聴導犬レオン&安藤美紀(NPO法人MAMIE代表者)

2004年8月MAMIE(マミー)を設立。MAMIEとはフランス語で「愛しい人」という意味。NPO法人MAMIEは障害児・障害者の塾、パソコン教室、絵画教室、漫画教室を開催。オークション委託代行による仕事も承っています。


テーマ:
5月16日「ユニバーサル社会を創造する事務次官勉強会」のゲストとして霞が関
の内閣府に行ってきました。

5月16日(木)12時~

霞が関の内閣府事務次官室で、社会福祉法人プロップステーション理事長竹中ナ
ミさん(ナミねぇ)が「ユニバーサル社会」へ向けての勉強会を開催しました。

会議の名称は「ユニバーサル社会を創造する事務次官勉強会」。
6年前から、毎月9省持ち回りで開催されてるそうです。

出席者は内閣府とそれ以外の省の次官数名、各省課長級15名くらいという顔ぶれ
でした。中にはナミねぇと親交の深い村木厚子さんもおられました。

ゲストスピーカー「NPO法人MAMIEの安藤美紀&聴導犬レオン」として、招かれた
のです。

内閣府に補助犬が入ることは初めてだそうです。

私は国会が車窓から見えたとき、
「あ、見えた、拝まなくては!」としっかり拝んできました。

社会福祉法人プロップ・ステーションは年齢、性別、障害の有無などにかかわら
ず、誰でも個性と能力を発揮し支え合うことのできる「ユニバーサル社会」の実
現をめざしています。

NPO法人MAMIE、聴導犬レオンの紹介から始まり、昔と現在の聴覚障害者に対す
る見方、社会参加ができない障害児たち、聴導犬のお仕事、聴覚障害者と訓練士
のコミュニケーション、聴導犬と聴覚障害者の結びつき、新しいユニバーサル社
会の形を説明させていただきました。

説明の時間は30分。

「聴覚障害者にとって大事なのは子どもの教育と環境にある」と強調させて頂き
ました。

「ミキティの熱い思いを、短時間やけど思いっきり伝えてもらって構いません」
と言って頂いたナミねぇに感謝いたします。

30分の説明の後、内閣府とそれ以外の省の次官数名、各省課長と意見交換をする
ことができ、感無量でした。

実は前日が私の誕生日で、ナミねぇのサプライズで、勉強会の冒頭で全員で祝っ
てくださいました。まさか、このような場でお祝いの言葉を頂けるとは思いませ
んでした。

「いくつになられましたでしょうか?」という質問に

「24歳です!」と答えてしまいました。すると、
「24歳とは思えない、若々しい方ですね!」と言って頂きました。

「いえ、本当は24歳じゃないんです」と真面目に答えた私にナミねぇは突っ込み
ました。

「んなもん、嘘だとわかるわ!」

お堅い勉強会というより、和やかなムードで無事に勉強会が終えました。

今後、障害児にとって、未来のある日本でありますように・・・・。

安藤美紀

聴導犬レオン&安藤美紀(NPO法人MAMIE代表者)-kokkai
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

mikiandouさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。