• 30 Jun
    • 男の子

       わたしはきょうの夕方、二人のおかあさんと電話でお話した・・・お二人とも悩みの中・・・ちょっと似ている二人なの。一人は国際結婚をされて可愛い男の子をもうけたのですが・・・わけあって今はご自身の実家で実の両親と6歳の男の子供さんと4人で住んでいらっしゃる。もう一人の方は転勤で大阪に住んでいらっしゃったのですが、小学校にあがるにあたって、7歳になる子供さんだけを連れて帰ってこられ、ご主人は大阪にいるまま、ご主人の実家で暮らしていらっしゃるのです。で、悩みの内容は・・・要するに自分の子供があらゆる場面で秀でていなくてはいけない、ということなのですね。この年頃の子供を持つ母親って、子供のデキで査定されるからね・・・じーちゃんばーちゃんの自慢の種になってなくちゃいけないらしいんですよ。で、二人ともすばらしい子供だと思うのだけど、ダメ母は。でも、何においても同じ年頃の他の子にひけをとってはマズイって雰囲気なんだよ・・・ダメ母ができることは話を聞くだけで・・・アドバイスなんかできん・・・男の子ってたいへんなのか・・・うち、気楽でよかった・・・「開き直れば、楽しくなるよ」って言いたかったんだけど・・・言えなかったんで、ここに書きます。

      4
      テーマ:
  • 28 Jun
    • ロシアの天才バイオリン美少年

      14歳なんだって・・・6月27日の夜、仕事帰りにコンサートに行ってきました。りんご(娘の名)は、のんちゃんちに帰らせてもらって、会場で合流。アルチョーム・ナウーモフ君。金髪が素敵・・・ピーターパンがバイオリン弾いてるみたいなんだよ。うっとり・・・舞台に立っているときは大きく見えたのですが、帰りにロビーで見かけたらびっくりするほどおちびさんでした。やっぱり音楽っていい。前日の日曜はりんごが通っているバイオリン教室の発表会でした。・・・・・・・・みんな大きくなっている。りんごも、まずまず。・・・・・って思ったのですが、アルチョーム君の演奏を聴いてしまったからな。まずはちゃんと音程あわせてほしいよな。リズムもたどたどしいんだよ・・・・でも、ま、ちょっとずつ。ね。このごろ暑いですね。うちは室内の動物のために、現在24時間エアコンまわしてます。土曜日、りんごの現在の最大の楽しみのしつけ教室だったんです。5時からなんで、4時にうち出ないとまずいんですが・・・アスファルトの焼け具合が前の週と違う・・・熱中症が心配になったんで、先生に電話をしたら、1時間後の上級クラスに来ても良いとおっしゃってくださったので、お言葉に甘えました。休まなくてよかった。先生のお手伝いをされている方が、ずっとついて教えてくださったり面倒みてくださったんです。でね、レッスンの後ドッグカフェで食事したのですが、その間も実践レッスンをしてもらえたんですよ。わたし、大型犬のマイと小型犬のまっちゃん、猫のピカ、うさぎのチャーをみな放し飼いにしているのですが・・・流血沙汰って起きたことがないものだから・・・マイは優しい大型犬だと、自分だけで、思っていたのですね。でも、小さい子供を連れている人や小さい犬を連れている人はそうは思っていないのだから、飼い主はいつも視界の中に自分の犬を入れて置かなければならないという大切なことを教えてもらいました。行ってよかった、しつけ教室。アルチョーム・ナウーモフ君はほんとに楽しそうにバイオリンを弾いていた♪天才と呼ばれる子供たちはちょっぴり悲愴感を漂わせていたりするものなのですが・・・アルチョーム君は明るかったなー。

      3
      テーマ:
  • 25 Jun
    • 麻の布

      麻100%の布に異常に反応してしまうの。ダメ母は・・・2年前くらいから、暮らし本と呼ばれる雑誌なんかで・・・「天然生活」とか「和風が暮らしいい。」とかね・・・麻のディッシュクロスなどが多く取り上げられるようになりまして・・・ダメ母もたくさん買いました。で、毎日活躍しています。雑貨屋さんで買っていたのですが、ある日、無印良品で寝具カバー類を見つけて、買ってみたら・・・すごく良かった!中国製の麻でヨーロッパ製のものより少し安いのですが、品質っていうか感触は変わらない。で、洗いこむほど良くなるんだな、麻って・・・麻の服・・・セレクトショップなどで、シャツやニット、パンツ等を見つけては買っていたのですが・・・今週の水曜日、勤め帰りにフラリと無印に寄ってみたら、今年は麻100%の洋服がたくさん出ているのね!りんご(娘の名)が発表会で着るブラウスを買い換えなくてはいけなかったんで、うすい水色の7分袖のシャツと茶色のピンタックのブラウスのそれぞれSサイズを買って帰りました。無印だから、地味なんです・・・ちょっと前、エンジェル・ブルーやデージー・ラバーズの服を着たがっていた頃だったら、りんごも見たなり、前屈姿勢をとっていたと思うのですが、数年に渡るダメ母の感化により「これ麻だよ」の一言で、すばらしい服を見た顔をしたのでした・・・ピンタックの方はね、ハンカチにするような薄い布なんだよ。すごく涼しい・・・が、透けるのよ。白やサーモンピンクやミントグリーンなどもあってね、見ているぶんにはすごくきれいだったのですが、1枚では着られない。1枚で着ないと涼しくないんだよ。だから茶色だけ。2日後、昨日ね。小学校の宿泊学習説明会の帰り、無印に寄って、茶色のピンタックのりんごのと型違いの襟なしのMサイズを買いました。麻ミドルゲージのカーディガンというのも見つけて・・・買った。しあわせ。・・・・だが、うち、まだ給料日前だった・・・布が好きになるとね、洗濯物をたたむのも楽しいよね。お気に入りのキッチンクロスがあるとね、洗い物も楽しいのよ。なんか、こう・・・可愛がる感触を思い出すっていうか・・・母とは可愛がるのが仕事である・・・・だけだったら、いいのになあ・・・

