天津駅へようこそ
天津駅

ここで、日記に何度も登場してもらってる「天津さん」(仮称)と待ち合わせ。改札前で無事に合流しました。さらに、フロンターレサポのmasakoさんとも待ち合わせをしていたのですが、駅が予想外に大きくて困った。待ち合わせ場所っぽいところで周りを見渡してもフロンターレサポの影も見当たらない。どうしよう。

しばらく待ってみたものの会えそうに無いから諦めて行こうとしたその時、駅の上にいたmasakoさんが見つけてくれました。良かった。

まずは私の希望でCDショップへタクシーで直行(笑)。ここで艾敬、フェイ・ウォンなどの中国人歌手のCDを買い込み、ついでに宇多田ヒカルを2枚購入。総計7枚。でも1枚30元くらいなので、これだけ買っても5,000円はしないのです。天津さんに「日本では1枚3,000円くらいするんですよ」って教えたら「クレイジーだ」って言ってました。私もそう思います。


ここでちょっと早めのお昼ご飯。「天津三絶」の一つ、「狗不理」っていうお店です。CDショップの斜め前にありました。
狗不理

要は肉まんですね。
肉まん

中国旅行と言えば、昼からビール(違)
ビール

ここで持参した手土産を天津さんにプレゼント。私は日記にも書いたタオルマフラー2本。masakoさんは昔のレプリカユニフォーム(背番号10/ジュニーニョのサイン入り)に憲剛フォトタオルマフラーとかトレカ。これら全てがクラブのオフィシャルグッズだと言うことに、ひどく感心していました。泰達は、何もグッズを作っていないというのです。重要な収入源になると思うんだけどなぁ。お国の違いで事情も違うのだろうか。

それと引き換えではないですが、この日の試合チケットを貰いました。曰く2階の席だとか。
チケット
事前に流されていた情報では「日本人席は4階、中国人とは完全隔離」みたいに言われていたのでちょっと不安に。

狗不理を出て次に向かったのは「古文化街」。
古文化街
なかなか素晴らしい街並みでした。

ここでも「天津三絶」の一つである「麻花」を購入。
麻花の店

100gで10元だったかな?
麻花

古文化街を堪能したあとは、一転してビジネス街へ。そこにあったマクドで一休み。川崎のクラブのこと、物価のこと、いろんな話を1時間近くしていたでしょうか。

ここでmasakoさんはセリエのツアーに合流するため、いったん解散しました。


私と天津さんは天津軽軌交通というワンマン電車に乗ってスタジアムへ向かいます。

天津軽軌交通のチケット。どうみても使い回しでした。エコの観点からすれば良いのかも。
ICカード

天津軽軌交通
天津軽軌交通

スタジアムにそのまま行くのかと思ったら、一つ手前の駅で降りて「晩御飯を食べる」とか。

このお店。
お店

「辛いのは大丈夫ですか?」と聞かれました。「大丈夫ですよ」と言ったのですが・・・・。

まあ、何はともあれ、とりあえずビール(笑)
メニュー

牛肉を揚げたもの?
ご飯01

マーボー豆腐。
麻婆豆腐

まぁ、辛い辛い。半端無く辛い。天津さんが気遣ってくれて全然辛くない料理も頼んでくれましたが・・・

きのことチンゲン菜の炒め物?
ご飯02

2人で食うには多すぎです、はい。余った料理は天津さんがお持ち帰りしました。


飯を食い終わっていよいよスタジアムに向かいます。この時点で18時15分くらいでした。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

なんだこいつ。最初から最後まで食ってるだけじゃねーか(笑)

まずは会ったこともない現地の人と合流できた奇跡。空港の到着ロビーで良く見る名前を書いたボードを掲げて待っててくれました。恥ずかしい。

良かったね、おんなじような名字の人がいなくて(笑)

天津三絶っていうのは天津で有名な3つの食べ物の総称らしく、日本で知り合いが教えてくれたのであらかじめ「これ何?」って聞いていたら連れてってくれたのでした。狗不理も麻花も美味しかったです。いや、真面目に。

天津の文化
http://tj.explore.ne.jp/kiso/culture.php

ただ、まさかここからずっと食べ続けることになるとは思っていませんでした…。


道中の会話は、天津さんが日本語全く駄目なので、私のつたない中国語とまったくアテにならない英語で頑張りました。もしかしたらオーストラリアに行った時より英語を使ったかもしれない(笑)

ちなみに天津さんは英語ペラペラでした。つらい。

マクドで一休みしてる時にした会話が、すごく楽しかったです。生まれた国からして違うのですから、当然育って来た文化が全く違うので考え方も違う…かと思ったら、天津さんはあんまり中国人っぽくなかったな。学歴的なことは聞かなかったけど、頭がとても切れる人。自分の知らない国のことをたくさん知りたいっていう欲求がにじみ出ていました。


そういやそのマクドに行く時、「マクドナルドでいい?」って英語で聞かれたのに、何か勢いで「無問題(もーまんたい)!」って言っちゃったんですよね。そしたら天津さんがものすごいびっくりした顔をして「お前、広東語が話せるのか!」って。


私「Sorry, I understand 広东语 only one word.」

「「無問題!哈哈哈哈哈哈!!!!!!」」


何が面白かったんだ、あれ(笑)
AD