まぼろしハワイ

テーマ:

今日は久しぶりに読書覚え書きというテーマで。


まぼろしハワイ よしもとばなな  を読みました。


短編集です。


最新刊です。


お休みの今日、いっきに読みました。



よしもとばななの、やわらかなあたたかい文章の中に現実の厳しさ、リアリティが表現されている。



愛する人や家族の死といったどうにもならない悲しみをどう受け入れるのか、どう乗り越えていけばいいのか?


人生の普遍とも思えるテーマを深く、静かに語ってくれる。


癒しとは違う「人生ってこうなんだ、そういうものなんだ」って思えるだけで、悲しみの中にいる人には救いになるだろう。



ハワイという日本人にはなじみの深い、ある意味「ベタ」な観光地をこれだけ神聖に描けるのは作者の中のハワイへの尊敬と愛情があるからにほかならない。



20代のはじめ、私が初めていった海外旅行はハワイだった。


帰ってからしばらくはハワイを思い出してなぜだか切ない気持ちで毎日仕事をしていた。


そのころの同僚はハワイにはまり(?)何度か出かけていくのをうらやましく思ってもいた。



ハワイとは、そのような土地。


人をひきつけ、離さない魅力がある。


たった1回、観光で行っただけでホームシックならぬハワイシックにしてしまう・・・。



この短編集の最後の1篇「銀の月の下で」で出てくるハワイ島のホテル。


ヒルトンワイコロアヴィレッジのことだと思うけど、以前になにかでみて気になっていた。


広い施設にラグーンがあり、ゴルフ場もあり、モノレールやボートもある。


亀もいて庭を歩いていたり(?)するそうだ。


多分こんなところに泊まったらものぐさみき坊のことだからどこへも出かけたくなくなるだろう。


ただただのんびりできるのかも。



いつか家族でいってみたいな。ハワイに。





いつかSmileyや家族と行ってあの雄大な幸せな夕焼けをのんびりと眺めたい・・・と思った。


船

AD

でっちあげ

テーマ:

 毎日1冊は読了したいほど、読みたい本、読まなくちゃいけない(?)本が相変わらずたくさんツンドク本になってる・・・。


 「でっちあげ 福岡「殺人教師」事件の真相」 (福田ますみ/著 新潮社)という福岡で起きたいじめ教師の冤罪事件について書かれた本を読んだ。


「クレーマー保護者の虚言によって、
彼は史上最悪のいじめ教師に仕立てられた。
「早く死ね、自分で死ね!」


2003年6月、全国ではじめて「教師によるいじめ」と認定される
事件が福岡で起こった。問題の小学校教師は、担当児童を自殺
強要や暴力でPTSDによる長期入院に追い込んだとされ、
「殺人教師」とまで報じられた。
だが後に、一連の事実は、児童両親によるでっちあげだった
ことが明らかになる──。


子供は善、教師は悪という単純な二元論的思考に陥り、
550人もの大弁護団を結成した人権派弁護士、保護者
の無理難題を拒否できない学校現場や教育委員会、すぐ
に騒いで教師を悪者にするマスコミ、被害者を救うヒロ
イズムに酔う精神科医、そしてモンスター・ペアレント......。


病める教育現場で偽善者たちが引き起こした、驚愕の冤罪劇! 」 アマゾンより


 今は学校に無理難題やクレーマーとしかいいようがない注文をつける保護者が増えているのだそうだ。


 「先生」が権威を失くし、先生の側にもとても「先生」と呼びたくないような資質の人もいるけれど、保護者がここまで発言権を持ち、校長・教頭・教育委員会などが弱腰ならば、正常な教育の現場といえないような状態におちいっているのがわかった。


 保護者の給食費滞納や、保育費滞納などが全国的な問題となっている中、この本に描かれていることはとても他人事ではないと思えた。


 この本を読んで寝たら変な夢をみて、うなされた。教師がいじめ教師として社会から排除されていく様子がすごくリアルだったから・・・。こわかった。



 職場で最近、うるさい子供を叱ることが多くなった。前は笑顔で注意していたけれど、最近はすぐ叱ってしまう。


 母親がいても注意しなくてはという場面では注意する。


 そうするといるんだな、これが。


 「ほら、叱られるから静かにしなさい」という親が・・・。


 こっちだって叱りたくないんだよ。注意しないと静かにしなくてもいい場所だって思うでしょ。子供は。


 叱ったら子供はけっこう素直に静かに本を読むようになるから、叱るのを面倒がらないでほしい。そして小さな子供はできるだけ親が読み聞かせしたり、一緒に本を選んだりしてあげてほしい。



