統一地方選挙

テーマ:
珍しく、こういうことを書きます。いつ以来だろう?と思って検索してみたけど、あれ?こっちでは書いてない??まあいいか。たまには。

今回の震災をきっかけとしたいろいろな報道、Twitterにおけるデマだか本当だか分からない噂の拡散を見ていろいろリツイートしたり呟いたり書き込みなんかをしていたら、某巨大掲示板で「民主党信者」認定されたwithSupportersですこんばんわw。

先に断っておきますけど、私は少なくとも「信者」ではありません。残念ながら。て言うか、開いた口が塞がらんわ(笑)

で。まもなく統一地方選挙がやってきます。地震の被害が大きかった地域では延期されるようですが、多くの都道府県・市区町村では来る4月10日に投票日を迎えます。

皆さん、投票には絶対に行きましょう。

国政と地方の違いはあれど、今回の一件で政治に対して応援、不満などいろいろ思うところはあるでしょう。その思いを、投票用紙に込めて下さい。

民主党、もっと頑張れ。そう思ったらそれを書きましょう。
いや、自民党じゃないと駄目だ。そう思ったらそれを書きましょう。
民主党も自民党も信用ならん。そう思ったらそれを書きましょう。
どの政党も政治を託すに足らない!そう思ったら白票でも良いです。

とにかく、投票しましょう。棄権だけは本当に辞めてください。
白票と棄権は全く意味が違います。

白票は上にも書いたとおり「どの候補者も託すに足らない」という意思表示です。しかし棄権は「決まったことに従います」という権利放棄でしかありません。
テレビの街頭インタビューなどで政治、政党に対する不満などを聞くことがありますが、最近の投票率を見るに「本当にこの人たちは選挙に行った上で不満を述べているのだろうか」と疑問に思うことが多々あります。政治、政党のやり方に口を出せるのは投票に行った人だけです。

選挙には「法定得票」と言うのがあって、それは有効得票総数をもって計算されているわけですが、残念ながらそこには白票は入っていません。

法定得票(Wikipedia)

個人的には白票も有効投票数に数えた上で、法定得票を"有効投票数を分母にした計算"にしてもらいたいと思っています。
ついでに言うと投票率も一定数以上、出来るだけ高い設定で届かなかった時は再選挙になるようにして欲しいです。地方選挙はなかなか投票率が伸びないのが悲しくて仕方ありません。自分たちが住んでいる国や地域のことを思えば、もっと伸びても良いと思うのですけど。

もう一度言います。白票でも良いです。投票に行きましょう。4月10日に投票出来ない人は、期日前投票をしてください。投票率が上がれば、本当の民意が見えて来るはずです。その上で、例えば白票が投票数の半分にも達するような勢いになれば、それが民意です。この国には託すに足りる政党、候補者がいないということが民意です。
支持する政党、支持しない政党をお持ちの方は心配はしていません。どうぞその意思に沿って投票をなさってください。

私は「○○党を支持します。みなさんも○○党に入れてください」とは、口が裂けても言いません。これは選挙権を持った人が、各人の意思で決めることです。お父さんが入れてるから、お母さんが入れてるから、夫に頼まれたから、奥さんに頼まれたから、会社から頼まれたから。そういう決め方も好きではありません。なぜならそこにはあなたの意思が入っていないから。

ちなみにこれは私の両親から受けた教育方針でもあります。なので私は両親がどの政党に、どの候補者に入れていたのかは全く知りません。おそらく、父と母では入れてる先が違うと思われます(本人たちもそこは認めていた)。でも、それってごくごく当たり前のことだと思うのです。同じ投票先だったとしたら、それはきっと偶然でしょう。


選挙は本当に大切なものです。選挙権は成人した国民に平等に与えられた権利ですが、私個人的には「成人した国民の義務」だと思っています。国の行く末を憂うならば、なおさらです。

私はこのエントリを読んでくださった方々の投票率が100%になることを祈っています。
AD