代表戦

テーマ:
オーストラリア戦はスコアレスドロー。


決定力不足という言葉で片付けると簡単ではあるが、何と言うか前の人のシュートのパターンが少ない印象を受ける。そのトラップしてからシュートのパターンだったりテンポが見ていて物足りないから、強豪相手だと余り得点をイメージできない。


大久保の反転シュートくらいかな…


意外なパターンだなぁと感じたのは。後遠藤のミドル気味のシュートはキレイな崩しからだったので入って欲しかったが。


ただあんなキレイにはまる事ってそうそうないしある程度の強引さがあるとキレイな形って何度もできるだろうからね。


まぁホームで勝ち点0というのが1番最悪な形だったから最低限の仕事はできたとは思う。
AD

連覇 天皇杯決勝 

テーマ:

浦和 1-0 G大阪






正直今日の試合はガンバが前半のうちに1点決めていたら結果は逆だったと思う。

明らかにガンバの方がいいリズムで守れていたしチャンスも生んでいた。


都築のファインセーブがなければ3点は入っていてもおかしくなかった。


前・後半ともガンバに押されていたけれど長谷部、岡野の投入がズバリ的中。

永井は2トップの方が活きるね。

事実岡野が入った後は得意のドリブルで切り込むシーンも見られた。


後は何だかんだ言っても相手の攻撃を0に抑えた守備陣。

リーグを戦った3バックが誰もいない中でよく頑張ったと思う。

正直安定感はレギュラーの3バックと比べると心もとないが

リーグの3バックはそのまま日本代表に持っていってもおかしくないレベルだから・・・・・・


上の絡みでガンバ大阪のマグノアウベスが細貝のところをガンガン攻めていたが

細貝にとってはいい経験になっただろうと思う。

個人的には細貝にはかなり期待しているのでDFをやるにしろ守備的MFをやるにしろ

今は与えられた状況の中で首脳陣の信頼を勝ち取って欲しいと思う。

また彼のようなフレッシュな戦力がレギュラー陣を脅かして欲しい。


これで来年のACL出場権も手に入れた。


2007シーズンは監督も変わるし日程もタイトになるし三都主も移籍してしまうし

チャンピオンチームとしてマークされる立場だろうから厳しいシーズンになるだろうけど乗り越えて欲しい。


阿部は来るかなぁ・・・・・



AD

浦和 3-2 G大阪






俺が浦和レッズと出会ったとき・・・・・とにかく弱かった。

ニュースステーションで川平慈英が出ていた時いつも順位表を見ると下から数えた方が早かった。


今、ニュージーランドのクラブにいる某サッカー選手に


「レッズやグランパス相手じゃ燃えない」


と言われた時代もあった。





その後福田正博氏が得点王を取ったり、小野伸二が入団したりで騒がれて

J1で3位まで上り詰めたことがあったがその時の上位とは力の差が確かにあった。



その後J2降格して昇格も最後の試合だった。

土橋正樹氏のミドルシュートに歓喜したものだ。



ナビスコカップを制した時は飲食店で働いていた時で新聞でそのニュースを知った。



J1セカンドステージを制した時は資格試験の前日だった。

その後のチャンピオンシップは横浜FMに負けて年間は2位だった。



昨年は順位こそ2位だったが終わってみれば2位という印象が強かった。

事実、上位陣には負けていた。



そして今年。

常に優勝争いに絡み最終節になったが優勝が決まった。

しかも直接のライバルG大阪を倒しての優勝だ。

これは喜びもひとしおだ。



マグノ・アウベスに決められた後すぐにポンテが個人技で抜けだし同点に追いついた時点で

緊張が取れたというかいつもの浦和に戻れたと選手が口々に語っていた。

こういった試合で勝ちを拾えるようになったことが去年より成長というかチームとして逞しくなったと感じさせる。



まだ天皇杯が残っているが天皇杯はリーグを戦った主力が抜けることもあるだろうから

控えの選手にとってはチャンスだろう。

去年の天皇杯で活躍し結果を残した(リーグとかでも途中出場で自分の役割を果たしていたが)

堀之内は今年不動のレギュラーになったように今年もそういう選手が出てきて欲しいと思う。




とはいえ、とにかく今日は優勝の喜びに浸りたいと思う。



AD

浦和 3-0 甲府




いやいやいや・・・・本日も一身上の都合で携帯で速報を追っていたのだが審判名を見たとき僕は少し動揺した。



ジャスティス岡田・・・・・・・・


これは荒れるかもと思ってしまった。

何か岡田ジャスティスの試合って退場者が出る確率が高い気がするのは気のせいだろうか?

