千真ガックリ…プロ初兄弟対決で不発(スポニチ)

 【横浜0―2京都】横浜は開始5分に失点してリズムを崩すと、後半にも追加点を奪われ0―2で敗戦。連勝が2でストップした。兄・大剛(京都MF)とのプロ初対決に燃えていたFW渡辺千真も不発に終わり「兄貴と同じピッチに立てるのを楽しみにしてたけど、結果が出なくて悔しいです」。好セーブで失点を最小限に抑えたGK飯倉も「止めても勝利につながらないと意味がない」と悔しがった。


横浜M、あっさり失点3連勝ならず…J1第10節(スポーツ報知)

 ◆J1第10節 京都2-0横浜M(5日・西京極) 横浜Mが自滅で3連勝を逃した。序盤からミスを連発し、開始5分で失点。その後も立て直しに苦しみ完敗した。右ウイングバックは、これまでの田中に代わり韓国人MF丁が先発したが、故障も影響してか絶不調。組織的な守備を見せる京都相手に、攻撃面での連係不足も露呈した。連勝の勢いを生かせず、内容的にも今季ワースト。木村浩吉監督(47)は「前半はミスしてピンチの連続だった」と振り返った。


横浜渡辺千が兄弟対決に敗れる/J1(日刊スポーツ)

<J1:京都2-0横浜>◇第10節◇5日◇西京極

 横浜ルーキーFW渡辺千真(22)は、兄弟対決に敗れた。兄の京都MF渡辺大剛(24)とは前日4日夜も電話で話し、互いに健闘を誓っていた。渡辺千はシュート1本で得点はなし。後半25分には交代でベンチに下がった。

 一方の兄渡辺大はFWディエゴへつなぐ絶妙なアシストを見せた。渡辺千は「楽しみにしていたんですが。兄貴はいいプレーをしたけど、自分はいいプレーができなくて悔しい」と話していた。
AD