おすすめの本

テーマ:

うつ病になった有名人。けっこういるんですね。


その中で最近読んだこの2冊。


竹脇無我/著「凄絶な生還」


竹脇無我


サブタイトルは「うつ病になってよかった」。竹脇無我のお父さんはアナウンサーで、40代で自殺されたそうです。ちょうどその年になって、竹脇無我自身、体調がおかしくなり、とうとう、糖尿病とうつ病で倒れます。


自分がうつ病になってはじめて、父親に対し、子供(自分)を愛していないから死んだんではないと、父親の死を受け入れられるようになる。


行動しているのは確かに自殺する本人だが、その頭の中は病気に支配されているのだ・・・と。


快復した知らせを竹脇無我が森繁久弥に手紙を書いて知らせたんだけど、その返事の手紙がすごくいい。


以下引用させていただきます。

-----------------------------------------------------------------------


  いつくしみ深き むがさまへ

 

  待てば回路の日和 といいますが、長い間、待ちました。

  先ずはいいお手紙です。 私も目がひらきました。

  無我がくさってると、私も、だんだんくさります。

  元気に生きましょう。私も、あと残りの少ないいのちです。

  笑って、頑張りましょう。

  ユダヤの格言の中に、

  人間は泣いてばかりでは生きられない、

  また笑ってばかりでも生きられぬ

  と云うのがあります。

  交互にやればいいでしょう。

  太陽にだってそれがあります。ましてや人間にだって。


                             森重久弥


竹脇無我はうつ病の経験は無駄ではなかったと書いています。むしろよかった、と。病気になって初めて、自分というものを知り、父親の苦しみと自分達への愛を知り、周りの人間への感謝が生まれた・・・と。


「僕が思うに、うつ病から抜け出すのになくてなならないものが四つある。一に休養、二に薬の助け、三に治したいという自分の気持ち、そしてもうひとつは周囲の人の支えだ」


「死にさえしなければ、うつ病は絶対に治る病気」


もうひとつは 高島忠夫「うつへの復讐」


高島忠夫



うつ病の他にアルコール依存症にかかった高島忠夫。テレビで見る彼の姿からは想像できない病気との闘いが書かれている。本を読むと、本当に家族の力は大きくて、高島忠夫の奥さん寿美花代と高島兄弟(特に兄)の献身的な介護により、ここまで快復したんだなぁと思う。


最近、お兄ちゃん(政宏)が結婚パーティをして、家族で記者会見していたけれど、本当によかったなぁと思う。


芸能記者は「復帰」って騒いでいたけど、無理に芸能界復帰を考えず、奥さんとゆっくり人生を過ごして欲しい、と思った。

AD

暑かったのです

テーマ:

北海道在住のみなさん!今日は暑かったですねぇ。


来館されたお客様がなぜかえらそうに「30度だ!30度!」と怒ったように話すので、ふと図書室を出てみると・・・暑い!っていうか、お風呂の中みたいな、息苦しさ。


思わず、帰りにsmileyと最寄の甘味屋でソフトクリームを食べて帰りました。夏やね~。


しばらく、涼しい日が続いていたので、今日がこれほどの暑さになろうとは思わず、「油断」していました。


暑さに強いsmileyもだいぶばてていたらしく、帰ったら久々に扇風機を寝室から出し、涼んでいました。


ところで、明日はスマップのコンサート。初スマップ!楽しみだなぁ。

AD

身体が・・・!

テーマ:

今日は月末図書整理日。図書室は休館だけど、私たちはお仕事しています。


やることは、主に棚の整理。書棚にある本を分類番号などが書かれている背ラベルどおりに整理していくという作業。


これがけっこうな重労働。


棚に合わせて、しゃがんだり、背伸びしたり、中腰になるので、身体を悪くする司書さんも多い。


私はまだ勤めて1年目なので、大丈夫だけど、ほんとこの仕事は意外と肉体労働。


っていうか、のーんびり、座っていられる瞬間ってあんまりない。


勤めだしてしばらくは、左手に本を20冊くらい抱えて棚に戻していくので、左手が筋肉痛になったもんだけど、もう平気みたい。


これでやせたら最高なんだけど、とりあえず体重は現状維持。


っつうか、仕事してなかったら、もっと太っていくっていうことかも??

AD

おいしいお店発見!

テーマ:

今日、スマップのチケットを受け取りに友達と待ち合わせた軽食屋。


地下鉄琴似駅近くの「ムーミンパパの店」。看板をちょくちょく見て、気にはなっていたのですが、今日ひょんなことから、入ることができ!(友達が店をチョイス!)


ここに行った事のある知人が「ピザがおいしいよ」って言ってたので、頼んでみました。


モッツァレラとバジルのピザ。うまい!!


昨年、新婚旅行でいったイタリアはカプリ島で食べたピザとおんなじ味でした!友達が食べていたカルボナーラもおいしそうだったなぁ。


久々にお腹が満足できるお店を発見できた嬉しかったです。琴似はおいしい店がたくさんあるなぁ。今はやりのスープカリーの「らっきょ」も琴似だし・・・。


みなさんも琴似に行く機会があればぜひ!!