      テーマ:
  • 23 Jun
    • りんごはフィンランド人

       フィンランドがすごいらしい・・・「フィンランドの奇跡」を読みました。http://home.owari.ne.jp/~fukuzawa/finland.htm図工や手芸など、キットを組み立てるのではなくて、設計から組み立て、完成作業をすべて子供たちが自分の手で行っているそうです。ともかく時間をかけることを気にしないというのが、フィンランドの教育の特徴のようです。日本では、早くからスピードを競わせるからな・・・能率を考えるようになって、わからないものには手を出さない傾向といったものが育つのですね。フィンランドの教育とは、「生涯にわたって学習する能力を身につけるようにする」こと・・・日本の学校は、能率よく暗記して「うまく試験を突破する」ことかな・・・ふむ・・・今日からダメ母はりんご(娘の名)をフィンランド人の子供だと思うことにしよう。りんごは時間をたっぷりかけるってのが、得意な子供なんです。・・・・・トロいとも言う・・・・・・・・ダメ母は沖縄の家に住み、フランスの職場に通い・・・月火水3日連続がっつり残業してしまいました・・・そしてチベット犬とドイツ犬、フィンランド人の子供と暮らしている・・・あ、そうそう、きょう夫が「新しいズボン買いました。俺もそろそろ年、考えなきゃなあと思って」って新しいコットンパンツを見せてくれたんだけど・・・・ピンクなんですよ。まあサーモン寄りのピンクなんだけど・・・この人、ナニジンなんだろう・・・

      1
      テーマ:
  • 19 Jun
    • エアコン復活でマイ新世界

        金曜日にね、エアコンの修理の人が来てくれました。メーカーから直接です。でね…無料だったんです!四方弁と制御盤まるまる取り替えて無料。買って2シーズンしか使ってないから・・・初期不良と見なしてくれたんです。この件についてダメ母のしたことは、エアコントラブル相談室というサイトで同じメーカーのエアコンが同じ症状であるという書き込みを見つけたこと。室外機の四方弁に問題があると回答に載っていたので、自分で室外機を開けてみたら、ひとつのヒューズが粉々に砕けていて、そのまわりに焦げ跡がついていた・・・以上を夫に伝えただけ・・・で、夫が来てくれたメーカーの人と話をして、その人が上司に相談してくれて・・・無料になりました!やった!これは犬のしつけ教室に行くしかない!早く!他の家電が故障する前に!で6月18日、すべり込み入会!りんご(娘の名)大喜び!片道50分、マイとてくてく歩いて、りんごは自転車に乗って、会場のドッグカフェに行きました。ハンドラーはりんごで登録。楽しかったな。コマンドを出すのは一度だけ。声を荒げない。ずっと与えておいてよいおもちゃと、いっしょに遊んだあとは必ず返してもらうおもちゃがある等、奥が深いんだよ。マイは初めての場所で、イケメンボーダーコリーに見惚れたり、カフェの中で、いろいろな方に声をかけてもらったり、撫でてもらったり・・・・予想よりずっとおとなしかったんです。ダメ母、クラスで使うおやつね、りんごがばら撒くかもしれないなと思って、夫が買ってきた一番安いやつを持たせたんですが・・・これ、悪いおやつの見本となりました・・・とほほ。先生、ダメ母はいつもはデンマークファームのポークテールやポークイヤー、フリーズドライさつまいも等を使っています!んで、たまにグリニーズ。うめタウンはプチサイズ12本入り1000円なんですが、これしょっちゅう売り切れなんで、買えたときだけ・・・帰り道、マイはルンルンで歩いていた・・・りんごは帰って、マイに餌をやるとき、フード一粒一粒に、スワレ、フセとコマンドを出していた・・・ダメ母はうめタウンにグリニーズを買いに行った・・・プチは売り切れていたのでリルビッツを買った・・・

