横浜 マルキーニョス獲りへ!年俸1億円で複数年を提示(スポニチ)

 横浜が、歴代6位のJ1通算109得点を誇るアトレチコ・ミネイロ(ブラジル)のFWマルキーニョス(35)獲得に動いていることが21日、分かった。関係者によると、横浜側は既にブラジルでの視察を終え正式オファー。年俸1億円(推定)の複数年契約を提示しているという。

 横浜は今季、序盤から安定した戦いを披露。約6年ぶりに首位に立つなど久々に優勝争いを繰り広げたが、終盤に失速。最終的に5位に終わった。首脳陣はその原因が決定力不足にあったと分析。ストライカーの獲得を画策し、磐田のFW前田にオファーしたが、断られた。そこで、Jでの実績も申し分なく、03年に横浜でリーグ制覇、07~11年に在籍した鹿島では4連覇に貢献した優勝請負人のマルキーニョスに白羽の矢を立てた。

 マルキーニョスは今季仙台に加入したものの、東日本大震災による精神的ショックを理由に4月に退団していた。関係者によると、本人も愛着の強い日本復帰に前向きという。アトレチコ・ミネイロとの契約が残っているため、交渉にはハードルもありそうだが、「横浜マルキーニョス」誕生の可能性は十分ある。

 ◆マルキーニョス 1976年3月23日、ブラジル生まれの35歳。01年に初来日し、東京Vに入団。03年に横浜、04年に市原(現J2千葉)、05年に清水に移り、07年から鹿島に在籍しリーグ4連覇に貢献。今季から仙台に移籍も震災の影響で退団。現在はアトレチコ・ミネイロに所属。J1通算109得点は歴代6位。1メートル74、76キロ。利き足は右。


仙台とマルキーニョス争奪戦…横浜M(スポーツ報知)

 横浜Mが、東日本大震災の影響のため、4月に仙台を退団したFWマルキーニョス(35)=アトレチコ・ミネイロ=の獲得へ乗り出していることが21日、分かった。関係者によると仙台も水面下で接触しているという。J1歴代6位タイの109得点を誇る助っ人の争奪戦が名門復活のかぎを握る。


横浜がJ109発マルキーニョス獲りへ(日刊スポーツ)

 横浜がJ1通算109ゴールのブラジル人FWマルキーニョス(35)の獲得に乗り出していることが21日、分かった。マルキーニョスは大震災の不安から4月に仙台を退団。帰国後はブラジル1部、アトレチコ・ミネイロへ移籍していた。婚約者から離日を懇願される形での決断だったが、関係者によると日本でのプレーを希望しているという。

 リーグ5位の横浜は、得点力は計46点で全体9位。日本代表FW前田遼一(30=磐田)にもオファーを出すなど、得点力アップを目指してきた。

 マルキーニョスは03年に、東京Vから期限付き移籍でプレーし、リーグ優勝に貢献。入団合意となれば9年ぶりの復帰になる。鹿島時代の08年にはMVPにも輝いた大物外国人が、横浜の救世主になる可能性が出てきた。


横浜M・渡辺千、FC東京へ移籍(サンスポ)

 J1横浜MのFW渡辺千真(かずま、25)が、来季J1に復帰するFC東京へ移籍することが21日、確実になった。関係者によると、獲得の打診があった神戸、浦和に断りを入れたという。
 今季で契約が満了する渡辺は今季7得点を決めたが、先発は18試合と不完全燃焼。03年度の全国高校選手権を制した長崎・国見高の1年先輩、FW平山との“黄金2トップ”で飛躍を期す。
AD