コジマミカのブログ

絵を描いたり、踊ったり。
似顔絵、家族の絵、太陽、月、花、などなどオーダーメイドで描いてます。
ゆるゆる気楽に生きていきます。


テーマ:
友達から「映ってるよ!」って言われて

めっちゃ焦って、見るのに勇気がいったんですが、やっと見ました。



感想は…


前髪短すぎっ!!!(笑)


あと、もっと大きく動いても全然大丈夫だね🙆


前日までリハは無し!

今日やっと振り付け動画見て練習しました(笑)


衣装どうしよう??

ピエロみたいな短いワンピにしようかと!!


足は出したい!


ウィッグもつけようかな??



とりあえず明日、ダンサーの友達に相談してこよう!!(笑)


あぁぁ〜楽しみすぎる〜〜😍😍



テーマ:
合格だって💮😍
うれしい〜!
合格って久しぶりに聞いたな(笑)


全員合格だったりして(笑)

当日までリハは無し(笑)
振り付けの動画が送られて来たよ。
各自練習(笑)

衣装は自由!
どーしよー何着よう??😆😆😆

テーマ:
緊張続きの日々が終わった〜!チュー

昨日は
アフリカンダンス・インストラクター養成講座の認定試験!(無事に合格)お願い


んで今日はこれ!
書類審査通って、オーディションうけてきたのですよ。


↑を応募した時は、This is me って何?
知らないけど、ステージで歌いたいし!
って感じで軽く勢いで応募!

書類審査通って、ヤバッ!と思い
大急ぎで映画見に行った。

ところでオーディションて何やるの??
全然わからん(笑)
とりあえず今日直前に30分だけカラオケ行ってThis is me練習して、
ヤバい全然英語ハマんない(笑)

しょうがないやー(笑)

ところで、オーディションて何やるんだろう?(笑)


控え室で仰天!
なんか団体いるし!歌も踊りも作り込んできてるし!

ヤバい!あたしどーする??
もぅいーや!
アフリカの歌でも歌おう!

なんか、
突然眠くなってきた。。
その場で目を閉じてリラックス。。

トイレ行きたくなったから行って、
帰ってきたら
写真撮りたくなって撮ってもらった。
{10E98C96-93E4-42F9-A18B-10ED263B9EFF}

これは控え室入り口。
{D5E59784-92BB-4BED-A0F2-03CBD048426E}



あれ、なんか楽しくなってきたよ(笑)

いーやとりあえず楽しもう〜😍


オーディション会場入った!

団体さんから始まった!


あ、なんか、めっちゃ楽しい!
何この空間!

「イイね!」しかないね😍

結局わたしはみんなでThis is me やりました!

自己紹介で
「子供の頃喋れない子だったけど、
やっと自分の声で言葉で喋れるようになったから、ステージで歌いたい!」
とか言ってたのに、
楽しく踊っちゃって、
歌詞がぶっ飛んで、
何処歌ってんのかさっぱりわからなくなり、
マイク回ってきても適当にムニャムニャして
結局楽しく踊りました(笑)


結果とても、

 楽しかった!


だからそれでOK!


ありがとう!
楽しかった!
生Happyちゃん、白く光ってたなぁ☺️



そして明日から新しい職場!
つまり私は今月無職だったので、
いろいろドキドキしてました👽

はぁ、ホッと一息😌


帰って来てから、
腹の底から振り絞りでるように涙が出てくる。
止まらない。

たぶん、昔の自分の意識かな。

初めて公の場で言ったもんね。
喋れない子だったこと。
必死で隠して来たもん。

これまでよく頑張ったよ自分。
あんな状態でよく自分を見失わずに、
一歩一歩進んで来たなぁ。
自分なりにチャレンジし続けて来たんだ。
何がきっかけで喋れるようになったか、
もはやわからないけど(笑)
やっと自分に戻れてほんとに嬉しいんだ。
自分の声で自分の言葉を話せて自分の感情を表現する、それが自分で在るってこと。

