日本代表:東アジア選手権 緒戦北朝鮮戦


今回は浦和レッズから田中達也選手が初召集、またその他にも巻選手や今野選手、駒野選手と

後は個人的に期待している阿部選手等が召集されていたいたので少し楽しみにしていた。

緒戦の北朝鮮戦結果は1-0の完敗(明らかに相手の方が勝ちたいと言う気持ちが強かった)





個人的な見解になるが前半、後半ともに

「キレイに崩すことにこだわりすぎているんじゃないの?」

と感じた。

事実ボール支配率も62%と高い数字。

またシュート数も相手より上回っている。(日本18:北朝鮮9)



その他に感じたことは

サイド攻撃をするにもフォローが少ないし、クロスもイマイチ

背の低い選手がFWなのに高いクロスをあげてどうする?

相手ドン引きなのに何故ミドルシュートをもっと打たない?(枠に行かないからか?)

ということ


今大会、国内中心の選手で今回は望んでいるが

「欧州組のいない日本は飛車角落ちに等しい」

と言うことを残念ながら露呈してしまった。

期待の新戦力も田中選手は終盤欲しいシュートもあったが、なかなか持ち味が生かせずに終わり

巻選手の方もターゲットにはなっていたが投入されたのが遅かった。





国内中心の代表でこの結果を見てしまうと

中田(英)選手代表不要論なんていうものはありえないな。

次の試合には奮起を期待しましょう。



AD

固定資産5

テーマ:

昨日の講義内で行われた答練(答案作成練習?)で防げるケアレスミス(以下参照)


・0が一個多かった

・損益勘定の仕入の項で売上原価の値を書かなきゃいけないのに

 残高試算表の仕入の数値をそのまま転記したり、

・仕訳で火災損失を切れていたのに記入し忘れた



を三箇所もしたために35点(予想)という結果に終わった俺です。50点満点のうちですよ。

初めてだ、ここまでのロースコア。

しかし、今の時期で欠点が浮き出たのは救いか。

これから総合問題で如何に早く正確に回答できるよう練習できる時間はまだあるから。

とにかくミスをした方が負けるってことだな、何事も・・・・・・

ではコレまでの続きをアップ




(9)市場販売目的のソフトウェアである製品マスターの制作費は研究開発費に該当する部分を除き

 資産として計上しなければならない。ただし、製品マスターの機能維持に要した費用は、資産として

 計上してはならない



A:




(10)市場販売目的のソフトウェアおよび自社利用のソフトウェアを資産として計上する場合には

   固定資産の投資その他の資産の区分に計上しなければならない



A:×

  市場販売目的のソフトウェアおよび自社利用のソフトウェアを資産として計上する場合には、

  無形固定資産の区分に計上しなければならない

AD

独白⑪

テーマ:

些細な一言で僕は救われることがある。

些細な一言でを誰かを傷つけることがある。

些細な一言で精神の距離がグッと近づき

些細な一言で心の距離を遠ざける。



誰かを傷つけたいと思って発した言葉はあまりないが

知らず知らずのうちにたくさんの人の心をナイフのように抉っていた。

そんな経験をしてこれまで生きてきた。



自分の発した意志が正しく伝わらないことがもどかしい。

そう思ったこともあった。


そういう考えは今も多少はある。

しかし、もう少し違ったやり方もあったかもしれないかもしれないとも思う。




相手の様子を見ながら、相手にかける言葉を選ぶことがきっと大人になるってことなんだろうな。

俺は今・・・・・出来ているのだろうか?

知らず知らずのうちに

また誰かを傷つけていないか?



明確な答を誰かくれないか?

そんなものはないというのに・・・・・




アーティスト:SURFACE, 椎名慶治, 野口圭

タイトル:Fate より「君の声で君の全てで・・・・」

このアイテムの詳細を見る



「好きだから些細なことが許せるとずっと思ってて

好きだから些細なことが許せなくなるなんて思わなかった」

アイツがいったその言葉がやけに僕の中響いて

そんな時に限って君に繋がらない

AD

いくじなし

テーマ:

もう凄いとしか言いようがない。

この曲は既成概念とかそんなのは月まで吹っ飛ぶね。

このこのこのこのこのこのこのこのこのこのこのこのこのこの

意気地なしがーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーッ!!!

今回は全部記載。

コレは歌なのか?



