チキュウタビ

夫婦で世界一周の旅ブログ。旅で感じたありのままのキモチ。


テーマ:
2013年12月中旬





美味しい紅茶は飲めたし

コルカタより人は穏やかだし

ダージリンいいとこなんだけど…


 

…なんせ寒い!!!!

ずっとお天気悪くてヒマラヤも見えないしさぁー

私たち夫婦、寒いと喧嘩するのよね( ̄Д ̄;;

ネパールのカトマンズに移動することにしました♪



とりあえずジープ乗り場まで行ってネパールとの国境近くの町スリグリ行きを探す

1人100ルピーぐらいだったかな

3時間ほどで到着です

麓まで降りると暖かかったぁー






ここで国境行きジープに乗り換えます

インド側の国境の呼び名はパニタンキ

ネパール側の呼び名はカカルビッタです




ジープに乗るはずだったんだけど…

サイクルリキシャが寄ってきた!

人力車↓の前が自転車になってる版ね

 
 
  
でもリキシャでぼったくりとかトラブルよく聞くしなーと思ってスルーしてたんだけど

やたらしつこいおじいさん

も、ほんとにガリガリのおじいさん

チャリこげるのか…とか思ってたら

「ボーダー(国境)まで行くぜぇぇぇ」

やる気満々です

値段交渉してる間にすでにバックパック乗せられてるしヽ(;´ω`)ノ

リキシャに乗るのも初めてだし

まぁいっかーと思って乗りました

しかしガリガリのおじいさんが私たち2人プラスでっかいバックパック乗せて

汗だくになりながら立ちこぎ!!!!

お年寄りに自転車こがせて後ろにでん!と座ってるって…

申し訳なくなってきた(´д`lll) 

なんかゴメンね。とか思ってたら

「ボーダー着いたぜ!」

え?はや!

そして、ここ?


ボーダー…??





ボーダー行きのジープ乗り場だった(-""-;)



「ちょっと!おじい!ボーダーちゃうやん!!」

「うるせー!金よこせ!」

「ボーダーじゃないなら金払わん!!」

「金!金!金払えぇぇぇ」

逆切れするおじいと旦那ちゃん大喧嘩\(*`∧´)/

その時私はと言うと…

「旦那…英語で喧嘩してる。すげぇーー」

と横で感心してました(笑)





結局いくらかおじいに払って

カカルビッタまでのジープに乗り換え

いつも通り相乗りなのでぎゅうぎゅう詰めの車内

暑いし、狭いし…

気づいたら寝てたけど(笑)

車乗ったらすぐ寝れる体質です



1時間くらいで到着ぅ♪

てか、私たちだけ降ろされた



 

あれぇ?とか思ってたら

インド側のイミグレだった


 

通り過ぎてしまいそうな小道を入ったところにあります


 
 
ちなみにインド人、ネパール人はオープンボーダーって言って

パスポートなしで国境を自由に行き来できるんだって!!
 
でも15分時差がある

15分て!

その時差必要??って思うんだけどね




橋を渡ったらネパール到着なんだけどこの橋が長ーーーいです

ダージリンあんなに寒かったのにもはや汗だく(;´▽`A``

 

ネパール側の イミグレも

え?ここ?

みたいな小さな建物

ネパールビザ取得には写真が必要なので用意して行ってね!

 

 


イミグレを出て右手に真っすぐ歩くとカカルビッタ・バス・ステーションがあります

ここでカトマンズ行きのバスチケット購入


 

 

着いてすぐ出発!の便があったのでソッコー乗り込みました

ギリギリに乗り込んだ私たちの席は1番後ろ

すでに席はパンパンなんだけど明るいうちはローカルバス的な感じで

ちょこちょこ停まってはお客さんを乗せたり降ろしたり

そして夜になって真っ暗になったら…

爆音でインドムービー流す∑ヾ(;゚□゚)ノ

う、うそだろうぅぅ。泣

お客のインド人だかネパール人だか

映像に合わせて歌う!!

叫ぶ!!!!




…( ̄□ ̄;)

一応これ翌朝までノンストップの夜行バスなのよ

寝かせる気なし??

しかもカーチェイスか?ってぐらいスピード出してて

道路がぼっこぼこだから体が跳ねる跳ねる!!!!ヽ(*゚ロ゚)ノ

外灯無くて外は真っ暗だから

「ここやばそう!」って身構えることも出来ず

背が高い旦那ちゃんは天井に頭ガンガン打ち付けてるし

さすがの私もこれは…



…しばらくしたら寝てました(笑)



寒さで目が覚めて、気付いたら街っぽいところ走ってた

約16時間でカトマンズ到着

旦那ちゃんは一睡もできなかったらしい

かわいそす




∵△∵▲∵△∵▲∵△∵▲∵△∵▲∵△∵▲∵△∵▲∵△∵▲∵△∵



ランキング参加ちゅ(●´3`(○´3`)
あなたのクリックに今日もありがとうクリック


  ←PCはコチラ
にほんブログ村  ←携帯からはコチラにクリックお願いします


AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
2013年12月中旬




ダージリンに来た理由その①ダージリンティー

これはいとも簡単にクリア出来ました

その②ヒマラヤ山脈が見たい!!