 でも基本、小心者の私だから、叱るとどきどきしてしまうよ。自分の子供じゃないからねぇ。しゅんとなったらかわいそうだからフォローしたり・・・。


 「ごめんなさい」と謝られるとかわいいね。



 今日はSmileyが飲み会だから、1人で気楽に夕ご飯。これから姉と会って買い物してきます。


 ケンタにしようかなぁ。

 


 


AD

 「やっぱりあぶないIH調理器(新版)」 船瀬俊介/著  読了


 やっぱりあぶない!



本の内容

オール電化に憧れる前に、オール電化に入居する前に、リフォーム・引っ越しをする前に、あなたと家族の安全・安心について考えてみませんか?生活者サイドに立った、電磁波から身を守る最新情報ガイド。

目次

第1章 「知りたい!」説明書が隠すIH調理器と電磁波のこと
第2章 世界が警告!電磁波の悪影響とは
第3章 さぁ、身のまわりの電化アイテムをチェック!
第4章 甘い広告の裏に隠された、IH調理器の落とし穴
第5章 オール電化にしてはいけない、これだけの理由
第6章 エコロジー時代に安心して暮らすには?
第7章 泣き寝入りはしない!私たちにできること

---------------------------------------------------------------------------------


 IH調理器はじめ、電化製品が発する電磁波の危険性を第二のアスベストと著者は警告、省エネといわれながら、目のくらむ電気代のかかる現実と地震大国日本の原子力発電所の危険性までやさしく簡単に解説している本です。


 ちまたで今売れているIH調理器


IH調理器  →こんなやつね。



 から放出されている電磁波が健康に害を及ぼすもの。

 (中枢神経/自律神経機能障害やがん、白血病など)


 ということは知っていましたが、この本を読んで電磁波以上にいろいろな問題を抱えているのだと思いましたよ。


 まず、このIH調理器のうたい文句の


 ①省エネ

 ②火を使わないから安全・安心

 ③クリーンなエネルギーなどで環境にもやさしい


 などがまやかしであることがわかります。


 まず、①省エネですが、


 本書や「暮らしの手帖」などの実験結果からもガスで調理したときよりも料金がかかり、鍋を動かして調理できないため、フライパンなどの炒め物はガスで調理したときより味が落ちるらしい


 また、IH調理器専用の鍋や適した鍋を購入しないといけないため、あらたに費用がかかります


 ②の安全ですが・・・


 火を使わなくても年々IH調理器からの火災件数は増えています。IH調理器を使っている家庭が増えているからだと思うけれど、IH調理器だと火災は起きないというのはまやかし


 ③クリーンなエネルギーというけれど、


 台所やお風呂でCO2は出さなくても、電力は「発電段階」でCO2を出しているし、「不完全燃焼ガス」を出さなくても「お部屋の空気」を有害電磁波で「汚している」のだ。


 このIHに潜む電磁波被ばくの恐怖はあなどれません。発ガン性・ガン細胞増殖加速、催奇形成、電磁波過敏症などなど・・・。このリスクはメーカーどころか政府まで一切触れようとしていません。


 ちなみに卓上IHで安全に家庭で食事を楽しむには110センチ離れなければいけないみたい(!)ですが・・・。


 ありえませんよね。110センチ離れてお鍋つつくなんて!


 全く、改めてこの内容を読みかえしても、このような商品がちまたで購入できることが恐ろしくなります。


 今はオール電化住宅やオール電化マンションなどが増加傾向ですが、この電磁波の問題だけでなく、停電時の不便さとか、電力が原発に頼っている現在を思っても、とてもリスクが高い選択といえるでしょうね。


 なぜ昔から便利なガスの卓上コンロや保温性の高い土鍋というものがありながら、IH調理器などという商品はできたのでしょう?


