土とお友達

Never too late! 2013年BCBRに向けてガツガツ楽しく頑張る。


テーマ:
BCBRから約2カ月たとうとしています。
大変大変ご無沙汰してしまったブログです。(すみません!)

・・・が、何事もなかったかのようにBCBRのことやカナダで思ったこと、トレーニングのこと、ホームトレイルといえる西多摩ローカルのこと…など改めて徒然なるままに書いていきたいと思います♪♪

まずは未だに3日に1度は観ているBCBR2013のハイライト動画


凄く出来が良くて、参加者には嬉しすぎるものです。


上空からの撮影も多く、このレースの特徴でもある長い長~いシングルトラックを映し、スケールの大きさがわかるかと思います。
1日約50kmも毎日走っていたんだなぁ~としみじみ感じいってしまうところ。

ちなみにこちらの写真はDay3の気持ちよすぎるフラット基調なシングルトラック!
苔むしむし~な緑豊かな極上トレイルです^^
$土とお友達

ただ、後ろからバイクパトロールがすごい勢いで来ていたので慌てて撮ったらぶれてしまったのが残念なところです(^^;)
バイクパトロールの方々は、カナダに着いた日に一緒にRockyMountainの2014モデルの試乗会に来ていたライダーたちでもあります。某世界的に著名なねずみさんの名前ににているのと、アジア系の女性が2人しかいなかったせいか、すぐに覚えてもらえ、いつも声をかけてくれました(^^)

「miki、楽しんでる~?」
「最高だよ~超気持ちいよ~でも足がふらふら~」
「そう、気をつけてね~!シャッッ(←通り過ぎる音)」

こんな会話。
ちなみにこの会話のあとに分岐を間違え、30分ほど全く違うハードなルートを突き進むことになったのですが・・・(中沢さんを待たせまくり本当にすみません!)


究極のシングルトラック体験とサブタイトルがつくBCBRですが、
シングルトラックの雰囲気もバリエーション豊かです(^^)

その中でもDay2のCampbell RiverとDay3のPowell Riverはとても緑が多く、綺麗で気持ちのよいトレイルでした。
特にPowell Riverの方は日本ではあまりないフラット基調なシングルトラック。
長い長い緑のトンネルの中を、ほとんど一人でペダルを回していたので、なんだかとても現実離れした世界観でした(溜息・・・)

一方でDay4以降は川に渡る橋や根を守るためのラダ―セクションが増え、Day6あたりから岩場比率が増え、細かいアップダウンが多くありました。Altitudeが生き生きしている~~!!という感じはこっちでしょうか(^^)サスの動きとタイヤのグリップ感がたまらない感じで、本当に楽しかったです。


まだまだ書きたいこともありますが、
この度発売されました『MTB日和vol.16』に私目線の7日間の参戦記が、
また『BICYCLE CLUB10月号』に受付からDay2までご一緒したプロカメラマンの鈴木さん(以下hideさん)による特集記事、ペアを組んだ中沢さん目線の記事が掲載されています。

私の文章は拙いものですが、レース参戦中の隙間時間にスマホに打っていた一行日記的なものを帰国後の休日に一気に膨らませてまとめたもので、ライダー目線でリアルタイム感があるかな・・・と思います。

※ちなみに一行日記はこんな感じ↓
「day3今日も暑かった。スタートは海。1stエンデューロのドロップオフで前転、後ろのメキシカンに心配される。レッドブルゲートの前で記念撮影。シングルトラックは苔とシダ。ルートロストで焦る。そのあとのトレイルは上手く走れた。ステアケースもOK。初メディカル、消毒液がしみる。夕飯タイフード、めっちゃ美味しかった。夜風つよい」

・・・改めてみると、ざっくり過ぎて笑えました。

バイクラの方は、溜息をついてしまうような綺麗な写真が載っています。また、hideさんが独自にインタビューして得ている情報もたくさんあります。


是非とも購入して読んで頂けると嬉しいですね(^^)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
カナダ ブリティッシュコロンビア州にて開催された7日間のBCBR無事に完走してきました(≧∇≦)

…無事ではないかな?(苦笑)


どうやら限界を超えると筋肉は痛みとかよくわからなくなるようで、お陰様で体中ボロボロになりましたが、足は回り、走っている間は半分無心でペダリングしていました。

ALTITUDEとのシンクロした感じの走りも味わうことができ、このバイクでカナダのトレイルを走れて良かったです。


とにかく贅沢で貴重な時間を過ごしました。
純粋にすごい!と驚ける、楽しい!と喜べる大会でした。


総走行距離 約355キロ(75%シングルトラック)
積算標高10000m以上
参加人数 550名

参加費約2000ドル(航空券とか含まず)
ちっとも高くないです。
大会としてのスケールの大きさ、スタッフ動員数、ほぼ無償のボランティアスタッフや地域の人たちによる温かい声援、あっという間にチケットが売り切れるのも頷けます。

出来ればまた出たい。
いつか日本で規模は違っても海外の人が出たいと思うような、出て良かったと思えるようなイベントが出来たらいいな、そんな気持ちが芽生えました。
でも、まずは目の前のことをコツコツと…。



このレースの参加にあたり大変多くの方にお世話になりました。
一番はずっと一緒に走ってくださった中沢さん、ご家族の皆様に本当に感謝申し上げます。
改めてお世話になった方々には御礼とご紹介をしていけたらと思いますが、まずはご報告でした。
photo:01


photo:02



またレース参戦の詳細は『MTB日和』さんにて掲載していただく予定ですので、チェックお願いします^ - ^




iPhoneからの投稿
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
6月16日(日)

この週末は完全に天気を読み間違えてスケジュールをたててしまった汗

あぁ、雨…
しかも前日から。
この場合、トレイルを走ると路面を荒らしてしまうので走らないのがマナーですかお

常設のMTBコースがある相模湖プレジョーフォレストも何かイベントで貸切とのこと…

そもそもは標高をガツンと稼ぐライドにしようと思っていたのですが、それは同時に長い下りで体を思いっきり冷やすのも意味します。
雨に濡れた状態でやると体調を崩しかねない…
必要な練習だし、自信もつくのでやりたかったのですが、もう体調管理が最優先。

よし、楽しく走ろうひらめき電球

前日にトピークの防水サドルバックもGETしたし試すのにはちょうどいいや音譜
photo:01



スーパー近所なナカザワジムメンバーNNGさんに電話して巻き込みに成功。
雨の中スタート。
なんだか思ったより、気持ちよく走れました^_^
1時間くらいしたところで雨もやみ、少しだけ砂利道のダブルトラックにもいきました。
photo:02



その後は友の会でお世話になっている深沢地区にもいき、あじさい山や大樫をみたりとプチ観光。
photo:03


photo:04



この緩い感じも久しぶりで、とても楽しい~音譜

少し物足りないくらいですが、それくらいでちょうど良いのかもひらめき電球

午後は思いっきり晴れて、なんだよ~って感じでしたが、バイクの洗車がきちんと出来たので良かったです。

これからはひたすら荷造りですね。


iPhoneからの投稿
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。