ダージリンの町から約10キロ離れたところにタイガーヒルという場所があって

そこからヒマラヤ山脈が見えるんだって♪

朝焼けが綺麗って事で日の出前から出発です

 


朝4時くらいに広場まで行くとジープが停まってます

相乗りなので、人がたくさん集まると安く行けるー

往復で150ルピーぐらいだったかな




タイガーヒルに入るには入場料がかかります

まず展望台に入る前に10ルピー(約18円)

 

さらに展望台エリアに入る時にまた料金を支払います

エリア内はクラス分けがあって、中に入るだけなら10ルピー(約18円)

これは外なので即却下。

だって寒いもん



展望用の建物があるので、そこのラウンジ1階が20ルピー(約36円)

二階のデラックス・ラウンジが30ルピー(約54円)

三階のスーパー・デラックス・ラウンジが40ルピー(約72円)



こういう時はだいたい真ん中選ぶよね~

私たちは二階のデラックスラウンジ

室内は人でぎゅうぎゅうです

 
 
温かいチャイ(無料)を飲みながらひたすら朝日を待つ

でもね、天気悪くって。。。。

1時間くらい待って見えたのがこれ。。。



 

ヽ(;´Д`)ノ !!!!!


霧のみ。涙。


 






∵△∵▲∵△∵▲∵△∵▲∵△∵▲∵△∵▲∵△∵▲∵△∵▲∵△∵



ランキング参加ちゅ(●´3`(○´3`)
あなたのクリックに今日もありがとうクリック


  ←PCはコチラ
にほんブログ村  ←携帯からはコチラにクリックお願いします
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
2013年12月中旬




ダージリンでダージリンティーを飲むっていう素敵さ。

なんて贅沢なんでしょう



インド来るまで、ダージリンティーのダージリンが地名ってことも

それがインドってことも知らなかったけど ( ´艸`)

なんとなく紅茶ってヨーロッパのイメージだった

お庭でアフタヌーンティー的なね
 
でもよく考えてみたらインド人あんなにチャイ飲むもんね

そりゃ茶葉作るかー






そして前日に引き続きお腹壊してる私。

もうね、ちょっとでもスパイス効いてたらおえってなる

スパイス効いてるものが無理となると

この町で食べられるもん無いし(ノ_-。) 泣



すんごい寒いし

宿の部屋で布団かぶってても寒いし

暖かいカフェへG0 ε~ε~┌(|||´Д`)ノ.

 

ちなみに暖房器具は日本製でした

こんなインドの山奥でも頑張ってるのね

ありがとう!メイドインジャパン!!




ダージリンティーはポットで90ルピーぐらい(約170円)だったかな

  
 

ほぉ~温まるぅ

紅茶特有のえぐみみたいなのが無くて

後味すっきり!!な美味しさでした





ゆっくり紅茶を味わった後は町をぶらぶら~

 

坂の多い、霧の町です



すぐ近くにダージリン鉄道も通ってたよー



 
  
おもちゃみたいで可愛い

トーマスの仲間みたい♡


 
 
しかし、改めて写真で見ると

煙多すぎ!!





∵△∵▲∵△∵▲∵△∵▲∵△∵▲∵△∵▲∵△∵▲∵△∵▲∵△∵



ランキング参加ちゅ(●´3`(○´3`)
あなたのクリックに今日もありがとうクリック


  ←PCはコチラ
にほんブログ村  ←携帯からはコチラにクリックお願いします




AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

2013年12月中旬




コルカタからダージリンを目指し寝台列車に乗った私たちでしたが

これまでにないほどお腹を壊してしまった私

寝台列車の中では寝床とトイレを何往復も。。。

もーーーへろへろででニュー・ジャルパイグリ(New Jalpaiguri)駅に到着しました

 



ダージリンへはここから相乗りジープに乗り換えて移動です

ダージリン鉄道っていうのもあるみたいだけど途中崖崩れで通れない場所があるってことで断念

 

山道をぐいぐい登っていきます


 




ダージリンに到着ぅ♪

さ、さむーーい!!

 

インドって寒いの?って感じだけどダージリンは標高2000mを越えており

インドの避暑地らしい


 
 

ネパールと中国がすぐそこ!の場所でチベットの人も多く住んでるみたい

町中にタルチョ(チベット仏教の旗)が飾ってあったりね




チベタンレストラン発見したので入ってみました

お腹痛いからね

カレーとか無理なのよ(/TДT)/ 

モモ(餃子みたいなの)と~




 
チョウメン(焼きそばみたいなの)

 
 

味は美味しかったんだけど

少しのスパイスも体が受け付けられない状態でほとんど旦那ちゃんが食べました





宿はHOTEL PRESTIGEって所

 
  
 宿の人感じよかったー♪

でも暖房も何もなくて部屋の中でさえ寒い(iДi) 

まさかの水シャワーだったしね。。。

正確には最初の2分ぐらいお湯出て、のん気にシャワー浴びてたら水に変わって寒さに震えました

そんなこんなで初日はバタンキュー!

