English version of the president blog

 ↓ ↓ ↓

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-05-23 17:19:27

今一番欲しいものそれは「免疫力」

テーマ:虎のDaily
{8CEDA2E4-9593-4C5E-8A40-D07442A46FC3}

病院の待合室なう。
次男坊の発症を機に原因が究明できたんで、日本行った際に病の起源である自分の方を完治させようと考えていたのですが、また発症してしまい来てしまいました。

今度は病名がわかってるので完璧に治します。
治療中は禁酒もするし(ということで日本滞在中も飲めません)、本気の本気です。
この1年間急に歳を感じたり、疲労に襲われたりこれまで経験したことない感覚に苦慮しました。
ビジネスのイメージは溢れるばかりでモチベーションはやる気に溢れているはずなのに、なぜか気力と体力が比例しない。。

あきらかに免疫力が落ちていました。。。
それが原因で発症したようです。。
原因不明で1年苦しんだ病原菌とやっと決別します。

22歳の頃から経営の矢面にたちいくつもの多難と対峙して、それはそれなりに楽しかったし、そこから生まれる進歩もエクスタシィなのですがさすがに見えないストレスだとか疲れが蓄積されていたのかもしれません。

これからはもっと自分を労わり、免疫力アップに臨みたいと思います。

とはいえ41歳、導入のタイミングにおいても、自身のポテンシャルにおいても、人生最大のチャレンジを複合的に実行するにはこれ以上ない最適なタイミングを迎えています。

とにかくこの3年間は集中したい。

健康第一を念頭に、それでも最高に充実したビジネスライフを送りたいと考えています。
 3年後何をどう思うか(それからどうするか?)、また、何をイメージするか?は今はわかりませんが、とにかく3年で今イメージしているビジネスのイメージは実現させます。

{D13C657E-95F7-4E42-9B03-9ACFFA574B42}

いきなり夏になって、

{1A5F1ADD-A7F0-4241-87F7-88E3A871AF2F}

{8242C73E-FDD4-478C-B052-1E4D0959541E}

街もポジティブになってきました。


この天気同様陽気に、
それでもアグレッシブに行きたいと思います。





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-05-19 18:31:31

人財育成もイノベーションします

テーマ:虎のDaily
いくつもの事業を一気に並列に動かすというウルトラC。。エリアもコンセプトも戦略策定も多岐にわたり、時々混乱してしまう時があります。
一つ一つやればいいきとなのですが、全てが密接に繋がって一つの大きなゴールに繋がってるのでこの方法しかありません。

チームには常々、多岐にわたり戦略を指し示すのですが、出口イメージを共有し、プロセスを同じくして描けるそれぞれのチームリーダーの抜擢と配属はかなり大きなチャレンジです。
内から作っていくにも、外から入れるにも全く正反対のメリットとデメリットを有しているので、双方を補完し合う備えを強化して双方の手段でチームを形成していきます。

それも最速で。

一般論で考えれば、人づくりには時間み手間もかかるもの。でもこれからの時代は必要以上に時間はかけられません。
それもあって、テクノロジーとの併用というのは理にかなっています。
つまり集約するんです。
人材育成においても。

{59EC128B-9F0C-401B-B214-2BC2370705D8}

昨日は意を決して、チームに3カ年計画とその先のビックビジョンを明示しました。

会社も、当然僕もチャレンジします。
共にチャレンジするものを求む!です。。

次男の急な入院など、昨日から今日に向けて慌ただしい2日間でしたが、手応えは感じています。
日本の僕が天才と称する新垣氏も、リクエストに応えて新しい開発をしてくれました。

これで日本においても確実にマーケットイノベーション実現させることができます。

日本出張が楽しみです!






