loveの会話力0からカナダへワーホリ!

英語は高校でストップ。Vancouverから今はHalifaxにて生活してます。数少ないHalifaxの生活情報をお送りします。


テーマ:
Hi there,ご無沙汰してます。
日本に帰国して新年を迎えました。

最近久しぶりにこのページを見て、同じ頃にカナダに行っていた子たちも大分帰国しているんだなぁと何だか切なくなりました。

さて、今日は生まれて初めてトーイックを受けてきました。
え、なぜ今更?
そのとおり。

なぜなら、申し込み受付が早すぎて、締め切りを何度も逃し、やっと受けれることになったのが1月末。

なにが苦痛って、2時間机に向かうことですね。知恵熱出そう。出てないです。

唯一の留学者の強みのリスニングもさっぱりで、悲惨な結果が予測されます。
でも、ちょっと頑張ろうかなって気分になりました。己の実力と向き合うにはいいチャンスになりそうです。

さてさて、私はまだ人生の模索途中ではありますが、やっぱり異文化コミュニケーションは相変わらず楽しいです。たまーにネイティブとメールのやり取りや、skypeも楽しんでいます。

100の夢を書き出して、夢を叶える!
っていうコラムがあって、書き出したのは20くらい。あきれる。夢がなさすぎる!笑 それでも頑張って増やして50は超えました。100を超える夢がある人ってどんなだろう。いや、そんなに具体的な夢を意識してるなら実現してるな!と思います。


人生の旅は続くのである。。
See ya!!!
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
Hi there,
最後にBlogを整理しようと思います。
私は2014/07~2015/08までCanadaでワーキングホリデーVISAで滞在しました。
7~8の2か月間はBC州のVancouver
9~翌年7月まではNova Scotia州のHalifaxですごしました。
情報は日々更新されていくのでいつまで役立つかは分かりませんが、誰かのお役に立てることを祈って。


出発前の準備編
●保険  海外保険加入
●持ち物 何を持っていたか
●エージェント 現地無料エージェント
●国際運転免許証 現地で車で旅行するなら!
●役所手続き 出国ギリギリ
●お土産 ホームステイをするなら
●残高証明 念のため 今思えばネットで残高証明を発行できるよう手配しておけばよかった
●お金の持っていき方 トラベラーズチェックは終了していたんですね
●航空券 やっぱりExpedia
●語学学校 これは現地で決めるのもありかも


Canada編
●ワーホリからヴィジターへVISAの切り替え 申請後届くのは3か月はみておきましょう
●Japanese レストランで働く
●カナダ版確定申告 自分で申請
●その他生活をまとめたもの(重複あり)主にHalifax


その他
●カナダから一時帰国 役所手続き
●カナダから完全帰国 役所手続き
●社会人からのワーキングホリデー心境
●トロントからメキシコ旅行 
●トロントでカジノバスを使ってナイアガラの滝へ
●バンクーバーからヴィクトリアへ 
●カナディアンロッキー(バンフ)へは語学学校のツアーを利用しました。


改めて見て、情報量が少なくて恐縮です。
1年と数か月、長い間お付き合いどうもありがとうございました


にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
Hi there,
夢という言葉には叶うという続きと、覚めるという続きがあります。どうやら私の夢は覚める時を迎えつつあります。


何度か「社会人がワーホリに行く」ことについての心構えを問われることがありました。
やっぱり、仕事を持つ人が1年~日本をあけるとなると、年齢的にも勇気がいることもありますよね。私も随分葛藤がありました。そこで、生の意見として残しておきたいと思います。



長いです。




―大卒後、社会人経験4年で退職

私は、病院スタッフとして働いていました。必死に頑張って取得した国家資格を使った仕事でした。有給はもらえず、休日出勤も多く、やりがいも感じられず、何のために働いているのかわからない毎日。一生のうちで仕事をしている時間のほうが長くなるのに、その仕事にやりがいを見いだせない。しかし、口を開けば愚痴ばかりの職場環境、奨学金の返済、加齢の進んでいく家族を抱え、毎日苦しみながら暮らしていました。このまま定年退職までここで過ごすのか。口をそろえて皆、「大学へ4年も行って、取得した資格を使わないわけにはいかない」。私もそう思っていました。

―学生の頃からの遠い夢

うちは裕福な家庭ではないので、学生留学なんて夢の又夢の話です。口にしたこともないと思います。ただ、小学生の頃から英語への憧れは強く、いつか英会話が出来ることを夢い見ていました。そこで出会ったのが、アメリカの帰国子女です。「なんで行けないの?」「行けばいいじゃん」と言われ、なんだこの人は!各家庭には事情があるのに、そんな簡単には行けないんだよ!とその時は何故か怒っていました。それから、ふとした時に、ずっと海外について考えるようになりました。ワーキングホリデーというプログラムを知った時、「働きながら海外に住めるなんて、私でも行けるかもしれない!!」と喜びました。そして気が付きました。やりたいことを考える前に、「やるべきこと」や「やらなければならない」ことを考えていたんだなと。「海外で生活する」ことのデメリットを考えて、ブレーキをかけていたのは自分でした。心底行こうと思えば、やろうと思えば、どうにかして出来るかもしれない。