食後のコーヒーもおいしかったよ。


このお店のことはsmileyのブログ smileyの微笑み! でも書いています。

ブログ上の良識について

テーマ:

 「うつ病」の夫を持つ、奥さんのブログがあります。その人は、だんなさんの闘病のことやら愚痴やらブログに書いていて、それで、ストレスをうまく発散しているでしょう。


 見る人によれば、「弱音」とか「夫に対する悪口」にしか受け止められないかもしれないですね。でもそれで、バランスをとっているのです。誰にも迷惑かけていないし、読みたくなければそのブログを読まなければいいのです。


 それなのに、今日そのブログにこのようなコメントが入っていました。「世の中にはもっと不幸な人がいるのに、あなたはなぜがんばれないのですが?」「好きで結婚して、幸せじゃないですか?」


 「がんばれ」という言葉をすでにがんばっている人に言うのは非常に残酷なことです。うつ病本人にとってもそれを支える家族にとっても。禁句なのです。


 とても悪意があるコメントといえるでしょう。物事の本質を見れない人ですね。


 本当はその人のブログ上のコメントで自分の意見を言うべきでしたが、きっと言ってもわからない人だと思うし、その人のブログにコメントしたことがないので、いきなり、言い争いみたいな感じになりたくなかったので控えました。


 「不幸・幸せ」と簡単にいいますが、その人の心で「不幸」だと思えば、「不幸」だと思うし、「幸せ」だと思えば、「幸せ」に思えることでしょう。自分より不幸に見える人を見つけて比較して「幸せ」だと思う方法もある。でも人間、そこまで、がんばれないときもある。とことん弱音はいて、愚痴いって、それだけですっきりできることもある。


 励ましなんていらないから、ただ、人に話しを聞いてもらえるだけで、いいことだってあるんです。


 それなのに「がんばれ」っていうのは乱暴すぎると思うのです。


 匿名なだけに、言いたいことが言える世界だからこそ、「マナー」も必要だし、良識も求められる。人に批判するなら、せめて本名を名乗って欲しいものです。


 PS:ちなみに、このコメントの件は私のお友達(お気に入りブログの方々)とは一切関係ありません。 


 

雨です・・・

テーマ:

天気予報外れました・・・。雨です。朝から・・・。雲が多く、お日様でそうにありません。


ちょいと野暮用で、午後出かけなくちゃいけません。面倒だ・・・。


smileyは私より早く起きて、また2度寝しています・・・すやすや・・・。気持ち良さそう。


私は2度寝はめったにしない。起きちゃうと、もう寝れない。


昼寝もむり。よっぽど、環境が整わないと、先のあれこれ、ご飯支度のことなどにとらわれて、時間をゆったり過ごすことができない性分。


その分、夜は寝るだけ!になったら寝つきも早いし、ぐっすり寝れる。


まぁ「健康」なんだろうねぇ。


この狭い居間で、起きているのは私とハムの「ひめ」だけ。ひめはうんていしたり、新聞紙をかじったり忙しく動いているよ。


ひめ


↑これが「ひめ」


さぁ、そろそろ、遅い朝食を作ろうかな。

台風よ・・・去れ!

テーマ:

 台風きていますね。今は根室や釧路のほうにいるみたい。早く去れ!


 だって、明日はお休みなんだもん。天気よくないとだぁいすきなお洗濯できないもん!


 とにかく暑がりの私。毎朝、出勤して、開館の準備しているだけで、汗だく。なんかね、クールビズとかでね、冷房が29度設定なの。そして設定は「ドライ」なの。


 だから、本を何冊も抱えて、作業しているとどんどん汗が流れるの。


 だからね、3日もすると洗濯ものがたまっちゃうのよ。


 だから、お休みの日はお洗濯♪


 外壁工事の間、外に干せなかった分、思いきり、外に干すんだもん!!

おりがみとあやとり

テーマ:

 夏休みに入って、お子様、親子連れのお客様がたくさん来館されます。


 ご希望の本を探したり、調べ物の助けをするのも仕事のひとつですが、今日、あるお客様に「あやとりの本はどこですか?」と聞かれました。


 元気よく、「はい、あやとりの本ですね?こちらです!」とご案内。差し出したのは・・・おりがみの本。


 なぜぇぇ??  ( ̄◇ ̄;)およよっ


 この間違い、前にもやらかしたことあります。なんでまちがっちゃうんだろう??おりがみとあやとり・・・。

母から・・・

テーマ:

今日の3時ごろ、電話がなり、smileyがとると無言で切れたらしい。(私は仕事でいない)


それから1時間後の4時ごろ、また電話がなったけど、また無言かも、と出なかったら、私の実家の母からだった。


留守電に「いないんだねぇ、また電話しまぁす」とメッセージが。


今日は雨のため車で迎えにきてくれたsmileyが、「お母さんから電話があったよ、帰ったら電話しなよ!」っていうので、先ほど「何の用~?今日は仕事だったんだよ~」って電話してみた。


すると私に用事ではなく、smileyに用事だったらしい。


実家は印刷屋。smileyも印刷屋に勤めていたこともあったりして、前にも、パソコンのこととかでsmileyに相談の電話がきたことがある。


結局、会社から自宅に戻っているため、くわしいことは明日になった。


そういえば、先週、私の休みは月・木なのに金曜日に陽気な声で母から電話があって、「みき坊いないんだねぇ。お休みの日間違っちゃった~」といって切れたらしい。てっきり今日もそんなことかと・・・。2週続けて、間違ったのかと思ったよって母に言ったら「そんなに間抜けじゃないよ~プンプン」だって・・・。