今日も結局退場者が出たし。


さっき、映像を見たがワシントンが前半で2本PKを外していたのは驚いた。

だから後半開始時に得点が取れたのはよかっただろう。

ここで点が取らなかったら引きずるのでは?と思ってしまった。


後は山田キャプテンの2点目はグレイトなゴールだった。



今日の結果で3強のうち川崎が脱落。

G大阪もアウェイで引き分けのため勝ち点差は5。

まだ優勝が決定した訳ではないが可能性はかなり高くなった。

次のFC東京戦で決めて欲しい気がするが、FC東京は最近上位いびりが好きだから油断せずに行こう。



中2日とタイトな日程だが次の試合も勝利の美酒に酔わせて欲しいよ。



浦和 1-0 横浜FM




正直川崎は勝つと思っていましたよ。

後半9分までは4-1で勝っていたのだから・・・・・・



まぁ、一人退場者出した時点で戦い方を変えるというのも一つの手だと思うがどうでしょうね?

11-11の勝負では川崎のアグレッシブさは脅威だし

実際最近の試合では浦和はその怖さを味わっている。

しかし状況が変われば変わったなりの戦い方というのも勝つためには必要ではなかろうか?




理想は内容のある勝ちだろうが、最終目的(優勝)を達成するためにどうすればいいのかということを

つくづく感じさせられた気がする。



ジャンピエールポルナレフ風に言うとこんな感じか?




              ,. -‐'''''""¨¨¨ヽ
         (.___,,,... -ァァフ|          あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
          |i i|    }! }} //|
         |l、{   j} /,,ィ//|       『4-1で勝っていたと
        i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ        思ったら何時の間に4-5で負けていた』
        |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |
       /´fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人        な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
     /'   ヾ|宀| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ        おれも何をされたのかわからなかった…
    ,゙  / )ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉
     |/_/  ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ        頭がどうにかなりそうだった…
    // 二二二7'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \    催眠術だとか超スピードだとか
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ    そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
_/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...       イ  もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…






話を戻すと堀之内・坪井・山岸とJ1最小失点の守備陣が戦線離脱により不安視されていた側面があったが

蓋を開けてみたら完封勝利。


堀之内は今季のリーグ戦は絶望だけど、その分今まで試合に出れなかった選手は何とか頑張って欲しい。


リーグ戦も残り4節。

優勝争いも浦和・G大阪・川崎の3チームに絞られた。



次は名古屋戦。



実は俺は名古屋には物凄いライバル意識がある。

かつてGKキッカーとしてPK戦に参戦した時代があった。

両チームともJリーグのお荷物として扱われた時代もあった。

そして名古屋の方が先にそこから抜けだした。

最近では浦和確実と言われていたジュビロ磐田の藤田を横から掻っ攫われた(という印象を受けたのは俺だけではない)

もっとも藤田の件に関しては、この件が無ければポンテという素晴らしいMFが来日しなかったと思うので

それ程でも無いかな?現金だな俺。




話がずれたがそんな思いもあってかこのチームには負けて欲しくないというのは人一倍強い。

だからアウェイとはいえ勝って欲しい。



長いリーグも残り4試合。

一試合一試合勝利を積み重ねて行くだけ。







日本 2-0 イエメン





うーん・・・・・

過密日程の疲れがあるのかどうかわからないが全体的に動きがよくなかった気がする。

特に前半はジーコの時の日本代表とそれ程変わらなかった。

もっとも、イエメンにあれだけ引かれて守られたら仕方ない面もあるだろうが・・・・・・・


後半になって羽生が投入されてから羽生がいい走り込みをしていたけど三都主は悉く無視。

無視と言う言い方は変か?上手く使えればよかったんじゃないか?と思うシーンがチラホラ見えた。


こういうときはセットプレイが鍵になるが2点ともセットプレイからだった。


特に佐藤寿人は本当に仕事人という感じで僕の中ではかなり好印象を持った。

タイプ的には大黒に一番近いのかなぁ?と思う。


次のアウェイ戦は海外組の召集はあるのだろうか?

