---Cathédrale Notre-Dame de Chartres---

(シャルトル大聖堂...Exterior)

 

 

 

 

 

 

抜群です...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご存知の通り

世界遺産に登録されている

シャルトル大聖堂...

 

ゴシック建築の最高峰ではないかと

おっさんは 思っています...

 

 

 

なんと

建築開始が1145年...

 

鎌倉時代以前に既にこんな建築が

進められていたとは驚きですよね...

 

 

 

一時

1194年の火災で大部分を失いましたが

1220年には建物の修復が完了...

 

火災後 フランス全土から

多数の寄付が寄せられ

 

数多くの

名前不詳の建築士達が

修復作業を行ったそうな...

 

わずか30年での復活は

やはり 当時の

フランスのシンボル的存在

だったってことですよね...

 

 

 

ほんとは もっと

多数の写真を載せたかったのですが

まぁ きめ細かい彫刻がなされていること...

 

おっさん 個人的には

パリのノートルダム大聖堂を

上回る美しさではないかと思ってます。

 

 

 

 

 

 

ちなみに大聖堂の2つのシンボル...

 

手前に見える105mの角錐の塔は

1140年代から残るもの。

 

奥の塔は113mで16世紀に

建築されたものだそうです...

 

当時の技術で100m以上の建築

創造できんですな...

 

 

 

しかし

ヨーロッパの建築

何百年もかけて完成させる建物

多いですよね...

 

長年かけ 根気よく

彫刻を施していれば

それは素晴らしいものできますね。

 

ほんとに素晴らしい...

 

 

 

 

 

---おしまい---

 

 

 

 

 

 

 

 

こちら 桜井公園からの眺め...

桜と一緒にどうぞっ。

 

日本をリスペクトしてくれてる この公園

意外と立地条件よいのですよっ...

 

明日はインテリアをちょこっと だね...

 

 

 

---それでは---

AD