      3
      テーマ:
  • 18 Jun
    • ハマサコさん2

       あの・・・ハマサコさん、うちの事務所では2番目に偉い人なんですけど。うちのメインの仕事は地図です・・・個人の机も他の事務所にくらべて広いほうだと思うのですが、更に広い作業台が2台あるのです。今日1台はダメ母、もう1台は赤木さんが使っていたのです・・・ハ、ハマサコさん・・・何、何している・・・?低いダンボール箱6つ並べて、上に天板を置いた・・・そして、どさっと地図の束を置いて、床の上に正座・・・おい!「ハマサコさん、ここ換わります。わたし、通し番号のチェックしているだけなんですよ。折りながらだったら、机でもできるんです」「あ、いいですよ」「換わります。わたし家ではいつも床の上に座っているんです」「いえ、僕もこの方がリラックスできる・・・」「換わります!」「じゃ、こうしましょう。この書類をかたづけて・・・作業台いっしょに使いましょう」「いえ、わたし、あそこでいいです」「・・・・じゃ、お言葉に甘えます」わたしは入ってひと月にもならないパートだし、ハマサコさんの方が全然エライ仕事をしているんだよ・・・わたしはサンダル脱いで、あぐらをかいてそのかなり低い作業台で仕事をした・・・だんだん家にいるような気持ちになった・・・ふーむ・・・これがリラックスね。堀松さんと赤木さんが「寺子屋!」と言って笑ってくれた・・・ダメ母は改めて、ハマサコさんのような母親になろうと心に誓ったのである・・・

      1
      テーマ:
  • 16 Jun
    • ハマサコさん

       あの・・・仕事が楽しいんです・・・わたし。前はね、楽しくなるような工夫なんかをしていたんですけど・・・要らないんです。今・・・でね、なぜかなと考えてみたら、オフィスが居心地がいいんですよ。で、なぜ居心地がいいのかなと考えてみたら・・・ハマサコさん・・・なんですよ。ハマサコさんはダメ母と同年代のおじさんです・・・大学生のお嬢さんがいると言っていたので、ダメ母より年上かもしれないな・・・うちのオフィスの中では、現場に行くことが一番多い方です。でね、仕事に使う写真なんかを撮って来られるのですが・・・で、わたしたち主婦パートがその画像を処理したりするんですが・・・「ぷ・・・」という写真が交じっているんですよね。陸上競技場に来た外国人女子選手とか・・・猫の肉球とか・・・カメとか・・・オフィスの窓際にポンポンポンと花のポット苗が置いてあるんですけど、ハマサコさんが持ってきたらしいんですよ。「気がついたときに花に水やろうかなと思うと、もうハマサコさんがやっとるんよ」と堀松さんが言っていました。ハマサコさんにわからないことを聞くと、自分の仕事の途中でも、すぐに席を立って、教えてくれるんですよ。自身が定かではないことは、わざわざ自分で調べてから、教えてくださるのです。ダメ母、ハマサコさんのような・・・母親になりたい・・・

      3
      テーマ:
  • 14 Jun
    • 蓋をあけたダメ母

       6月11日の土曜日・・・雨が降っていたんだけど止んだ・・・室外機がダメ母に蓋をあけろと言っている・・・「あけろ、あけろ」はい。ねじ穴つぶしたら、夫に殺されると思い、そっと作業するダメ母・・・あけてみたら・・・・・・中はカラフルでとってもきれい・・・室外機の地味で無骨な外観からは想像もできなかったよ。よーく見ると、ちっちゃなちっちゃなガラス管みたいなのが1つ粉々に砕けている。「それがヒューズっていうんだよ」って後で夫に言われました。ふ・・・ん。これはコンセント抜いたり挿したり、リモコンの電池換えたりリセットしたりで直るものではなかった・・・ということがやっとわかりました。月曜の出張修理は避けられません。!室内機の真下に、パソコンとプリンタ載ってる机があるんだよ。動かさなきゃ!でダメ母の大掃除が始まりました。模様替えです。「和風が暮らしいい。」って言う雑誌を立ち読みしたら、沖縄で古い家に暮らす人が紹介されていてね、うちのあばら家もこんな感じにしたいな・・・って思ったんですよ。で、そうじのテーマは「沖縄の家」・・・もちろんダメ母は沖縄に行ったことはありません・・・土曜は夕方5時からね、おばあちゃんの家にお客さんが来るから顔出すように言われていたんです。お客さんというのはね、前におばあちゃんと同じ職場で働いていた人で、今は小学1年の男女の双子ちゃんの母、ダメ母とおない年で、この4月に男の子の方がりんご(娘の名)と同じバイオリン教室に入られたという方なんです。「掃除の合間に2時間ほど休憩だー」の気持ちで、りんごとおばあちゃんちに行ったダメ母・・・5時間飲み続けた・・・ものすっごくよく飲むおもしろい方だったんですよ・・・・この双子の母は・・・で、マンガみたいに可愛くておもしろい双子ちゃんに挟まれているりんごは、とっても嬉しそう・・・結局りんごは双子ちゃんといっしょにおばあちゃんちに泊まることになった。ダメ母は掃除しなきゃと思って帰ってきたが、オールイン観て寝た・・・12日の日曜日は、りんごの少林寺の県大会だったのですが、月曜の午前中の出張修理までに掃除終わらせなきゃなんないんだから・・・・・おばあちゃんと夫に頼んで、ダメ母は家で掃除のつづき・・・ていうか、この日は午後1時からバイオリンのアンサンブル、斉奏のピアノ合わせがあってね、りんごが午前中の予選で落ちれば、すぐこっち行かなきゃなんない。で、こっちのほうはダメ母でないとだめだから・・・午前中で掃除済ませるぞ!って、本棚なんか整理し始めるといろんなもんが出てきて、その度にいろいろな情景がプレイバック・・・時間旅行に出発・・・一度は読んだけど、中身をさっぱり覚えてない本もいっぱい・・・埃もすごい・・・何年分?りんごが午後の本選に進んだというメールが来た。これでダメ母は時間旅行を続けられる・・・夕方5時過ぎりんご帰ってくる。入賞はならず。・・・・・あったりまえだよ。こーんなに練習してないのに入賞なんかしちゃったらダメ母は少林寺を疑うよ。あいだ犬の散歩を挟んで、時間旅行を続けるダメ母・・・みんな寝た・・・日付は13日になっている・・・ん、午前3時ね。ちょっとあせる・・・埃をかぶった片手にのる位の大きさの缶の蓋をあけたらね、中から紙ねんどで作った赤いゾウが出てきた・・・りんごが幼稚園年少のとき作ったんだよ。当時、担任の先生から電話がかかってきてね、「ねんどでどうぶつをつくろうという授業をしたんですが、りんごちゃんだけどうしても作らないんです。 みんなは仕上げて絵の具で色を塗って、ニスも塗って、棚に飾ってあるんです。 今週の参観日でりんごちゃんのだけないと可哀想なので、もしよかったら家で作って持ってきてください」で、うちで作ったんだよ。ダメ母、彫刻科出身なんですよ。先生、家庭訪問でそのこと知ってるから、うちで作っていいんだよって電話してきてくれたんだよ。いい先生だったな・・・で、りんごにすきなように作らせて、手は入れなかったんだ。色は塗ってやった。赤がいいと言うので赤一色・・・ニスも。参観日に「これ持って来ました」って持って行ったら、先生が見て、ちょっとびっくりしていた・・・きっと家で作らせたら親が手を入れたりして、すごいの作ってくるぞと思っていたりしてたのかな・・・と。でも、今、見ると、すごくいいんだよ。これが。飾ろうかなと思いましたが、そうすると埃かぶるよなと思って、また缶の中にしまいました。いつか、また、あけて見よう。で、掃除が終わったのが4時半。7時にりんごに起こされて、ゴミ出してお風呂入って、出勤。帰宅後、本日休みで修理の人に応対してくれた夫に話を聞くと、ヒューズだけでなく下のボンベも換えたほうがよいということで、部品入荷後、連絡もらって修理日を相談することになったそうで、本日は出費なし。ふう・・・2階の掃除もしてみようかな。この週末、犬猫一匹も洗わなかった・・・

      3
      テーマ:
  • 10 Jun
    • ダメ母、ピンチ!

       6月10日暑くなりましたね・・・昨日から・・・で夕方うちに帰って来てから、エアコンのスイッチ入れたんですよ。室温が29度って表示されました。暑いはずです・・・・・・・・待っていても、ちっとも涼しくならないの・・・見ると、室温が36度になっているんです・・・「あ、ばかだから、まちがえて暖房入れちゃったんだな」と思って、停止して、まちがいなく冷房押しました。・・・・・・・・・温風どころか、熱風が出ています・・・エアコン、一昨年替えたばっかりです・・・今日、夫がホマダ電機に電話してくれたんですが、13日に修理に来てくれるそうです・・・「出張費込みで2~3万くらいだって」・・・・・・え、あわててシャープのHPに飛んでみましたが、うちのような事例は出ていません・・・わたしは今月こそ犬のしつけ教室に入りたいんだよ・・・りんご(娘の名)なんか、今年の総合学習のテーマを「英国式ドッグ・トレーニング」で出しちゃったんだよ・・・なんとか日曜までに、自分で直して、出張修理を断りたいんです・・・我ながらムチャクチャ言ってます・・・日曜日はりんごの少林寺県大会なんです。勝負は明日だな!どなたか、このような目に遭ったことがある方、いらっしゃいませんでしょうか?エアコン修理のサイト、ご存知ないでしょうか?ダメ母のピンチは、いつも金絡みである・・・・ちょっと情けないぜ。

