English version of the president blog

 ↓ ↓ ↓

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014-04-10 19:06:09

本格始動!

テーマ:虎のDaily
この秋の上海開業が正式に決定し、
北米の成長戦略と並列進行にて、
緊張感のある日々がスタートします。

1日1日が貴重で、
1日1日を最高効率と最大効果にしていくためには、
それぞれのプロジェクトの出口から組立てられた戦略の全体をチームで共有し、
そしてそれぞれがそれぞれの専門分野で責任を果たしながら、
100%全て想定通りに実現させていかなかればなりません。

そしてその全体の責任を負い、
プロジェクト全体をプロデュースするのが僕のミッションです。

様々な思惑の中で、
静かに決意をまた新たにしました。

このチャレンジに妥協は落とし穴です。


この世界では価値観は多様化し、
実質人は、自由に選択する権利があります。
制限は図られても、
特殊な国の例外はあっても、
決意一つで人生を変えることは基本的に自由である!

この世界で一つ平等に与えられたものが時間であるのであれば、
この一分一秒も後悔のない時を過ごせる人生にすることが、
豊かさの本質であると僕は思うのです。


僕は僕の決めた人生の選択の中で、
問題を抱えても迷うことはありません。
善か悪を問うのではなく、
決断をすること。
そこに躊躇することなどないといえる程、
紆余曲折を超え強くなりました。


全員に意見を求めていくようなアットホームな会社を目指すのであれば、
僕は一定のエリアに留まってそうした会社を作ることを決断したでしょう。

でも、僕は世界に打って出ることのできるブランドを創造し、
それ広がり発展していく未来を想像できてしまった。
その暗黙知を今、形式知にして実現させる術を得てしまった。


だから、僕は世界一を目指す!

「草野球ではなく、大リーグを目指す!」

ただ、それだけのことであります。

どちらの決断が良いか悪いかなどどうでも良くて、
決断するということが真理であり、
迷いを消すことが、
平等に与えられた時間を最高なものにする術であると考えています。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕の決意はビジョンやフィラソフィーは共有しても、
業務は完全分業を実現し、
そのそれぞれがリンクして大きな成果を果たしていくというものであります。

そのプロデュースのイメージは完璧です。

ここ先は、それぞれがなんでも自由に発言したり、
行動したんでは実現は叶いません。
そして失敗すれば、
ここまで築き上げた可能性はいったん吹っ飛んでしまうでしょう。

惰性で判断、行動し、実現できるものではないということです。

具体的に出口を設定し、その実現のためのシナリオを描く、
そしてその出口の共有だけでなく戦略まで共有し、
それぞれの専門分野での役割が果たされリンクしたとき、
それは実現するものであります。

そしてかなりハードルの高い出口が設定されました。
プロジェクトリーダーたちにはプロジェクトの全貌を明示し、
それぞれの分野ですぐにより具体的な戦略の構築に臨まなかれば間にありません。

体中のアドレナリンが放出されていくようです!

でも、これぐらいのチャレンジに明確な責任を有して臨み、
それぞれのミッションの実現を果たさなければ、
このビジョンは最初から叶うものではなかったのです。

いよいよ本格的にスタートです!!



時間も有限で余裕などない現状において、
僕は成功のシナリオと最高効率を実現したプロジェクトの作成にはいります。
イノベーション/マネジメント/マーケティング/ファイナンスの全てにおいて、
3つの異なるエリアのドミナント戦略とその先の発展まで画策して。

プロジェクトリーダーとなるそれぞれも、
興奮に満ちた、人生最高の一日、一分一秒を過ごすことになるでしょう。。。



そして100%実現し、世界一になる!



