君という光

 ふと気が付くと、彼は一人暗闇の中を漂っていた。

上も下も、左も右も。時の流れも、生の存在も。何も感じられない世界。

いや、感じる心そのものが彼にはないのかもしれなかった。

生あるものは誰もが持っている感情。それがあるべき場所にある傷跡。

無造作に抉り取られたような痛々しいそれは、ぽっかりと大きな穴を開けていた。


「おう、兄ちゃん!!どこ見て歩いてんねん!!」


どすの効いた声が辺りに響き渡る。青年が中年過ぎの男に絡まれている。

立派な体つきをしたちょっとやくざの入った男。対する青年はとても今が働き盛りの活気溢れる

時とは思えないぐらい、やつれ切っていた。男を前にするとそれは一層弱弱しく見えた。


「聞いとんのか!?何とか言ったらどないやねん!!うら、そんな気ぃは長うないで!!」


男は青年の胸ぐらを掴んで激しく揺さぶった。それでも青年は何も言わなかった。

馬鹿にしてんのか、とついに男がなりふり構わず殴り始める。通りを歩く人々が一方的に殴られ続ける青年に

同情的な視線を向ける。


(あの青年、最後まで生きていてくれればいいけど・・・。)


そう心配になるほど手ひどい仕打ちを受けながらも、それでも青年は悲鳴の一つも口にしなかった。

青年には生気が感じられなかった。男に散々殴られ体が立たなくなっても、

反射的に咳き込む口から血が流れても、

その虚ろな瞳には何の光景も映してはいなかった。

男はそんな彼を不気味そうに眺め、けっと唾を吐きかけ去って行った。

残された青年は壁に背を預けたその状態のまま動かなかった。

その頭上では、壊れかかった街頭の明かりが不定期に点滅していた。

ふと、彼の影の隣に一つの小さな影が寄り添って来た。

一匹の小さな薄茶色のふわふわした長い毛並みをした犬が、青年のすぐ隣にちょこんと腰を降ろした。

鼻をヒクヒクとそよがせ瞬きひとつして、小首を傾げる。

突然のお客さんに青年が微かに視線を動かしたが、すぐにまた固まってしまった。

しばらくの間首を傾げたまま青年の方を見つめていた犬は、次の瞬間嬉しそうに一声ほえて、

尻尾を盛大に振り始めた。そしてくすぐったそうにその身をよじったり、円を描きながら

走り回ったり、前足を挙げて後ろ足でその小さな体を支えながら立った状態でしきりに舌を動かしている。

青年の体が揺れた。その彼の顔には表情という形の変化が見て取れた。

再び犬の方にやった瞳には微かに光が差し込んでいた。

彼の見つめる先。そこには犬と戯れる一人の女性の姿があった。
AD

旅立ち


「僕はいろんな町を旅してみたいんだ。」


人々や動物が眠りにつき静まり返った中、

 

ささやきかけるような、それでいて 凛とした意志の強さを持った声が響いた。

月明かりがその主の姿を映し出す。十五、六あたりの年齢と思われる少年の姿。


「今までこれといった目的もなく、何ともなしに毎日を送ってきた。

将来の夢とかそろそろ考えていかなくちゃいけなくなって、正直迷ってた。」


誰に話すわけでもなく、少年はそう続けた。


「友達が次々と目標を持って、それに向かって頑張っている姿を目にしていながらも、

それでも自分が何をしたいのか分からずにいた。自分の事なのに決められずにいた。

何ていうか・・・、ピンと来なかったんだよな。現実味がないっていうか。」


目を細め、ゆっくりと思いを辿るように少年は話す。

自分の辿ってきた道を確かめるように・・・。


「実際に体験するのとしないのとでは、感じる度合いにかなりの差があるだろ?

 今までやって来たけど、これって結構大切な事だと思うんだ。

 だからさ、いろんなところへ行っていろんな事を体験してみたいんだ。

 その中で、『これだ!!』ってものを見つけたい。」


そこで少年はふと口を噤んで、そして柔らかな笑みを浮かべた。

 

その笑みの奥に一種の寂しさを含ませて・・・。


「慣れ親しんだこの町を離れるのは、僕としても心苦しいんだけどね・・・。」


そう言って少年は目を瞑った。


 家族の事ー。

 置手紙一つ置いただけで出てきてしまった僕を、父さんは怒るだろうか。

 母さんは泣くだろうか。まだ小さい妹は何も分からないまま僕の帰りを待つだろうか。

  それも仕方のない事かもしれない。けど、分かって欲しい。

  自分の思いをあますところなく、一字一字思いを込めて綴ったから。


 友達の事ー。

 今までに出会った沢山の友達。今までに何度助けられた事か分からない。

 楽しい思い出は二倍にして、悲しい思い出は半分にして、

 毎日ふさぎこまずにいられたのは君達がいたから。

 ありがとう。どこにいったって今までの思い出は絶対に忘れないよ。


 生まれ育った町の事ー。

 自然に囲まれたこの町が、僕は好きだった。

 町中を流れる川は僕達の格好の遊び場だった。真夏の暑い日はその川で泳いだり、

 またある時には釣りを楽しんだりもした。

 町を囲む山々では山菜が採れ、休みの日に山へ登ってはそれを採りに行って

 てんぷらなどにしてよく食べたものだ。

 また、その町並みは四季の移り変わりとともにその姿を美しく変化させる。

 その光景は僕の心の中に深く焼きついていて鮮明に思い出せる。


少年の頭の中を沢山の思い出が走馬灯のように横切っていく。

込み上げた熱い思いに涙がこぼれた。悲しみや寂しさから出た涙なんかではない。

もうすでに気持ちの区切りは前についている。

これは『今までありがとう。』と言う感謝の涙。


「もちろん、そんな簡単に考えていいものでもないって事は承知してる。

 けどここでは僕の夢は見つからなかったんだ。

 

