横浜M、来年34歳・中沢に異例の複数年提示(サンスポ)

 横浜Mとの契約が満了するDF中沢が11日、第1回の契約更改交渉に臨み、34歳で新シーズンを迎える選手としては異例の複数年契約を提示された。関係者によると、推定年俸はほぼ現状維持の1億円超で、13年シーズンまでの2年契約とみられる。「代表とタイトルを目指して頑張ってほしいといわれた。そういう評価はうれしい」と中沢。強化方針などで議論を続けるが、契約延長は問題ない見通しだ。


中沢&栗原、1回目の契約更改ともに保留…横浜M(スポーツ報知)

 今季で契約が切れる横浜MのDF中沢と日本代表DF栗原が11日、1回目の契約更改交渉に臨み、ともに保留した。今季リーグ戦33試合にフル出場した中沢は、複数年契約の提示に「35歳の学年になる僕を評価してもらってうれしい」としながらも「サッカーの中身に納得していないところがある。解決しないとサインできない。外国を含めて他クラブの評価を聞いてみたいというのはある」と来季へ向けたビジョンをクラブに求めた。


横浜 中沢に複数年契約オファー「最初に話を聞いた そこは大事に」(スポニチ)

 横浜のDF中沢が来季も残留することがほぼ確実となった。出場停止1試合を除く全33試合にフル出場しチームの5位躍進に貢献した。

 この日の契約更改交渉でも高い評価を受け「凄く評価してもらってうれしい」。今季限りで契約が満了するが、「マリノスでもう一度W杯を目指してほしい」と話す強化部からは既に複数年の契約延長オファーを受けており「マリノスで最初に(契約の)話を聞いたので、そこは大事にしたいですね」と残留に前向きな姿勢を見せた。


栗原 契約延長オファーも「代表選手として妥当な評価をしてほしい」(スポニチ)

 DF中沢と同じく横浜との契約が切れる日本代表DF栗原も複数年の契約延長オファーを受けた。

 しかし、回答は保留。代理人は「代表選手として妥当な評価をしてほしい」と話した。
AD