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-05-17 12:22:04

回転寿司から本鮪が消える

テーマ:虎のDaily


{EC750C1D-4DA3-429E-B574-92321ACA51E1}

昨日から次男が入院しとります。
僕から発症したウイルス性の細菌感染で、危うく手術になるところでした。
前日膿が取れて回復に向かうと安直に考えていたところ親身になって動いてくれたうちの社員のススメで、重要な仕事が入っていたのですが、意を決して連れて行ったところやばかったらしく、、、もう一日遅れたら確実に手術だったようです。そうなると大好きな野球も、今シーズンは断念しなければならなくなっていました。

親として取り返しのつかない失態を犯すところでした。猛省です。。

ただ、ちょっと言い訳させてもらうと、病院に失望させられっぱなしで行くだけ無駄みたいな感情になってしまっていたんです。(この件では日本でもカナダも何度も通院してるし、今回もちゃんと事態が悪化する前に連れて行っていたんです。)
今回はカナディアンスタッフの力強いサポートでいい医者に巡り会いましたが通常ではまずあり得ないし、温度差は計り知れないですよ。

医療現場にテクノロジーを!
切望します。



「日本でも本マグロの価格が上昇するようです。」

回転寿司で本鮪が扱われるようになり、庶民の間でもトロというそれまで高級食材だったものが身近なものになったのはグルメ回転寿司による業界イノベーションがマーケットを占有したことがきっかけでした。

 

それまでは高級店と低価格に完全二極化し、高級店はカウンターのたちの寿司店のことを言い、低価格は「まな板包丁がない」「テクノロジーと合理化」ということをコンセプトに美味しくはないけど寿司を身近なものにした第一次回転寿司のことを言います。

それが経営環境の変化と進歩を伴ってグルメ回転寿司というジャンルを創りだし、ローカルナイズされたコンセプトで全国各地でブランドができました。

そのコンセプト誕生の論理は単純明解で、「本格寿司を回転寿司の価格で提供する。」であり、原価をあげて価格を下げて薄利多売でマーケットを占有するでしたので、それまでの回転寿司のイメージを刷新するほどのクオリティの寿司が回転ベルト流れるようになったのです。

導入当初は凄かったですよ。今まで高嶺の花だった本マグロのトロが手の届くところで体験できるようになったので、これまた地方の飲食店の常軌を逸する売上を全国各地で記録しました。

うちもブームに乗ったわけではなく(ブームと知らなかったので)、倒産しかけたタイミングで最後の一手を考える上で提案し起業しました。

うちの提案の根拠も同じようにいたって単純です。

もともとカウンターの寿司店でしたので、魚を仕入れるとカウンター寿司店ではどんなに管理しても最悪半分以上のロスが生まれる。そのためにそのロス分を価格に反映させる必要があったのですが、そうなると客数も減る(正しくは読めない)のでまたロスがでるという負のスパイラルの中にいました。

だったら、回転寿司にして価格を下げて合理化を図り、美味しい寿司をリーズナブルに提供できる環境を作って、絶対数を増やして食材の回転率もあげる。その結果、常にフレッシュで美味しい寿司を提供するという正のスパイラルを生み出そうというものです。

最初は受け入れられなかったのですが、バリューが話題になるとそこからの成長率は常軌を逸していました。ベンチマークはたち寿司店を中心に商品開発のために行い、そこからアレンジし、システムは自社開発してきたのでブームに左右されることなく発展を遂げて、南九州ではブランドとして認知されています。

そんな寿司虎も誕生から20年経った今では「安くて美味しい店から、高くて美味い店へ」均一寿司大手チェーンのさらなる進歩により立つ位置が大きく変わりました。そこでは本マグロトロも価格を変えて提供されるようになりました。

20年前はカウンター寿司の花形で、庶民にとって高嶺の花であったトロはこの20年間で身近なものになったのです。ところがここにきて、マーケット縮小の中での競争激化、人財枯渇と環境整備による人件費高騰、本マグロそのものの漁獲制限と世界的な需要の増加による価格高騰を受けて、本マグロを低価格で提供する環境がなくなりつつあり、その誘客の目玉としての効果とトレードオフであるコスト上昇を飲み込めなくなる可能性が高くなるので、昔のようにコストパフォーマンスを訴求できなくなった本マグロは近い将来、回転寿司の舞台から降りて、元のカウンター寿司店のところに帰って行くのではないかと僕は考えています。

劇的なプロセスイノベーションによって人事生産性を上昇させない限り、自助努力ではどうにもならないところに来てて、回転寿司から本マグロが消える日も近いのではないか?

{1B8A61E8-4CA4-42A8-ACFB-87A7B4559F2A}


と、今は考えています。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。