飯島さん

テーマ:
3年ぶりの更新です。
今日は、どうしても書かなくては、と思いました。
それは、このブログでも何度も掲載してきた
『勝手にしやがれ』というバンドのこと。


大好きな 飯島誓さん がバンドを脱退した、と発表されました。


脱退に至った経緯というのが公式の発表を読んでも不明瞭で、
ファン友達との間でもただただ、心配が募るばかり。


私自身、去年の9月以来ライブには足を運んでいなかったのですが
それでも私にとって 勝手にしやがれ というバンドは
なくてはならないバンドという存在に変わりなく、
もちろん、飯島さんも、勝手にはなくてはならない存在です。


飯島さんに会いたいです。
飯島さんの言葉を聞きたいです。


どうしたらこのもどかしい気持ちを飯島さんに
伝えられるだろう、と考えて久しぶりに更新をしました。
読んでもらえるなんて、おこがましい考えかもしれないれど。でも。


また飯島さんに会えますように。
AD

冬に似合う♡

テーマ:
$小さなお茶会-7


11/20

@NINESPICES

prantron
宮本一粋
ポポルカ
perfect at last
YOHKO

【set list】
1. in the deepsea
2. toyland
3. Sweeten the land
4. roundscape


先日、久しぶりにprantron見てきました☆
新曲がちょっとクリスマスっぽい雰囲気で
ほっこりー。
冬似合うなぁ、prantron


$小さなお茶会-1

$小さなお茶会-2

$小さなお茶会-4


$小さなお茶会-6

$小さなお茶会-3

$小さなお茶会-8

$小さなお茶会-5


新曲がぞくぞく☆
早く新しいアルバムほしーなー
AD

銚子に漁港がキタ。

テーマ:
$小さなお茶会-3


11月11日、地元銚子市に漁港が来ました。
それもライブハウスじゃなくて港に!
母と兄を連れて乗船してきました☆


すっかり漁業関係では名の広まった漁港さん、
これまで鹿児島の枕崎港をはじめ、
数々の港祭りの催しに出港してたんですがっ。

まだ千葉県内の港まつりって
およばれされたことがなかったそうなのです。

やっっっっと呼ばれた銚子港。
船長も一つの夢が叶った、と
とってもよろこばれてました☆
私もうれしい!


$小さなお茶会-1

$小さなお茶会-2

奥のステージで船長がさばき、
手前でも市場の方がさばいております。
んで、写ってないけど、この両脇でもさばいてました。
4体同時にマグロ解体!
こんな光景、二度と見られないかも。。。
迫力でした!