 メーカー側の安全無視の姿勢には空恐ろしくなりますね。


 政府もメーカーも経済第一、健康など二の次なのでしょう。


 アスベスト問題で政府にこのような商品の安全性のチェック機能が働かないのは明らかになりましたね。

 ならば自分の身は自分で守るしかありませんよ。


 ところで、IH調理器だけでなく、身近にはたくさん電磁波を放出する家電があります。携帯・テレビ・IH炊飯器、冷蔵庫・・・・。


 くどいようですが、これからは消費者が自身で身を守らなければいけないと思います。


 IH調理器の健康被害が報告されているにもかかわらずの現状ですから・・・。


 最後に電磁波を発する家庭用電化製品の安全に使える距離をここに転記しておきます。


 ○冷蔵庫        30cm以上

 ○トースター      40~70cm

 ○電子レンジ      100~200cm

 ○電気ポット      30cm

 ○IH調理器       200cm以上

 ○炊飯器        20~200cm

 ○IH調理器(卓上)  150~200cm

 ○食器洗い機      65cm


 この本を読んでもまだあなたはIH調理器を買う気になるでしょうか?ご一読をおすすめします。


 札幌市の図書館には本書の所蔵があります。

AD

長い道

テーマ:

「長い道」 こうの史代/著  読了。


長い道

   

書籍内容

夫、カイショなし。妻、ノー天気。そんな二人のあったかくておかしくて切なくて心にしみる54のプチ物語。「夕凪の街 桜の国」で手塚治虫文化賞新生賞、文化庁メディア芸術祭大賞を受賞したこうの史代が贈るハートフル・ショートコメディ。


著者略歴:1968年9月、広島市生まれ。1995年「街角花だより」でデビュー。作品に『ぴっぴら帳 』(全2巻)、『こっこさん 』ほか。2004年に刊行した『夕凪の街 桜の国 』により、第8回文化庁メディア芸術祭大賞、第9回手塚治虫文化賞新生賞を受賞。         [Yahoo!ブックスより]

「夕凪の街 桜の国」に続き、こうの作品のこれを読んでみました。


 夫婦というには不思議なカンケーの「道」と「荘介」のカップル。カイショなしのだんなとのほほんノー天気な妻のおかしな日常が作者独特のユーモアあふれる雰囲気で綴られています。


  けらえいこの「あたしンち」の親近感に手塚マンガを読んでいるときのようなロマンや哲学を感じさせる世界。


 作者の遊び心も感じさせるこの作品。セリフなしのサイレントのページがあったり(まるで昔の白黒フィルムの短編映画を見ているよう)、筆で描いているページがあったり・・・。


 女遊びが好きで、リストラプータロウの夫とパートで生活を支える妻の日常に決して悲観した空気はなく、道の先の読めない行動にびっくりさせられたり、ほんわかな気持ちにさせられたり・・・。


 読み終わるとなんともいえない幸せの余韻に包まれる1冊です。


 ちなみに、夫のことを「荘介どの」と呼び、とってもマイペースでノー天気な妻の道さん。道さんはSmileyの理想の女性だそうです。→短気で怒りっぽい私とは真逆だぁ。


 こうの史代さんのインタビュー はこちら

かたみ歌

テーマ:

「かたみ歌」朱川湊人/著  読了。


かたみ歌


出版社 / 著者からの内容紹介
忘れてしまってはいませんか? あの日、あの場所、あの人の、ちょっと不思議で、しかしかけがえのない思い出を。郷愁と共に蘇る、七つの奇蹟の物語。
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
朱川 湊人
1963年、大阪府生まれ。慶応義塾大学文学部卒業。出版社勤務を経て、2002年「フクロウ男」で第41回「オール読物推理小説新人賞」を、2003年には「白い部屋で月の歌を」で第10回「日本ホラー小説大賞短編賞」を受賞する。2005年、『花まんま』で、第133回直木賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)



---------------------------------------------------------------------


 昭和30~40年代の東京の下町を舞台にした短編集。


 あの世とこの世の不思議な出来事が作者お得意の文体でノスタルジックに描かれていく。昭和のあの時代の懐かしさを覚えつつ、時にはぞっと、また時には泣ける、感動を覚えるお話ばかり。


 花まんま  とあわせて、読書の秋に長い夜を楽しむならぜひおすすめしたい1冊です。


 私が印象的に思ったのは、神隠しのようなお話の「夏の落し文」と、時空を超えて特攻隊員と文通をする「栞の恋」、亡くなった妻からのメッセージを受ける古書店主の話「枯葉の天使」でした。


 全てのストーリーが同じアカシア商店街のある町で起こるが、時代は少しずつずれているため、注意しながら読んでいただきたい。


 おすすめ!

