メダル5個の予想がふたを開けてみれば荒川静香選手の金メダル1個だったり、

皆川健太郎の惜しい4位だったり岡崎朋美の4位だったりとか

スケートの加藤選手の6位とか及川選手の4位とか村主選手の4位とか上村選手の5位とか

の結果を見てメダルを取ることの難しさというものを、人ごとながら痛感している俺だ。


オリンピック前はあれだけ、ミキティ・ミキティ・4回転といっていたのがウソのように

今は荒川荒川!!

だから、世の中わからんもんだね。

今や、ミキティのミの字すら出てこない。

現金なもんだよ、人間ってヤツは・・・・・・・本当に。




ただ、皆川選手とか岡崎選手のような性格というか競技に対する取り組みというか

・・・・うーん、謙虚な姿勢で望もうとする人の活躍し、結果が出てくれたのは何か少し救われた気がする。





後は現地にレポーターとして行っているタレントは楽しんだだろうな、イタリアーンを。

一体どれくらいのタレントさんが競技に対して取材したのだろうか?

TVをあまり見ていないから好き勝手なことはいえないけど、僕はそれが知りたい。


さてさて、トリノオリンピックで、期待通りの結果を残せた選手だったり

思うような結果が出なかった選手だったりイロイロいるが、楽しめればそれでよし。



もっとも、選手にとっては自分の思ったとおりの結果が出た時が一番楽しいのだろうけどね。


だから、戦う前から


「オリンピックを楽しみたい」


という言葉も聞いたときは僕はちょっと違和感を感じていたんだ。


例えば試験だったりそういうものは自分が努力して思うような結果が出た時が一番楽しいものでしょ?

試験受ける前から


「落ちてもいいから楽しみたいです」


なんていう奴いるか?いないよねぇ・・・・いたら尊敬する。


試験と競技が一概に同じとは言えないけど

スポンサーがいてサポートスタッフがいて競技をしている以上は

自分満足で止まってはいけないと個人的には思うがどうだろうか?



まぁ、終ったことは仕方ないし、結果が思わしくなくても事実葉事実として受け入れなければならない。

JOCの見込みの甘さとスタッフの多さと強化体勢を考えるいいきっかけになればいいが・・・・・・



トリノからバンクーバーまで飛びたいねぇ・・・・

飛びたい?

飛ぶってイタリア語でなんていうんだっけ?



ボラボラボラボラボラボラボラボラボラボラボラボラボラボラボラ

ボラーレ・ヴィーア


(飛んでいきな バイ ナランチャ・ギルガ)

AD

G大阪 1-3 浦和



仕事だったので結果とインターネットでの試合展開の推測のみ。

しかし、この間年が明けたと思ったらもう2ヶ月過ぎようとしている。

光陰矢の如しを実感している、今日この頃。



今、スーパーサッカーやっているが。ミスターレッズ福田正博がコメンテーターとして出ている。

スーパーサッカーの大将は異常にハイテンションだ。


前半開始早々でオウンゴールによる失点がありつつも前半2得点、後半1得点。


今日のスタメン・ベンチメンバーを見ると冗談抜きで2チーム作れる選手層だ。

ベンチに相馬・永井・岡野・酒井と控えているくらいだし、期待の若手細貝もいる。

去年の天皇杯で細貝が3バックの一角をやっていたときはビックリしたけど

本人にとってはその経験が自信にもなっているだろうし、ユーティリティーな面が今後重宝されそうだ。

内館や山田のようなプレーヤーになっていくのだろうかねぇ・・・・


さてさて、今、少し試合展開を映像で見たが、中盤の構成力が少し抜けているかもしれないなぁ。

小野・長谷部・ポンテとタレントはそろっているし、ワシントンのコンディションはまだよくないかも知れないが

調子が上がればかなり得点を量産しそうだ。

このメンバーに田中達也が復帰すればどんな攻撃が見れるんだよ!!とワクワクしそうだ。


ただ、浮かれているばかりでもない。

去年も戦力では優勝候補に上がっていたけれど開幕数試合での躓気が最後まで響いてしまった。

今年はそういうのはもういい。

勝ち点を1点でも積み重ねることに貪欲になって欲しい。

そして、シーズンが終わる頃には一番上に立つように僕は応援するよ。


今年こそは悲願のリーグ制覇と・・・・

個人的な希望はエスクデロのJ・初ゴールを期待。

W杯イヤーのJリーグの開幕はあとわずか。




AD

アジアカップ 対インド戦

テーマ:

