SBR #31 6度目のゴール

テーマ:

先月号のウルトラジャンプでのジャイロ対ウェカピポ戦を立ち読みして余りにも面白くかつその後続きが気になったので今月号のウルトラジャンプ買ってしまった。ちなみにその後先月号は購入。



SBRを最初から読んでいた僕としてはようやくと言う感じの内容だった。



1stステージでのまさかの降着以降ずっと勝てずにいたジャイロ・ツェペリがとうとうレースで1着。


今月号はもう


「ジャイロ・ツェペリ!!ジャイロ・ツェペリ!!ジャイロ・ツェペリ!!ジャイロ・ツェペリ!!~(中略)~ブリザードと氷の海峡を越えてきたのはジャイロ・ツェペリだッ!!」


これに尽きるね。


SBRも2/3が終わっていよいよ優勝争いも限られてきた感じがする。

ポコロコは今の幸運頼みの走りでは最早ジャイロ・ジョニィ組には勝てないだろう。

今後何らかの精神の成長があるのかなぁ?


それから4thの途中で負ったダメージが大きく5・6thと馬を休ませながら走っていたDioが捲土重来というか復讐の意味でこれから本格的に絡んでくるだろう。個人的にはレースでのラスボスはDioでジャイロ対Dioになりそうな気がする。そして遺体争奪戦ではジョニィ対大統領の気がする。


単行本14巻は対ウェカピオ戦までかそれとも今回の話も入るのか・・・・・

それはそれで楽しみ。ページ的には今回の話を入れて丁度いい気がするが。



AD