ミニレッキス☆うさみかん

2017年の海の日、みかんはお空に旅立ちました。
8年間に渡ってみかんを可愛がってくださり、どうもありがとうございました。



テーマ:
思い出いっぱいの、ピンクキャリー。

2010年

ミニレッキス☆うさみかん-100522_114043.jpg 


ミニレッキス☆うさみかん-100522_11433011.jpg


ミニレッキス☆うさみかん-100620_11581011.jpg


ミニレッキス☆うさみかん-100620_11091311.jpg


2012年3月

ミニレッキス☆うさみかん 

 

ミニレッキス☆うさみかん

 

2015年

{0C322824-DA9A-4402-A1B7-88CEC2C43620:01}

 


 この週末、うさぎの保護活動をなさっている方に、ピンクキャリーを引き取っていただきました。

未開封の牧草ペレットやトイレ砂も一緒に。


ピンクキャリーはどうしようか、しばらく迷いましたが…。

もう一つ、最後まで通院に使ったキャリーは残すことにします。


いっぱい、ありがとう。

みかん、大好きだよ。




 

 

 


 





AD
いいね!した人  |  コメント(1)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
{7B2C6112-4866-4602-9122-7341A2E424FC}


7月のあの日から、とても長い時間が経ったように感じます。
先週の月曜日、みかんの四十九日を迎えました。


リビングに、ごく小さな祭壇を設けました。
計ったわけでも無いのに、元ハンモックがぴったり収まって驚きました!
ケージに祭壇があった間は、毎朝ペレットとお水を替えていたのを、四十九日を区切りにお水だけに。
{3E9D7DB8-4A10-4FF9-AF8C-FD6831974B98}

遺影は、旅立った当初は(昔にプリントしていた)若い頃の画像だったのを、大人になってからの画像で選びなおしました。
{9B806961-2C42-4728-9685-C01E7AA5369E}

{A440036C-D976-4236-BDF0-6C22DF8FB9B6}

左の写真はちゃぶ台の下。みかんのお気に入りの場所なんです。
右の椅子の上でまったり、の姿で、私たちを見守ってもらっています。


みかんの留守番部屋にあるケージは、けっきょく片付けられず。
{5CAE6C76-0D44-4DDB-8F10-15C8DB0DFF2A}

真冬になって、この部屋では寒くて眠れなくなるまで、ケージの前で寝ることになりそうです。


四十九日に先立ち、お世話になった動物病院の先生にご挨拶に行ったり、他にも区切りとするべく、いろいろとありました。
それぞれの行動当初は、まだ自分の気持ち的には早かったかも知れない、無理に区切りを付けなくても良かったかも知れない、とも思いました。

それでも、ひとつひとつのこうした区切りのおかげで、祭壇の移動もそうですが、みかんを失った悲しみよりも、みかんに守られている実感の方が(少しずつ)大きく、感じられるようになってきました。


ひとつ前のペットロスの記事に関連して。

20年くらい前に読んだ村上春樹のエッセイで、誰かを愛した記憶はその後の人生を長期間にわたって温めてくれる、みたいな記述があったように記憶しています。(小説だったかも…淡すぎる記憶…)

同じような意味合いで、一匹、一頭、一羽の子との暮らしがかけがえの無いものであったならば、その記憶だけで、お別れの後もずっと、満たされた気持ちになれるのではないかと。

自分がそうなるかどうかは分かりません。
ただ、ペットを失った人が新しい子を迎えないのは、別れが悲しいからだけでそうするのではなく、亡くなった子との幸せな記憶に満たされた結果でもあるかと。

{164144C9-69FC-47EF-8F4B-09E7902A9B31}









AD
いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:

「突然の涙が止まらない」6割…ペットロス、幻覚や幻聴など深刻症状も  


今日の産経新聞で思わず目にとまって。
記事自体の内容以上に、読者の皆さんから寄せられたコメントに『そう思う』を連打してしまいました。


{DEE986A3-21A6-416F-9B86-7ED4A3E1F589}


「死別などつらい思いをしたくないから」という理由で、40.7%の方が新たなペットを迎えていないとのこと。

私自身も、違う子を迎える気持ちには当面なりそうもありません…。
ただ、理由は少しだけ異なります。

みかんの闘病を通じて2年余り、至らぬなりにチカラを尽くしたのと同じだけ、別の子にも出来る自信が(今は)無いからです。
命の重さを引き受けるだけの気力が、正直枯渇してしまいました…。

この子を一生守れる!というパワーが湧いたら、またいつかうさぎさんと暮らしたい。
体力と財力も要りますね! 
社会復帰するぞー!!

いましばらくは、時が過ぎるのを待ちます。


この体勢で添い寝してくれるうさぎさんが、果たして他にもいるのだろうか…。
{11A5E080-4419-4EF5-AD84-B9FF5C1DB5BF}





話変わって、
過去記事のほとんどをアメンバー限定にしています。
みかんの8年間を自分が見るためだけに残したいという、我儘な理由でそうしました。
そのため、申し訳ありませんが、新しい申請はお受けいたしません。
ご了承のほど、お願い申し上げます。







AD
いいね!した人  |  コメント(2)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。