日本 6-0 インド



前半は1-0・・・・

正直言って消化不良の内容。

後半は一気に5得点。

インドの集中力が切れたのか、日本のサッカーが出来たというか両方だろう。


まずは久保が2ゴール。

どフリーでゴールポストというの以外はよかった。そして何より90分動けたのが大きい。

それから、途中出場した佐藤寿人も1ゴール。

召集された選手が結果を出したことによって欧州の選手もうかうかしていられないだろう。



後は、長谷部が初先発。

長谷部の持ち味、パスの正確さというのは見せれたとおもうし、

佐藤のゴール、2点目のゴールの起点、久保の2点目も起点は長谷部だった。

欲を言えば彼の持ち味でもあるドリブル突破というのをもう少し見たかったけど

まずは代表に違和感なく溶け込むということを重視したのだろう・・・

しかし、代表初先発とはおもえない堂々としたプレー振り。

与えられたチャンスというのはそう多くない、だからアピールをしたいという気持が凄く出ていた。



今後の代表に関して特に面白くなってきたのがFW争い。

ボスニア戦ではどういう組み合わせになるだろうか?

そして久保が欧州のチームとの対戦でどういった動きが出来るのかというのを凄くみてみたい。




少しずつW杯に向けて盛り上がってきた。

そしてチャンピオンズリーグ チェルシー対バルセロナ戦も凄い楽しみだ。



AD

CDバトン

テーマ:

さっきすぽるとのマンデーフットボールで

バルセロナのメッシーの動き・・・・何といえばいいのか、反転してからの早いドリブル→ゴールの動きに

見とれてしまいました。

ロナウジーニョといういいお手本というか想像力をかきたてるプレーヤーが同じチームにいることが

彼をどんどん成長させているように見えるのは気のせいでしょうか?

さてさて、レブロンさん のとこから拝借してきた「CDバトン」をやりますか。

●2005年に買ったCDをすべて挙げてください

覚えてないよ、全部なんて。

えー・・・・・クイーンのジュエル2でしょ?B'zのシングル2枚とベストアルバム1枚でしょ?

サンボマスターのアルバムもかったなぁ・・・・「サンボマスターは君に語りかける」というアルバム。

後、スピッツの「隼」というアルバムも買ったし、筋肉少女帯の「月光蟲」というのも買った。

特撮のアルバムもかったなぁ、「爆誕」「ヌイグルマー」

覚えているのはこのくらい。

ほとんどブックオフ。

やまびこ声かけ、ブックオフ。

特に意味はない、ただ思いついたことを書いてみただけ。

●中でも特に思い出深い一枚を教えてください

クイーンのジュエルズ2を聞いて「’39」という曲に凄く惹かれたので、

曲というのならそれを一番にしたいのだが、

一枚という意味ではやはり、筋肉少女帯の「月光蟲」

バカソングだけど演奏テクが抜けているというそのギャップが凄いの一言。

また、大衆に媚びない感じというのと

チャラけた歌詞の本質は実は誰もが持つ人間の情けなさを唄っているというのが

俺の好みでもある。

「僕の宗教へようこそ」、「イワンのばか」、「風車男ルリヲ」の3曲がとても好きな俺。

ちなみに「イワンのばか」は↓のアルバムにも収録されている。

イントロがメチャクチャカッコイイ。



アーティスト:筋肉少女帯

タイトル:筋少の大車輪 より「イワンのばか」

このアイテムの詳細を見る


三年殺しを知っているかい ロシアのサンボの裏技さ

三年限りの命だぜ ポルカを踊るヒマもない

●音楽が好きなあなたのお友達にバトンを渡してください。

 人数制限はありませんが、必ず2名以上指名してください。

この文章矛盾していないか?

人数制限はありませんが2名以上って、人数制限ありじゃん?

一人はダメなの?