個人的には松井大輔を召集して欲しい。

というより本来遠藤か三都主の位置に松井大輔をオシム監督は使いたいのではと思っている。


後ろは今の4人、坪井・闘莉王・加地・駒野がベースになりそうだし

守備的MFもおそらく阿部と鈴木啓太でしばらくはいきそうな気がする。

中田英寿選手 現役引退

テーマ:

帰宅した頃が報道ステーションが始まる頃で、中田英の映像が流れたので


「何かあったのかなぁ?」


と思っていたら中田英寿現役引退のニュースだった。



てっきり代表引退なのかな?と考えていただけに現役そのものに幕を引くとは思っていなかった。



しかし、中田が著書で


「サッカーだけが自分の人生ではない、イロイロなことに挑戦していきたい」


と言った旨の言葉から考えると、ある意味彼らしいのかなぁとも思う。





カズが代表から退いた時ひとつの時代が終わったと感じた。

それと同じ感覚を今、抱いている。




サカつくEU

テーマ:

プロサッカークラブをつくろう!ヨーロッパチャンピオンシップを今更ながらプレイしている。

所謂「サカつくEU」


参加リーグはイングランドプレミアリーグ。

今現在4年目の12月辺り。



スタジアムは大規模スタジアム、クラブハウスがLv2



ひたすら資金をためることに力を注いできたから、初期の移籍リストの選手がチラホラいる。



しかし・・・・・サカつくシリーズはホント序盤は地獄だ。


まぁ当たり前なんだけど弱い。

本当に弱い。

アーセナルやチェルシーリバプールやマンUにボコボコにやられまくりだ。



試合を見るを選択するとありえない行動(具体的にいうと目の前にボールが来ているのガクガクブルブル)

をしたりするDFだったりサイドに流れたボールを追わないサイドMFとかがいる。



正直切れそうになる。


今は試合を見るは選択していない。

もうイライラするから・・・・・・・



ああ・・・今もまたアーセナルに3-0で負けた。



現在13位。

引き分けがとにかく今多い。



チキショウ・・・・・フラストレーションのたまるゲームだ。

少しでも早く1シーズン終わって欲しい!!



メーカー:セガ


タイトル:プロサッカークラブをつくろう!ヨーロッパチャンピオンシップ

(初回生産版:「サカつく特製 WCCF バッジョカード」同梱)

特典 「ヨーロッパリーグプレイガイド」+「特製スリーブ」付き


このアイテムの詳細を見る


W杯 第3戦 ブラジル戦

テーマ:

日本 1-4 ブラジル




完敗・・・・ですね。

グゥの音も出ません。今見た報道ステーションの福田さんが少し泪を浮かべていた。

リポートするのが大変

だったろう。


マスメディアの戦略に乗せられて実力以上に期待をかけていた人は失望感を感じるだろう・・・。


俺はどうだろうか?


ヨーロッパの大会で勝ち点1を取れたことは日本にとっては前進だと思う。

フランス大会では出来なかったことだから・・・・



ジーコ監督にとってはサッカーの難しさといったものを監督として感じた大会だったと僕は思う。

今後の4年間は世界のトップで戦える選手がどれくらい出てくるか・・・・だろうな。きっと。


その前に予選を突破しなきゃいけない。

今度からはオーストラリアもアジアに参戦する訳だから、より厳しくなるだろう。


余談だが・・・・・プラズマテレビは本当に鮮明だ。

今までテレビはどれも一緒だろ?なんて思っていたが、買いたくなる人の気持が少しわかった気がする。

W杯 第2戦クロアチア戦

テーマ:

日本 0-0 クロアチア



昨日の試合は、オーストラリア戦よりは出来はよかったと思う。

ただ、決められなかった。



わずかなチャンスを生かすことが世界で戦うには必要なのだということを改めて感じた試合だった。

それは日本だけでなくクロアチアにも言える事だけど・・・・・


次は最強と謳われているブラジル戦。

おそらく主力の何人かは休養にあてるだろうがそれでも日本よりはレベルが高い選手ばかり。

今の自分達が世界最高とどれくらいの差があるのかを肌で感じるいい機会な様に思える。


とにかく頑張って欲しいと思う。