 




∵△∵▲∵△∵▲∵△∵▲∵△∵▲∵△∵▲∵△∵▲∵△∵▲∵△∵



ランキング参加ちゅ(●´3`(○´3`)
あなたのクリックに今日もありがとうクリック


  ←PCはコチラ
にほんブログ村  ←携帯からはコチラにクリックお願いします





 






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2013年12月上旬




コルカタで過ごした6日間

濃かった~


お次はダージリンに移動です♪

ダージリンティーのダージリンよ!

あの紅茶がまさかインド産だったとは知らなかった




移動は23時発の寝台列車です

チェックアウトの12時までは宿でゴロゴロ~

でも、あと半日もある(--;)

宿近くのご飯屋さんで2時間粘り

町を1時間歩くもそれが限界(;´Д`)ノ

15時にはとりあえず駅に行ってみよー!ってことになりました




これが駅

 

駅前には赤い服を着た人がいっぱいいて、彼らはポーターの仕事をしているらしい

 

荷物運びだけじゃなく、席取りとかもしてくれるらしいよ




駅には改札とか無くって、出入り自由!

 

ホームの奥のほうまで行って、誰も座ってない椅子を確保し

人が乗り降りするのを眺めてました


 

やっぱ人多いね~





電車が来ないとお客さんはいないんだけど、ホームレスの人々がいます

 

ホームレスっていうか、 駅をホームにしてるというか...

 

普通にファミリーで生活中

 

駅のホームで水浴びしたりね!笑 


 


この可愛い女の子は弟の面倒をよく見てました

 

 


駅に電車が着くと弟も連れて中に入ってって~

物乞いをしてるんだと思う

もはや仕事としてこなしてます

きっと家族の稼ぎ頭。たくましいね

私たちにも軽くおねだりされたけどお断りするとそれ以上は言ってこなかった

それより遊んで!遊んで!って感じで

カメラに興味を持ってたので、旦那ちゃんが使い方をレクチャー

 
  
  
 

もう、撮って!撮らせて!の繰り返し

私も撮ってよー俺もーとどこからか大人も乱入

 
 

この子はモデル顔負けのポーズを次々に決めてくれました

 
 
 


最後はね、ボールペン貸してって言うから貸してあげたらお礼の絵を描いてくれた♡♡


 

この純粋な気持ちが嬉しい

この子たちと仲良く遊んでるうちに2~3時間経ってました





しかーし!!

ここでお腹が痛くなってきた私(;つД`)

子供たちと別れてトイレを探す

そしたら、アッパークラスルームみたいなこと書いてる部屋があって

入ってみるとそこは高いチケット購入者だけが入れる待合室でした

専用のトイレもある!

そして私たちのチケットは入室OKだったのでもちろん入る

駅のトイレって日本でも汚いとこあるから嫌だなぁーと思ってたけどここはアッパークラス☆

安心しきって入ったんだけど...
...

ゴキブリがいる( TДT)

日本のと違ってなんかデカいし

そして...

ネズミもいるΣ(T▽T;)

でもね、こっちのお腹限界なんだよ!

ここでするしかないんだよぉぉぉぉぉ 泣




そういえばインド人って、トイレットペーパー使わないんです

これは貧乏とか金持ちとか関係なくそういう文化らしい

では、用を足したあとどうするか?

トイレの中に水道の蛇口と小さな取っ手つき桶が置いてあるので

水をすくってお尻にかけ、左手で洗うらしい

この時必ず左手ね!

ヒンドゥー教徒の間で左手は不浄の手なんだって

だから握手とかは右手で行うのが礼儀らしい



日本人でもこのお尻洗うスタイル取り入れてる旅人いるけど私は無理でした

まず、そこに置いてある水が信用ならん!

綺麗かどうかわからない水をデリケートな部分にかけたくない

濡れたままパンツはくのも嫌だしね

だからトイレットペーパーは常に持ち歩いてるので大丈夫なんですが

何が嫌って便座がびちゃびちゃになってるぅぅ(´_`。) 泣

だから、こっちはお腹壊してるのに空気椅子で挑むしかないんですよ!

想像してください

お腹ピーピーで空気椅子。。。。

トイレ行くだけで疲労困憊




お腹の状態はどんどんひどくなり、何だか熱も出てきて( ノД`)…

絶不調で寝台列車に乗り込みました

 


救いは寝台が綺麗だったこと

列車内のトイレも駅のトイレよりはるかに綺麗でした

チケット取るとき、粘っていいクラスを取って本当に良かった
(チケット入手時のゴタゴタは前日の記事参照)

あのままSLクラス受け入れてたら、通路にあふれるインド人を押しのけて

トイレに行き来しなきゃだったと思うとぞっとする。。。

あの時諦めなかった自分に拍手!!

ありがとうあの時の私!!