      5
      テーマ:
  • 09 Jun
    • オフィスはフランス

        今度の職場はフランスだ・・・とダメ母は勝手に思っているの・・・なぜか。採用の電話をもらった日に、夫が図書館に連れて行ってくれて、たまたまフレンチヴォーグを読んだからである・・・で、いままで着なかった服を着るという目標を立てたのである。買ったけど、着てない服は実は結構ある・・・あたしなんて、母になってからは、動物園に5年弱、アウトドアストアに1年強勤務・・・子供の参観日なんかもTシャツにジーンズなんで・・・着てない服がいっぱいあるんだ。一昨年の夏のバーゲンで、麻の長袖シャツを色違いで5枚買ったんだけど、ほとんど着ていませんでした。で、毎日これを日替わりで着ています。で、ボトムは、ベージュ系のパンツ・・・前の職場、トップは制服を貸してくれたのですが、パンツは自前だったんです。でカーキかベージュじゃないといけなかったんで、結構買った・・・が、ふだんはジーンズしかはかないので、ちょっと困ったな・・・と思っていたんです。で、サンダル・・・サンダルが好きでいっぱい持っていたんですが、前の職場は絶対ソックスを履かなくちゃいけなかったんで、履いていなかったんですよ。というわけで、サブが主役に踊り出ているダメ母の現在の衣生活・・・朝弱いので、新しい職場にファンデーションを塗っていったことはまだ一度もない・・・オフィスはフランス。が、ダメ母はフランスはもちろんフレンチレストランにさえ行ったことはない・・・

      テーマ:
  • 07 Jun
    • ダメ母の、心配事はすぐ終わる。

       気になる・・・何が気になるって・・・発熱を理由にりんご(娘の名)が、全然バイオリンの練習をしてないことである・・・発熱っていったって、37度2分だからな・・・練習しといたほうがよかったと思うんだけど。この間、怒りを抑えた先生に、「これから2週間、寝ずに勉強しなさい」って、言われたばっかりなんだよ・・・今週、レッスンについていくのが怖いよ・・ダメ母は。うーん・・・今しがた、のんちゃんのおかあさんから電話がかかってきたのですけど・・・のんちゃんのおかあさんは、学級部の役員を務められているのですが・・・学級部も文化部と似たようなものらしい・・・役員部会が、”ウキウキたのしい” だったらいいのにな!子供は(うちのりんごは)、「学校、すごい楽しー」って言っているんだけどな。以上2点の問題は・・・要は心配しすぎってことですね。ダメ母が(たぶんりんごも)、この曲、立派に弾けなかったらどうしよーとか、思っているんですよ。別に弾けなくても困りはしないのです。発表会は1日で終わるからです。発表会の日まで、心配しながら過ごすほうが健康に悪いです。んじゃ、練習すればいいじゃん。それだけじゃん。と、ダメ母も思うのですが、りんご本人は練習しないのです。しょうがありません。ここは本人に当日、恥をかいてもらって、そーゆー思い出にしてもらいましょう。役員部会も同じです。どこの部会でも「なんなんだよ、こいつ」と思う人はいます。でも、全員が”なんなんだよこいつ”ではないのです。”なんなんだよこいつ”がひとりふたり居ても、気分を害することはないのです。”なんなんだよこいつ”の言うことをまともに聞く義務はないからです。”なんなんだよこいつ”以外の人と話せばよいのです。”なんなんだよこいつ”は苦手という自分を許せばよいのです。おっけー♪何も困ることはないです♪

      2
      テーマ:
    • 犬が薬

      6月6日りんご(娘の名)は、熱のため学校をお休みしたのだが、ダメ母はきょうもママチャリを前傾姿勢でこいで出勤した。実は・・・仕事がおもしろくて休みたくなかったのである・・・今、いろいろなソフトの使い方を毎日ちょっとずつ教えてもらっているの・・・で、パソコンって、こんなこともこんなふうに出来てしまうのね・・・という新鮮な驚きの真っ最中なのである。きょうから画像データの処理に入ったので、やっぱり来てよかったなーと思った。面白かったので、1時間残業した。自由に好きなだけ残業できるって、前の職場では考えられんことだ・・・って、うちに帰ったら、前の職場から封書が届いていた。中身は5月25日支給分の給与明細だけだったのですが・・・封筒の表書きの字は、シロクマ店長だ・・・字がうまいんですよ。元気でがんばっているようだ・・・あこがれのしつけ教室の先生が、お嬢さんのバイオリンレッスンがてら、申込書をダメ母の分と中山さんの分、持って来てくださった。りんごはそれを見て、元気になったと言っていた。・・・犬が薬か・・・

      2
      テーマ:
  • 06 Jun
    • しずかな日曜日

       6月5日りんご(娘の名)が熱を出した・・・37度2分・・・本人は「運動会の疲れが、今になって出たー」とか、言っているが・・・・いんにゃ、違うね・・・りんごはきのう丸1日かけて、自分の部屋をそうじしたのである・・・りんごの部屋は、親のよく目で見ても、汚いという域を超え・・・変態の部屋のようだった・・・「ママ、見に来て!」と威張って言うほど片付けたのである・・・で、それが理由だと母親である私は思う・・・お風呂に長いこと入っていなかった人が、お風呂に入ったら風邪をひいた・・・ちょうどそんな感じ。夫はバレーの試合でいなかったし、しずかな日曜日でした・・・今日、うさぎはずっとうちにいました。よかった・・・