アーティスト:筋肉少女帯

タイトル:筋少の大車輪 より「いくじなし」

このアイテムの詳細を見る



フェティシストの兄はいくじなし フェティシストの兄はいくじなし
それでもボクの姉さんと恋に落ちました
フェティシストの姉はかわいくて フェティシストの姉はかわいくて
それでも根性なし男と恋に落ちました

ぼくの姉さんは美しかったが若くして死んだ
姉は美しかったが いかれていた フェティシストだった
空模様の機嫌の悪い日には 夕暮れまで近所をうろつきまわった

葬式の夜 姉さんの恋人と称する男がやってきて ボクに言った
「ケンジ君 これからはぼくを兄さんだと思ってくれ」
その夜 兄さんは ぼくの手を握ってこう言った
「君の姉さんとは理解し合っていたよ」
やがて彼は感極まったのか ポロポロと涙を流し始めた
ぼくの手を握りながら 涙を流し始めた
その手は妙に暖かく ぼくはちょっといやだなぁと思っていた

それからしばらくして 兄さんは ぼくの家に遊びに来るようになった
遊びに来るというのは言い訳で ぼくに金をせびりに来るのであった
「ケンジ君 ちょっと都合してくれないか 悪い友人にひっかかってしまってねぇ」
などと言いつつ その日も ぼくの手から金を受け取り
兄さんはテレた笑いを浮かべていたが ふいに真顔になって ぼくに言った
「ケンジ君 二人で旅に出よう どこか遠い旅に出よう
見たこともない国の風に吹かれたら 姉さんのことなんか すぐに忘れられるだろう」
のんびり暮らそう あまり金には ならないかも知れないけれど
まっとうに生きるということは そーいうことなんだなぁ

結局 二人でアンテナを売りながら旅を始めた
テレビもないような村でも嬉しそうに買ってくれて
「ありがたい」とまで言ってくれた ボクも何だか 気分がよかった
アンテナは飛ぶように売れて ぼくたちはお金持ちになった 
それはいい気分だった 一日中 ニコニコして暮した
そんなある日 ぼくは生き倒れの女の人を見た
その人は心なしか姉さんに似ていて 気にはなったが 助けずに通り過ぎてしまった
次の日 結局その人は死んだと聞いた その話をすると 兄さんは ぼくを怒鳴りつけた
「ケンジ君!ケンジ君!ぼくは君をそんな男に教育した覚えはない
姉さんだってあの世で悲しんでるはずだ ケンジ君!
このいくじなしが! いくじなしが! この根性なしが!」

ボクと兄さんは鉄棒が好きだった
小学校の校庭開放に行って 二人で鉄棒でグルグルと回った
グルグル回っていると いやな事や 姉さんのことなんかは 不思議と忘れてしまえるのだった

まわりながら 兄さんは ぼくに言った
「ケンジ君 なんだか気持ちよいねぇ」
「なんだかとっても気持ちがいいですねぇ」
グルグルグルグル・・・・・・・・・・・・グルグル 回りながら 兄さんはこう言った
「ケンジ君!ケンジ君! 今思うと君の そしてぼくの姉さんの事は とてもいい思い出だったよねぇ

兄さん!兄さん!いくじなしの兄さん!
ぼくは君と姉さんを 脳髄は人間の中の迷宮であるという観点から あえて許そう
だから兄さん どんなに たくさんの人がバカにしても 君たちはフェティシストであり続けてほしい
兄さん 聞いているのか? 兄さん 聞いているのか?

しかし その後兄は しがないアンテナ売りで 一生を終えた
この いくじなしが・・・・・

ドルフィン・ブレイン

テーマ:

僕の好きな漫画にドルフィン・ブレインというチョットマイナーな漫画がある。

あらすじを簡単に説明するとジェットスキーの事故によりイルカの脳を移植された少年カビラソクドが

美しいリゾート海岸の奥底深くで進められている巨大な陰謀に立ち向かうと言う話。

その作中にイルカの脳を移植され、イルカの脳が目ざめたソクドがこんな台詞を言う。



「イルカはよ・・・・・やさしくてよ

人間のことを好きな動物だって?

笑わすぜ

やつら・・・・人間との共生なんか・・・・・

かけらも望んじゃいねえよ

生きたいだけさ。そのために邪魔になるバカを消せってよ」



作者の主義主張に近いものもあるけど、

こういう考え方もあるんだと思わせる稀な作品。

今読んでもここの台詞は考えさせられる。

ちなみにロボトミー手術という言葉はこの作品が元で知った。

(人間の精神を脳を手術することによってコントロールしようと手術のこと)




著者:山田 玲司

タイトル:ドルフィン・ブレイン  より

このアイテムの詳細を見る


固定資産4

テーマ:

(8)臨時巨額の損失は法令を以って認められた場合

  経過的に貸借対照表の資産の部に計上することが許容されるため

  繰延資産の性質を有する




A:×

  臨時巨額の損失は将来にわたって支出の効果が発現しないため

  繰延資産としての性質は有しない(あくまで損失の繰り延べ)





Lunatic gate とシャラポワ

テーマ:

