galette des rois

テーマ:

galette des rois

 

 

お正月も過ぎ、

日本では松の内も明けたころ、

フランスのパティスリーの店先のショーウィンドーには、

ガレット・デ・ロアが並びます、、、

 

ガレット・デ・ロアとは、

 

フランスの地方ごとに少しずつ異なりますが、最も一般的なものは紙の王冠がのった折りパイにアーモンドムリームが入ったパイ菓子で、中にフェーヴ(fève、空豆の意)と呼ばれる陶製の小さな人形が一つ入っていて、フランスの人たちは公現節(1月6日)に食べます。

フェーヴが当たった人は王冠を被り、祝福を受け、幸運が1年間継続するといわれています。「ロワ」(王たち)とはフランス語で「ロワ・マージュ」(rois mages)と呼ばれる東方の三博士のこと、、、東方の三人の王がキリストを祝福するためにやって来た日が1月6日というわけです~

 

最近、日本のお菓子屋さんでもこのケーキ、よく見かけるようになりました。

 

このお菓子、お気に入りの人がたくさんいるようです、、、

 

 

IL DIVOのセブも、、、

 

Urs夫人も、もう夢中、、、、

 

今年は、とある新年会のために、

私もラデュレで購入しました、、、

 

 

 

お約束の王冠も、

 

フェーヴも、

 

 

入っていました、、、

 

素敵にラッピングしていただいて、、、

 

 

切り分けてデザートにいただきましたが、

大人もフェーヴが当たるかどうか、、、

おおはしゃぎ、、、

 

ラデュレでは、ガレット・デ・ロア、1月15日まで扱うそうです、、、

来年試してみてはいかがですか?

 

1月に入ったので、

クリスマスのアレンジをちょっと変化させました~

まだまだ寒い日が続くと思います。

お風邪には十分お気をつけくださいね~

 

 

 

 

 

AD