面白いドラマ

新聞の新ドラマの紹介コラムの中で

一番おすすめだ!っていうのがあって。


それが深夜にやるMBS、TBSドラマ「光のお父さん」。



4月新ドラマいろいろあるけどどれもまだピンと来なくて。

(亀ちゃん、中丸くんのドラマもあたし好みではなく・・・

ごめんね)


だけど・・・


千葉雄大くんのこのドラマは斬新でおもしろい!!!






内容は・・・


僕のお父さんは、「齢60を超える光の戦士だ。」

 稲葉光生(千葉雄大)はある日、父・博太郎(大杉漣)に

『ファイナルファンタジーXIV』をプレゼントする。


他のプレイヤーと協力して戦い

冒険の感動を共有する「FF14」で、父という人間の

本当の姿を見てみたい—。


冒険を通して深まる親子の交流、よみがえる父との思い出。

そして明かされる、父の「秘密」とは!?

光生が父に正体を明かすときは来るのか!?  


・・・というお話です。



ゲームの映像とドラマの映像が合体してて

すごくリアルで、見てるあたしも引き込まれます。


おとうさん役の大杉漣さんが操作してるのはインディ。

大杉さんに似てるの。

しかもかっこよくなって(笑)

娘と一緒に見たんですが、娘もめっちゃ反応してましたよ。

ゲームしてる娘にはツボなんだろね。



DSC_0401.JPG


上田くんがこのファイナルファンタジーの世界観が大好きって

言ってたし、新作欲しいって言ってた。

だからどんなドラマになってるんだろ???ってすごく興味が

あって。


「へぇ~~~~こうゆう映像なんだ!」って。


日曜日の夜中1:00過ぎにしてるので録画でしか見れないけど

なんか楽しみが一つ増えました!


しかも、主題歌/オープニングテーマは

GLAYの「the other end of the globe」


そっか~これだったのか。


友達がGLAYのデビューからのファンで

主題曲歌うって聞いてたからね~








子どもの頃の夏の昼下がり、フローリングの床をぐるぐるまわる遊びをしていた光生(石塚獅桜)は、父・博太郎(大杉漣)に連れられゲーム機と「ファイナルファンタジーIII」のソフトを買ってもらう。それは光生にとって、数少ない父に遊んでもらった貴重な体験だった。 時は移り、成人して事務機の営業マンとして働く光生(千葉雄大)のもとに、母(石野真子)から電話が入る。仕事一筋であった父が突然会社を辞めたという知らせであった。母はちょっと早い定年と受け止め気にする様子もない。同僚の袴田(袴田吉彦)との何気ない会話に、光生は自分が父のことを何も知らないことを実感する。そこで、オンラインゲーム「ファイナルファンタジーXIV」のプレイヤーである光生は、父をゲームの世界に誘い、自らの正体を隠して父と共にプレイすることを思いつく。

稲葉光生(あきお)…千葉雄大 稲葉博太郎(ひろたろう)…大杉漣 正田陽子…馬場ふみか 袴田貴弘…袴田吉彦 大野 肇…長谷川初範 稲葉貴美子…石野真子 ほか 【声の出演】 (マイディー)南條愛乃 (あるちゃん)寿美菜子 (きりんちゃん)悠木碧

【原作】マイディー 【監督】野口照夫 【エオルゼアユニット監督】山本清史 【脚本】吹原幸太  

◇番組HP http://www.mbs.jp/hikarinootosan/
◇ツイッター  https://twitter.com/ff14_dol @ff14_dol
#光のお父さん #FF14 #千葉雄大 #大杉漣 #一撃確殺SS日記 #実写化

【主題歌/オープニングテーマ】 GLAY「the other end of the globe」(LSG) 【エンディングテーマ】 SILENT SIREN「AKANE」(EMI Records / UNIVERSAL MUSIC LLC)
【挿入歌】 meg「Jacarandaの花のように」(Gambit



AD