 

夕凪の街 桜の国

テーマ:

「夕凪の街 桜の国」 こうの史代/著  読了


夕凪の街 桜の国


出版社/著者からの内容紹介
昭和30年、灼熱の閃光が放たれた時から10年。ヒロシマを舞台に、一人の女性の小さな魂が大きく揺れる。最もか弱き者たちにとって、戦争とは何だったのか……、原爆とは何だったのか……。漫画アクション掲載時に大反響を呼んだ気鋭、こうの史代が描く渾身の問題作。


平成16年度(第8回)文化庁メディア芸術祭 マンガ部門 大賞作品

-----------------------------------------------------------------------------------


 ヒロシマを題材にしたいろいろな本が世にはありますが、この作品は漫画でありながら、「被爆者」と呼ばれる あの日広島にいた人々の苦しみや葛藤や現実を最も真剣に、そして生々しく描いていると思います。


 3部作となっていますが、一作目の「夕凪の街」の主人公 皆実 のお話が一番心に突き刺さりました。


 最後の彼女のセリフがいつまでも心に残ります。


---------------------------------------------------------------


  嬉しい?

  

  十年経ったけど

  原爆を落とした人はわたしを見て

  「やった!またひとり殺せた」

  とちゃんと思うてくれとる?


  ひどいなぁ


  てっきりわたしは死なずにすんだかと

  思ったのに


--------------------------------------------------------------

 この本は世界中の言葉に翻訳して世界中に読んでほしいです。世界中が考えるべき問題だと思うから。あと漫画なので子供にも読みやすいと思います。札幌市の図書館にも蔵書があります。

花まんま

テーマ:

花まんま 朱川湊人/著  読了


花まんま


<第133回直木賞受賞作>小さな妹がある日突然、誰かの生まれ変わりだと言い出したとしたら-。大阪の路地裏を舞台に、失われてしまった懐かしさを描く作品集。表題作のほか、「トカビの夜」「妖精生物」「摩訶不思議」など全6篇を収める。


〈朱川湊人〉1963年大阪府生まれ。慶応義塾大学文学部卒業。「フクロウ男」でオール読物推理小説新人賞、「白い部屋で月の歌を」で日本ホラー小説大賞短編賞受賞。「都市伝説セピア」が直木賞候補に。

--------------------------------------------------------------------------

 小さい頃に不思議で説明のつかない体験をしたことがある人なら共感できるお話ばかり。この本に収録されている6篇の主人公は子供。子供の視点で描かれた少し不思議で切ないお話。


 特に「トカビの夜」と「花まんま」が秀逸。大阪の下町を舞台に昭和の子供たちの姿が懐かしい。貧しさや差別といったものが背景にあるが、それが前面に出ているわけでもなく、多分、誰が読んでも、自分と重ね合わせられるし、読後感は良い。


 子供の世界ならではのホラーじみた話もあり、たまに背筋がぞくっとするようなお話も。


 一瞬、タイムマシンにのって子供時代に帰れるような懐かしい思いにとらわれる1冊だ。


 余談だが、最終話の「凍蝶」を読んでいたら、smileyが寝てしまった。鉄橋人間の説明がぞわっとする怖さで、このまま読んで寝たら悪夢を見るーーーって、思わず、寝ているsmileyを起こしてしまったよ。


 むにゃむにゃしながら起きて「怖いの~?」とこっち向いて、すぐいびきをかいちゃって寝ちゃったよ。でも少しでもsmileyが起きてくれたおかげで、怖さがどっかいって、すぐ眠れました。


 ありがとう、smiley。


 私なら寝入りばな起こされたら不機嫌になるところだ。

サウスバウンド

テーマ:

サウスバウンド


サウスバウンド 奥田英朗/著  読了。


出版社 / 著者からの内容紹介
僕の父さんは元過激派とかいうやつで、いつも家にいて小説を書いている。学校なんか行く必要ないとか言うのだけれだけれど……。少年の視点を通して、変わり者の父に翻弄される家族を描く、長編大傑作!


