな生き方をしてくれればと思います。





正しい道なんてありません。
間違った道もありません。


「あなたが信じた道を、あなたの良心に従って歩んでください。」


あなたは「宇宙から与えられた 地球の宝」だからです。




最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます!

今日も素晴らしい1日をお過ごしくださいね。
90「心のブレーキ」①




ところが、、

母に感じた「寂しさ」と「悲しみ」は、潜在意識の中に残ったままだったのです。






それは、別の場面にも現れていました。

大人になっても「おひとりさま」行動がとても苦手、、という、、

1人で ご飯屋さんに入れません。

カフェにさえ入れませんでした。



ヤバっ!!




と言っても、仕事の時は仕方ないので、、

一昨年、1人で香港に滞在しなければいけないことが何度かありましたが、
そんな時は ホテルに引きこもり、外出はほとんどしませんでした。




ご飯は、近所のスーパーで買ってきてホテルの部屋で食べていました。
もしくは、何も食べません。



1人で眠る時は、(テレビは嫌いなのに) テレビつけっぱなし、電気つけっぱなしで寝ていました。






もちろん、1人暮らしなんて絶対に出来るはずがありません (⌒-⌒; )



「1人 」→「寂しい」






だから、心友の LINEでのドタキャン連絡に過剰に反応してしまったのです。


「その程度の存在」→「愛されていない」 →「寂しい」






こんなふうに、
「寂しさ」に過剰反応してしまうのでした。


そして、それが「悲しみ」や「怒り」となって現れてくるのです。




でも、8月末の その出来事のおかげで
潜在意識を洗い出すことが出来ました。





リミットブレイクマスター®︎で
母に対する「寂しさ」も「怒り」も「悲しみ」も 癒すことが出来たのです。


{40FA2D64-8F71-47F6-9C33-9636755C54DA}



それ以来、1人で寝る時も、電気もテレビも消して普通に眠れるようになりましたし、
カフェにも 1人で入れるようになりました。






そして、最近では
母に「ありがとう」と、、

やっと その言葉を口に出して言えるようになりました。






母は、今も相変わらず、世間体を気にしながら過ごしています。

76年もそのスタンスで生きてきたので、変わらないかもしれません。

でも、それはそれでいいんです。


それは、母が母の人生で選択していることなので、そこに 正解も間違いもありません。







今年、生まれて初めて 母と2人で年を越しました。

そして、1月1日は、私はコタツに入ったまま何もせず、至れり尽くせりの元旦を過ごさせてもらったのです。

{07EBC44F-54B0-41C0-B627-6C1EC172D718}





先日の母の誕生日には、
母に心から感謝が出来ました。


「産んでくれてありがとう。育ててくれてありがとう。」


「お誕生日、おめでとう。元気でいてくれてありがとう。」





最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます!