田中幸雄

テーマ:
誰?って言わないで(笑)
2000本安打まであと27本なんだから。


今、テレビで日ハムvs巨人を見てます。
この前、札幌ドームに行った時も思ったんですけど、
田中幸雄は「田中雄」って書いてくれないと、なんかイメージ沸かない(笑)

私がパ・リーグの野球に興味を持って見始めたのは、中学2年生の頃。
その頃から田中雄さんは日ハムで活躍されておりました。
今調べたら'85年オフのドラフトで高卒入団し、'86から1軍で出場。
てことは、私が初めて見た時はまだ2年目くらいだったのか。

当時、日ハムには田中姓の選手が4人いました。

田中幸雄
田中幸雄
田中富雄
田中学

上の二つ、間違いじゃありません。同姓同名だったんです。
一人はピッチャー、一人は内野手。
仕方が無いのでピッチャーの田中幸雄を「田中幸」、内野手の田中幸雄を「田中雄」って表記していたんです。

ちなみに、内野手の田中幸雄選手のニックネームは「コユキ」。
由来は「小さい方の田中幸雄」→「小幸」ってことなんですが、
名鑑などを見ていただければわかるとおり、身長は184cm。
184cmで小さいって、ピッチャーの田中幸雄はどんだけでかかったのか(笑)


というわけで(どういうわけで?)、代打家業が続いていますが、
なんとか今年中に2000本安打達成を!





余談1:
上記の通り、日ハムにはなぜか伝統的に田中姓の選手が多いのです。
現在も「田中幸」と表記されていることからわかるとおり、田中賢介という選手がおります。
先週見た試合では、田中幸選手が珍しくファーストで先発(当て馬からの初回交代でしたが)、そして2塁の先発に田中賢選手という「田中1-2塁間」を見ることが出来ました(笑)


余談2:
上記の通り、日ハムにはなぜか伝統的に田中姓の選手が多いのです。
昔、ピッチャーの幸雄選手、富男選手、学選手が次々と移籍、引退してしまい、
「すわっ!ついに田中王国崩壊か!?」と思われたのですが、
どういうわけか大内という選手が改姓して「田中」を名乗ったなんてこともありました(笑)
AD