モンスター(20枚)
冥府の使者ゴーズ
甲虫装機 ホーネット×3枚
甲虫装機 ダンセル×3枚
甲虫装機 センチピード×3枚
甲虫装機 グルフ×2枚
甲虫装機 ギガマンティス×2枚
ダーク・アームド・ドラゴン
カオス・ソルジャー -開闢の使者-
エフェクト・ヴェーラー×3枚
ヴェルズ・サンダーバード

魔法(10枚)
大嵐
死者蘇生
強欲で謙虚な壺×3枚
闇の誘惑
サイクロン×3枚
おろかな埋葬

罠(10枚)
奈落の落とし穴×2枚
神の宣告
神の警告×2枚
激流葬×2枚
強制脱出装置×2枚
リビングデッドの呼び声

エクストラデッキ
E・HERO Great TORNADO
E・HERO The シャイニング
E・HERO エスクリダオ
No.16 色の支配者ショック・ルーラー
No.20 蟻岩土ブリリアント
No.30 破滅のアシッド・ゴーレム
No.61 ヴォルカザウルス
インヴェルズ・ローチ
ヴェルズ・ナイトメア
ラヴァルバル・チェイン
虚空海竜リヴァイエール
甲虫装機 エクサスタッグ
始祖の守護者ティラス
迅雷の騎士ガイアドラグーン
発条機雷ゼンマイン

サイドデッキ
D.D.クロウ
キラー・トマト×2枚
ライオウ×3枚
王宮のお触れ
次元幽閉×3枚
精神操作
聖なるバリア-ミラーフォース-
超融合×2枚
連鎖除外(チェーン・ロスト)

デッキ記事と考察記事をひとまとめにします。
甲虫装機というデッキテーマについて今更語ることはないでしょう、今環境は誰しも嫌というほど相手にしたことでしょうから。
なのでトレンドを意識したカードに的を絞って解説していきます。

メインデッキからは2点、《ヴェルズ・サンダーバード》と《強制脱出装置》について話そうと思います。
《ヴェルズ・サンダーバード》について。虫は攻めてとなるモンスターがダンセルやセンチピードなどの上の虫となり、これらのカードが引けない場合に攻めてを欠いてしまうことが多々あります。そこで重要なのは、ライフを削るとともに場を維持し、これら上の虫へと繋げるサブアタッカーの選択です。これはカードガンナーが代表例の一つです。しかし最近のトレンドを意識HEROが増加してることを考慮し、サンダーバードはカードの発動にチェーンして場から離脱することが可能なためにボードアドバンテージを失いません。裏目となるのが効果未発動時に1650以上、またHEROのフォトスラですが、そこに多めに積んだ除去を当てることでより場を維持します。また、他環境デッキにも積極的に召喚しライフを削ることで相手に行動させ、かつこちらの虫へと繋げます。
《強制脱出装置》も主にHEROを意識するとともに、先攻の展開時に汎用性の高い除去として使用できるため採用しました。例えば先攻ダンセルグルフが通った場合、バックを握っているとき自分は多くはダンセルセンチを放置します。これは何故かというとダンセルorセンチが場に残る=次のターンにはkillもしくはそれ相応の展開ができるためです。相手はこれを突破すべくモンスターを召喚、一度しかない召喚権をここで消費するため脱出を当てることで相手はさらに動く、もしくは伏せてしのぐ手段しか残されません。また、下で記述しますがキラートマトからの動きにも1枚絡んでおり、奈落や激流と並び現環境で非常に優秀な罠カードであると思います。あmた、単純に上級、エクシーズモンスターやHEROの融合などに当てることで1:1、もしくはそのモンスターを相手が出すためのアドバンテージを考慮するとそれ以上の交換が見込まれます。

