自己治癒力

テーマ:

こんばんはmikaです音譜

 

本日はお昼前から胃痛がするな、と

思っていましたが、昼食は普段通り

食べることができたので、

このまま痛みもおさまるかなと

思っていました。

 

しかし、胃痛は大きくなるばかりで

一向に痛みがひきません。

 

座ったままでいたいと思えるような

久々の胃痛でした。

 

横になって安静になれない時、

どうしますか?

 

私は胃の周辺を手のひらでゆっくり

さすります。

 

手のひらから伝わってくる熱が

余計に安心感を感じます。

 

例えば、肩が凝ったな、と思った時は

自然と肩押したりストレッチをしています。

 

パソコン業務で目が疲れた時には

目頭を押したり、伸びをしたりしています。

 

このように、疲れた部位には無意識に

手が動きます。

 

硬くなった筋肉をゆるめようと

しているのですね。

 

少し違いますが、

このように、患部に手のひらや指先を

当てたりかざしたりする方法に、

「手当て療法」というものがあります

 

私が行った胃の周辺をさする行動は、

手当てと似ていて、うずくまりたくなる

胃痛が10分間さすっただけで、

きれいさっぱりなくなりました。

 

とても不思議です。

 

また、さすりながら早く痛みがひくように

するには、思い込みも大事です。

 

これは、自己暗示をかけるということです。

 

いままでのマインド記事でも

書いてきたように、マイナスな言葉は

言わない、などがあります。

 

モデルモデルトリートメントでも同じです。

 

トリートメントすることで、直に筋肉を

触ることが出来て、冷えの状態もわかります。

 

整体等なのではなく、

お体の状態をみることが出来るので、

これは強味になります。

 

これからも、お客様と綿密に話して

施術をし、不調を少しでも補えたらなと

思っています。

 

最後までお読みいただき

ありがとうございますドキドキmika

 

ps.昨日のブログ記事で書いた件は、

明朝に無事解決いたしましたチョキ

AD