少し前の話になるが

ストイコビッチの本(画像は下参照)を地元と大宮の本屋を駆け回り探していた。

しかし、発行されたのが2001年だったのでそうそうおいているわけもなく

「与野の書楽(本のデパート、おそらく埼玉一の本屋)になけりゃ

アマゾンで手に入れるしかないな」

と思い、書楽に行った所一冊だけおいてあった。

安い買い物ではなかったが、迷わず買った。

この本はヤングジャンプ編集のため

「ピクシーのサッカー人生に関しての漫画」が載っており、結構読みやすい構成になっている。


著者: ヤングジャンプ

タイトル: Finale Dragan Stojkovic―ドラガン・ストイコビッチ完全読本

 このアイテムの詳細を見る



この本を一通り読み終えた僕は

「国際情勢と度重なる怪我がもしなければ(例えば、それはプレーヤーとしての成長期にユーロ92・W杯94という国際大会に参加できなかった事など)・・・・彼のキャリアはまったく変わっていた」

ということを感じずにはいられなかった。



上手くいかない原因を「社会が悪い、周りが悪い」というのは凄く簡単だ。

しかし、一流のプレイヤーっていうのはやはり別格だね。

そう思わせたのはこんなインタビューが掲載されていたからだ。




「もしも自分のデビューが

(祖国崩壊の)前後10年どちらかにずれていれば良かったと思ったことはなかったかって?

いや、そう思ったことは一度もない。ディスイズマイライフ。コレが人生。

重要なのは、これら人生がくれる受難のメッセージをきちんと受けとめることさ。」


もう、精神の強さというかリスペクトせずにはいられないね。

そういう精神の強さを手にしたいし、また時代の苦難、不安定な社会情勢の中でも

「そんなの関係ないっての」

と思えるよう努力していきたい。きっと簡単じゃないけどさ。

でも、何とか頑張ってみるよ、グラッツェ!!



アーティスト: SURFACE, 椎名慶治, 永谷喬夫, 中村文俊

タイトル: WARMより「NEWS」

 このアイテムの詳細を見る


余計なとこで余計なものを

思い出してうろたえるより

微々たる夢なんか過剰に

描いてそこからその誤差を縮めてみたいんだ


AD

僕は僕・君は君

テーマ:

僕ってヤツは



「結果までの過程が重要」といっておきながらついつい「結果」を求めてしまう。



そんな自分をふとしたとき意識すると自己嫌悪に陥る事がある。

でも、自己嫌悪に陥っても何も解決しない。

自分を証明できるのは自分しかいないからね・・・・・



なんてことを起きてすぐ考えていた。



アーティスト: Mr.Children, 桜井和寿, 小林武史

タイトル: 掌 / くるみ

 このアイテムの詳細を見る



夢見てるから儚くて 探すから見つからなくて

欲しがるから手に入んなくて 途方にくれる

どこで間違ったかなんて 考えてる暇もなくて

でも答えがなきゃ不安で

君は君で 僕は僕で そんな当たり前のこと

何でこんなにも簡単に 僕ら

見失ってしまえるんだろう?




AD

Mr.JAIL

テーマ:

wandsの音楽性の大転換はアルバム「peace of my soul」からだが

「天使になんてなれなかった」「白く染まれ」の頃から

上杉昇の歌詞が徐々に自虐的な内容になっているとすっかり思っていた。

しかしそれは大きな間違いだった。


彼はアルバム「時の扉」の辺りから既に

「大衆が求めるアーティスト像と本当に自分が歌いたいことのギャップ」

を切々と叫んでいたのだ。

いや、もしかしたらファーストアルバムの中にもあるかもしれない。

今度聞いてみたいと思う。10年位前のアルバム、今ならブックオフでかなり安く取引されているから。

ちなみに「時の扉」はポップスターwandsを象徴する一枚であり(と僕は思う)

セールスといった面ではおそらく一番売れたアルバムだ。


彼らの代表曲である

・「もっと強く抱きしめたなら」

・「時の扉」

・「世界中の誰よりきっと」

が収録されている。



アーティスト: WANDS

タイトル: 時の扉 より「Mr.JAIL」

このアイテムの詳細を見る


たしかに僕は そう SINGIN'DOLL でも恋におちたり

ありえないウワサ話も リアルそのまま聞こえる

Hey! Mr,JAIL シャレにならないぜ?