もう二週間くらい前のニュースかも知れないが

シャラポワ(テニスプレーヤー)の大胆なドレス姿が話題になった。

先週か今週のフラッシュにも載っていた気がするが正直記憶が曖昧だ。

あの手の雑誌は立ち読みで済ませてしまうから。





コレが件のシャラポワドレス

ウーン・・・・何かハリウッドって感じだ。

まぁハリウッドだけど。

昔、美人プレーヤーでクルニコワという選手がいたけど

どちらかと言うと彼女はビジュアル先行でテニスはそこそこ強かったグッド・プレーヤーの域だった

でも、シャラポワはウインブルドン制覇しているしな。



このドレス姿を大宮のローソンで昼飯前に立ち読みした雑誌でふと見たとき

頭の中でこの曲のフレーズが真っ先に思い浮かんだ。


といっても、僕はシャラポワがそれ程好きなわけじゃない。


「シャラポワはキレイだなとは思うけどタイプとは違う」


そんな感じだ・・・あしからず





アーティスト:ジャンヌダルク, yasu, 明石昌夫

タイトル:Lunatic Gate より

このアイテムの詳細を見る



胸の開いたDRESS

僕が送るのは着せたいからじゃない 

そのDRESSをただ淫らに脱がせたいだけ

外であった君の

感じがいつもと何か違って見えるのは

裸じゃない君だからかもしれない

まるで無力な俺は・・・・

テーマ:

今日自習に向かうため籠原駅まで自転車をこいでいたときそれは起こった。

後輪のタイヤが突然バーストしたのだ。

怪我がなかったのが幸いだ。

仕方がないので自宅に戻ろうと自転車を押す。

すれ違う車からの視線から哀れみを感じた(少し被害妄想入っているな)

炎天下で体力は奪われる。

車輪にチューブが巻き込まれる。

更にチェーンが真っ二つに切れた。

「もう俺キレちゃいました、プッツンします。」

そんな気分だった。



自宅に戻り自転車をばらす。

ばらした結果もはや修復不能な状態だと気付かされた。

簡単に言うと車輪部分には凹みがあるのだがその部分が擦り切れているのだ。

うまく言葉で説明できないのでこちらの写真を↓




コレはもう直しようがない。

仮に直してもまたパンクしたりタイヤが外れたりするだけだ。

そう悟った時に妙な虚無感に襲われた。

頭の中でこの曲が流れていた・・・・・・





アーティスト:筋肉少女帯

タイトル:筋少の大車輪より「元祖高木ブー伝説」

このアイテムの詳細を見る




高木ブー
俺は高木ブーだ 俺は高木ブーだ
まるで高木ブーだ 俺は高木ブーだよ


一人で生きろよ つらくとも死ぬな また合う日まで 御機嫌よう


苔のむすまでに 愛し合うはずの二人が
予定調和の中で 離れ離れになる
何も出来ないで 別れを見ていた俺は
まるで無力な俺は まるでまるで高木ブーのようじゃないか


固定資産3

テーマ:

(7) 将来の期間に影響する特定の費用は次期以後の期間に配分して処理するため

  経過的に貸借対照表の資産の部に記載しなくてはならない





A:×

  将来の期間に影響する特定の費用を

  経過的に貸借対照表の資産の部に記載することは企業の任意である

真中と大和

テーマ:

最近の恋愛漫画(少年誌)を騒がせているアツい二人の主人公。



①真中淳平(いちご100%)

いちご100%の主人公であり何故かモテル男。

正直こいつが何でもてるのかいまだに理解できない。

東になびいたり、北に誘惑されたらなびきかける時もあったが、

最終的には連載時の彼女だった西を改めて選んだ。南?いたっけ?

まぁ、真中に関しては読んでいてムカいたことの方が正直多いが

ラストに向けて一応歳相応に少しだけ成長した感が見られる。

奴はなんだかんだ言っても答えは出したし、奴なりに自分の人生って奴を歩みだそうとしているからな。



著者:河下 水希

タイトル:いちご100% (9)

このアイテムの詳細を見る



②秋月大和(涼風)

真中の正当後継者と思っていたが

こいつは真中以上の女泣かせの資質を持っている。


こいつの行動を振り返ると

「オラオラオラオラオラオラオラオラオラーーーーーーーーッ!!

無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄ーーーーーーッ!!」

な感じだ。


陸上を始めたのも真中とは違い女のためだし(真中は一応自分の夢のために映画をやっていた)

それに、困ったとき、とりあえずキスをしておけば何とかなると思っているのだろうか?

というより今の展開ギャルゲーじゃないのか?

ギャルゲーやったことないからわからないけど・・・・・

更に相手の女(涼風)もまた・・・・今の段階では好感がもてない。

「可愛さ余って憎さ百倍」

そんな言葉を地で言っているキャラクターだ。

そう感じてしまうのは俺だけか?

・・・・・連載が終わる頃にはお互い成長してくださいな・・・・・




著者:瀬尾 公治

タイトル:涼風 1 (1) このアイテムの詳細を見る