$小さなお茶会-4

とっても久しぶりの乗船、楽しかった♪



$小さなお茶会-さしみ

この日は『まぐろ祭り』。
無料サービスで3切れのマグロをいただきました。
ビンチョウとカジキと…なんだっけ。
全部おいしかった~。


おまけ。WAON買いました。
銚子といえば犬吠埼。

$小さなお茶会-waon

全国のご当地WAONの中でも
やっぱり犬吠WAONがピカイチなデザインだと思う。
近所にイオンないけど、
最寄りスーパーとミニストップで使えるからべんりー。


AD

夏。

テーマ:
富士山日記に2か月もかけてしまい、
すっかり秋になってしまいました。

今年の夏の1番の思い出と言えば
やっぱり富士山登頂なんだけど
ほかにも楽しい思い出がいろいろあるので
ダイジェスト版で。


$小さなお茶会-motsu

8/17
誕生日。
久しぶりに蟻月のもつ鍋を堪能!
おいしかったーーーー☆


$小さなお茶会-osamu

8/18~19
誕生日の翌日から名古屋へ。
渡辺おさむ氏の初、美術館での個展☆
本人含む、5人でアート&食い倒れツアー。


$小さなお茶会-spa

あんかけスパで有名なヨコイへ。
正直あんまり期待してなかったんだけど
おいしかった!レトルトをお土産に買えばよかったー


$小さなお茶会-hitsuma

夕飯は○やのひつまぶし。
表面がちょっぴりカリっと焦がしてあるのが特徴。
地元の方のおすすめだけあって美味でした☆


$小さなお茶会-mountain

翌朝は車で『マウンテン』へ。
名古屋グルメといえば、ここは外せないってことで
甘口メロンスパゲッティ!
見たまんまです。強烈だった。

アートツアーはこちら

清須市はるひ美術館 『渡辺おさむ 個展』、
松坂屋美術館 『魔法の美術館』
豊田市美術館 『カルペ・ディエム 花として今日と生きる 展』


$小さなお茶会-kingyo1

8/25
室町コレドへ『アートアクアリウム展』へ。
美しい金魚さんを堪能~☆


$小さなお茶会-kingyo2

泳ぐアート。


$小さなお茶会-sugi

9/9
下北でフリマ。恒例の似顔絵屋。
見本用にスギちゃんを描いてみました。
効果てきめん?過去最高の売上でした。


$小さなお茶会-1

9/16
氣志團万博。
これも最高の思い出☆
キョンキョン見ちゃったし
ももクロちゃんにもやっと会えたし
氣志團はもちろん楽しかったし
マッチまで見てしまった!
ありがとう、氣志團ちゃん!
千葉の誇りです。

花火も見れたしね、
夏のしめくくりにふさわしいフェスでした☆


富士登山日記 4

テーマ:
富士山の頂上を満喫し、下山スタート。


須走、歩きやすい!
前日雨が降ったおかげでほどよく
地面が湿っていて、砂埃が立たなかったのです。

(ふだんならマスクは必至)

でも4年前、下山中に調子に乗って
ペースを上げたら高山病が再発したのを思い出し
慎重にゆっくり、を心がけました。

頂上ではしゃいでパワーダウンした
女子2人は、さらにパワーダウン、
遅れてきた高山病でかなりグロッキーに。


下りも、油断は禁物なのです…!


ま、そんな私は高山病は免れたものの
ポーチのファスナーが空きっぱなしで
携帯を2度も落として
そのつど友人に拾ってもらったわけですが。。。

(たすけあいって大事ですね。。。)

ちなみに下山中に後悔したことと言えば、
サングラスを忘れたこと。
天気予報で、すっかり雨かくもりだろうと
たかをくくって持っていかなかったわけです。

そしたら、ひたすらまぶしい。。。

それはそれは美しい絶景だというのに
太陽を背にしても青空がまぶしくって。
だいぶ紫外線浴びただろうなぁー。


さて、3時間ほど経った頃かでしょうか。
苦しい下山も、ようやく終盤に。


$小さなお茶会-5


振り返ったうしろにそびえ立つ
富士山が大きい。。。

うわーー、

さっきまであんな高いとこにいたのかーーー


って、もう一度感動。
(↑そこでもまだ標高2,000m以上だけどね)


午後18時30分。
ようやく須走5合目到着。
バスに乗って御殿場駅へ。

さ、みんなで温泉施設に寄って
汗を流そう~!

なんて盛り上がっていたわけですが。

なんと私。

昨夜泊まった山小屋に
家のカギを忘れていたことが発覚!


1階の大家さんに開けてもらうため、
遅くなるわけにはいかないので
温泉はあきらめることに。

と、そんなとき
仲間の一人の男子が急にグロッキーに!?

終始よゆーを見せていたはずの彼は
さらに遅くなってやってきた高山病?
(しかも次の日仕事だという…)

そんなこんなで全員温泉はあきらめ、
家路を急ぐこととなりました。


ほんとにねー、

家に帰るまでが登山

ってやつですね。

やっぱ富士山て強者。です。


(そしてこのあと5日くらい
 激しい筋肉痛におそわれるしね)


それでもまた登りたい富士山。

次は富士宮口からかな。

富士登山日記 3

テーマ:
$小さなお茶会-1


間が空いてしまいましたが、
富士山日記のつづき。



ついにたどり着いた

念願の、あこがれの、恋い焦がれた頂上。



記念写真をし、
久須志神社でお参りをし、

私の最大の目的。

頂上郵便局へ!