あきれた It's Crazy Man 

You're Mr,FAKIN' IT

インチキだらけの Don't Damn Me OH! Mr,JAIL

AD

vanity

テーマ:

普段電車を利用することが多い

だから集中じゃないけど車内では音楽が手放せない。

では、何を聴くかに関してだが妙なバイオリズムがある。

一ヶ月前くらいはクイーンをメインに聴いていた。

最近はジャンヌダルクとB'z(IN THE LIFE)だ。

先日何気なく「アルカディア」を寝つく前の時間つぶしに聞いてから

俺の中で「聞きたいというバイオリズム」に入ってしまった。



今回は「DNA」の中に収録されている「vanity」

購入した当初、大学時代かな?この曲といえば

「不倫の歌」

という認識しかなかった。別に外れてないよな?


記憶を振り返ってみると、アルバムの中ではコレがシングルで出た曲より好きだった気がする。

別に不倫とか禁断の愛とかの経験はないのに何故か思い入れがある。


ちなみに「vanity」の意味は:自惚れ 慢心 虚栄心 虚しさ 儚さ、だそうだ。

さっき調べた、英語辞典で。



アルバム「DNA」は比較的前半部分はイケイケというかノリやすい曲調が続くので

そういった部分が

「アルバムの頭から聞き始める僕にとってぴったりなアルバム」

だと今でも思う。




アーティスト: ジャンヌダルク, kiyo, 秦野たけゆき, yasu, 明石昌夫, you

タイトル: D・N・Aより「vanity」

 このアイテムの詳細を見る



乱れた快楽が

紙一重の狭間でゆきかう

左くすり指に

光る目ざわりな指輪が邪魔で

触れ合う度に 君が遠くへ見える

バトン?

テーマ:

unlearned-idiot さんからコミックバトンというのが回ってきたので書いてみる事にした。

次は誰かに指定とかは正直メンドクサイというのがあるので

まぁ参加したい人は広めてくださいないうスタンスでオッケーかな・・・・

ダメといわれてもやるけど


☆ あなたのコミックの所持数は?

意識して数えた事ありませんが100~200くらい。



☆ 今読んでいるコミックは?

荒木飛呂彦 「ジョジョの奇妙な冒険」

ハマリ出したのは最近とジョジョ歴は短いが

作中に出てくる数々の名言に勇気付けられる事あり、奮い立たされる事あり

僕の中で「人生のバイブル」といっても言い過ぎではない。




☆ 最後に買ったコミックは?