∵△∵▲∵△∵▲∵△∵▲∵△∵▲∵△∵▲∵△∵▲∵△∵▲∵△∵



ランキング参加ちゅ(●´3`(○´3`)
あなたのクリックに今日もありがとうクリック


  ←PCはコチラ
にほんブログ村  ←携帯からはコチラにクリックお願いします







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2013年12月上旬




不安いっぱいのインド鉄道ですが、とりあえずやってみないと始まらない!!

チケットを買いに行きまーす

コルカタには幸運なことに外国人専用の予約センターがありました

宿から離れてるんで、ローカルバスに挑戦です




コルカタのローカルバスは、バス停に停車しません

てかバス停あるのかなぁ?

私たちから見るとどこにあるかわかりません

行先書いててもわからないしね



ではどうするか??

ただの道でお客さんっぽい人を見付けるとバスが徐行し始めます

徐行してきたバスに並走しながら行きたい場所を大声で叫ぶ!!

車掌さんがうなずいたら飛び乗る!!

これがバスの乗り方です

さすがインド。バスひとつとっても安定の破天荒っぷり(▼∀▼)ノ




そしてバスがこれ


 


窓なんて無い

もうこんなのインドでは当たり前

車内から見かけた風景


 

なんかでっかい荷物持った人がいた 笑






うまく飛び乗れたので、チケット予約オフィスに無事到着

窓口に整理番号付きの申込書が置いてあるので記入して待ちます

番号を呼ばれたら、窓口へ

ひとりひとりと相談しながら決めるので、番号が進むのがかなり遅い(;´д`)

一時間ぐらい相談してる人もいるしね

きっと鉄道のルールが意味不明だから説明に時間がかかると思われる。。。




窓口は2つありました

 

左側の窓口のコワモテのおじさんはお客さんと会話しつつもテキパキと進めてる印象


右側の窓口の人はなぜか二人組みで、マリオとルイージみたいな顔でした

まさか兄弟!??

マリオブラザーズはふたりでお喋りしたり、携帯で話したり..

途中、昼休憩なのか誰も居なくなるしね.

こっちは長時間待っとんじゃーヾ(。`Д´。)ノ とイライラ

旦那ちゃんと「呼ばれるなら左側の窓口がいいね」ってコソコソ話してたけど

やっぱりそこで呼ばれるのはマリオブラザーズの窓口!涙。

呼ばれたから行ったのに「ちょっと待って」

え??

何してるのかなーって見てると、マリオが携帯の画面見ながらパソコンぽちぽち

知り合いのチケット予約してる模様∑( ̄皿 ̄;;

ルイージはルイージでこちらのイラつく空気も読まず

「あれ?日本人?日本語知ってるよ~。アイシテル~」とか言ってくる

全然面白くねーから!!と思いつつも愛想笑いする日本人な私。



しばらくすると私たちの申込書をみてチケットを検索しだしました

電車の詳細がよくわからなかったので申込書に書いた情報は

車名:空欄
目的地:Darjiring(ダージリン)
出発日:2013/12/11
出発時間:night
到着時間:next morning
クラス:2nd or 3rd

こんだけ。相談しよーと思ってね

なのに!!

「空きがあるからとるねー」ってすぐにチケットを発券しました

え!うん...

チケットを見てみると、事前に調べた値段よりえらく安かったから

私たち 「えっ?クラスって??3A?」

マリオ 「クラスはSLだよ。申込書に2ndって書いてるじゃん。2nd=SLのことだよ。」

私たち 「えっ!」

マリオ 「インドの列車に3rdクラスは存在しないから、SLで予約したからー☆キラリ」





いやいやいや!!

それは困る!!

私たち「2A =2nd、3A=3rdのつもりで書いたの!!!3Aクラス以上にしてよ」

マリオ「もう発券しちゃったから~」

私たち「だーかーら!変更したい!!どうすればいいの?」

マリオ「このチケットキャンセルして、新しいチケットとれるよ」

私たち「ふぅー。」

マリオ「じゃ、キャンセル料は二人で180ルピーだから」

って、

えぇぇぇーーー( ゚-゚)( ゚ロ゚)(( ロ゚)゚((( ロ)~゚ ゚


いやいや、確認してないのにそっちが勝手に発券しちゃったんでしょーが!!!

...

...何度いっても「無理」の一点張り。

もうラチがあかないので

「わかった。キャンセル料払うからクラス変えてもう一度チケット取り直して」

もう、それで済むなら払うよ、キャンセル料金。

すんげー疲れたし宿に帰りたい(--;)



が、しかし…

席を立って整理番号付き申込書を新しく2枚持ってくるマリオ

「これにキャンセルと新しい予約情報書いてまた並んで」

えっ、えええええええぇぇぇぇーーーー( ̄□ ̄;)!!


何でそうなるの??

インドってやつはことごとく予想のはるか上の出来事が起こります

こういう交渉ごとを全部やってくれる旦那ちゃんは疲れきっている

あまりの疲れっぷりにSLは絶対乗らないと決めたのに

「も、もうSLでよくね?」という空気が夫婦の中で流れる...

...

