ガチャピン

テーマ:

マスコットが人気だ。

今、世間を騒がせている楽天イーグルスの「カラスコ」だったり

上場問題でゆれる(おそらく値上がりしたら売り抜けると思うけど)阪神タイガースの「トラッキー」だったり

去年のさいたま国体のマスコットキャラ「コバトン」もかなりの人気者。



「コバトン」未だに需要があるみたいだ。

埼玉スタジアムのレッズの試合にも来たみたいだし・・・・

「コバトン」は↓参照。






しかし、マスコットキャラクターで最強、最凶、最狂・・・・なのはおそらく俺が思うに「ガチャピン」

ヤツ以外に考えられない。

「あいのり」に出ていた「ガチャピン(女)」じゃないぞ。

古い・・・・何年前の話だよ。

「ガチャピン」が誰か?詳しくはこちら




話を戻すと緑の「ガチャピン」の方。

覚えているので、スカイダイビングとジェットスキーにヤツが乗っていた記憶がある。


「アレには勝てない・・・」



映像を見たときそう思ってしまった。

何に勝てないのかは俺にもよくわからないのだが・・・・・・・



余談だが昔こんな夢を見た。

何分インパクトの強い夢だったので今も覚えている。

それはこんな夢




「ガチャピンとムックが何故か知らないけど総合格闘技のリングに上がっていて

ガチャピンがムックの上に馬乗りになって(マウントポジション)ムックをたこ殴りにしている

その様子をみて観客が興奮する一方、

TVの前で『うわぁ・・・・ガチャピンそこまでやる?』と思いながらも

その試合を楽しんでいる俺」



何でこんなシュールな夢を見たんだろう。

分析しておくれ、誰か?

AD

浦和 3-2 川崎F




前半いい形で2点リード。

後はこのまま逃げ切ってくれれば文句のない試合だった。

失点は相手のFKから。

FKを与えるということはそれだけ危ない位置まで攻め込まれていた訳で

裏を返せば川崎の攻撃力の証明でもある。


勝負を分けたのは川崎の幻のゴールの判定。

そこから浦和に流れが来て闘莉王のゴールが決勝点になり見事勝ち点3獲得した。


・・・・・・・・正直に言うと複雑だ。

勿論ね、勝てたことは凄く嬉しい。でも物凄く後味の悪さがあるんだよ。


川崎の関塚監督がインタビューで


「我々を勝たせない何かが働いていた」


と言っていたけどその通りだ。


いつもは比較的ジャッジ(アウェイの大分戦等)には泣かされてきた方だけど

今回図らずも逆の立場になってそれで勝って手放しで喜べるか?

と言われるとやっぱりそういうもんじゃないんだよね。


断っておくけど勝ったことは嬉しいんだよ。

うん・・・・それは間違いなんだ。



でも、なんていうのかなぁ・・・・・・・・・・

かゆいところに手が届かない、そんなもどかしさがある。



次節はG大阪戦。

首位との直接対決。

今節と似たような試合展開になるだろうな。攻撃力の高いチームだし。

ここで差を詰めたい。


スラムダンクのゴリ風に言えばこうだ。


「いいか?ここで追いつかなけりゃ俺達は優勝する資格はねぇ!!気合入れろ!!」


な感じ。



偉そうだな・・・・俺。

兎にも角にも次は公正なジャッジ?試合を壊さないようなジャッジの元ですっきり勝ちたいね。

そう思いません?

AD

BLOWIN'

テーマ:

この曲を買ったのは15の頃だった。

盗んだバイクで走り出してしまうような15の頃だった。

もっともバイクは盗まないけれどね。

中学生だ。所謂中坊。


発売された時代はタイアップ全盛でこの曲も決して例外でない。

「BLOWIN’」はポテトチップスのCMソングだったみたいだし(しかし実際その映像を見たことがないんだな)