      2
      テーマ:
  • 05 Jun
    • うさぎ捕獲日和

       6月4日「おい、ちょっと来てくれ!古川さんの車が、今ない!」・・・・!思わず起き上がるダメ母。朝10時半過ぎ・・・帰って来やすいように、昨晩から犬を家の中に閉じ込めて門を開け放していたにもかかわらず、うさぎは帰ってこなかったのである。古川さんが不在のようなので、庭に侵入してうさぎを捕獲するぞという夫の作戦に招集されたのである。なぜ、寝起きの悪いダメ母が召集に応じたかというと・・・前日の夕方、棒を持って走り回ったのが・・・結構、楽しかったからです。 わたしはうちのほうきを持って、夫は隣のマカベさんちに立てかけてあった棒を勝手に拝借して、かけていきました。古川家の門は閉じられていて、車もない・・・不在のようではあるが、一応、ピンポーン。・・・家の中で物音・・・しばらくして、玄関脇の窓が開いた。レントだ。古川家の長男ね。「あの、うちのうさぎがおじゃましているようなので、捕まえさせてください。いつもご迷惑かけてごめんなさい」「・・・いいですよ。ぼくは忙しいので何もできないけど。ぼくはやることあるので、何もできません」ピシャン。・・・・・・・・レント、大きくなったなあ。中2だ・・・きっと1人で中間試験の勉強中なんだな。2~3年前まで、道路で近所の子供たち従えて、神様バスケとかいうアホな遊びしていたのに・・・うん。中学生になると、なぜか、小学生たちとは遊ばなくなるよね・・・天気よすぎて暑い・・・で、わたしたちバカ夫婦は、棒を持って、次々とよそのうちの敷地を侵略しながら走り回っていたのである。気分は完全に、虫捕り小学生・・・・・お、夫はいつのまにか虫捕り網を手にしている。「どうしたの。それ・・・」「古川さんちにあった」・・・・・・優秀な虫捕り小学生だったと思われる夫は、うさぎをマカベさんちの庭の角に追い込んで、素手で捕まえた。「キキッキューキューキューキキッキュー」わたしはこんなに長いうさぎの鳴き声を初めて聞いた・・・夫が片手にうさぎを持っていたので、わたしが棒と網を返してきてあげようと思って・・・まあ、棒はマカベさんちのだから、すぐそこに置いて、網を受け取ろうとしたら、「・・・あ、これはオレが返してくるわ。ゴルフクラブも使ったから」・・・・・・・・うちに帰ってきたダメ母は木の床の上で、犬といっしょに寝た・・・つめたくて気持ちがいい。夫は庭の金網を補強しているようである・・・2時間後に起きて・・・・床の上で昼寝すると、身体が痛くなって目が覚めるので、寝すぎることがないということを最近発見した・・・マイとまっちゃんを洗った。ピカはうちにいなかった・・・今日の夕ごはんは、外食。うちの近くにマン喫ならぬマンラーがあるの。(コミックスを大量に並べてあるラーメン屋さんね)親子3人で、食べる前に読んで、食べながら読んで、そして食べた後、もくもくと読むのである。気がつくと、10時半・・・ダメ母は帰って、オールイン見なきゃ。はっ、犬の散歩にまだ行ってなかった・・・でもな、オールインは絶対見なきゃならないからな。イ・ビョンホンもいいけど、キム・イナの高校時代を演っていた男の子も好きだったな。でも、やっぱりソン・ヘギョがいいなーと思って観ています・・・かかさず。オールインが終わって、日付も変わってから、夫と犬の散歩に行きました。今日はお散歩中、犬友達の誰にも会いませんでした・・・