次にサイドデッキに移りたいと思います。サイドについて自分が触れる点は2点、《キラートマト》と《超融合》です。
《キラートマト》について先に話します。これは上の虫に依存するこの形で如何に早くダンセルへアクセスするか考えた際投入しました。リクルーターはビートのデッキ全般に強く、ましてそこからサーチされるモンスターがダンセルなので、相手は既に場にいるダンセルに対し有効打を握れていない限り展開を許してしまいます。その際考えられるものの一例がエフェクト・ヴェーラーでしょう。場のダンセルに相手はヴェーラーを投げざるを得ません。そこに後続の虫、または脱出でそのダンセルを再利用することで、より虫の効果を通しやすくすることを考えました。しかし調整段階でそのような場面は幾度かあったものの、当日では一度もまともに効果を使うことなく終えてしまったために更なる課題点となるでしょう。
《超融合》、このカードでHEROビート相手のマッチを全てもぎ取りました。言うまでもなく強いです。本来このカードにデッキテーマとのシナジーはなく、完全なHEROメタカードです。このカードの強みは相手の場に並んだモンスターを融合することで一方的なアドバンテージを生み出すこと、そしてそうならないよう警戒させ相手にモンスターを並べさせずスローなゲーム展開を生み出すことです。相手の場にモンスター、特にヒーローが並ばないということはそのサポートカードも本来の力を発揮できず、こちらは無理なく処理する時間が生まれます。また、相手の融合モンスター、特にシャイニングの打点はミラクルから出ると3200まで上がり、単純に打点での突破は不可能です。そのためより多くの除去を積むことでその処理に徹します。それと、HEROビートに限らず、アライブHEROに至っては相手は必ずHEROを並べて展開するのでこちらの伏せに超融合が残れば場は返すことは容易です。裏を返せばHEROはそれだけ強力かつ虫に相性が悪いため、これだけの数のメタカードを積むことで勝利を狙います。

メイン、サイドについて主だった点の解説は以上です。
エクストラデッキは超融合のための融合3種、それに最低限の虫のエクストラと言ったところでしょうか。風はエアー+HERO、光はフォトスラorアナザー+HEROやこちらのヴェーラー+HEROなど、闇は基本こちらの虫+HEROで出ます。

次回参加予定CSは8/4の川鶴CSです、レポは後日また書くかと思います。
また、更新する時間と希望があれば、虫のプレイングを自分なりに書き綴ってみようと思います。
デッキの内容について質問などありましたらコメントしてください。では。


立川CS

テーマ:
どんどん更新していきます。
7/30の立川CS行ってきました、前日に参加予定のひと2人泊めて寝ずに当日を迎える。笑

使用:甲虫装機

1回戦:カオスドラゴン@ざべるさん ×○ET×
こちらの1伏せにナイトショットが飛んできたのでアライブor聖刻読み。しかし正解はカオドラで未来融合からライパルレダメと並ぶ。上の虫引かずダムドにヴェーラーもらい投了。
慎重なプレイで時間を費やしたためにET突入。こちらのダンセルはヴェーラーもらい少ないバックに除去当てられパンチ、負け。

2回戦:不戦勝

3回戦:エクシーズビート@ルンさん ○○
身内が1-1で固まっていたのでまさかとは思っていましたがここで引く笑
ルンさんのデッキは先攻ショック率が極めて高く虫は相性がかなり悪いのですが相手の事故+プレミでゲーム拾いました。

4回戦:HEROビート@ゼロさん ×○ED○
一本目には相手にまともな動きをされ、こちらも上下の虫が噛み合わず負け。
三本目のサイチェン中にエキストラに入りジャンケン勝って後攻。初手は幽閉2激流超融合剛健嵐、相手の2伏せアナザー。剛健でサンダーバードが捲れ嵐から召喚幽閉激流超融合セット。相手これを返せず勝ち。一番熱い試合でした。

5回戦:HEROビート@ジェルさん ○○
この試合も上の虫をあまり引かなかったのですが、ダムド超融合でゲーム拾いました。

予選4-1(3-1)でしたが、不戦勝もありオポネントが低すぎると思っていましたが、対戦相手が皆3勝と決勝トーナメントへ進出。

決勝T1回戦:HEROビート@ヒーローさん ○×○
負け試合は立ったシャイニングを処理できず。トップモンスター引かれなければワンチャンも残念なことにモンスター、伏せ読みも甘かったです。反省。