カップリングの「TIME」はニュース番組のエンディングに使われていた。


余談だがタイアップといえば筋肉少女帯の「タイアップ」という曲を思い浮かべてしまう。



タイアップ~ 大企業と音楽の連動~♪



という曲だ。それはどうでもいいか。



買った当初は本当飽きるくらい聞いていた。

CDがボロボロにKOされるんじゃないか?というくらいリピートしまくった。

そんなことを思い出したら「BLOWIN'」を聞きたくなったのでベスト盤を取り出した。


一番の歌詞


負けるのは怖くない~♪


の部分がわりと好きだ。ハニー?よりもね。




アーティスト:B’z, 稲葉浩志

タイトル:BLOWIN’ より

このアイテムの詳細を見る



ボロボロにKOされる夢を見て君にしがみついた

いつもシャドウボクシング 汗まみれ 蜘蛛の巣をふり払うように

負けるのは怖くない ちょっと逃げ腰になる日が来ることに怯えているけど

AD

最近お疲れモードだったのか、少し体調を崩してしまった。

昨日は一日寝込んでしまった。


今日は幾分回復したがまだクシャミがとまらない時がある。


もうどうにも止まらない♪


は山本リンダだが俺のクシャミは早くとまって欲しい。


しかし、風邪を引いてしまい、また症状がひどくなると

こちらが想定していた全ての予定が狂ってしまう。

それは自分にとってマイナスだ。

非常にマイナスだ。

そうならないためにも子供の頃しつこく言われた手洗いうがいが大事なのかなぁ・・・と思う。


さてと、そんなこんなだけど自習しに学校に行きますか


おでかけしましょ、めんどくさがらないで♪


よくわからないがそんな感じで。




アーティスト:B’z, Kohshi Inaba, Takahiro Matsumoto, Masao Akashi

タイトル:THE 7th BLUES より「おでかけしましょ」

このアイテムの詳細を見る



おでかけしましょ めんどくさがらないで

憧れの人に会いにあおい海を渡ろう

なんておしゃべりじょうず ぜんぜん悪いことじゃない

ウソが少しだけ へるならなおさらいいね

泣いて泣いて泣きやんだら

テーマ:

ロッテと阪神の日本シリーズの中継を6回くらいから見た。

結果は、まぁご存知の通り

ロッテ3-2阪神でロッテが31年ぶりの日本一。


しかし、プレーオフの制度は何とかならんのかね?

片方は試合まで待ちぼうけ、片方は実践調整できる。

今シリーズはその差が顕著だったとTVの解説者が言っていたな。


ともあれロッテの選手・チーム関係者・ファンの方々 優勝おめでとう!!






えー・・・・・

阪神ファンの方々


正直かける言葉が見つかりません。

客観的に見ればシーズン中のパフォーマンスが出来なかったこと。

敗因はそれに尽きるだろう。


シリーズまで待ちぼうけ・・・・というのでなかったらまた違った結果だったかも知れないね。

歴史にもしも、イフはないけれど。



ロッテファンは嬉し涙を・・・・・

阪神ファンは悔し涙を・・・・・・



それぞれ流してくださいな。


というわけでこの曲を↓




アーティスト:B’z, KOSHI INABA

タイトル:The Ballads ~Love & B'z より「泣いて泣いて泣きやんだら」

このアイテムの詳細を見る


そんなにせめないで

あなたが悪いわけじゃない

一人じゃないんだから 心こすれあい

血がにじむことだってたまにあるでしょう


泣いて 泣いて 泣きやんだら

小さな胸はってもいいんじゃないか

どうやったって 毎日は過ぎるし

くやしさ 少ない方がいい





オータムシック

テーマ:

小さい秋 小さい秋 小さい秋 見つけた♪




という童謡?が示すように、段々と秋を感じる今日この頃。



石焼いも~♪


のスピーカーの声も目立ち始め、日が暮れるのも早くなった。

街路樹の葉の色も緑から黄へと染まりつつある。



「こうやって一日一日が過ぎていくんだなぁ・・・・」



と考えたら少しだけセンチメンタルになってしまった。




そんな秋の頃、生活には支障をきたさないが・・・・・・風邪をひいたみたいだ。

気が付くと頭が割れるように痛くなる時が昨日からある。



まるで


小さい風邪 小さい風邪 小さい風邪 ひいちゃった♪


な気分だ。


を出しながら唄う気持ちにはならないけどね。

月曜恒例のマンデーフットボール。


先週は


「ふざけるなよ?これだけか?」


な感じだったが今回は日本人選手が活躍したため結構少し長かった





中田英寿(ボルトン)


移籍後待望のゴール。

随分久しくゴールを見ていなかった気がする。

対戦相手は稲本のWBA。片やチームに欠かせなくなり片やベンチ外。

この差は何だ?戦術眼(今チームで何が求められているかの判断)の差か?





松井大輔(ルマン)


こちらも待望の一部初ゴール。

その前に先制のアシストにも絡んでいる。

後、ヒールでのスペースへのパスも見事・・・・つながらなかったけど。



チェルシー



・・・・・連勝は止まった。

しかし無敗は続いている。

ランパードのミドル反則だよ。何だあの精度は?



アーセナル



ピレスの2本目のPK・・・・

何がしたかったのか?トリックプレーがしたかったのか?

よくわからない。

僕はあの映像見て


「?????????」


だったがコメンテーターの風間さんはかなりご立腹だった。



バルセロナ


ロナウジーニョからジュリーへのアシストは妙技だった。背中?

