5戦連続勝利なし…横浜M(スポーツ報知)

 ◆J1第19節 磐田1―1横浜M(26日・ヤマハスタジアム) 横浜Mはまたしても勝ち点3奪取に失敗した。開始6分にカウンターから失点したが、後半から巻き返し、同5分にFW金が頭で同点ゴール。しかし、流れのいい時間帯に2点目を奪えなかった。リーグ5試合勝ち星なし(3分け2敗)は今季最長。「もう1点取れるだけの何かが足りない」とDF中沢。29日のナビスコ杯準々決勝、G大阪戦に向け、気持ちを切り替えたいところだ。


横浜・金根煥も負けじと同点ヘッド(スポニチ)

 【横浜1―1磐田】横浜の韓国代表DF金根煥がチームを敗戦の危機から救った。前半6分に韓国代表の同僚FW李根鎬に先制されたが、後半5分にMF山瀬からのクロスを頭で決めた。DF登録ながら、もともとはFW出身。昨季はFWで何度も出場したが、今季はリーグ戦では初のFWでの先発だった。6月のW杯アジア最終予選で韓国代表に初招集。試合はドローに終わったが、韓国代表の先輩FWの前で見事に結果を出した金根煥は「先制されたけど、あきらめずにみんなが頑張って結果を出せて良かった」と笑顔だった。



磐田・李根鎬ゴール、横浜・金根煥ゴール、そこまで…(スポニチ)

 【磐田1―1横浜】序盤は磐田の出足が鋭く、前半6分、縦パスに抜け出た李根鎬が先制点を奪った。決定機の少なかった横浜だが、後半5分、ドリブルで駆け上がった山瀬のクロスを金根煥が頭で決めた。その後は一進一退で決勝点は生まれなかった。



横浜FW金が同点の今季初ゴール/J1(日刊スポーツ)


<J1:磐田1-1横浜>◇第19節◇26日◇ヤマハ

 横浜FW金根煥(22)が今季初ゴールを挙げた。1点を追う後半5分。ドリブル突破でゴール前へ上がったFW山瀬から絶妙なパスを受け、頭でゴールへたたき込んだ。本来はDFも、193センチの長身と身体能力の高さを買われて、FWでも起用されている。金は「勝ちたかったが、先制されても、みんなであきらめずに頑張ったから、いいゴールに結び付いたと思う」と語った。今後もFWでの起用が増えそうだが「DFかFWか分からないが、チャンスがあれば、いいプレーをしたい」と意欲的に話していた。


横浜M、追い付きドローも「何かが足りない」(サンスポ)

 J1第19節最終日(26日、磐田1-1横浜M、ヤマハスタジアム)横浜Mは2試合連続で追い付いて引き分けた。後半5分、左サイドの力強いドリブルから山瀬が上げたクロスを、金根煥がヘディングで今季初ゴール。しかし、その後は押し込んでもゴールが奪えなかった。

 木村監督は「流れのいい時間帯に追加点が取れない」と首をかしげ、中沢は「1点は取り返せても、もう1点が取れないのは何かが足りないから」と話す。リーグ戦ここ5試合で白星がなく、なかなか浮上のきっかけがつかめない。(ヤマハ)


攻め合うもドロー=Jリーグ・磐田-横浜M(時事ドットコム)

 後半は互いに攻め合ったが勝ち越せず、ドロー。磐田は前半6分、欧州移籍が実現せず復帰した李根鎬がスルーパスを押し込んで先制。横浜MはFWで先発起用した長身の金根煥が後半早々、山瀬の折り返しを頭で合わせて追い付いた。


J1:磐田と横浜マ、互いに譲らず引き分け(毎日jp)

△磐田1-1横浜マ△

 互いに譲らず引き分けた。磐田は前半6分、スルーパスに抜けた李根鎬が右足で決めて先制。横浜マは後半早々、左サイドをえぐった山瀬の折り返しに金根煥が頭で合わせて追いつき、その後も分厚い攻めでゴールに迫ったが、磐田守備陣がしのぎきった。


【評】李根鎬ゴールも引き分け 磐田1-1横浜M(日経ネット)

 序盤は磐田の出足が鋭く、前半6分、縦パスに抜け出た李根鎬が先制点を奪った。決定機の少なかった横浜Mだが、後半5分、ドリブルで駆け上がった山瀬のクロスを金根煥が頭で決めた。その後は一進一退で決勝点は生まれなかった。
AD