決勝T2回戦:聖刻@hiroyaさん ×○×
対戦前に聖刻と知るも相手はこちらのサイチェンも見ており全て見透かされている状況。一本目はワンキル狙うも冷静な思考を保てず失敗。圧倒的に場数の差でした。
三本目も相手のアセト聖杯をダンセルで押すもヴェーラー。バックもなかったため返しにキルもらうという醜態でした。聖刻といいカオドラといいドラゴン系統に対する調整不足が顕著に現れた結果でした。

成績はベスト8、賞品でアビスライジング1箱いただきました。
若干悔やまれますが、虫で最低限の成績を残せたことに満足しています。このデッキテーマは4月から使い続け新制限では規制濃厚なため、成績を残したい一心でした。それが少しでも叶ったならば心置きなく新制限を迎えられると思います。
また、今大会は特に対戦相手に恵まれ、緊張感もある楽しいデュエルができました。会場で会った方々には感謝しています。

最後に運営の皆さまをはじめ、参加者の皆さまお疲れさまでした。
デッキ考察記事も書きます
ので、デッキに対する質問はそちらにお願い致します。

夏休みにも入り落ち着いてきたので更新します。
7/15のJDCことジャパンデュエリストカーニバルに参加してきました、日にちが空いてしまったため簡易レポ+デッキ内容は割愛させていただきます。
今回200を超えるチーム数で前代未聞の大型非公認となり、会場も横浜大さん橋ホールという大会場でスケールが違いました笑

チーム
Aけんさん
Bフォルテ
C自分

使用:甲虫装機
1回戦 アライブHERO@ましゅさん ×○○ チーム××○
相手初動エアーでヒロビと思い、ヴェーラー。ワンパンもらって、こっち伏せて返したら1killで負け

2回戦 カラクリ@らにすた君(身内)○×- チーム○×-
ナチュビ立てられて虫を何かしら引けばワンチャンであったが引かず負け

お互い初戦負け同士だったので引き分けても仕方なく、ジャンケンで勝敗を決めることに。
そしてジャンケン負けて0-2でチームドロップ、しかし続けてもいい経験になったと思います。
その後はサブイベントやフリーして長い一日が終了。結果は振るわずともとても充実しました、大変遅れてしまいましたが大会運営並びに参加者の皆さん、またチーム組んでくれた二人はお疲れ様でした!
お久しぶりです。で、書き出すのが常となってしまってますね。
長期にわたり更新せずにいてしまい、わずかながらでも見ていてくださってる方には申し訳ありません。
これから夏休みも間近ということもあり、参加予定のCSもいくつかあるのでレポートとして簡潔ながらも記録し振り返る機会を作りたいと思いましたので、思い立った度という大変身勝手な更新頻度ではありますが、当ブログを今後ともよろしくお願いします。

早速、簡易レポながら書かせていただきます。
6/25 中野非公認 スイスドロー4回戦
使用デッキ 甲虫装機

1回戦:スキドレギアバレー@古町さん ×○○

2回戦:代償ガジェ@solaさん ×○×

3回戦:カオスドラゴン@Linksさん ×○×

4回戦:甲虫装機@Sさん ○○

7/2 中野非公認 スイスドロー4回戦
使用デッキ 甲虫装機

1回戦:代償ガジェ@チャリさん ×○○

2回戦:甲虫装機@ストッパーさん ×○○

3回戦:ヒーロービート@テンペストさん ××

4回戦:甲虫装機@Linksさん ×○×

どちらも2‐2という不甲斐ない結果でした。
中野の非公認にはとてもレベルの高いプレイヤーが集まるので、一戦一戦が力になります。


話は変わりまして、今後の参加予定CSの話です。
現在考えているものは、
7/15 JDC 7/30 立川CS(個人) 8/8 東京CS
あたりは出たいと考えています。JDCはチームは決まっています。
夏休みなどで関東のほうへおいでの方は是非交流しましょう!
以上報告でした。

では、今回の更新はこの辺で。