やっと自分に戻って、
さぁこっからどうしよう(笑)

今そんな感じです☺️












テーマ:
やっと完結(笑)

大地にしっかり根付いて清々しくなった私。
それでも若干頭の周りに
ワサワサしたものは残ってたけども。。

でもホッとしてまた塀のふちに戻り、
フッと現地の女の子を見て
ギョッとしました。

グレーのタンクトップの子が
泡を吹いて倒れており、
バタバタとものすごい勢いで 
上半身を仰け反らせては地面に打ち付けている。。

こ、これか、、?
トランス状態になって失神するって。。

それはもう尋常ではない動き。。
私の脳裏に焼きつきました。
その日の晩は、この様子が何度もフラッシュバックされて私は眠れませんでした(笑)

黒タンクトップの子がよろよろと介抱し始めたところで太鼓のリズムが止み、ドラマー陣が塀の外に出てきました。

バタバタしてるグレーのタンクトップの子を見てジャンゴさんが、
ジナフォーレ何とかかんとか…と言ったので
「今のジナフォーレか?」と聞いたら
「そうだ」と。

そーかー。
そりゃぁ、
「やめとけやめとけ!」って言うわぁ。

最後の最後にすごいもの見たねぇ…っていうか、すごい体験したわ。。
おかげでそれまでタンバクンダで経験したいろいろなことがしばらく思い出せませんでした。

その後に最後のダンスクラス。
この時も私の内側はじんわりアツくて体全体は軽いまんま。
思考がとってもクリアになってる。
太鼓の音も良く聞こえるし、体も良く動く! 

私のまんまで踊れてる感じ!
とても清々しい!

この状態で太鼓のクラス受けれてたらよかったのに〜と思った。
後半はなんだか頭が朦朧としてたんで…。

あ、つまりなんか憑いてたのかも?
まぁわかりませんけども。
見えない世界で不思議なことというのは起こるもんです。
明確な答えなんてないから考察はしません。
私がいい感じになったからそれで良し!

次の日、タンバクンダを後にして2〜3日後に帰国しました。
そしてアブドゥライさんの訃報らしきものを聞く。。
ちょうど年明けに初出社の日、
お昼に中華を食べていた時、ウソでしょ??
と呆然としました。
ウソであって欲しい!と思いつつも、
アブドゥライさんを想って午後は頭の中でずっと、とある歌を歌っていました。

帰宅して、改めての訃報を確認。
タンバクンダで最期を迎えたそうだ。

事実だとわかった瞬間、
うわ〜ん!と声を上げて泣きました。

私は現役時代のアブドゥライさんを知らず、
わたしにとってアブドゥライさんは、
“なんだか愛くるしいおっちゃん”
という認識が出来上がっていました。
あんなに元気な姿を見ていただけに、、
悲しくてたまりませんでした。

と、同時に
「完璧!」という言葉が降ってきました。

完璧な流れでこの旅は動いていたんだなぁって。
きっとどんな旅だってそうなんだけど。
人生もまた然りなんだけど。

にしても、濃すぎる旅。
ほんとに行って良かった。

いろいろ書けることはまだあるんだけど、
とりあえずこれで完結します。

読んでくれてありがとう!


{D62E0559-84EE-4DBF-9C08-9C06579B3CD2}



※写真は記事とは関係ないやつ😆
この人のファッションとか佇まいが素敵だなぁと思って見とれてました。

テーマ:


続きです。



スピリットのおかげでスマホ水没〜♪と、

ルンルンしてたらさらに驚きのニュース!