そんなこと突っ込むなって?

そうだね、俺みたいにあげ足とっちゃダメだね。悪かったよ。謝る。ゴメンなさい。

・・・・・・・・・・・心がこもっていないことがバレバレだ。

えー、一人ボケ突っ込みは置いておいて、たまには指名でもしてみますか。

まずは 

トラブルは素晴らしいチャンスシンパイナイモンダイナイナイナイザッツイッツオーライな感じで

スイーツの写真が美味しそうなaikoさん

もう一人は

板垣先生の手にかかれば男女の愛ですら戦いに昇華できることを僕は知りました。

でも最近のバキ→範馬刃牙はもはやギャグマンガになっていません?と僕は思うがどうですか?

の意味を込めてドーラさん

受け取ってくださいな★


日本 2-0 フィンランド





何か日本代表の試合と言うのは物凄く協会の財布を潤すものらしい。

放映権・入場料その他関連商品あわせて年間93億円稼ぎ出すそうだ。

そのお金を日本サッカー全体の強化・育成費にあてているとの事。

しかし上には上の国がいて、例えばイングランド。

イングランド協会の年間予算はおよそ800億円。日本の約8倍。

しかし日本の伸び率といえばいいのか?

1987年度の日本サッカー協会の年間収入が7億だったことを比べるとここ20年で20倍以上。


こういうことを書くと誤解を生む可能性があるが、

進化というか強くなるにはお金の力はやっぱり必要な訳だよ。


お金で何でも買えるとは思わないが


金がすべてじゃないなんてキレイにはいえないわ~♪(バイ尾崎豊)


とも思う。



話が横道に逸れたので試合について観戦した感想を。



今日は久保がどれくらい動けるのかということを、とにかくみていた気がする。

前半はやはり様子を伺うというかそんな感じでプレーしているような側面もあったが、

死角となるスペースを見つけようとする動き、

いい体勢でシュートを打とうとする為にどうすればいいということを常に狙っていたし、

前半に放ったシュートでDFの足に当たっていたシュートはゴールの枠内にいっていた気がする。


そして後半開始直後の時間、小笠原→久保の流れで先制点。

この後、しばらく日本が押せ押せの時間に突入する。

そして後半11分~12分にかけての時間に小笠原の超ロングシュートのゴール。


漫画「ファンタジスタ」

イタリア代表マルコ・クオーレの「極上の虹」かよ!!


と思わず突っ込んでしまった・・・・・のは俺だけか?



その後幾度となくチャンスもあったし、また日本にもパスミスがあった。


途中交代で入った佐藤寿人は・・・・

チャンスがスタメンで出る選手に比べて少ないという点を差し引いても

一回あったビックチャンスは決めて欲しかったというのがあるが、今後に期待。



全体を通してだが、サイドからの展開で相手を崩すという型で背の高い相手にどこまでやれるのか

と言ったことを試していた様に思える。

中盤~サイドへの展開というシーンで何度かいいシーンが見られたので狙い通りだったという反面、

もうちょっと遠めからでもシュートといったものがあってもよかったかなぁとも思う。


後はドリブラータイプの選手がもっと早い時間に出てきていたらより効果的な攻撃が出来たのでは?

と思った。中盤で少しミスの出始めた後半15~20分辺りに。



最後に小野伸二・・・・・

随所に小野の持ち味である正確なパスといったものが見られた。

また、小野が機を見て積極的にゴールへ絡もうというシーンもあった。

改めて小野の能力の高さを感じたと同時に、今シーズン浦和でプレイするんですよ、彼が!!



これを楽しみといわずして何といえばいい。

もう来週はゼロックススーパーカップのガンバ戦だよ、確か。


早いものだ。

つい先日天皇杯だと思っていたのにもうシーズンが始まるんだから。

浦和のオーストラリアキャンプも今のところ順調にいっているみたいだし、

シーズンの出だしにつまずくことのない様にして欲しい。

去年の二の舞は避けてくださいね・・・・・

無条件バトン

テーマ:

無条件バトンというものを拾いました。

やってみましょう、簡単そうだし。



では、行きまする!!



Q1 無条件でときめく人



・・・・・・・・・・・いません!!