と言っても、須走&吉田口の頂上から
郵便局までは徒歩20~30分ほどかかります。
いわゆる『お鉢巡り』というやつ。
その1/3くらいの距離です。


$小さなお茶会

(お鉢 でっかい穴があいてて、もくもくしてます)


頂上に着いてしまうと気がゆるんで
ついつい浮かれがちなんですが
これからがまたきついのです。

(実際、頂上に着いてから
 嘔吐している登山者を2名ほど見かけました…)

で、例にもれずわれわれの仲間内でも
ついはしゃいでしまった女子2名が
急にパワーダウン。。。

ゆっくり、ゆっくり、休憩をはさみつつ


$小さなお茶会-2


なんとか郵便局に到着☆
すると、頂上郵便局には
なにやらステキなアイテムが用意されていたのです。

じゃん。

$小さなお茶会-3

登山証明書と富士山登頂記録(クリアファイル付)
セットで500円です。
すでに富士山切手も貼ってあるという親切さ☆

感無量!


心満たされたところでお昼ごはん。
自分へのごほうびに持参したフィナンシェが
沁みました。。。


で、これでおしまい、

ならいいんだけど。


おりなくちゃ。いけないわけで。


どのルートから降りるか迷ったけれど、
やはり須走ルートが負担が軽いだろうと判断し、
また来た道を戻ることに。

$小さなお茶会-4

↑絶景!
帰りのお鉢めぐりは特にみんな
テンションが低かったけれど、
お天気が味方してくれました。


で、下りスタート。



つづく。

富士登山日記 2

テーマ:
雨の予報を見事打ち破って、
雨上がりの道を登山開始。
仲間の1人がやや高山病気味だったものの
ゆっくりとスタート。

真っ暗闇の中、歩き出した思ったら
数分で私のヘッドライトの電池切れ~。
4年前からそのままだったしね。。。
すかさず予備の電池をセット!よしよし。

眼下には御殿場や富士五湖まわりの
夜景がキラキラ。

そんな私も高山病までとはいかないけれど
もともと朝が弱い質でして、
高山病の子と「うえ~~」と言いながら
ひたすら暗闇をこつこつと。

もうすぐ7合目、廃屋のあたりで
ようやく空が白んできました。


雲が厚かったので、6時くらいにご来光~。

$小さなお茶会-ご来光

頂上じゃなくても標高は2,800m。
絶景でした。


$小さなお茶会-よあけ


美しい御来光に元気チャージ☆
さらに上を目指します。

頂上が近づくにつれ、高山病の子も元気を
とりもどしていきました。
お天気がすっごくいいから、後ろを振り返るたびに
パチリ。パチリ。
絶景にため息ばかり。

$小さなお茶会-くも

雲が大きい。近い。ものすごく。
(ちっちゃく写ってる人物と比較してみて)

天国にいるみたいな。
夢の中にいるみたいな。
空を飛んでるわけじゃなくて、
自分の足でその空間を歩いてるってことに
ただただ感動。
富士山ならではの体験だと思う。

空気うすいし、正直きっついんだけどー
苦しいんだけどーーー

それでも、来てよかったーって
思いながら歩いてました。

途中突然、雨雲に囲まれたり、
一瞬で晴れたり、くもったり。
暑かったり寒かったり。

そんな中、冷え性の私にぴったりだったのが
ユニクロのヒートテック。
Tシャツの下に着てたんだけど、
これのお陰であんまり着脱せずにすみました。
保温性・速乾性の下着も快適だったし
ちょっと冷え性の女子は、こういう下着類も
準備してあると安心ですよ☆

$小さなお茶会-もうすぐ

さてさて、頂上は見えているのに
なかなか進まない8合目以降。。。

吉田口と合流し、にぎわいつつも
さらにきつい9合目。。。

呼吸がひたすらつらいので
休憩のたびに酸素タブレットをボリボリ。
常に深呼吸。

あと30歩くらいで頂上ってとこでも
「もうやだー!無理ー!」って
のどまで出かかり。。。

やっと。

やっと。

やっと頂上ーーーー。。。。



時刻はお昼なり。


富士登山日記 1

テーマ:
$小さなお茶会


今回は須走口からのスタート。

東京から御殿場駅に集合し、
バスに1時間ほど乗りまして
13時くらいに5合目に到着。

まずは薄い空気に慣れるため、茶屋で一息。

しいたけ茶を飲んだり
こけももジュースを飲んだり
頂上郵便局で手紙を出すために
絵はがきを買って、あらかじめ住所を記入したり。

ラジオ体操して14時すぎに登山開始!