 それに僕は少し厳しすぎる環境の中での方が

 気持ちがかきたてられていいかもしれないしね!」


涙を拭い、晴れやかに笑って少年は力強く手を振り上げた。


   「行ってきます!!」


町に背を向け歩き始めた少年を応援するかのように、

 

月の光が少年の行く道を照らし出す。


迷いが消え、以前より逞しくなった少年の体を

 

まだ知らぬ土地から吹く新しい風が優しく撫でていった。

AD

ちょっと、反日デモの事とか・教育問題の事など

書きたい記事は沢山あるんですけれど

勉強して、色々な事を知った上で書いた方が良いですよね。

全部理解しきれないかもしれないけど、

頑張れるだけの事はしたいと思いますし。

なのでちょっと勉強します。

 

その間の帳尻合わせとして

今日は、私の描いた創作物語を載せて生きたいと思います!

これからも続ける・・・かな?(やってみて様子みってところですね☆)

 

 

ブックマークから飛べる私のHPの方にも載せてる小説を

そのまま持ってきたので、もしかしたら読んだ人もいるかもしれませんね。

 

まだ読んだ事ないわ、という方はどうぞ♪

ちょっとした息抜きになってくれれば嬉しいです☆

 

 

今日の物語は

 

「空に映った贈り物」です。(短編です)

 

 

 

________________________

 

 

 

空に映った贈り物


 君の事はよく、知っているよ。

  いつも僕のそばにいる君。

僕は君と一緒に生まれ、今まで君と一緒に生きてきた。

君が聞いたり見たりして知った事は、僕もまた知っている。

 そう、僕はずっとずっと、君と一緒に成長してきたーーそれなのに・・・。


君は生まれた頃とは、だいぶ変わったね。

あんなに小さかったのが嘘のように、君は大きくなった。

うっすらとしか生えてなかった髪も、

今は肩にかかるぐらいにまで伸びて、

君はそれを可愛らしいリボンで二つに結わえている。

物も満足に掴む事も、歩く事も、喋る事も出来なかったのが嘘のように、

君はたどたどしいながらも言葉を話し、

おぼつかない足取りながらも前へ前へと進んでいく。

 僕は・・・?


そもそも、僕はどんな姿をしているんだろう。

僕は生まれた時から、一度も自分お姿を見た事がない。

僕に見えるのは、目の前に広がる光景だけだ。

視線をどんなに動かそうが、その目の前に広がる景色以外は何も見えない。

君が見えると言う事は、僕には目があるのだろうか。

君の声が聞こえると言う事は、僕には耳があるのだろうか。

君の後について行く事が出来ると言う事は、僕には足があるのだろうか。

けど、僕にはそれらは見えない。

君にはある手も、僕には見えない。

君のように何かを手に取る事は僕には出来ない。

君にはある口も、僕には見えない。

君のように何かを食べる事も、喋る事も僕には出来ない。


 ねぇ、僕は一体どんな姿をしているの・・・?

 分からないーー


僕は君の事をずっと見ているのに、

君はあまり僕の事を気にかけてはくれないね。

君にも僕の姿は見えないの?

ーー僕はここにいる・・・・・本当に・・・?


 ある夏の良く晴れた日。

君は本を読んでいた。

小さな女の子が空を指差して笑っている絵が、

君の体の間からチラッと見えた。

ふと、君は涙ぐんだ顔を上げて窓の外に見える空を見上げた。

そして、よし!と呟いたかと思うと、

勢いよく玄関のドアを開けて外へと駆け出した。

 夏の日差しが僕たち二人を包み込む。

本当によく澄み切っていて、いい天気だった。

君は満足げに頷いていた。

僕は一体何をするつもりなのかと彼女を見上げた。

すると、彼女の方も僕の方をじっと見詰めてきた。

僕は君のその行動に、驚きを隠す事が出来なかった。

さらに、君は僕に声をかけてきた。


「カゲさん。」


 カゲ・・・?それが僕の名前なのかい?


「今からカゲおくりをするからね。

 とお数えて空を見上げると、空にカゲさんの姿が映るんだよ。

いい、みててね?」


そう言って君は僕をじっと見詰めたままゆっくりとカウントを始めた。


 ひとーつ、ふたーつ、みっつ、、、


君のその言葉が僕の胸に響いた。

君をじっと見詰めたその状態で僕は君の言葉を繰り返した。


 よっつ、いつつ、むっつ、、、


君がとお、とカウントした時、僕の姿が空に映る・・・・

胸の動機がどんどん強くなってくる。

ずっと、ずっと不安だったんだ。

でも、それももう気にしなくてもいいの?


       とお!!


最後のカウントは君と僕と、二人のものだった。

同時にぱっと見上げた空に、それはくっきりと映っていた。

澄み切った青い空、その一部に白く映し出された姿。


 ああ・・・・!!


”カゲ”の目にも、その姿はしっかりと映っていた。

ずっとずっと、彼はちゃんとここに存在してるのか、不安でたまらなかった。

でも、今の彼にはもうそんな不安は消えた。

ちゃんと自分はここにいると分かり安心したから。


 君に、そっくりだ。


色々と違うポーズを取りながらカゲ送りを続け、

空に映ったその姿を見ながらはしゃいでいるその少女の足元で、

彼は、”カゲ”はうれしそうに揺れた。 



AD