だと、終了するのでちょっと考え直そう。



ウーン、これと言って思い当たらないなぁ、やっぱり。

ある程度時間をかけて相手を知りたいタイプなのでね、俺。



Q2 無条件で嫌いなもの3つ



自分の能力を向上させる努力をしない人間。

本質を見抜く目を養おうとしない人間。

人を利用したり貶めたりする人間。





これは即答できたわ・・・・俺って嫌なヤツ。



Q3 無条件でお金がかけられる事



そうだなぁ・・・・・・

あまり、お金使わないからなぁ・・・・・

敢えていうなら、自分の目標(獲りたい資格)に対しては自分の投資できる範囲で

可能な限り投資はするかなぁ。



Q4 無条件でこのバトンを回す人



回さないことも選択肢ということでパース。




ちょうど「時効警察」を見ていてもう終りそう。

今日はいつもと違ってちょっと切ないなぁ・・・・

そして、時効前夜につかまったお母さん出なくて

何となく、お母さんが犯人だということを知っていたけどいえなかった娘さんに対して

「誰にもいいませんよカード」が出てくるとは思わなかった。



さてと明日は仕事だ。

後1日頑張りますか・・・






俺が読んでいる新聞にトリノにまつわる小話?に


「なるほどなぁ・・・・」


と思った記事があった。



それは、国際スケート連盟判定役員評定委員の杉田秀男さんの

フィギュアのペア競技についてのコラムだかコメント。



要約すると、ペアでは中国勢の躍進(2~4位)も目立ったが

そんな中で11連覇中のロシアの牙城を守ったことに凄さを感じたとの事。


で、ロシアのその強さの背景の要因の一つとしてコーチの指導力を挙げている。

具体的にはこうだ。



元世界王者のコーチは基礎となる動きと積み重ねを何より重視。

基本を徹底的に叩き込みながら着実にレベルを挙げていく。

だから、完成度の高いものをプログラム憎みこむことができ淀みがない。

単純なことをやり続けるのが一番難しい。

日々の積み重ねにこそ、強い精神力が宿るのだろう。



俺は、この記事読んで妙に感動と言うか納得させられたね。

俺自身は選手じゃないから偉そうなことはいえないが、

自分の人生で分岐路、例えば受験だったり就職だったりに置き換えてみると

日々の努力を怠ってきた時の結果と日々積み重ねてきた時の結果はやはり違ったと思う。


俺自身がこうありたい(=1日1日全力を尽くして生きたい)と思っているので

非常に楽しく読めたし、また、これからの人生に活かしたいとも思う。


実は、トリノにまつわる僕が印象に残った記事というのはもう一個あって

それは、明日かあさってに。


それでは 


アリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリ

アリーヴェ・デルチ!!(BY ブローノ・ブチャラティ)











オゴルコトナカレ

テーマ:

最近とんと更新していなかったものだ。

仕事では月間のデータの入力等々に忙殺され、昨日は昨日で突然腹痛に襲われ、

6時診療時間終了の医者に頼み込んで診察してもらったりした。

アレは本当に助かった。

原因はどうやら軽い風邪によって胃腸が弱っていたためらしい。

一応総合的な風邪薬と整腸剤をもらって、今も飲んでいる。

そのお陰か多少楽になった。

ありがとう、街医者さん!!



さてさて、トリノオリンピック。

はっきり言います。ほとんど見ていません。結果のみです。

上村選手が5位入賞だったり、岡崎選手が4位入賞だったり、原田選手が失格だったり

メダルが期待された(誰がどういう基準で期待をしていたのかはまぁ大人の事情と言うことで)

スノーボード陣の予選敗退だったりは知っている。

アレ?俺結構見てないか?



実力に裏付けられた大口叩きなのか、虚飾の大口たたきなのか

をある程度見抜く洞察眼というかそういう目は俺はそこそこあると思っているので

期待とは違う結果が出ても



「まぁそんなものでしょ?現時点では」


と妙に冷めた目で事実を認識している俺がいる。


そういう意味では敬愛するレブロンさん と同様に俺もどちらかと言えば

「古い価値観」と言うものに美徳というか共感はする。

何か今、この曲が浮かんだ。




アーティスト:筋肉少女帯

タイトル:筋少の大車輪 より「踊るダメ人間」

このアイテムの詳細を見る


「おごることなかれ!お前の思い言ってやろう」

ダメ人間はびこるこの世 

マイト一発!爆発させて! 3 2 1 0!