しかしメッシー凄すぎ。

ドリブルのキレ。シュートへ行くタイミング。

とても18歳とは思えない。

これならアルゼンチン代表入りもうなずけるわ。

監督なら誰だって使ってみたいと思うよ。




ユベントス



イブラヒモビッチが今季リーグ戦初ゴール。

でも彼はパスも出せるからなぁ。

ユーべ、何気に開幕から8連勝。




ミラン



氷室京介・・・・・・

もといインザーギ久しぶりの出場。

復帰後即ゴール。

しかもインザーギらしいゴール(何でそこにいるの?というところにいてゴールを奪うプレー)

ミランもFW豪華だなぁ。

シェフチェンコ・ジラルディーノ・ビエリそしてF・インザーギ。

ようやくそろった感じだな。





バイエルン



ミヒャエル・バラックの先制ヘッドを足がかりに4-0の勝利。

しかし去年日本代表とやったときもバラックの得点力の高さには驚かされた。

あの試合はとにかくバラックの凄さしか印象に残っていない。




その名はオリー・カーン♪

テーマ:

「ドイツ代表のオリバーカーンが日本のJ・リーグに移籍かも?」


というニュースが流れて久しい。



オファー出したのは何処だろう?


①業務提携した浦和


②補強といったら出てくる名古屋


③キーパーで困っている横浜



そういえば横浜はカフーを土壇場でミランに持って行かれたし

デルピエロ獲得か?の時も噂が流れた。


でもバイエルンはカーンがいなくなってもシュツットガルドのヒルデブランドを引き抜いたりしそう。

W杯後のバラックの移籍したとしても(マンUか?)ファンデルファールトあたりを引き抜くんだろうなぁ・・・

とにかく知らないうちにあっと驚く大物を獲得するのが上手いんだよ・・・ここのチームは。

ユベントスと同じくらいソツがない






ちなみに俺オリバーカーンのCD(↑の応援歌)持ってます。


芝生が冷たいと機嫌が悪いそうだ・・・・・・



詳細はこちら

大宮 1-3 浦和




ダービーマッチで受けた借りはダービーでしか返せない。

前節大量得点で勝利した後の試合だったので、今節はどうだろう・・・・と思ったが勝利してよかった。


前回の対戦では大宮を少し軽く見ていた感じがあったところをやられてしまった。

大宮でいえば桜井直人がダービー・・・というよりレッズ戦で燃えるんだよなぁ。

昨日も得点を決められたし。

そういえば横浜の河合竜二もまたレッズ戦だと燃えるんだよなぁ。



「レッズにいたときにそのプレーやれよ!!」


と思うこともないわけではない。

特に河合。



この試合もマリッチがとどめの1点を決めたこれで7試合出場時間451分で6ゴール。

90分平均1.20。

ゴメンよマリッチ。来た当初はちょっとどうかなぁなんて思って。

調子のいい俺。



湯浅さんのサイトを見たがこの日も永井が良かったらしい。


湯浅さん曰く


「永井の調子がいい時はレッズの調子のいい時」

のようなことを言っているからなぁ・・・・


もう適正はサイドだな、永井は。

永井がサイドに転向すれば山田もうかうかしていられないだろう。



そして大分。

ガンバまで喰っちゃったよ。

これで6戦負けなし。

始まりは確かレッズからだったな。

あれよあれよと気が付けば降格圏抜けてる・・・・・・これってシャムスカマジック?

和泉元弥(「や」の漢字が変換できない。元の木阿弥というのから「弥」とした。タイトルはコピー)

のプロレス参戦のニュースを聞いたときかなり驚いた。





「時宗様が参戦だよ・・・・・仕事ないのかなぁ、元弥」


とまず思ってしまった。




「ハッスル」はハードゲイといいインリン様といい元弥といい、中々面白いネタを提供してくれるなぁ。



インリン様ことインリン・オブ・ジョイトイ・・・・・・

まぁ、別に嫌いじゃないですけどね。

ただ、前ダウンタウンDXに出ていたのを見たことがあり、その印象だと


「異性関係で苦労しそうだなぁ、この人」


と思ったがこれは俺だけか?



ハードゲイは・・・・・正直よくわからん。

前、たけしのどこでもピカソと言う番組で漫才と言うかネタをやっていたのを見たことがあるのだが

俺の感性とは少しずれていた。



元弥も大変だなぁ

必殺技は「空中元弥チョップ」だとか



天空×字拳みたいなのかなぁ・・・・・・




誰にも止められないけど  元弥は暴走しているわけじゃない♪



そんな感じか?




タイトル未設定


アーティスト:B’z, KOHSHI INABA, TAKAHIRO MATSUMOTO, MASAO AKASHI

タイトル:IN THE LIFE より「ワイルド・ライフ」

このアイテムの詳細を見る




WILD LIFE メラメラ燃える恋の矢を握りしめて

IN THE WILD LIFE きまぐれ女 いつも追いかけてゆくよ

誰にも止められないけど 僕は暴走しているわけじゃない