      3
      テーマ:
  • 04 Jun
    • ダメ母、うさぎを追う

       6月3日先週の日曜日、運動会から帰ったあと、バイオリンの宇治田先生から電話がかかってきたんです。「今週はレッスンのない週ですが、りんご(娘の名)ちゃんはいらしてください。6時半ごろでいいですから」来たーっ・・・・・・・りんごの通っているバイオリン教室は、月3回の個人レッスンと1回のグループレッスンです。なぜレッスンのない週に呼ばれているかというと・・・今月の第4日曜が発表会だからなんです・・・去年のことを思い出すダメ母・・・「もともとのんびりさんですが、いくらなんでも発表会の曲への取り組みが遅すぎます!」と電話がかかってきたんだよなあ・・・今年は、まだそこまでは言われていない・・・これからだ・・・きっと。と、ピンポ-ン。玄関にお客様。ご近所の古川さん・・・あ、古川さんといえば、日曜日わたしが宇治田先生と電話でお話している間にやって来て、夫に「お宅のうさぎがうちの庭に来ていて、鉢植えの植物を食べているんです。どうにかしてください」と言っていたんだよなあ・・・夫はすぐにホームセンターに行って、新しい金網を庭の鉄柵にはりめぐらしたのであるが・・・「うさぎ、どんなですか?」「今、またうちの庭に来とるんよ・・・」ダメ母ダッシュ!古川さんの敷地内に入ったのは初めてである。広くていい家だな・・・うさぎなんて絶対つかまりっこないよ。ほうきを借りて、古川さんのお庭から追い出したところでタイムリミット。うさぎのチャーは何度もうちの庭に逃げ込もうとしたんだけど・・・できないの。新しい金網かんぺきだから・・・遅刻だよ・・・と思いながら、とぼとぼバイオリン教室に行ったら森君のレッスンをしていた・・・森君、今日まちがえて来てしまったんだって・・・先生が「かわいそうだから、レッスンしてあげます」ね、いい教室でしょ。でね、先生の発する言葉がすきなんだな。ダメ母は。わけて、ひとつひとつちゃんと弾くおけいこをしてから、音楽的に弾く。そうすると清潔感が出てくる。単純な音型の中にも、エネルギーを感じて。音が欲しいときには、左足に重心を置きなさい。アダージョは平静な心、冷静な気持ちで、指に意識を持って。で、今日は「りんごちゃんは、わからないところをわからないまま何週間もいいかげんにしている。音楽を求める気持ちが足りない。ゆっくり練習しなさい。調弦に1時間かけてもいい。部分練習は繰り返せばいいんじゃなくて、把握できるまでやるのよ。ピアノ合わせまで、あと2週間。もう、寝ずに勉強しなさい」りんごはうちに帰って、今日買った「りぼん(マンガね)」に集中した・・・わたしがマイの散歩から帰ってきたら、熟睡していた・・・うさぎはまだ帰ってきていない・・・

      2
      テーマ:
  • 03 Jun
    • ダメ母のあたらしい生徒

       6月2日ダメ母は、りんご(娘の名)が幼稚園年中に上がる春から、うちで小さな小さなお絵かき教室をやっている・・・りんごを産んだ時、お乳マッサージをしてくださったお産婆さんから、当時、突然電話がかかってきたんだよ。この方、産婦人科医院を辞めて、独立していらっしゃいました。「うちに来ている人の子供で、幼稚園で1枚も絵を描かないという子がいるから、どうにかしてあげて」それで、うちの2階の6畳間で小さな小さなお絵かき教室が始まりました・・・小さな小さな口コミで、保育園で1枚も絵を描かない子とか、今行っている造形教室が合わなくて・・・という子供たちがやってくるようになりました・・・で口コミで、小学校受験をする子供たちも、やってくるようになりました。近所で幼児教室をやっている先生が「あとは絵だけね」と思われる受験ちびっこをうちに送り込むようになったのです。「お絵かきおたすけ寺です」と言って・・・で突然やってきます・・・仕事帰りにりんごから電話がかかってきました。「5時半からですって言っておいたから・・・まっすぐ帰ってきてよ」土田サミュエルくん・・・おとうさんはスペイン人。幼稚園年長とは思えない長身で、りんごもどっきりのイケメンだった・・・そして、変態的に動物好き・・・おかあさんはイギリスでデザインの勉強をされていたそうです。今は薬剤師・・・かっこいい・・・これからが楽しみです・・・