...でもね。

ここで面倒くさがったら、後にもっと面倒になることを私は知っている。

イライラMAXの旦那ちゃんに待ってでもチケット取り直したい!とお願いしてまた10番くらい待ちました

さらに2時間くらい待ちましたよ

もうマリオブラザーズの窓口は嫌だ!!ってことで左窓口に呼ばれることを祈る

その思いが通じたのか、左窓口に呼ばれました

ありがとう!インドの神様!!




こちらのおじさんは、本当に最高でした♪

テキパキしてるし、ちゃんと画面を見せながら確認をしてくれて

無事2日後のダージリン行きの夜行列車をゲット♪




そして疲れきった帰り道

帰りのバスはまさかの人がぎゅうぎゅう詰め

人でぎっちぎちの中から写真を撮ると、こんな感じになります

 

外、ほぼ見えない

しかもね、この満員バスの中で…

痴漢に遭いました(;´Д`)

愛媛の田舎出身なもので、朝の通勤通学ラッシュとかにも縁がなかった私。

最初は痴漢なのかどうかわからなかった

満員過ぎて前後、左右どこも人に密着してるし

バスが揺れてるからかなー?みたいな

でも、右太ももあたりにふわーっと手が来てて、なんかおかしいなーと。

で、チラッと見ると手に持ってた荷物をガサゴソ~

うーん。荷物が当たってるだけ?

…ちょっと泳がせてみることにしました

そしたらやっぱり手が太ももにふわーっ、ふわーっと

でもがっつり揉まれた訳ではないしよくわからん!

と思ってたとき

太もも外側から内ももにまで手がふわーっと来そうになったのでこれは!

ガッ!!!!!

思いっきり膝の外側で蹴ってやりました( ´艸`)

触るのやめてくれましたよ(笑)



あーーーどっと疲れた1日。







∵△∵▲∵△∵▲∵△∵▲∵△∵▲∵△∵▲∵△∵▲∵△∵▲∵△∵



ランキング参加ちゅ(●´3`(○´3`)
あなたのクリックに今日もありがとうクリック


  ←PCはコチラ
にほんブログ村  ←携帯からはコチラにクリックお願いします








いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2013年12月上旬





 

ここまでインドだけでいくつもブログ書いてきたけど、コルカタに滞在したのは実は6日間

うち2日は移動日だからね

インド濃すぎてネタが尽きん( ̄∀ ̄)


 

 




お次はダージリンティーでお馴染みのダージリンに移動です

ダージリンまでは寝台列車で移動予定

今まで何回か寝台列車乗ったけどどれもなかなか快適だった♪

インドはどうなんだろーと調べてみました




インド鉄道を制するものはインドを制す!

と、いうほど鉄道が主流の移動手段らしいんだけどね

でも鉄道のルールが完全に意味不明。(´д`lll) 





まず、インドの列車はキャンセル料が安い

なので集客が見込める主要な夜行電車や長距離電車のチケットは旅行会社とかがたくさんキープしてるらしい

だから人気の便は常にキャンセル待ち状態

そのためWL(ウェイトリスト)っていうのが存在します

WL30だったらキャンセル待ち30番目

みんな複数の列車でキャンセル待ち予約を入れるから、WS番号がWS50とかWS100とかとんでもないことになってます

んで、キャンセル料が高くなる出発2日前になると一気にたくさんのキャンセルが入って

WSの番号がどんどん繰り上がっていきます




駅窓口に行けば自分がWL何番に繰り上がってるのか!?

はたまた席を確保できたか!?

を確認することができるらしいんだけど駅は郊外にあることが多い(´□`。)

しかも列車の最終的な席配置が決まるのは発の4時間前くらい

おせーよ!!\(*`∧´)/

座席が決定したら合格発表のように駅に席名簿が張り出されるシステムなんだけど

この席名簿は始発駅用

は??

って思ったでしょ

出発した後に車掌さんがさらに空き席を確認して最終的な席名簿をまた作成

それが途中駅用の最終的な席名簿になるんだって

ややこしやー



だから途中駅で乗車する人の最終確定は電車が始発駅を出発した後

…改めて文章に起こすと何だこのシステム(´Д`)

もっといい方法あるだろーに



そしてWLのままで電車が発車すると全額返ってくるけど

席確保まで繰り上がってると全額返ってきません(;・∀・)

だからWLチケットを持ってる場合は、当日駅に確認しに行くしかない!!

宿チェックアウトして、重い荷物を持って。。。



さらに、チケットの種類の中には〝とりあえず電車に乗って席が空くのを待つ用〟チケットとかもあります

駅に改札とかないからこういうことが可能なんだろうけど...

なんかもう...

いちいち疲れさせる国。インド。( ̄_ ̄ i)





んで、無事自分のチケットを入手しても問題はここから

当たり前だけどまず自分の列車を見つけないといけません

30分前に急に出発することもあれば、2時間遅れてくることもざらにあるそうで...

出たか出てないかわからない電車を不安にかられながら旅人たちはひたすら探す



さらに乗ってからも問題が!!

