ワールドミリタリーウォッチショップのブログを

ご覧くださり有難うございますおねがい

 

 

本日は多機能化多様化が進むミリタリー時計

についてご紹介させて頂きます!!

 

 

1990年代に入ると中東情勢が悪化し

第一次湾岸戦争が勃発します。

 

ミリタリー時計は成熟期を通り過ぎ

多様化の時代を迎えたのです。

 

 

この頃になると一般の市場には

時間を正確に知るだけではなく

ストップウォッチやカレンダー機能

各種アラーム機能などまで付いた

高機能デジタル時計が溢れていました。

 

 

湾岸戦争当時もアメリカにはミルスペックは存在しており

制式採用されているミリタリー時計もありました。

 

しかし絶対に制式採用されているミリタリー時計を

使わなくてはいけない訳ではありませんでした。

 

どの時計を使うかは兵士たちの

裁量に任せられていたのです。

 

 

砂漠で過酷な任務をこなす兵士達が

使用している時計として一躍有名になったのが

カシオのGショックです。

 

タフで正確な機能性に加へ価格も安価だった為に

多くの兵士達がGショックを愛用していました。

 

それを日本のメディアが採り上げた事がきっかけで

国内で一大ムーブメントが起きたのです。

 

 

腕時計自体の性能を心配する必要がなくなってきた近年

戦場という緊迫した状況の中で正確な判断を下す為には

急に支給された制式採用時計を使うよりも

普段使い慣れた腕時計の方が良い事は間違いありません。

 

 

一般的な腕時計の進化と共に近年では制式時計にも

様々な機能がプラスされる様になってきました。

 

一例として挙げるとMTMです。

 

MTMの最大の特徴はダイアルにLEDライトを

埋め込む事により強力な光源として利用できる

様になっている事です。

 

暗所では足元を照らすライトにも使え

緊急時にはモールス信号としても使えるのです。

 

もちろん暗所での視認性は今までの

ミリタリー時計とは比較にならないほど

高い性能を誇っています。

 

 

誕生から100年あまりを経て

なお進化を続けるミリタリー時計達は

ミリタリー時計好きを魅了し続けています。

 

 

 

お問い合わせはこちら→お問い合わせ

 

ショップはこちら→ミリタリーウォッチ通販店舗 ワールドミリタリーウォッチショップ

 

 

AD