      5
      テーマ:
  • 02 Jun
    • ダメ母、ケンカを売る。の術

      再就職したてのダメ母は、職場でたいへんハッピーな日々をすごしていた・・・ただ一つの気がかりは・・・役員部会である・・・マイの散歩は重労働である・・・で、散歩のあいだ、どーもトランス状態になっているようである・・・正常な意識の時には、思いもつかないようなアイディアが浮かんで来ることがあるのである・・・5月31日火曜の夜、それは突然やって来た・・・ケンカ売って、フテて、バックレればいいじゃん♪そういうアイディアにただちに従うのが、ダメ母です。ことの発端は5月の役員部会です。今年から文化部はデジカメを使って、運動会の全プログラムを分担して撮影することになりました。が、部費で購入できたのは2台だけだから、各自のデジカメを使えということになったのです。で、データをどうするかということになって、2年生の北町さんが、デジカメにくわしいからという理由で説明してくださったのですが、ケーブルでつなぐか、MOか、DVDかCD-Rに焼いて提出するということになりました。が、ダメ母のノートPCは古くて、CDに書き込みができないので、「メールで送ってはいけませんか」と聞いたら、役員会のPCにメールは送れないと言うのです。以前、役員会のPCに特定の父兄を中傷するメールが複数回届いたといううわさを聞いたことがあるので、そのせいかとも思うのですが、PTA役員活動に使うのです・・・あまりにも後ろ向き過ぎです・・・「カメラのキタムラとかで焼けます」と言ったら、部長さんに「それってお金かからんのん」と聞かれたので、「かかります」と答えたら、沈黙されました・・・去年まで、皆自己負担で現像した写真を提出していたんだけど、文化部員だけ負担が重いんじゃないかという意見が出て、じゃ、デジカメで・・・ということになったんだって。ま、この辺りから部会はぐちゃぐちゃになってきました・・・デジカメにくわしい北町さんは、撮影設定の説明をするとき「200万メガ、300万メガ・・・まあ100万メガ以上なら新聞に印刷できるわ」と恐ろしい単位のまちがえをしていました・・・「メールで画像受け取ると、すごい時間かかりょうるで」とも言っていました。でも、前で部長、副部長、北町さんで話し合った結果、メールは北町さんのPCに送ることになりました。北町さんが出した条件は、「添付ファイルで送って」だけでした。くださった名刺には”ライター”と書いてありました。こ、個人宅で・・・容量は・・・大丈夫なのか・・・?・・・ライターだもんな。なんか、いやな予感がしました。ここにいる誰も専門的なことがわからないんだから、そんなことはやったらいかん・・・わからないんだったら、わかる人を探して来い・・・と、思ったんだけど、ダメ母はただのしもじもの部員だからな・・・で、運動会が終わった夜、ダメ母は撮影した写真をプログラムごとに分けてファイルを作って送りました。大きさはぎりぎり一般家庭のメール容量を越えるくらいです・・・わざとじゃないけど・・・運動会の画像ファイルを送って来いと言ったからには、覚悟はできているんだろうなと言う気持ちはありました・・・で、月曜の夜、北町さんからお怒りの電話がかかってきました。夜10じ過ぎですよ。「メール送るのやめてもらえませんか。サーバーがパンク状態なんです。今すぐ止めてください」「・・・メール送ったのは昨日なんですけど・・・・・・うちを1分くらいで出て行ったファイルですけど・・・」北町さんの怒りは続く・・・「カメラのキタムラででもCD-Rに焼いて。西藤さんに電話して文化部からお金出すようにしてあげるから」10時46分、北町さんと同じ学年で副部長を務める西藤さんから電話がかかってきた・・・(副部長は2人います)「夜遅くすみません。でも、夜遅くなってもいいということでしたから・・・」・・・そんなことは一言も言っていません。いろいろ言われているうちに、ダメ母は気付いたのである・・・この人たちはさもよくわかっているように話しているが、よくわかっていないということを・・・しかし、ダメ母だってよくわかってないんだから、つっこめないね・・・火曜の夜、マイの散歩でトランスしたダメ母は、以前大量の画像データを送ったことのある相手に電話をかけて裏付けをとり、部長の水川さんに電話をかけて、印刷会社の電話番号を聞き、印刷会社の担当の人とお話をして、西藤さんのまちがいをみつけだした・・・その上、担当の方はCD-Rでなく、自分で作ったファイルでなく、画像データそのままがほしいとおっしゃる・・・ダメ母の撮影した分は、小学校の事務所に届ければ、その方がじきじきに処理してくださるそうである。「文化部と名乗って活動したら、かならず報告してください」と言われていたので、西藤さんに電話しました。10時40分過ぎに・・・西藤さんは「あのね、ここだけのお話ですけど、北町さんはプロなの。編集のプロなのよ。コンピューターの知識もね、すごくおありなの。玉田さんのメールね、後からすごーくたいへんだったみたいですよ。CD-Rに焼くってことになったのに、玉田さんがどーしてもメールって言うから、名乗り出てくださったのよ。それから、印刷会社の人とは直接話さないで下さいって言っておいたのお忘れですか!わたしたち副部長が窓口です!部員の人が勝手に話すと混乱をまねきますから!」・・・・・・しばらく沈黙した後、ダメ母「わたくし、しばらく文化部の活動をさしひかえさせていただきます!」「んまっ!」受話器を置くと同時に、気分がすーっとしました・・・6月1日水曜、水川部長から電話がかかってきたのは言うまでもない・・・気分がすーっとしたというところで笑ってくれました。「じつは口実で、転職したばっかりで休みが取りづらいんですよ。仕事が忙しいとか言うと、みなさん忙しいなか活動してくださっているんですぅとか来るから・・・ケンカ売って、フテて、バックレるのがいーかなーと思って」と言ったところでも笑ってもらえました。で、いろいろ話して、水川部長は「文化部の活動は来年3月まであるから、仕事が落ち着いたら活動に戻って来い」と言ってくれました・・・ダメ母はこうして部会欠席権をゲットしたのです・・・

      6
      テーマ:
AD

カレンダー

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

月別

一覧を見る

このブログの読者

読者数: 59

読者になる

玉田みみ子です。四国の小都市に住む大学院1年女子の母です。
夫の母が建て、あけてくれた築40年の木造家屋に、3匹の犬―ラサ・アプソのまっちゃん、ワイマラナーのマイちゃん、ミニプードルのコロボックルと住んでいます。
3人家族だけど、夫の母―おばあちゃんも近所の母屋に住んでるよ。

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。