夜行列車には、いくつかクラス分けがあります

高い順にこれね↓



『1A』 AC 1st Class                                エアコン付き1等寝台、1等個室(寝具つき)
『2A』 AC 2-Tier Sleeper                       エアコン付き、2等寝台、夜は二段ベッド(寝具つき)
『FC』 First Class                                    エアコンなし、1等個室
『3A』 AC 3-Tier Sleeper                       エアコン付き、2等寝台、夜は三段ベッド(寝具つき)
『CC』 AC Chair Car                              エアコン付き、2等、リクライニング・シート
『SL』 3-Tier Sleeper Class                    エアコンなし、2等、3段ベッド寝台車(寝具なし)
『Ⅱ』  Second Class(Ⅱ)                        エアコンなし、2等、ただの座席




3A以上から値段が一気に跳ね上がるのでSLを選びたいところ

でもこのSLはね、旅友に聞いたら自分の席にはほぼ100%の確率で別のインド人が座ってるんだって

もちろん勝手にね

だから電車に乗って自分の席を確認したらまず見知らぬインド人にどいてもらうとこから始まるらしい...

旅友のブログからお借りした(勝手にゴメン)SLの写真がコチラ

 

自分の座席どーこーの前に通路さえ通れないし…

 
 


いや…

もう…

言葉に出来ないヽ(;´ω`)ノ




この写真を撮った旅友は、普段とーっても優しい可愛い女の子なんだけど

あまりのイラつきにインド人に怒鳴りちらし

襟をつかんで席をたたせ

どかない奴らは遠慮なくまたぎ、顔にお股を擦りつけてやったと…



これを聞いてSLクラス絶対買わない!!!って決めました







∵△∵▲∵△∵▲∵△∵▲∵△∵▲∵△∵▲∵△∵▲∵△∵▲∵△∵



ランキング参加ちゅ(●´3`(○´3`)
あなたのクリックに今日もありがとうクリック


  ←PCはコチラ
にほんブログ村  ←携帯からはコチラにクリックお願いします




いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
2013年12月上旬



詐欺師だったのか!???グレーゾーンのままとりあえずブラザーから逃げた私たち

宿に向かって歩いてるとなんと知ってる顔が!!!!

タイのチェンマイで出会った夕貴ちゃん&智くん夫婦とコルカタの道端バッタリ\(゜□゜)/

奇跡の再会に大盛り上がり(*゜▽゜ノノ゛

翌日の晩ご飯一緒に食べる約束をして別れました

タイで出会って友達になって、またインドで会えるって。しかも偶然。

こうゆうのってなんか嬉しいね♡





翌日、集合場所で待ってると智くんだけ来たので

「あれ、夕貴ちゃんは?」って聞くと

「面白いインド人と出会って一緒に飲んでる。一緒に飲もうー!!」

すでにほろ酔いの智くん

テンション高めで誘ってくれたんだけどさぁ

最高にあーやーしーいー(;´∩`;)



インド人は二人組で、二人とも日本語ペラペラ

ひとりは奥さんが日本人で日本に住んでた事もあるらしい

もうひとりは日本に憧れて日本語勉強中のダンタって名前の若者

奥さんが日本人っていうインド人(名前忘れた)が親分でダンタが子分みたいな関係かな

智くんたちも最初は疑ってたみたいだけど、日本人の奥さんの写メ確認したりして信用できるポイントもあったみたい

本当に大丈夫~?とか言いつつ

まぁぼられてもビール代くらいか... ということで参加しました

前日の詐欺グレーゾーン事件もあるし疑心暗鬼モードな私たち夫婦



行ってみると、小綺麗なbarみたいな所だったけど薄暗くてかなり怪しげな雰囲気~

でもまぁ、来ちゃったからには楽しむしかない♪

お酒が入るとそれなりに会話も弾むよね




インドって映画が有名だよねーって話になったんだけど

「明日一緒に見に行こう!!!案内してあげる!!!」ってダンタ。

インド映画みたかったんだよね

これはちょっとありがたい

翌日また会う約束しちゃったYO!!

そして翌日みた映画がコチラ↓

 


主演の2人はインドでは有名な俳優さんらしい

映画館はかなり広くて、3階まであって造りは地方にある市民ホールみたいな感じ

1番いい席が100ルピー(約160円)くらいとお安いので私たちは3階の特等席にしました



インドの映画は長いので休憩挟んで3時間超!!

内容はラブストーリーだったんだけど主人公も脇役もまぁ踊る踊るv(゚∀゚v)三(v゚∀゚)v

本編の8割ミュージカル調で言葉わからなくても楽しめます

大人数で躍り狂うんだけどこのダンスがキレッキレで超カッコイイの!!!!

踊る度に色とりどりのサリーがふわふわなびいてすごく綺麗



スクリーンでっかいし

音楽は爆音だし

本編ほぼダンスだし

シーンごとに観客は指笛ピューピュー

ウォォォォォーーー

イェェェェェェ----

雄叫び上げまくります

もーーー自由か!! 笑




ここで不思議だったのが「一緒に観よう!」と誘ってきたはずのダンタ

映画館に案内してくれたものの「僕は映画はいいや。お腹減ったからご飯食べてくるー」と去って行ったこと

「映画が終わる頃にまた迎えに来るね」って...

