English version of the president blog

 ↓ ↓ ↓

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2018-01-18 09:54:55

驚くべく自由な世界

テーマ:虎のDaily
{18C289B0-A01D-4830-A037-06E81AC916FE}

{1E954C09-8C6B-4742-A86B-60B380AAFBF1}

今日はまた一段といい天気です。
鼻風邪ズルズルなんですけど、出発まで時間があったのでエクササイズがてら散歩にでました。。
が、、、
やっぱあんま調子よくないんで引き返しました。

来週から日本なんですけどスケジュールびっちりですからねー。。

{8BB601DF-29CE-428D-845C-DAB439907395}

昨日も先進的な1日でした。

{5EB2A99A-52BA-4819-A7BE-06581FD1B92B}

そして昨晩は、素晴らしいコンセプトを有したレストランを見ました。Nozawaさんというすでに引退された有名寿司シェフをうまく使って、コンセプトを作り出すセンスと論理性を伴った開発担当者が、強大なFunderたちのもとで開発したんだと想定します。

それにしてもセンスと想像力は素晴らしかった!
高効率、無駄を徹底的に排除してコアコンピタンスを最大限まで生かしてマーケット訴求力を極限化したビジネスモデルで、正直、人が作ったコンセプトを見てこんなに触発されたのは初めてでした。

このビジネスコンセプトを生み出す根本となる発想はなかった、、、、
悔しいがこのスタートアップに関する従来のビジネススタイルからの発想の転換に関しては真似させて頂こうと思います。

{54ABBD5D-1B19-4613-9C3F-2DC5DA84B2B8}

昨日は途中、相当なカルチャーショックに遭遇しました。店内にはまだ結構な客がいる状況でデスクワークのために入ったこのカフェ。
なかなか愛想のいい2人が応対して、ラテを片手に席についてPCを開いてやりだすと、2人ともボールを持って外に出たんです。
すると通行人が通る道でリフティングをやり出しました。その間、店内にスタッフは不在です。

{0C3C7464-2A77-4A3E-873A-6B391E41764C}

我が目を疑うとはこういうことですね。
中の客は特に驚くことなく、店を出る客には足を止めて「サンキュー」って笑顔で応対したり、中にはハグしたり、握手して見送る。のに、ずっと遊んでる。

{0681331A-731E-40F0-8E88-0D1A54332262}

しまいには通行人までも参加して来て遊び出しました。
日本だったら客が発狂しますよね!w
それはないにしても、好意的過ぎやしないか!?
とは思いましたよー。
自由にもほどがあるでしょーーーwww

ドッキリかと思いました。

見ている分には滑稽でしたが、、、
もしもこのカフェを経営していたら、ぞっとしました。

まあこれはアメリカでも極端な例だと思います。これで最低賃金が2020年には15ドルになるんですから、、、普通ビジネスやめますよね〜


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2018-01-18 03:45:40

来週の重要な日本行きを前に

テーマ:虎のDaily

{B301DDFF-B37D-4341-BAAD-56AA27586D58}

LAとは打って変わって憂鬱な天気のバンクーバー。

{C876E082-BC4A-4FA5-BE94-23B7DB1BE257}


それでもこの街が好きでこの空も何となく愛おしく思えるのは、

それは第二の故郷と思えるようになったからでしょうね。

 

そしてとても大事な仕事をいくつも抱えて週明けから日本へ向かいます。

 

昨晩は久しぶり(3ヶ月ぶりぐらい)にいつものメンバーが揃ったんで食事しながらいい時間を過ごしました。


トロントでは最低時給が一気に上がり、連ねるように全員の給与をベースアップ。その結果人件費が高騰している中でその打開策に奮闘し、また、現地での新規事業の開業においてはビジネスモデルの根幹を揺るがすようなコストの提示があり、予算とのギャップを埋めるのに必死に臨んでいます。

