やった!

テーマ:

 荒川やりました!金メダル!


 朝起きてすぐテレビつけました!


 日本人選手の演技は終わっていたけど、スルツカヤの演技まで朝食のしたくをしながら見ていました。


 NHKのLive中継は淡々としていて、「現在荒川1位!」とか何も言わないから、「いったいどうなってるんだろう?」とほんとにハラハラどきどき


 スルツカヤの演技が終わって、画面が荒川選手に変わってようやく「あ!1位なんだ~」ってわかりました。


 嬉しかったよ~。


 でもさ~

 せめて、左上にちょこっとでも順位を表示しててほしかったなぁ→NHK。


 でも荒川選手。ほんときれいで、妖精のようでしたね。


荒川 金メダル!


 この終わったあとの満足そうな笑顔・・・。すてきでした


 


村主 4位 ミキティ 残念15位


 村主選手、安藤選手もお疲れ様!ミキティは本当にプレッシャーがすごかったんだろうね。


 4回転失敗した段階で、緊張感が切れちゃったのかも。後半は明らかにばてていて、ジャンプもミスが続いてかわいそうでした


 村主選手もよかったのにね。


 4位というのは惜しい 終わったあとのインタビューはとっても悔しそうだったね。


 とにかく、今までの日本選手の不調のモヤモヤを吹き飛ばしてくれた荒川選手の金メダルだった。


 おめでとう、荒川選手

AD

村主章枝に感動

テーマ:

 オリンピックで1番楽しみにしていた女子フィギュアが始まりました


 夜中の3時にちょうど目覚めたので、起きて見ようかな~とちらっと思いましたが・・・。睡魔に勝てず、また、寒い中起きるのが面倒であきらめ、今日の夜5:50からのTBSの特番を仕事中もずっと楽しみにしていましたよ。


 仕事帰りに姉のところに寄る用事があったけど、5:50に間に合うように立ち話もそうそうに切り上げいそいそと帰ってきたよ。


 早速ごはんしたくをしながらテレビをつけましたが、映像はスノボー


 あまりメジャーでない日本選手に「モジャけん?」だかなんだかニックネームをつけて、長々とやっている。


 あれ?さっそくスケートじゃないんだ。結局、スケートは7時から。それまではスノボーでしたよ・・・。


 あわてて帰った意味なし!

 新聞欄の書き方だと最初にフィギュアをやりますよっていう感じで書いてるんだもん・・・


 いらいらのみき坊、思わず、毛深い男子(モジャけん)なんて見たくないわ!と毒づいていました・・・。


 えみりんさんこりんごちゃん のブログに触発されたわけではないですが、今宵はラーメン。ちゃっちゃっと食べ終わってまったりしながら、スケートが始まるのを待っていました。


 そして7時。いよいよ始まりました。ワクワク


 ほー。荒川さん、村主さんの演技はほんとにため息もの・・・・


 1位のサーシャ・コーエン、2位のスルツカヤもすばらしかったですが、1番感動したのは村主さんですね。


村主さん 演技中


 私、いままで村主さんのオンナっぽい勝気な演技がいまいち苦手で、荒川さんの方が好きだったんだけど、今回は村主さんが勝ってたなぁ。


 SP上位3人と村主さんを比べても、その差がわからないんだよね。


 でも村主さんは代表争いの全日本で優勝したときもフリーで逆転したんだよね。


 まだまだわからないぞ。1・2・3位の差もほとんどないしね


 残念だったのはご当地イタリアの選手の転倒とミキティの硬さの目立つ演技となんといっても真央ちゃんの不在。


 スルツカヤもコーエンも、真央ちゃんがいたらどうなっていたんだろうって思うよ。


 「あぁ、ここに真央ちゃんがいたら・・・!」


 想像するフィギュアファンは多いんだろうね。


 4年後に期待。


 ところで、私が感動しながら、テレビをみていたらSmileyが気の抜けるようなことを話しかけて来るんだよな~。


 「村主さん」を「むらぬしさん」っていうし・・・。

 花束拾う子供たちを「小人さん」っていうし・・・・。なんなの・・・


 

AD

除雪先進地域・・・

テーマ:

 ある番組 で私のふるさと「滝上町」が「除雪先進地域」として紹介されていた。


 民間委託の除雪業者で私の同級生がテレビ出演!なつかしい。


 彼は昔うちの隣に住んでいたのだけど、優しい性格で、ついでにうちの方まで除雪してくれたり、社会人になると勤め先の重機で近所全体の除雪をしていた。


 にこにこしながらいきいきと除雪をしている彼の雄姿()をテレビでもみれ、なんだかあったかい気持ちになったよ。


 せちがらい世の中、大都会札幌に住んでいると田舎暮らしのよさを思い出すなぁ


 それに比べて札幌は北区の現状・・・


 ほとんどの道は一方通行のすり鉢状態


 道に雪を捨てるもんだから、道路はわだちもでき、我が家の愛車ヴィッツくんのお腹は多分相当痛々しいことになっているだろう。


 雪国以外の地域の皆様へ

 わだちの出来ている道路を車が通ると氷の混じった雪が車のお腹に当たり、ゴリゴリと嫌な音がしま   す。


 今日出かけた西区の八軒や琴似の方では道路に融雪槽があるおかげなのかな?すごくきれいに除排雪されているようで、かなり道幅は広くきれいに感じた


 これからは札幌でも、市などのお役所まかせにせず、住民自ら除雪に取り組まなければいつまでたっても除雪の問題は解決しないし、昨日のような渋滞 もなくならないんじゃないだろうかと思ったよ。