須走口の良いところは
吉田口ほど混雑していないのと、
自然の中を楽しめるところ。

木のトンネルをくぐりながら歩いたり
高山植物のかわいいお花にふれたり。。。


$小さなお茶会

$小さなお茶会

と、登山開始から1時間くらいのところで
雨がぽつぽつ。

もともと雨の予報で前日まで
中止にするか否か仲間と相談していたのですが。。。

雨具を着て、とりあえず
宿泊予定の山小屋を目指しました。
若干カミナリもゴロゴロ。
思い出す、恐怖の4年前の富士登山。。。


しかし今回は!

宿泊は6合目。
1日目は2時間半ほどの道のり。
日が暮れる前に山小屋、長田山荘にたどり着きました。

一息ついて、17時半には夕食~♪
メニューはいろいろあったのですが
(カレー、牛丼、親子丼、すき焼丼etc…)
カレーにするとおかわり自由と
いうことだったので全員カレー☆

レトルトじゃなくて、ちゃんと手作り
だったことに感動!
もちろんおかわりしました。
ポテサラもおいしかったー。

$小さなお茶会-カレー


そんな中、外はどしゃぶり。
やんでくれることを祈りつつ、19時前には就寝。
ふだんこんな時間に寝ないから
つい途中起きてしまったけれど
そんな時持参した耳栓が役立ちました☆

4年前は寝てる間に呼吸が浅くなって
深夜に高山病になってしまったのですが…
今回は熟睡さえでできなかったけれど
なんとか睡眠はとることができました。

繁忙期の割には寝返りがうてるほどの
スペースはとれたし、
6合目の山小屋は
穴場かもしれません☆


さて、午前2時起床。
登山2日めに突入~。
8月11、12日で富士登山リベンジに
挑戦してきました。

$小さなお茶会-1


ついに、

ついにてっぺんをとらえました!



去年は天候に恵まれず中止、
4年前の挑戦も天候には恵まれなかったけれど
3500m付近までは到達しました。

この4年前の体験が、とても役に立ちました。
ブログに書き残しておいてよかった!
出発前に読んでおいたおかげで
登頂できたと言っても過言ではありません。


キーワードは『寒さ』と『高山病』対策かな。
この2つを乗り切れば、登頂成功率は
ぐっと上がると思います。
ご参考までに↓


<持ち物>

●雨具(ゴアテックスの上下)
●フリース
●ダウンジャケット(意外にも使用せず)
●機能付のスパッツ
●ゲーター
●保温機能付の下着(パンツ)
●速乾機能付の下着(ブラ)
●レッグウォーマー
●速乾機能付のTシャツ
●ストック(ブラックダイアモンドの☆)
●酸素タブレット
●水とスポーツドリンク500mlずつ
●ヘッドライト(予備乾電池も)
●手袋(防水機能付)
●帽子
●タオル
●耳栓
●行動食
(チーズ、おかき、クエン酸入りの飴、
 梅シート、一口ゼリー)
●頂上用のごほうびおやつ
(どら焼き、フィナンシェ)


いま欲しいのはチューブ付の袋水筒!
これあったらもっと快適だったな。


つづく。

3代目iMac

テーマ:
iMac 買いました。
私にとって、3代目。


<before>
$小さなお茶会-before


<after>
$小さなお茶会-after


前回のは6年前に購入。
こつこつ貯めたおこづかいをはたいて
やっと買ったiMacだったんですけどね。

あっという間の6年で無用の長物と
なりつつあります。悲しい。

まずiPhone同期できないし。
ネットのブラウザもバージョンアップできないし。
(最近不具合多発)
アドビのソフトもアップグレードできないし。

↑3つとも致命的。
特にアドビのソフトのアップグレードについては
期限が迫っているのでもう限界。


個人的には白BODYが気に入ってたんだけどなぁー。
そんなわけで、今はぴかぴかのiMacさんだけど
また5~6年でただの箱になってしまうと考えると
もう安いのでいいやー。と
一番お手ごろ仕様のモノを購入しました。

以前ほどわくわく感の少ないお買い物ではありますが、
今回の目玉はマジックトラックパッド。
板だけなの。
ちょっと楽しいです。

$小さなお茶会-pad