著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
奥田 英朗
1959年岐阜県生まれ。98年『ウランバーナの森』で作家デビュー。2002年『邪魔』で第4回大藪春彦賞を、04年『空中ブランコ』で第131回直木賞を受賞


----------------------------------------------------------------------------------------------------------


 奥田英朗の最新刊!待っていました!ってかんじです。


 読んで一言。「面白い!」の一言です。元過激派で無職の変わり者と世間では呼ばれている父を持つ小学生の二郎が主人公。


 第一部が東京での二郎一家。不良中学生とのけんかなど、二郎の生活が中心。ここまではまぁ想像できる内容だったけど、第二部に舞台が沖縄の西表島に移ってからは、がぜん、物語は面白くなる。


 東京では喫茶店経営で一家を支える耐える女・妻のように見えた母が、元過激派の顔を見せ始め、父に反抗的だった姉もじょじょに島で開放的になっていき、ストーリー展開はいきおいを増す。


 二郎からみて、無職でただ家でだらだらしているだけのように見えた父も島ではたくましい。父のとる数々の過激な行動も島の人たちをまきこんで、(いや、本当は父はまきこまれたんだけど・・・その辺は小説を読んでいただいて・・・)どんどんヒートアップしていき、最終的には・・・。


 登場人物のキャラクターがすばらしい。魅力的な父・一郎や母・さくら(これって「さくらと一郎」!奥田さん・・・)に島の人々。


 この小説の醍醐味は第二部なんだろうけど、第一部の東京での二郎の不良中学生との争いも面白かった。小学生の世界の閉塞感が伝わってきた。


 とにかくめちゃくちゃ面白い小説でした。


 余談ですが、うちの父は一郎に似ています。元過激派ではないけれど。そして、父・一郎と息子・二郎の距離感がすてきだ。息子を持つ父親世代にも読んで欲しいかんじ。


あなたへ

「あなたへ」河崎愛美/著  読了。


15歳が書いた小説に心が動く。
 書店での発売と同時に、電子書籍版も発売!


第六回小学館文庫小説賞受賞
 朝日新聞、NHK「クローズアップ現代」で話題沸騰



 そこに写っていたのは「想い」と題されたシャボン玉。
 1枚の写真をきっかけに、少女は少年への思いを募らせていく。
 偶然の再会、突然の別れ--。
 十五歳が書いた小説があなたの心に染みわたる。


 ------------------------------------
 

 二十分経っても、あなたは現れない。

 三十分が過ぎても、あなたの姿は見つからない。

 一時間が流れても、あなたの優しい瞳はどこにもない。

 一時間三十分を過ごしても、低い声は聞こえない。
 
(本文より)

 15歳が書いたとは思えない完成された文章でかなり泣けます。セカチューより感動しました。

 自分の15歳を思うと、あれ?って感じ。

 今後が楽しみな作家さんですね。

引っこしはつらいよ

テーマ:

引っこしはつらいよ  よしもとばなな「引っこしはつらいよ」 読了。


 ばななさんの日々の出来事を日記形式に自身のHPで公開しているものをまとめて文庫化したもの。


 だんなさん「ヒロチンコ」と、2歳になった一人息子との日常。


 今回、引越しをしたばななさんは、またもや仲介の不動産業者や銀行などと理不尽な闘いをくりひろげている。(前回は大型電器屋と、洗濯機メーカーだったっけ)


 当たり前の苦情を言っているだけなのに、「うるさいお客」と思われ、少し弱気になるあたりがかわいらしいばななさん。


 でもすぐ、立ち直って、いさましくクレームをつけるかっこいいばななさん。


 ばななさんのように名声を得ても(多分、富もね)、このように自然体で生きているのがすばらしい。ばななさんの言葉にはいつも励まされることが多い。


 40歳を過ぎ、自分のやるべき、やりたい仕事だけにまっすぐに向かうことを決め、今までのようにやりたくないことは無理しない、そして気負わず、淡々と過ごし、家族との時間を大切にしようと決めたばななさん。


 そんな彼女の生み出す作品を大切に思って読もう。同じ時代に生まれたことに感謝しながら。