善し悪しではありません。
それが僕の決意です。。













同じテーマ 「虎のDaily」 の記事
PR
2014-03-26 14:29:38

次元が違う

テーマ:虎のDaily
この秋から段階的に実行してきたトップマネジメントに対する
マネジメントセミナーを通して、
チームはこの常軌を逸するビジネス戦略が実現可能な論理性を伴っていることを、
より高いレベルで理解してくれています。

主体性が一段と増してきたし、
その取組は確実に結果に繋がっています。

人財育成って実は、
正しいことを正しく理解することが重要で、
人が何かに没頭する(執着する)きっかけを得るのは、
点が線で繋がった時と、その先の出口イメージをビジュアルで描けた時であり、
そうした人財は自ら求めてそれから先はほっといても育っていくものであります。

だから、育成というのは点を深くし、それを線で繋げて、
出口をイメージさせてあげることが重要なのです。


チームないで共通用語が飛び交うようになりました。
深く理解することが仕事を楽しくさせているようです。




ただのシェフではありません。

ターゲットとコンセプト、マネジメントとブランディングの知識を有したシェフが、
直属の上司(コーポレートエグゼクティブシェフ)に進言し、
私にテイスティングを直訴して来ました。

嬉しかったな~。



ブランディングの出口イメージは伝えてあるので、
そのストーリー性を明確にするためのエッセンスが詰まっています。




美味しいものを作ることと、
売れるものを作ること。
そして広がるものを作ることを同時に考える。




バリューイノベーションとマネジメントも明確にしながら。




今にわかることですが、
私たちが取り組んでいるレベルは、
想像ができないと思います。

だから面白いのです。
「前例がないから面白いのです」




確実に深化、進化しています。



最近ではうちのオリジナリティを真似してくれている店がたくさんあり、
それは大歓迎であります。
特にアジア系ではなくカナディアン系の某有名なチェーンレストランまでもが、
そうするのですから、それは光栄なことであり、
それは現地の食習慣の中においても、
認められていることを指し示しているといえます。



ただ、真似するのも嫌になるほど、
コンセプト(ブランド)は進化/深化していきます。。。

また、虚勢ではなく本質は真似できないんですよね。








結局、うちのPR(宣伝)になるだけなのです。




今日は、先週の出張調査を終えた上である決断をし、
トップマネジメント会議で発表したのですが、
それぞれの部署のトップは同じイメージを共有していました。

これで決意も新たなに、
北米戦略は強烈なエリア開発をスタートさせます!



2014-03-16 03:42:37

血湧き肉踊る

テーマ:虎のDaily
苦境においても絶えずブランド戦略を敷くことをイメージしてきました。
名店を作ることもですが、
それ以上にブランドとして確立していくこと。

それは、良いレストランを作るという通念の理論だけでなく、
イノベーション、マネジメント、マーケティングにおいて
ブランド戦略を出口に据えると考え方も行動パターンも変わってくるものです。

ここ数年進化するための機会を与えられ、
そのイメージをいかに建設的に達成していくべきか?
ということを鮮明にすることができたとき、
僕はこれまで見えなかった世界を想像できるようになりました。

そして今、
その戦略を敷いた目的が果たされようとしています。
一見、散々したチャンスを一気に獲得していくことは
虚事のように思われるのですが、
実は全てリンクしていて全てを実現しようとするから一つ一つも確実に
実現されるのです。

こうしたチャンスを逸しないための、
壮大な戦略(マネジメント戦略)を構築してきました。

これから実行に移します。

走りながらその基盤を強くしていきます!

イメージした世界戦略がいよいよ現実的に可能な段階に移るとおもうと、
”血湧き肉踊る”ような気持ちでありますが、

その心に冷や水を浴びせ、
ひとつひとつ落ち着いて実現させていこうと思います。


ここからはそれぞれが専門分野にて強力な個性を発揮してくるでありましょう。
僕はそれらの個性派軍団をオーガナイズして、
国際レベルでブランディング戦略をオペレーションしていく
プロデュースに力を入れていきます。

そして同じ世界を想像できた人財が、
側近にてこの壮大なプロジェクトの力となっていくでしょう。

世界一のマネジメントチームをこれからつくります!







[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>