Steelhead焼きました

テーマ:

日曜日のこと、夫が「夕飯…何作ろうか?」と言い出しましてね。

 

夫が料理するんだったらまあ、定番のパスタかなぁと思ってたら、魚が食べたいんだそうで。

 

という訳で、Costcoに出かけた際に、お魚も見てみようって話になりました。

 

Costcoって、食品の質が割と良いと思うんですよね。

 

まあ、裸で積まれてて、引きちぎられたりしてることの多いお野菜やフルーツは、傷んでるのも多いんですが、

 

既にパッケージに入れられて、お客が勝手に触れないようになってる(爆)お肉やお魚は、きれい。

 

とはいえここはアメリカの企業。

 

種類なんて大して無いだろうから、サーモンだろうなぁ結局…と思いながら魚売り場に行ってみたら。

 

マス(steelhead)がいましたよ!

 

川魚なのに!!!

 

{4C9FB1D3-4BC6-4BB6-A316-09500A6BEBF1}

(持って帰るときにプラスチック容器の端っこを割ってしまいました。恐るべき雑さ)

 

 

さて、このマス、鱗の色もきれいで、目もけっこう澄んでたので、「コレ!今夜はコレ食べたい!!」と主張いたしまして(笑)

 

ニジマス(rainbow trout)でなかったのは残念ですが、マスはもう美味しいから良いや!と。

 

 

{8DD65B82-01B5-48FA-9C5E-05A6BB1BA1F3}
 
内臓は既に抜いてくれてました。
 
尾頭は、夫の出刃包丁で私が落としました。
 
{EC38DF62-D340-46D8-B485-31CEC33A7D6F}

初心者が捌いたので残念な見映えですが…滝汗
 

塩振って、オリーブオイル振って、庭のローズマリー挟んで、裏庭のBBQグリルで焼いてもらいました爆  笑

 

 

 

ただ、アメリカ人って魚の骨が苦手…っつーか大嫌いっぽいので、捌いたあと、骨を抜く作業を私がしたんですが、

 

危うく身をめちゃくちゃに崩すとこでしたよ…。

 

 

参考にした動画(夫が見つけました)はコチラ↓↓ですが…

 

 

途中から、「あ、コレあかんやつや…」と額に縦線入りました。日本の板前さんとかが見たら激怒するやろな。

 

 

 

がんばったんですけどね、それでもちょっと残った骨が口の中で見つかる度、みんなが微妙な雰囲気になるので、ちょっといたたまれなかったという滝汗

(特に最近空気を読めないお母さんが、「やだ〜骨〜。また骨〜」とかぶつくさ言いながら取り出すので滝汗滝汗

 

 

 

 

でも料理上手な夫が味付け&グリルしたので、お味はすっごく良かったですよウインク

 

翌日までキッチンが魚臭かったですけど(笑)、時々ならこうやって美味しい魚を食べたいです。

 

今度はシンプルに塩焼きしちゃおうかな〜照れ

 

教訓:アメリカ人相手なら、魚は切り身を調理しないと食事中が気まずい(爆)

 

 

ブログランキングに参加中です!

よかったらポチポチッとお願いいたします♬

 

AD

コメント(2)