物理的な障害は年月を追うごとに増長し、経営環境はレストラン産業のあり方を揺るがすほどです。

 

トロントでNo1の人気を誇り、高度なマネジメントシステムを有したうちでさえ、投資に見合うビジネスモデルとはいえない状況に追い込まれるほどです。ただこの環境の変化は必然ですので、その環境下においてもソリューションを起こし、成長し続けていくために何が必要か?彼らは課題を持ってチャレンジしています。その意味あるチャレンジがまた未来を創ります。

経営環境の変化はどこも同じ、それに飲み込まれることなく未来を創っていくために一つの成功論理を封印して、既成概念にとらわれることなくチャレンジしていくんです。

この3年間はその期間であり、そうしながら次世代型のコンセプトを創り、システムにテクノロジーを搭載してアップグレードを果たすのです。


「破壊による終焉は創造の始まり。」でもありますからね。。


僕もその先の未来を予見し未来戦略の構築やコネクション作りに邁進しているので、なかなか、気を抜いた時間を彼らとともに取ることができなくなっていました。

また、これからいつこのように全員集まれるタイミングを共有できるかわからなかったので風邪は完治していませんでしたが、決行したんです。


久しぶりに楽しくて、最近はめっきりなりを潜めていた笑いの神も降りてきてw、ビジネスの話ではない話題においても冗舌に場を楽しむことができました。

ビジネスがうまくいっても、こうして共にするチームとたまにはこうして楽しくやれるってのは幸せなことです。

最近では、上司からの誘いや定例会など嫌悪する傾向があるといいますが、僕は催す側の立場からその傾向には同じ意見で、強制力を伴う会であるとか、ダウンしたモチベーションを喚起する場としての飲み会というのはあまり意味がないと考えています。

ただ、こうしてチームとして、共有と共感をともにし、それぞれのチャレンジを尊重した上で半ば自然に集まり、酒を飲むのは楽しいものです。何かのためではなく、楽しいからそうした時間をともにする。

これが、飲みニケーションの本質であると考えています。

 

話の中では面と向かって言葉にして伝えるとより伝わる内容もあり、僕のイメージしている未来もこれまで以上に鮮明になったと確信しました。タイムリーにこうした時間を作れるとハッピーであり、また大事なことだ改めて思いました。


次も、それまでそれぞれが話題(語り草)をたくさん用意して会うのが楽しみです!


さて、今回のトロントでの経営環境の変化による経営リスクの実証から、それは今後同じ論理でバンクーバー、そして日本でも顕著になってくることは容易に想定できます。

そして2020年以降では今の正しいは明確に否定される時代が来ます。

例えば、鍬を手に田畑を耕すという働き方の中で生産性追求し、働き甲斐と十分な報酬を得て行くというあり方が一掃され、トラクターが登場し、その変わりを果たし、生産性も働き方も一気に変えてしまうということと考えると理解しやすいものです。

環境の変化に対応するようにトラクター(新しいリソース)が誕生し、それまで鍬を打っていた仕事を奪って行くんです。

それでも何度諭されても、トラクターとはどんなものか?それらが変える世界がどんなものなのか?そのイメージが浮かばない人にとってのは、それは絵空事でしかなく、また受け入れがたい虚業にもうつってしまうんです。

そうしたら人間は自己保身という本能を持って、今のあり方を肯定することに美徳を見出すしかなくなります。


でも必ずトラクターはやってくるんです。

そしてあり方そのものを一新するんです。


それが2019年くらいから始まって、早ければ2020年後半には答えが出ると予測しています。

今のあり方の延長線上での改善は意味を持ちません。なぜならそれは鍬を持って田畑を耕すというあり方の中での考え方に沿っているからです。


トラクターを導入する勇気を持ってこのタイミングで研究に入れば、まだ、その先の産業の形や事業や経営、仕事のあり方が変わることをイメージすることができ、その結果ソリューションや再構築に臨むことができるかもしれません。

