卒業

テーマ:
先日の3月7日。

私は高校を卒業しました。

正直、数日経った今でも卒業したという実感がありません。
そう思うくらい、学校に行くのが当たり前になってましたし、なによりも学校が楽しくて卒業したのを認めたくないというのもあると思います。


卒業式当日、私は友達10人に手紙を渡しました。
いつもは恥ずかしくて面と向かって言えない感謝の気持ちを綴った手紙です。
友達は「ありがとう」と言ってくれました。
その言葉を貰っただけでも書いた甲斐があるのに、一人の友達は手紙を渡しただけで泣いてしまいました(笑)
驚いたのと同時に、凄い嬉しかったです。

そして、とうとう卒業式。
卒業式は滞りなく進み、最後の式歌。
「旅立ちの日に」を歌いました。
絶対に泣かないと決めていたのですが、最後のメロディーに差し掛かった瞬間、涙が溢れてきました。
歌詞が心に染み、在校生の素晴らしい歌声が心に響きました。


卒業式後、教室に戻り3Cの卒業式をしました。
担任からクラス一人ひとりに卒業証書が渡され、最後にクラスのみんなに一人一言ずつお別れとお礼の言葉を言いました。
クラスメイトが泣きながら話してるのを見て、私も涙を流しそうになりました。
そして、とうとう私の番。
私は絶対、みんなに伝えたい言葉があったので、その言葉を最後にみんなに言いました。
「卒業は別れの日じゃありません。また会おうという“約束の日”です。なのでみんな、絶対にまた会おうね!」
この言葉を伝え、私の長いようで短かった高校生活3年間が終わりました。
こうして思い返してみると、この3年間はとても充実してたと思います。
そして、私は一切後悔してません。
八千代西高校に入学して良かった、3Cのみんなと出会えてよかった、本当にそう思います。
卒業したらしばらくみんなには会えません。
ですが、夢に向かって頑張り成長したみんなに会うのも、それもまた楽しみです。


「卒業は別れの日じゃありません。また会おうという“約束の日”です。なのでみんな、絶対にまた会おうね!」
この言葉を現実のものにする為にも、私も立派な社会人になってみんなと再会できるように、頑張りたいと思います。


3Cのみんな
また集まって、バカして、騒いで、笑ってさ、思い出をいっっっぱい作ろうね!
ずーっと友達!みんな大好き!



AD