―なぜ行かなければならないのか

ワーホリへ1年行くには、どうしても仕事を辞めなければなりません。私は辞めたくて仕方がなかったからいいんです。ただ、理想は寿退社でした。現実は心も体もボロボロ、時間もない、無駄に高くなるプライドや理想もあってか、なかなかいいご縁には巡り合えませんでした。このままでは、自分も好きになれないし、こんな自分を好きになってくれる人もいないかもしれない・・・環境を変えるきっかけを探していたんだと思います。
そんな時、また帰国子女さんと話す機会がありました。以前は、なんで行かないのかと言っていたくせに(笑)、「行って何がしたいの?」「何をするために行くの?」とこうきました。私はとくに取得したい資格やコースなどはなかったので、「海外で英語を使って生活をしてみたい。」たったそれだけでした。まだ国も決めていなかったので、ニュージーランドのファームで羊の毛を刈りたいな~と言うと、「千葉のパークで出来るじゃん。」とか、私の言うことは例えばネイティヴスピーカーと会話するとか、別に海外でなくても日本で出来ることであると気が付かされました。いや、もちろん同じではないです。しかし、明確な目標がないことが分かりました。私は、今の環境からどうしても離れたかったようです。

―帰国後の進路

日本の社会では「ワーキングホリデーで1年海外で生活していました。」と言っても風当たりは冷たいでしょう。「何してきたの?」これがまぁ当然の反応でしょう。私が人事担当でも質問すると思います。履歴書上の経験年数というのはやはり大切なので、最低3年、理想は5年はほしいところでした。しかし、家族のことや結婚出産再就職、金銭面など自分の人生設計を考えたうえで、早ければ早いことにこしたことはないなという結論に至り、仕事を辞めることにしました。
帰国後の進路はまだ考えていません。好きなことが仕事になればいいなと思う反面、好きなことがなんだか分からなかったので、この1年をかけてゆっくり考えてみるのもいいなと思い始めたのです。

―何を優先するか

失業して出国するまでのしばらくの間、やはり不安もありました。しかし、それ以上の期待と夢が叶う事への喜びに満ちていました。友達には海外生活を送る人はいなかったので、「仕事を辞めるのはもったいない」という視線も感じました。いい会社に長く務めて、収入の良い男性と結婚することが周りの理想のような気がしました。仕事柄、年配の方と接する機会がとても多かったのですが、良くも悪くも「若さへの嫉妬」のようなものはよく受けました。「若いから出来るんだ」といったようなことです。若さも大きいことではあります。しかし、年齢に関係なく夢を実現している人も多くいます。その時にやるかやらないか、要は自分次第です。誰でもなく自分の人生ですから。一歩踏み出した人にしか見えない景色があるとするなら見てみたい。冒険をしなければいけないわけでもありません。したければすればいい、それだけでした。


―実際、海外で過ごしてみて

当初はイギリスに行きたかったのですが、VISAに落選し、カナダを選びました。数年前の自分に報告できるなら胸を張って、私やったよ!と言いたいです。日本で過ごす数年より、貴重な1年を過ごしている自信があります。百聞は一見に如かずとはまさにこのことで、もちろんカルチャーショックもあるし楽しいことばかりではないかもしれません。でも、人生ってそんなものですよね。今まで「普通」だったことが、「そういう考え方」もあるよね、になったような気がします。帰国時にイギリスに寄って帰るために選んだHalifaxですが、結局イギリスには今回は行かないことになったし、何が起こるか分かりませんけど。結論としては、間違いなく来てよかったです。たとえ就職に困ったとしても、悔やむことはないと思います。アドバイスとしては、「何のために来たか」を明確にしておくことです。1つでもぶれない何かがあるといいです。私の場合は「海外で暮らす」ことと「英語を使って会話する」ことでした。


―最後に

いくらしたいことをしたくても、現実的には難しいこともあります。こっちに移住という選択肢もあるなら、また視野は広がったでしょうけど、残念ながら私は出来ません。今回の旅には終わりがあります。出来ないことや出来ることには少なからず周りの人間環境も影響してきます。応援してくれる大切な家族や友人、時には嫌な人でさえスパイスとして、関わってきたすべての人々に感謝しています。健康に生きているからこそ今ここにいられるんです。

行かないで後悔するくらいなら行って見て経験して後悔するほうがよっぽどいい。行くのも行かないのも自分の覚悟次第。あとはそれを選んだ自分を信じること。今はそう思います。
ここまでもし読んでくださったかたがいらっしゃいましたら、お付き合いありがとうございました(*^_^*)
これからワーホリに行かれるみなさん。Have fun!!and Good luck!!


にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。