で、終わったらちゃんと迎えに来てくれて

「君たちお腹空いてない?何かしたいことある?」って世話やいてくれるんだよねー

何これ。すっげー違和感(;´∀`)

私たちに優しくして何かこの人得するの?とか思ってしまう

「何でそんなに優しくしてくれるの?」って聞いても

「日本人と話したら僕は日本語の勉強になるし楽しいんだ!」的なこと言ってくる

いい人...なのか??




その後ご飯食べてー

シーシャ屋行ってー

 
そもそもシーシャの見た目が怪しいのに店内の照明が赤くて余計に怪しい.写真..

ちなみに、この写真奥に写っているのは奥さんが日本人っていうダンタの親分

前日のブラザーと同じく、うちの旦那ちゃんまた同じ髪型だけどぉ!!笑



ダンタはね、写真に写らないようにするの!!

...やっぱり怪しい

前回も書いたけど私が思う詐欺師の特徴

①日本語ペラペラ
②写真に写らない

両方当てはまってるーーー(ノД`)・゜・。



でもね、この時はインド2日目だった私たち

なんだかあやしげーと思いつつも何となくその場を楽しんでました

シーシャ本体が欲しいな~っていうと売ってるお店案内してくれたりして優しいのよ

その辺の売店みたいなところに普通に売ってて、小さめサイズで1000ルピー(約1600円)前後


 
 

インド人が値切ってくれて、フレーバーも合わせて1200ルピーで購入しました♪

シーシャの本場は中東の方だと思うんだけどでほとんどがインド製のものなんだって



とまぁこんな感じでずっと疑い半分の気持ちでいたけど実害は無し!!

むしろ色々良くしてもらったヽ( ´¬`)ノ

私たちはその後すぐコルカタから移動したからこれにて終了したんだけど、夕貴ちゃん夫婦は何度か会ったみたい

大丈夫かなぁ~と心配してたんだけど

...

...

...

夕貴ちゃんからしばらくして連絡があってね




コルカタでガチの詐欺に遭った日本人のブログ見つけたんだけど!!

それがダンタだったーーー





って。

ギャ━━━━━━Σヾ(゚Д゚)ノ━━━━━━ !!!!

あっぶねーーーー

あいつマジもんの詐欺師だったよ

ちなみに夕貴ちゃんたちも警戒してて被害はなかったって

ほんと良かった(*´Д`)=3



インドに渡航予定のみなさん!!

詐欺にはご注意を。






∵△∵▲∵△∵▲∵△∵▲∵△∵▲∵△∵▲∵△∵▲∵△∵▲∵△∵



ランキング参加ちゅ(●´3`(○´3`)
あなたのクリックに今日もありがとうクリック


  ←PCはコチラ
にほんブログ村  ←携帯からはコチラにクリックお願いします


いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
201312月上旬



インドと言えば…騙される!!



日本を出て、各国で色んな旅人に出会って嘘みたいな騙しの手口色々教わりました

置き引きされたり、食べ物に睡眠薬仕込まれて全て盗まれた!とかね(゚Ω゚;)

だから今まで行った国では現地の人とコミュニケーションとろうとしてたけど

インドではかなーり警戒してました

ガンガン話しかけてくるインド人をオール無視。



でもね、あるインド人2人組みが

「ヘイ!ブラザー!髪型一緒だねーーー」





無視できないほど、旦那ちゃんと髪型が一緒でした

 

え?まじでブラザー?? 笑

これは笑える

これをキッカケに色々話してると

「今、ここから歩いて20分のところにあるガンジス川で年に一度のお祭りやってて、今からそこに行くんだけど一緒にどう?」

って誘ってきたーーー

詳しくきいてみると2人組みのうち1人は別の地方からコルカタに遊びに来てるので、今観光案内しているとのこと

ブラザーが笑顔で何度も誘ってくるんだけどさぁ

このインド人はいい人なのか、悪い人なのか判断つかなーい!!

旦那ちゃんと目で会話よね

で、正直に

「お金…払わないよ??」とインド人に申告

そしたら

「当たり前だよブラザー!ガイド料とかいらないよ!!!」みたなことをいうので

「絶対1ルピーも払わないからぁぁぁ」

って念押してついて行くことにしました( ´艸`)




川まで歩く道のりで、コルカタタワーなるものを見せてくれたり

 


お菓子買ってくれたり(引くほど甘かった)


 


ワイワイお喋りしながら、ガンジス川に到着ー♪

 



え?お祭りしてるの?って感じで人はまばらだったけど

沐浴してる人もいて、おぉ!インドっぽいーーと思ったり



んで、川を眺めてると、「もうチャイ飲んだ?チャイをごちそうするよ」と 

「いやいや、連れてきてもらったしココは私たちが!!」って日本人発揮したんだけど

「ここはインドなんだから!インド人の僕たちが出すよ」

「日本に行ったら君たちがご馳走してね(笑顔キラリ☆)」みたいな

あぁぁぁこの台詞聞いたことある

ラルンガルゴンパで会った中国人のリュウ君もそうやってご馳走してくれた

今までの旅で出会った外国人で1番優しかった人、リュウ君。






なんだ。

このインド人も普通にいい人じゃないかーーー(・∀・)

疑ってゴメンよ




…と思った矢先。



  

ブラザー 「実は今日誕生日でさぁーー」

私たち 「え、そうなの?おめでとう!!」

ブラザー 「ありがとう。それで今朝インドの正装の服をオーダーメイドしたんだ」

私たち 「へぇ~いいね~」

ブラザー 「もう出来上がってる頃だから一緒に店に来てよ!君たちに見せたいんだ!」

私たち 「えっ…(;´Д`)」
 



なんか怪しくね??

