ラフデッサン~キムラミキの家計カウンセラー日記~

鳥取県米子市出身のファイナンシャルプランナー(FP)キムラミキの徒然ブログです。お問い合わせは、TEL0859-57-2693
MAIL woodvillage@xvf.biglobe.ne.jp まで


テーマ:
親なき後のライフプランについて、
ファイナンシャルプランナーとしてお話をする傍ら、
実際に子供たちともふれあい、
実践活動を行うため、
発達障がい、知的障がいなどがあるために
学習に困り感のある子供たちの学習支援教室を主宰し、
障がい児支援にも携わっています。
***********************


 
ダウン症の小学生の男の子。

教室に来た当初は、
簡単な足し算や引き算の概念も
はっきり理解できていませんでした。

しかし、その後1ケタ+1ケタの
足し算の手順を習得した後、
繰り上がりのある足し算も
手順の試行錯誤を繰り返しながら、
自力で解答できるようになりました。

そんな頃、学校から2ケタ+1ケタの
宿題が出るようになりました。
学校で、どうやって計算しているか、
まずは解かせて様子をみていると、
どうやら、〇をひたすら書いて数えるパワープレイ。
え!マジですか?

〇の数を数え間違えたり、
そもそも〇を書いている段階で
何個書いているかわからなくなったり…。
繰り上がりのある計算もできるのに、
これは、なんだか非効率。

そうだ!ひっ算に挑戦してみよう!
お母さんは「えー?できますかねー?」と苦笑い。

最初は、式をひっ算の形式に整えたり、
10の位、1の位を揃えたり、することも一苦労。
タテ列ごとに計算をしていくことの
意味や手順もなかなかわからない。

どうやったらわかってもらえるか、
試行錯誤を繰り返していく中で、
繰り上がりのない2ケタ+1ケタの
ひっ算での計算ができるようになりました。

その後も、
繰り上がりのある2ケタ+1ケタの
ひっ算での計算において、
大きな壁にもぶち当たりましたが、
あきらめないで取り組んだ結果、
繰り上がりがあってもなくても、
自力でひっ算で計算ができるようになりました。

自力で解ききったときのあの笑顔!
ドヤ顔でのハイタッチ(笑)
できた!!という自信が体全体からあふれていました。

この自信が彼にとっての次の挑戦への意欲につながる!
その意欲が彼の可能性や世界を
さらにさらに広げてくれると、私は信じています。
 
勉強ができたから何だ?とか
そんな小さな次元のお話ではないんです。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

FP キムラミキさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。