なんとアブドゥライさんが完全に憑依状態であると。あの歌をちょっと歌った時も既にかなり来ちゃってたらしい。


で、生贄を出したりしたいから明日私たちと一緒に帰れないということだ。



おやおや、なんだかすごいことになってるねぇ。



そんなことより私は私で、スマホ水没事件とはまた別件でなんだかソワソワワサワサしていました。


やっぱあの歌を聴いた時に、ムア〜ンときたやつが残ってるみたいだ。


落ち着こうと部屋で横になってみた。


すると膝から下がスースーサワサワして来た。


日本でもたま〜にこの感覚来るよなぁ、

久しぶりだなぁ…って、

懐かしんでる場合じゃない。


いつもよりも、もっと微細で均等でストロングな感じだ(伝わるかしら?)。

そのスースー感がどんどん増して来る。



うーん、、なんか、、じっとしてられない。


部屋を出たり入ったりしながら、

アブドゥライさんと現地の人たちの様子をじっと見守ることにしました。


現地の人たちは、

アブドゥライさんをどこかへ連れて行こうとしては戻って来たり、太鼓を持ってきてあげたけど渡さずに戻したりと、アブドゥライさんの要求に応えようとするもののどうも噛み合わない…そんな印象でした。



そのうちアブドゥライさんが大屋根の下に連れて行かれました。


↓ここね。

{6961F931-E593-4A03-99B3-4733AE2D612A}


何やら話をしたあと、突然W氏が

「全員外へ出ろ!」と

その場にいた大勢の子供たちに向かって叫びはじめました。



なんだか物々しい雰囲気。。 


子供たちは一斉に合宿所の外へ消えていきました。


静かになってからしばらくして、

太鼓の音が鳴り始めました。

アブドゥライさんに向かって叩いているようです。



こ、これは…もしや…?? 


なんだか見てはいけないものかもしれない…。


が、この目でしかと見届けるんだ!


私は塀の外からアブドゥライさんの真正面でかじりつくことにしました。


↓この辺だね。

{16C43E27-6FFF-413E-93FC-440D6F76D888}



太鼓がはじまってしばらくすると、

アブドゥライさんが小さく「アーッ」と叫びました。


その太鼓はなんてことはない、

特別に特徴的というわけでもない、

どこか規則的な感じのリズムだったように思います。


M先生が歌ったりアブドゥライさんの耳元で何か声をかけたり…


アビブが片手でアブドゥライさんの目を覆った後その手で自分の目元を覆ったり…


誰かがアブドゥライさんにミルクを飲ませたり…


その様子をじっと見守っていたら…


なんだか私に異変が…


なんか…気持ちわるい。。


胸のあたりをグァーッと掻き回されているみたいで、とにかく気持ち悪い。。 


気分を変えようとフッと横を見た。


現地の女の子が2人いたのですが、

そのうちの一人の黒のタンクトップの子はぐったりと塀にもたれかかり、

もう一人のグレーのタンクトップの子は何やらフニャフニャと踊っていました。



それにしても胸のあたりが気持ち悪い。。


膝から下のスースーサワサワ感も強まって来てました。


なんだか地に足がついてない感じ。


え、地に足がついていない?


ということは、そういうことか、

よーしグラウンディングだ!


気を下ろそう。


深呼吸してグラウンディングをやってみる。

うーん、上手く行かない。。 


そこでふと、

10年以上前に習った邪気払いの方法を思い出したので、その場から離れてそっとそれを試みました。


払った瞬間、

自分に気がストンと降りて、

そのまま地面にメリメリっとめり込み、

大地にしっかり根を張る感じがしました。


自分の中心軸がじわーっと暑くなって一気に血の気が戻ってきました。



よかった、自分に戻ったー!

このお祓いホントに効くんだなぁ。

全く使ってなかったのに、ちゃんと必要な時に思い出せる私ってやっぱすごいわぁ。


しかも中心軸は暑いのに体全体はなんだか軽い。

すごく清々しい。



スマホ水没してだいぶ清々しくなってたけど、

この一件で私はさらに清々しく、そして強くなった感じがしました。


あんなに大地にずしっとめり込む感じは初めての体験でした。


続く。


 ※写真は記事と関係ないただのニワトリです。

{3548E0F8-A039-4336-8629-3A19FD9C7D55}