ライブドア(現LDH)の粉飾決算事件で、会社に損害を与えたとして元株主が堀江貴文元社長(37)らに損害賠償を求めた訴訟で、堀江元社長が供託金を支払ったため、東京地裁が差し押さえていた資産の競売が中止になったことが1日、関係者の話で分かった。
 原告側によると、元株主の男性6人が、一審東京地裁で認められた賠償約822万円について仮執行を申し立てたことを受け、地裁は先月10日、堀江元社長の東京都港区六本木の自宅から、65インチテレビやシアターシステム、ゴルフバッグなど計33万5000円相当を差し押さえていた。 

【関連ニュース】
LDH、旧経営陣と和解=賠償訴訟終結
日本IBMが循環取引関与=ニイウスコー粉飾
堀江被告の資産差し押え=テレビなど、元株主申し立て
日本IBMを強制調査=ニイウスコー粉飾事件
ニイウスコー元会長ら再逮捕=売上高250億円過大計上

セクハラ相談員がキス強要=職安男性幹部を停職処分-大阪労働局(時事通信)
給食パン、原則米粉入りに=県レベルは全国初-岡山県(時事通信)
<警察庁長官狙撃>時効成立 国松氏「捜査、不合格だった」(毎日新聞)
髪を染めて修学旅行、教諭3人が30分体罰(読売新聞)
<向田邦子賞>該当作なし 82年度の第1回以来初めて(毎日新聞)
AD