勝てない。

2007 Jリーグ ディビジョン 1 第16節 会場:等々力陸上競技場
広島 1-1 川崎

【得点】
12分[川]ジュニーニョ 
41分[広]ウェズレイ


ジュニーニョのヘッドなんて珍しいものが飛び出したというのに。勝ちきれないなぁ・・・・・と思っていたら。

----------

2007 Jリーグ ディビジョン 1 第17節 会場:等々力陸上競技場
川崎 2-3 磐田

【得点】
03分[磐]前田 遼一
20分[川]ジュニーニョ
48分[磐]成岡 翔
53分[磐]前田 遼一
58分[川]中村 憲剛


前後半各4分以内に失点。先制点なんて、磐田のCKをヒロキがクリア!かと思ったらほぼ真下に落として、前田にラストパス状態。なにやっとんねん。ちなみにそのCKも、佐原がクリアミスしたボールを豪快にシュートされて、それを川島がなんとか弾いて与えてしまったもの。川島にどんだけ負担を掛ければ済むのかと。

3失点目は、川崎のCKを佐原がヘッドで押し込もうとしたらポストに嫌われ、地面を叩いて悔しがってる間にカウンターで攻め込まれて失点っていう、まるで漫画を見ているような状態。今日の後ろ3枚は採点したらみんな5点以下じゃ。



勝てない中でも無理やりポジネタを探して見ると。

・ケンゴが直接FKを決めた。
初めて見ましたよ。代表や各メディアでも「FKの名手」みたいな扱いをされていましたが、とんでもありません。誰かの頭に合わせて入ったとか、クロスバーに当たった跳ね返りを誰かが押し込んだとか、そういうのはあったけど直接蹴りこんだのは初めて見ました。いやぁ、川口が一歩も動けなかったのはちょっと爽快。

・久木野が頑張った
ユースケのカレー券収集癖が直らず、今節は出場停止。で、2年目のFW久木野が右サイドでリーグ戦初先発。ここまで何度か途中出場は果たしていたので今日も出るかな、とは思っていましたが、まさか先発で来るとは。しかも充分に通用していたどころか、なんども決定的な場面を作り出していた!チーム状態が悪い中、久々にワクワクする選手に出会えましたよ。
ロスタイムにケンゴからパスを受けたものの、ダッシュした瞬間に足を攣ってしまったようで縺れてその場に倒れこんでしまい、試合終了まで動けませんでした。最後は立ち上がることもできず担架で運び出されていましたが、その担架の上で泣いていたように見えたのは私だけかな?よっぽど最後のアレが悔しかったんだろうと。確かに抜けてればいいチャンスになったかもしれない。でも、今日負けたのはクッキーのせいじゃない。むしろ君はとてつもなく頑張って、ユースケの穴を埋めて余りある仕事をしていたよ。頑張れ、期待しているよ。




あ、ちなみに質問なんですが、ホームチームの選手紹介時にも選手コールをやめないのが磐田流なんですかね?って、自チームの選手紹介の時にも延々と関係ない選手のコールをしていたから、もしかしたら選手紹介で声援を贈るって言う文化が無いのかもしれませんが。
AD