これが詐欺の手口??

まだわかんないけど…

いい人かもしれないけど…

少しでも変な動きされたらソッコー逃げよう!と夫婦会議してたので

もう疲れたから帰るってお断りしました

でも宿の方向と同じだからとか何とか~ってことになり

「君達に正装を見せたいだけなんだ!」って言うし

「店には入らないよ!!!!」と念を押して、店の前まで一緒に行きました

ここで、路地裏に入っていくようだったらダッシュで逃げようと夫婦でこっそり約束しながら





お店は普通の服屋さんって感じだった


 

人通りもあるし、とりあえずほっ
 

店に着くなり、中に入れとブラザー

いや、外で待ってる!!!! と頑なに拒否

お店の人も出てきてどうぞ、どうぞって

それでも拒否してたんだけど




「お店の人がチャイを振舞いたいと言っている」

「インドでは皆でチャイを飲む時に断ってはいけない」

「ここはインドだ。インドのマナーに合わせないと!!さぁ中へ!!」






「じゃ、帰るねーーーバイバーイ」

逃げました( ´艸`)



「これから予定は?晩御飯は?明日でもいい。案内するよぉぉぉぉ」

って最後までくらいついてきたけど

最後はもう別の町に移動するって嘘ついて逃げました



チャイやらお菓子やらおごってもらって…とこの時は多少心が痛んだけど

何日もかけて仲良くなって心開いた頃に!!ってパターンもあるみたいね




私の思う詐欺師の見分け方。前にも書いたけど

日本語ペラペラで話しかけてくる奴は怪しい

そして

写真に写ろうとしない奴は怪しい

旦那ちゃんにそっくりヘアーのブラザーは写真OKだったけど

もう一人は絶対に写真に写ろうとしなかった

「ママに写っちゃダメって言われてる。」っておかしな言い訳してたし




これ実はインドに着いた初日の話。

ぐったり疲れた1日でした(´Д`;)






∵△∵▲∵△∵▲∵△∵▲∵△∵▲∵△∵▲∵△∵▲∵△∵▲∵△∵



ランキング参加ちゅ(●´3`(○´3`)
あなたのクリックに今日もありがとうクリック


  ←PCはコチラ
にほんブログ村  ←携帯からはコチラにクリックお願いします



 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 2013年12月上旬



人生初インドで到着した町コルカタ

ここに来る前、コルカタは世界一汚い場所だって聞いたんです

だからビビッてたんだけど、そんなでもなかった

 

埃っぽいしゴミだらけだしオシッコ臭いし日本を基準にしたらオニ汚いけどね

ある程度の汚さは中国で慣れたかな



その辺牛やらヤギやら歩いてるし




 
 
動物と一緒に人間もゴミあさってたりするし


でもね、このゴミだらけのグレーがかった町にカラフルなサリー(女性の民族衣装)や黄色いタクシーが映える!!

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
背景はモノクロで、際立たせたい部分だけカラーにしてるおしゃれポスターとかあるよね?
(↓イメージ画像)

 


私の目には町全体がそんな感じに映ってて

なんか可愛いー♡♡と思ってました




そしてね、やっぱり人が面白い!!

なんでも道端でやってるからね

炎天下の路上で魚さばいてたり~
 
 
髭剃り屋さんがあったり~

 
斬新なスタイルで荷物運んでたり~

 
  

1回、あの黄色い可愛いタクシーのトランクにぎっしり生魚が詰まってるの見ました∑(゚Д゚)

しかもトランクに直置き!!!!

コントみたいに2度見したよ(-_\)(/_-)三( ゚Д゚)

絶対ダメじゃん

汚いじゃーん

臭いじゃーん

まぁでもそんなことお構いなしなのがインド。

もう笑うしかない





そんなインドで癒しになるのはやっぱり子供たち

めっちゃかわいい♡♡

どんな国でも子供は天使です

 

 

 


べっぴんさんのこの子はウィンクしてくれたー♡

かわいすぎる( ̄∀ ̄)

 


インド、美人多し!!!!







∵△∵▲∵△∵▲∵△∵▲∵△∵▲∵△∵▲∵△∵▲∵△∵▲∵△∵



ランキング参加ちゅ(●´3`(○´3`)
あなたのクリックに今日もありがとうクリック


  ←PCはコチラ
にほんブログ村  ←携帯からはコチラにクリックお願いします



いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。