ただ、それが無理であれば、売却や統合など日本では否定されがちな方法を実行することは経営者を守るためにも、また働く人のためにも有益であると考えています。(こういうと嫌われてしまいますが本質であると考えています。)


そして来年、2019年というのはM&A市場が最も活況になるでしょう。いや、ならなければならないです。そうすることでマーケット全体が健全に縮小されないとリスクはさらに上昇するから。

2019年は大転換の入口に立つタイミングであり、2020年以降まで延命すると売却するにも経営環境の悪化によるその価値を失ってしまいます。

(北米ではそれ「経営環境の変化」に気づきだした経営者がその判断を元に実行に移しています。)

環境の変化を予測して手を打つアイデアのない中小企業は物理的な理由により利益を縮小させてしまい経営リスクを助長します。


うちのグループはこれまで曖昧にしてきたことも年内に次世代をイメージして、明確に、変革にチャレンジすることで基盤を創り、また同時に新たなビジネスの定義を提唱し、日本だけではなく世界のレストラン産業のリーディングブランドになって、微力ながら業界を再構築していく未来をイメージしています。


来週の出張時のミッション達成に対する準備もイメージも完璧です。このパッションが沸いてくる感じがたまりません!


イノベーションと成長(発展)、そのイメージできるレベルで楽しめるのも後9年。。この9年間はこのレストラン産業のビジネスを存分に楽しみながら、ビジョンを実現します!

そのころ僕はもう必要ない人になっているでしょうしねw 

とにかく今を楽しむ!!今が1番楽しいっす。


{09AB17B5-7E6C-4601-8ABD-1B64244BB497}

今晩は、久しぶりにインドカリーいってきました。
West Vancoucer にあるHandi、このほうれん草チーズ、まじうまいっす。



 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2018-01-17 09:52:38

思わぬ収穫

テーマ:虎のDaily
昨日のディナーで思わぬ出会いがあり、風邪引いてんのにテンション上がって締めのラーメンやってしまいました。

{FFDB3C29-29ED-481F-A1F3-072131031442}

ベジ醤油らーめん by Urban Ramen
{09894843-0229-487F-A0D2-9200702A71F1}

デザインもGyoza Barに似てて、雰囲気もらーめんブームでわく他店とは異なるもので、それでも通りすがりに見るたびに店はいつも入っていたので気になっていました。

舞茸とネギがめちゃ合って美味かった。
価格も$13、いいビジネスです。
それにしてもロスのラーメン店の多さと賑わいぶりは目を見張るものがあります。
アメリカンスタイルのレストランが閑古鳥が泣くなか、アジアンレストランの台頭が目覚ましく、その中でもらーめんはかなりのインパクトです。

{A208862B-6D81-4A93-898D-53A434E620B5}
今までとは違う角度で観るロスのマーケット。
でっかい田舎と言われるだけあって、移動は基本車で、渋滞に巻き込まれるとストレスを感じてしまうんですけど、隣接するそれぞれの街が違う顔をして面白い。

さて、ミーティングは想定以上に様々なことが鮮明になる形で終わりました。これからです。。
一定の収穫はこの時点でもあったんですけど、風邪で遠慮しようかと考えたディナーの席で思いもよらないいい出会いがあり盛り上がりました。
プロジェクト2020に向けて重要なリソースを有し、探し当てるのに四苦八苦した重要なパーツです。会話しててわかります。
僕の話がイメージできるか?できないか?

これまで何度かチャレンジしたけど根本的なところでは交わらなかったんです。
これは今回のロスでは想定以上の収穫でした!

{31FB61DE-66F9-4129-9FC0-EE58A65C751F}

こんなんなんで、風邪も悪くなる前に消えてしまうんじゃないかなって考えています。
昨日はよく寝たし。。。

今日もその方達から面白う提案があるとのことなので、そこからどんなイメージ(未来)が湧くか!?
楽しみです。






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。