トリノオリンピックが開幕した。

競技者の肉体の限界に挑む姿とそれを取り巻く商業の香りが程よくミックスされた一大スポーツイベント。

今回は名前の通りイタリアのトリノでの開催。


開会式を勤務先の近くの住所から出る前にちょこっと見て、

そして改めてニュースでその映像を見た。



俺は思った。



根掘り葉掘りのギアッチョがいる。



ギアッチョ?と言われても?マークの人がほとんどだろう。

しかしある筋ではメチャクチャ有名な人物でもある。

それはジョジョ


GIOGIOのジョジョ・・・・・


と言ってもわからないので簡単に説明しよう。

ギアッチョとは「第五部 黄金の風」でボスの娘トリッシュの護衛任務の際に

ジョルノ・ジョバーナとミスタコンビと戦う組織の裏切り者の暗殺チームの一員。

(まぁ・・ジョルノたちも結局は組織を裏切るのだが、このギアッチョ戦はまだ組織の一員だった時の話。)



ちなみにギアッチョと言えば欠かせないのがこの台詞


「根掘り葉堀利ってよーォ・・・根を掘るってのはわかる、

スゲーよくわかる、根っこは土の中に埋まっとるからな・・・・・

だが葉掘りって部分はどういう事だああーーーっ

葉っぱが掘れるかっつーのよーーーーーーッ

ナメやがってこの言葉ァ

超イラつくぜぇーーーーーッ!?」


そのギアッチョのスタンドが「ホワイトアルバム」と言って

簡単に言うと氷の鎧。

その鎧の形状が今回トリノオリンピックの開会式で出てきたんだよ





こんな感じの赤いスケートスーツ?を装着していた人って絶対いたよ。

流石はヒロヒコ・アラキ。


バキ風に言うとこうだね



「君達のデザインは既に日本の漫画家によってデザインされた模倣に過ぎないッ!!」


・・・・・・・

えー、話はずれたが、オリンピックでいい成績を収めるには能力は勿論だが

競技に対しての環境、早く言えばお金も大きなウエイトを占めているんじゃないのか?と最近思う。


人気のある競技にはスポンサーもつくし、競技に対して集中できる環境がある程度整備されている。

しかし、それほど注目度の高くない競技にはスポンサーはつきにくい。

大会に参加するのも自己負担という競技もあると、この間何かのニュースで見た。



まぁ、選手の皆様頑張ってください。

過剰な期待とその後の批判は芸能マスコミ辺りに任せて、僕は気楽に見ます。

希望とは目の前にある道

テーマ:

昼ご飯を食べた後、物凄く眠くなる。

だから、寝ないように珈琲を何杯か飲む。


その効果が今頃出始めてきやがる。

全く眠くならない。

悪い兆候だ、でも仕事中に寝る訳には行かない。


ジレンマを非常に感じる・・・・・・・


そんな状態でB'zの「衝動」を聞いている。

脳がアドレナリンを分泌し始める?しているのか?

結構適当なこと言っているかも知れないな、俺。



今、「衝動」のエンディング辺りだ。


最後のフレーズが何気に好きだよ、俺は。





アーティスト:B’z, 稲葉浩志

タイトル:衝動

このアイテムの詳細を見る



希望とは 目の前にある道

どこかにいけると信じよう

あなたのすべてが 僕の衝動


チープだけど、一日一日積み重ねることが奇跡だったり希望につながるのかも知れないね。

宝くじみたいな一攫千金を狙うのも人がやる分には別に構わないけど悪銭身につかずというでしょ?


そういえばクイズ番組で知ったけど、悪銭身に付かずを英語で言うと


「イージーカムイージーゴー」


だった気がする。違うかな?

詳しい人教えてくださいな。



何か急に「イージーカムイージーゴー」が聞きたくなったので撤収・・・・・