 

AD

アシュリー

テーマ:

 今日は昨日12時近くに就寝したにもかかわらず、6:15に目覚めました。仕事の日より早起きなのだ。そしたらもうすでにsmileyも起きていて、パソコンを打っていました。


 居間で横になりひととおり新聞をチェック。昨日録画していた「アシュリー」の特番を観ました。


 プラジェリアという病気で人より十倍早く老化するという病気のアシュリーちゃんの3年をまとめた番組で以前のDNAの特番でやっていた内容にプラスして、最近のアシュリーちゃんの様子をやっていた。


 弟の1歳の誕生日を笑顔で祝うアシュリーちゃん。


 アシュリーの前向きな生き方に励まされるんだけど、今回、アシュリーがかつらを買った場面では思わず、泣きそうになりました。


 ずっと親友だったクレアという友達が中学生になって、アシュリーから離れ、おしゃれと男の子に夢中。アシュリーも13歳となって、本当はおしゃれももっと楽しみたいはず。


 そんなアシュリーは今までかつらに興味を示さなかったんだけど、初めてかつらを購入するシーンがありました。自分も同じ年頃の女の子たちと同じようにおしゃれしたいというアシュリーちゃんの気持ちが強く伝わってきました。


 とはいえ、買っただけでかつらはつけないアシュリーちゃん。その心の揺れはやっぱり思春期特有なのか、すぐにいつものアシュリーに戻って、かつらはもうつけないとカメラに向かって話すアシュリー。


 アシュリーにはすてきなボーイフレンドがいた。同じ病気で2歳のころから支えあってきた。


 そんな彼も昨年他界。


 最後にアシュリーのボーイフレンド・ジョンくんの言葉が印象的だったので紹介したい。 

 

----------------------------------------------------------------


  人生はどう生きるかなんだ

  長さは重要じゃない

  こんな病気で 僕って

  何て かわいそうと思いながら

  一生 悲しいパーティーを

  続けるのか

  それとも 前へ進み

  人生を意味あるものにするか

  僕は自分の命を 最大限に生きたい


 私も自分の命を最大限に生きたい・・・です。

ペコスおじさん

テーマ:

 トムとジェリーにでてくるジェリーのおじさん(?)ネズミの名前はペコスおじさんというみたい。


 ネットサーフィンしてたらやっと見つけた。映像はゲットできなかったけど、多分そうだと思う。ひげの話もあるし・・・。


「ひげも使いよう ('55)」に登場する、ジェリーの伯父さん、ペコス。(Pecos)
 生まれはテキサス、特技はギター。怪力無双、神出鬼没、痛快無比。
テキサス出身だけに、映画「荒野の決闘」主題歌で有名な「いとしのクレメンタイン」を歌う。TV出演のためにジェリーの住む街にやってきたのだが、トムのひげがギターの弦に欲しくなり、トムを追いかけ回す。テレビの画面の中からトムのひげを抜く場面が傑作。 こちらのHPより


ペコスおじさん【UNCLE PECOS】
ジェリーの叔父さんで白く長い髭を生やしてテンガロンハットが似合う, テキサスから来たカントリーミュージシャン。
ギターの弦が切れるとトムを追い掛け回し髭を抜く。しまいにはTVの画面から髭を抜く(笑)
歌っている曲は映画「荒野の決闘」主題歌の「いとしのクレメンタイン」
ちなみにワタシがトムとジェリーで一番大好きなキャラクター こちらのHPより


 ふう、すっきりしたぁ。


 今日はオペラ座の怪人は観ないで、学校へ行こう!をみています。さすがに3日連続は・・・。

ニブルス

テーマ:

ニブルス


おねえの言っているのはこのキャラクタ~のことかな?


以下と写真は CARTOON NETWORK co.jp  より


ニブルス

ジェリーの弟分のように、色々なエピソードで登場。このオムツを穿いているグレーのネズミ、その名もニブルス。途中からタフィーやチェリーと呼ばれるお話もあるけど、同じネズミの事なんだ。

第9話「The Milkey Waif」で、ジェリーの家の前にバスケットに入れて置かれていた、まだオムツも取れない子ネズミとして、初めて登場したんだ。もちろん最初から、その愛らしい外見とはうらはらに、面白おかしくジェリーのサボートをして、トムに果敢に挑む勇気のある赤ちゃんネズミ。