梅澤春人 「カウンタック」

ロックと喧嘩と不良の第一人者である梅澤氏の新境地といえる作品だと思う。

もっともキャラのぶっ飛び具合は相変わらずです

「ガードレールとファックしな!!」 バイコルベッ子


☆ よく読む、あるいは思い入れのあるコミックを5つ


・和月伸宏 「るろうに剣心」

高校生の頃にはまった作品。

一般的には京都編が人気だが僕個人的には人誅編が好き。

縁の憎しみと巴と抜刀斎の悲恋が特に

巴と抜刀斎(剣心じゃない)と縁の関係が

ララとシャアとアムロの関係に見えなくもない今日この頃。

後は比古清十郎と剣心との奥義の伝授のシーンが個人的にはグッド

ここは思い入れがあるのでいずれ記事にしたいと思う。



・荒木飛呂彦 「ジョジョの奇妙な冒険」


上記で説明したので割愛します


・山田玲司  「アガペイス」


一時期この作品の後半部分(7~9巻)ばかり読んでいた記憶がある。

簡単に説明すると高校球児の金田トラキを好きなビジュアル系バンドマン水樹百合が

「トラキが甲子園に行けないという運命」を風水を利用した魔球を駆使して無理やり変えるというストーリー。

無理やり変えることによって水樹百合はミュージシャンの命である声を失ってしまうのだが、

そこから仲間の助けもあり「自分で声を取り戻す」ために戦いを始めるまでを描いている。

今思えば、何度も読むことで俺自身立ち上がるためのエネルギーを蓄えていた気がする。



・葉月京  「恋愛ジャンキー」



・・・・コレ名前変えた方がいいと最近思う

恋愛じゃないだろ?栄太郎?お前が熱中しているのは。

余談だがミホと絵夢との関係を中途半端にしている栄太郎に向かって

言い放った椎名さんの言葉は俺の中で隠れた名言

「世の中コレだけ男と女がいるんだもの・・・・他に好きな人が出来ても仕方ないことだわ

でもエイタロー君のやり方はズルイ。(絵夢と付き合っている状態でミホと寝た)

それじゃただの卑怯者だわ・・・・このままじゃあまりに絵夢ちゃんが可哀相」

ディモールト・ベネだね椎名さん!!



・きたがわ翔 「C」



コンプレックスを乗り越えるというのがテーマのオムニバス

お気に入りは10巻の「本当の始まり」

遊多とおっちゃんの関係が泣ける・・・・・


☆ 今、期待しているコミック

ウーン、敢えてあげるなら 

・ひぐちアサ 「大きく振りかぶって」




等身大の高校球児の物語が何かイイと思う今日この頃。




こんなんでいいかね?

アリーヴェ・デルチ!!




ラクロワのイヤリングについて好奇心から調べてみた。

確証はないがおそらくあっていると思う。おそらくね。

詳しくはこちら


 ラクロワのイヤリング?多分・・・・・・



別にブランドに目覚めたわけじゃない。


  吉良吉影:キラークイーン発動中



ジョジョの奇妙な冒険第四部の文庫版27巻を読んでもらえばわかるけど


「ラクロワのイヤリングを友人のミカが買ってもらったというので

自分の彼氏にも買って欲しいとせがみまた、ボーリングの爪切りダサいと思っている」

美那子さんが出てくるからだ。



しかし、このカップルも災難ちゃ災難だ。

冴えなく見える気弱そうな30代の男(だからちょっかい出したのだろう)が

まさか十数年間まったく証拠も残さず殺人を行える凶悪な殺人者とはどう考えても思わないだろう。

まぁこのカップル、読者視点から見ていると結構ムカつくけれどね・・・・・・




著者: 荒木 飛呂彦

タイトル: ジョジョの奇妙な冒険 (27)

 このアイテムの詳細を見る



美那子さん   「ミカったらさぁーーーーーーーっ

          ラクロワのイヤリング

          彼氏に買ってもらったんだってェェェェェーーーーーーーーッ

          アタシにも買ってよォォォォォォーーーーーーッ」

彼氏      「今度なぁーーーーーーーー」

Dry?

テーマ:

意外かもしれないが、結構ジャンヌダルクの曲が好きだ。

「DNA」の頃から好きだ。

何だろう・・・・・ノリ?テンション?が自分にぴったりハマるときがある。

で、好きな曲は?と問われると、どうしても「バラードよりはアップテンポ」な曲になる。

今日はそんな曲の中のひとつ「Dry?」



切ないなぁ・・・・・・というよりエロティックなんよ、とにかく歌詞は(特にサビ)。

下手すると脳内妄想爆発になっちゃうくらい、まぁ恥ずかしい。

でもyasuが歌うと不思議にハマるんだよなぁ

「男の身勝手さとかを嫌みにならないように表現するのが上手いなぁ」

と個人的には思う。



アーティスト: ジャンヌダルク

タイトル: SINGLES (CCCD)より「Dry?」

 このアイテムの詳細を見る



たまにベタなセリフにトキメいてみて

少しだけ夢を見てた矢先に

寝言で他の娘の名前を呼ぶ

ほらごらんあなたも上面ばかり

「慌てているの?だから別に気にしていないよ」なんて

シルエットは泣いてる少女のまま・・・・・


甘えたい願望と恐怖

テーマ:

人に甘えるのは結構苦手な方だ。

結構、アレもコレも全部♪(グレイじゃないよ、いやグレイだけど)

背負ってしまうタイプだ。


そんな背負ってどうするの?と思いつつ中々素直になれない。

いや、違うね。

人の素直な優しさや愛情を信じきれない恐怖だよ、原因は。



「甘える事は相手に自分の弱みを見せる事」


だと思う。ただ、その弱みを人は利用する。

適当な表現じゃないな。利用しかねない人もいる。

それが僕は一番怖いのかもしれない。

だから、素直に甘えるということに関して二の足を踏んでしまうんだろう。



でも年上の女性には結構かわいがられる、いや自惚れじゃなくて。

無意識に母性本能でもくすぐってるのかな?

聞いてみた事ないからわからないけど・・・・・・・



こういうことを考えるときは何故か「東京」という曲を思い出すね。

少し誰かに甘えたくなる、そんな気をちょっと起こしてしまう・・・・・・



アーティスト: B’z, 稲葉浩志, 松本孝弘, 明石昌夫

タイトル: The“Mixture”より「東京」

 このアイテムの詳細を見る



笑ってる君に出会って 

ひとつになれる歓びを知った

柔らかな乳房に抱かれ

夢をにぎりしめる

「NANA」のパンクの方のナナ(大崎ナナ)が愛用している

ヴィヴィアン・ウエストウッドについてちょっとした関心があったのでゴーグルで調べてみた。


結果はこちら

下のはそのうちのひとつ



ヴィヴィアン Red Label シャツ

20000円也



素直な感想


「高い・・・・・なんだこれ・・・・・・・・」



いや少し冷静になると「ブランド」というのであればもしかしたら安いかもしれない。

その、エルメス(今ブームですね電車男で)とか

ヴィトンとか、まぁシャネルとかと比べると。

手が届きそうなものかもしれないね、女の子からしたら


著者: 矢沢 あい

タイトル: Nana (11)

 このアイテムの詳細を見る

追憶③

テーマ:

昨日、ジャンヌダルクのアルバムを何故か無性に聞きたくなって

眠る前「アルカディア」を聞いていた。

しかし、アルバム一枚聞いていても寝付けないので「GAIA」を聞き始めた。

そのアルバムの中に「feel the wind」という曲があるのだがこの曲を聴くと思い出す事がある。

それははじめて異性に恋をした記憶・・・・・

いや、恋と呼べるかどうかはわからないね。



小学生高学年くらいの頃、僕が所属していた卓球クラブに転校生が来た。

誰に似ているかを正直思い出せない。もう15年近く前に話だからな。

イメージで言うと

「ギリシャ彫刻のような感じ」(????????)


同じクラブに在籍していたので道具の後片付けなどを何度かやったことがある。

その時間が幸せ?・・・小学生が幸せなんてわかるわけないので、まぁ心地よかった時間としておこう。

馬鹿騒ぎの男友達との時間はそれはそれで楽しいものだったが

・・・・その人と一緒に何かをしているときに感じた時間はまったく別のものだった。



中学に進学してからは接点はそれ程なく

その人は中学2年の夏、丁度今頃の季節に転校した。



さて、ここからが本題。

断っておくが今更その人と、どうこうなりたいという気持ちはない。

ただ、時々こんな事を思うことがある。

「あの人は今どうしているだろうか?

元気だろうか?

もう結婚していて幸せな家庭を築いているのかな?」




「俺が見ている空をあの人も今頃見ているのかなぁ・・・・・」


なんて、何かワイルドハーフ(一昔前ジャンプに載ってた漫画)っぽくなっちゃったよ、今日は。



アーティスト: ジャンヌダルク, yasu, Hajime Okano, kiyo

タイトル: GAIAより「feel the wind」

 このアイテムの詳細を見る



for dear・・・・・・

I'm feel'in the wind in the sky  without you love

今頃君もこの空を誰かと見上げているの?

I'm feel'in the wind in the sky  without you love

キレイなままで 今から二人の想い出をしまうよ